April 07, 2006

『ヴェニスの商人』

b370302e.jpg狼女的シェイクスピア観賞法?!

 お仲間の内でも非常に評判が高かったこの作品、公開時は見逃してしまったので
「今度こそ!!」と勢い込んでレンタルしてきましたヽ(*^^*)ノ

 さすがに面白かったです。
 このくらいきっちりシェイクスピアを映画化してくれると見ごたえがありますよね。
 すべての場面が油絵のようで、実に美麗でありました(* ̄∇ ̄*)
 アル・パチーノの大げさな演技もこういう作品にはハマる!
 顔つきからしてピッタリだからズルいですよね〜〜(笑
 ジョセフ・ファインズが情けない役をやっていて可愛かったです〜♪
 ポーシャ役のリン・コリンズも適役だったと言えましょう(*^。^*)さすが白人女性は
いかついというか、時々ほんとにオトコに見えるからすげぇと思いましたわ(笑

 そして、ジェレミー・アイアンズが縛られて猿ぐつわをかまされる一番の問題(?)
シーンですが。。。私は個人的にはいまいち好みの俳優さんではないのですが、かなり
渋くて男臭いオヤジですよね(〃▽〃 )その彼が猿ぐつわですから、狼女的にはバッチリ
の見どころなのは間違いありません。
 必死に恐怖を抑えて猿ぐつわを噛みしめながら見つめ返す視線がたまらない。。。と
の御指摘をお仲間さんから伺っていましたが、たしかに〜!(*´∇`*)
 痩せぎすマッチョなオヤジがお好みの狼女さまにはオススメの獲物かも〜♪
 
 でも、そのシーン以上にスゴイのがシャイロックとの裁判の後でポーシャとジェシカ
の二人の女性が婚約者の男たちに悪戯をしかける場面です。
 女性陣は自分たちが男装して裁判官と書記を演じたことを隠し、バッサーニオ&ロレ
ンゾをからかうのですが、いやぁ、ポーシャもジェシカも男どもを苛める苛める(^_^;)
 ねちっこ〜〜く弱いところ突きつつみごとに尻に敷いていくテクニックはお見事と
しか言えません〜(≧∇≦)
 これはまさに「じゃじゃ馬ならし」とは反対の男を調教するお話しですねえ(笑
 そんなヨコシマな観方をしてみるのも狼女的観賞法としては良いのではないでしょう
かヾ(=^▽^=)ノ耽美に魅かれるかたはきっと好みなこと間違いなし!の一作です!

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/melody373/50525050
この記事へのトラックバック
ヴェニスの商人アル・パチーノ (2006/04/05)ポニーキャニオンこの商品の詳細を見る 迫害され続けていたユダヤ人であるシャイロックは金を借りてきたアントーニオの人肉を担保とする。 期限を過ぎてしまったためシャイダ
ベニスの商人【私の愛した映画スター(仮)】at December 02, 2006 01:29
この記事へのコメント
Melodyさん
ご覧になられたのですね。
私は劇場で観てきまして、やはりさるぐつわにはまりました(; ̄▽ ̄;)
この頃、しばらくお仲間さんとさるぐつわで盛り上がったりしてました・・・。
去年観た映画の中でも、かなりポイント高かったです。
Melodyさんも楽しまれたようで、よかったです(≧▽≦)

Posted by むぎ at April 07, 2006 23:46
むぎさん、昨日はありがとうございましたぁヾ(=^▽^=)ノ
ゆうべ直接この「ヴェニスの商人」についても語り合った
ところですから、なんだかまたここでコメントするのも
おかしな感じがするかもしれませんけれど(^^ゞ

意外にも男のさるぐつわ姿に反応する女性って多いのですねえ♪
この作品も狼女的はそのシーンが見どころで〜(〃▽〃 )
ポイント高いですわん(*^。^*)
あ、でも、もちろんその場面だけじゃなく他にも美術や音楽や
セリフ回しや。。。見どころ満載の作品ですよね!
歴史もの好きなかたにはたまらない一本なのではないでしょうか♪♪
Posted by Melody at April 09, 2006 20:21