August 30, 2005

Lehiff from『Intermission』2

dd84150e.jpg「ダブリン上等!」のキャラクターズに注目!
どいつもこいつもクセモノぞろい!



「ダブリン上等!」祭りの仕上げとして、映画の中からキャラクターを
とり出してみたいと思いますヽ(*^^*)ノ
 なんといってもこの作品の見どころは、その飛び抜けてお馬鹿な登場
人物たちの個性と言っても過言ではありませんよね(笑
 いやもう、みんな一癖、二癖もなんてものじゃないです(;´▽`A``

 当然ながら、私も、そしてコリンファンのお仲間さんたちにとっても
いちばん重要なキャラは、他でもないレイフです(* ̄∇ ̄*)
 今さらながら、温かい家庭を夢見て誘拐・恐喝をするって発想そのも
ののズレかた、さらには面が割れないようにマスクをかぶっておきなが
らズバぬけた柄のセーターで犯行に及ぶまぬけさ、どれをとっても爆笑
もの。
 
 平気で悪さをしておいて何があったかい家庭だ!と思いっきりお仕置き
してあげたくなるのは私だけではないでしょう( ̄ー ̄+
(。。。。。もしかして狼女だけ?)
 
 負けん気の強い暴れん坊のくせして、いざとなるとヘタレであわあわ
してるあたり、コリンが演じた役の中でもいぢめ可愛がってやりたい度
No.1のキャラクターです(*^。^*)

 そして、あのやたらマッチョな暴力刑事ジェリー(なんだかんだ言っ
てもレイフはジェリーにかなわないんですよね(≧∇≦))それから勝手
な論理で不倫に走ったあげく、これまた妻にお仕置きされるハメになる
サム、愛妻に貢ぎ続けるミック、マゾになりきれなかったオスカーに、
しょうもない実験で恋人の心を試しちゃうジョン。。。
 どいつもこいつも、あきれかえるほどの駄目っぷりですね(笑
 公開時、某女性雑誌の映画評に「出てくる男が全員どうしようもない
ダメ人間なので観てて腹が立つ」と書かれてました(;´▽`A``

 こんな奴らのドタバタ劇ですから、そうとう大人の女性でないと彼ら
を許してあげられないかもしれないけど、男のダメさ、そしてそれゆえ
の可愛げを楽しく観られればこの映画を好きになれるのではないでしょ
うか。
 コリン、キリアンをふくめ、俳優陣の駄目演技も見どころ( ̄ー+ ̄)
ということで、皆さんの好きなキャラ、許せないキャラなど聞かせてくだ
されば幸いでございます♪

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/melody373/30855358
この記事へのコメント
>公開時、某女性雑誌の映画評に「出てくる男が全員どうしようもないダメ人間なので観てて腹が立つ」

なんですって!?(^_^;)

世間的にはそうなのかなぁ〜?
例えが極端ですが、そう言えば私も『ドラえもん』のヘタレ少年、のび太はニガテです。宿題ぐらい自分でやれ〜とシバキたくなります(^_^;)

て〜ことは、結局お気に入りの俳優さんや、カッコイイ俳優さんが演じてるからこそ、ヘタレを許してあげれるのかしら・・・(なんてミモフタモナイ・・・)。

いや、やっぱりダメさ加減の中にも笑える部分があるから憎めないのか・・・。いや、やっぱりカッコイイ俳優さんだから憎めないのか・・・。

わかりません(^_^;)
Posted by ダフネ at August 31, 2005 09:04
>世間的にはそうなのかなぁ〜?
そうなんですよ〜、ダフネさん(;´▽`A``
その雑誌には「この映画、男も女も暴力ふるいまくりだけど、
理不尽な暴力は絶対に許せません」と非常に真面目に書かれて
ました。。。
思わずこちらのほうが「どうもすみませんでしたm(_ _)m」な
気持ちになってしまいましたです〜〜(;´▽`A``

たしかに
>お気に入りの俳優さんや、カッコイイ俳優さんが演じてるからこそ
って部分が、ないと言えば嘘になるのかも。。。
でもまあ、ヨーロッパはわりとこの手の人の悪い映画を好む傾向に
ありますから、映画としておもしろがれるか否か、で好き嫌いが分か
れる作品なのかもしれないですね。
Posted by Melody at August 31, 2005 16:56
ちょびっと続いてます。。。

>やっぱりダメさ加減の中にも笑える部分があるから憎めないのか・・・
これも間違いないと思います。
描き方にもよりますよね〜(*^。^*)
ちなみに私は、レイフの他はサム、オスカーなんかが可笑しくて好き。
キリアンファンの皆様はジョン役、どうご覧になったのかしら(*´∇`*)
Posted by Melody at August 31, 2005 16:57
私はこの映画の登場人物たち、その辺によくいる人たち(自分も含めて)の軸がちょっとずれて、それを少し大げさに描いたらこんなふうになってしまうかなあ、と思いました。
確かにこんな人ばっかり周りにいたら、かなり迷惑だなあとは思いますが、それに似たようなことって、日常でもありそうですよね。まあ、暴力はあって欲しくないですけれど。
人が死んだり、殴ったり、殴られたりしているのに、妙にのどかでおかしく感じるのがこの映画のすごいところで、それを
>理不尽な暴力は絶対に許せません
とか言われてもねえ・・・。オトナの映画なんだから、と思います。

Posted by むぎ at August 31, 2005 18:37
それから、この映画の冒頭でコリンに殴られたカフェのウエートレス役のケリー・コンドンって女優さん、「ダニー・ザ・ドッグ」で天使のように汚れない、可愛い女の子の役をやってたんですけど、私は殴られた後鼻にバンソウコウ貼って、ぶーたれてるこっちの役のほうが好きです( ̄∇ ̄)
Posted by むぎ at August 31, 2005 18:42
>その辺によくいる人たち(自分も含めて)の軸がちょっとずれて、それ
>を少し大げさに描いたらこんなふうになってしまうかなあ、と
なるほど〜、むぎさん!
ほんと、このみごとなデフォルメぶりが笑いを誘うんですよね〜(≧∇≦)

>妙にのどかでおかしく感じるのがこの映画のすごいところ
おおっ、その通りですわ!
インタビューでコリンも言ってたように、良いことも悪いことも、
暴力もロマンスも挫折も笑いもすべて描かれてるところが「ダブリン〜」
の魅力なんですよねヽ(*^^*)ノ

Posted by Melody at August 31, 2005 21:28
>鼻にバンソウコウ貼って、ぶーたれてるこっちの役のほうが好きです
あっさり女子店員を殴っちゃう冒頭シーンですが、レイフったらあの後
おしっこかけられたり、投石ガキに目の回りに痣つくられたり、と自分
がさんざんやられますからねえ(*^。^*)
結局ラストは追いつめられて、上の画像みたいな顔してますし♪

前半のワルぶりは後半を引き立てるためのもの。。。と見るのが狼女的
に正しい観賞法だと思っておりまする、えっへっへ(* ̄∇ ̄*)
Posted by Melody at August 31, 2005 21:42
ダフネさんの言うとおりでございます(^0^;)
私は、コリンが出演していないと「絶対に」と言い切れちゃいます。観ないでーーす(*0*)Melodyさんの「ダブリン祭り」を読ませていただいて、やっと解ったりしているくらい、こういう感じの映画苦手なんです(*^-^*)オバカ&単純&ミーハーな私には難しすぎて・・・フランス映画とかも苦手です。
だけど>「出てくる男が全員どうしようもないダメ人間なので観てて腹が立つ」は雑誌に映画評を書かれる人のコメントとは思えないです〜!多かれ少なかれ、映画評を読んでから観るのを決める方もいはるのになぁ・・・(-0-;)
確かに暴力的なシーンが多かったですが、すべて「くすっ」て笑えるんやけどなぁ・・・難しいですねっ!
コリンが楽しそうにしているのが滲み出ていたので私は満足です☆
Posted by みかぶうう at August 31, 2005 22:02
そっか・・・。世間的にはみかぶううさんのような意見が一般的なのでしょうかね。
ヨーロッパ系の映画、ニガテって人多いですよね。

確かに女性を殴るなんてとんでもない男(レイフ)だったりするのですが、私は最初からフィクションとして観てましたからねぇ。実際コリンは絶対そんなことする人じゃないって信じてるし。70歳の女優さんを口説くぐらいフェミニストだし(関係ない?(^_^;))。

ブラックユーモアが嫌いな方には楽しめないかもしれませんね。でも

>理不尽な暴力は絶対に許せません

この映画にこんなこと言ってたら、他の映画はどうなるのよって感じです。もっともっと暴力的な、それが売り物の映画はいっぱいあるではないですか。少なくともこの映画は暴力がテーマではないし、人間の弱さや、ダメさ加減をユニークに描いた人間味溢れる映画だと思います。
Posted by ダフネ at August 31, 2005 22:43
みかぶううさん、実は私もヨーロッパ映画は好き嫌いが分かれて
しまうほうです(;´▽`A``
ものによるんですよね〜、「スナッチ」なんかは大好きだし、
ハリウッドでは絶対できないタイプのおもしろい作品もあるから
チェックしてるんですけどね(^^ゞ
でも、あまりにも文芸的な作品は私も苦手だったりします。。。

>雑誌に映画評を書かれる人のコメントとは思えないです〜!
若い女性むけファッション雑誌の映画紹介コーナーだったのです、
その批評。
ある意味で辛口評価だったのかもしれないですが。。。
たしかに「ダブ〜」はお好みが分かれる作品なのは事実でしょうね。
でも私もコリンの暴れっぷり&やられっぷりで大満足なのでした〜♪
Posted by Melody at September 01, 2005 01:25
>70歳の女優さんを口説くぐらいフェミニストだし
わはははは、ダフネさん、まさにその通りですわ〜〜(≧∇≦)
ワイルド、やんちゃ、とさんざん書かれまくりながらも、実際は
そういうところがコリンの可愛さなんですよね〜〜♪

>ブラックユーモアが嫌いな方には楽しめないかもしれませんね。
これは確かでしょうね。
以前、海外サイトで見かけた英語のコメントでも「私のような
年配者にはこの映画は刺激がキツ過ぎる」っていう意見がありま
したし。。。
年齢、性別、人種を問わずブラックで過激なセンスがお嫌いな
かたには向かない映画なのかも。。。?

>人間の弱さや、ダメさ加減をユニークに描いた人間味溢れる映画
おおっ、ダフネさんが言いたいことびしっと言ってくださった!
そうなんですよね!
それもふくめて人間であり、それも人生の一部だ、というメッセージ
が伝わってくるとっても深みのある映画だと思っております。
Posted by Melody at September 01, 2005 01:35