UTMB フランス〜イタリア〜スイス

 8月末から1週間ほどフランス~イタリア~スイスに行ってきました。

    
1

 と云っても、パリやミラノやチューリッヒに行ったわけではなく、モンブランを中心とした山岳エリアです。

    
2

 この1週間はトレイルランの世界選手権に相当する、UTMB(ウルトラトレイル・モンブラン)が開催されるのです。今回の目的のひとつは、UTMBメイン会場(フランス・シャモニ)で行われる EXPO に UTMF ブースを出展するためです。来春(4/27〜4/29)に開催する、第6回 UTMF (ウルトラトレイル・マウントフジ)のフライヤーを配り、開催をPRしてきました。

    
3

 金曜日の18:30、UTMB がスタートしました。シャモニをスタートして、ヨーロッパ最高峰のモンブランの周りをグルリ1周する171キロ(制限時間46時間)のトレイルレースです。フランス〜イタリア〜スイスそしてスタート地点のシャモニ(フランス)に帰ってくる壮大なレースです。
 2010年はテレビ局のカメラマンとして、ムービーカメラを回しながら選手と一緒に走って、スタート風景を撮影したのですが、7年ぶりに観るスタートはやはり圧巻でした。

    
5

 今回はレース・オーガナイザーとしての参加なので、VIP席でスタートを観せて頂きました。僕たち夫婦の前に座っていたのは、キリアン(世界最強トレイルランナー)のお父さんでした。

    
4

 カトリーヌ・ポレッティーさん(UTMB オーガナイザー)とも再会しました。今から7年前にこの場所で、UTMBの姉妹レースとして UTMF を日本に創ることをお願いし、了解してもらったのです。

    
6

 UTMB スタートの翌朝は、OCC で4位入賞したばかりのずーみん(吉住友里さん)と、泊まっているアパートの裏山(Brevent ブレヴァン)でVerticla ランを行いました。美しく険しいトレイルを一挙に標高差1000メートルよじ登ると、モンブランの全貌が見渡せました。

    
7

 UTMB 応援バスに乗って、エイドの視察に行きました。スイスの Trient (トリアン)と云う小さな村の賑やかなエイドでした。エイド・オーガナイザーと医療チーフから、運営のノウハウを色々と聴かせてもらいました。
 このエイドを4日間のあいだに、UTMB、PTL、CCC、OCC の4レース、総勢5700名のランナーが利用し、食べて飲んで休憩して、長い旅のフィニッシュを目指すのです。
 このエイドには独自の工夫がたくさん盛り込んであり、UTMF の運営に大きなヒントをもらいました。選手、サポーター、ボランティアスタッフ、すべてに快適であることの大切さを実感しました。
 視察を終えてアパートに戻ったのは午前4時でした。

    
8

 翌日は朝から晴天でした。せっかくモンブランに来たのだから、妻とふたりでゴンドラロープウェイーに乗り、モンブラン標高2300メートル地点(1st floor) まであがりました。これより上はびっしりと雪がついています。絶景を眺めて、カフェでエスプレッソを飲みました。

    
9

 UTMB 最終日は表彰式に参加しました。ずらり並んだ入賞者は世界的に有名なランナーばかりです。その中には、優勝したフランソワ・デンヌをはじめとして、UTMF を走ってくれたランナーが6人もいたのは感激でした。

    
10

 感動的にUTMB が終わった翌日、今回の渡仏最大の目的のUTWT(Ultra Trail World Tour)のオーガナイザーミーティングです。早朝からバスでイタリアに行き、山小屋で夕刻までビッシリと会議でした。

    
11

 UTWT メンバー(世界20レース)のオーガナイザーが集まっての素晴らしいミーティングでした。
 さあ、UTMF 2018 の準備だ!!

8月に食べたもの

 8月もアチコチで色々食べました。

    
DSC_2841

 木曜日の午後、所要で銀座に出かけ、用事を済ませたあと久しぶりに「天龍」で夕食をたべました。以前の店舗より300メートルほど移転した新店舗で、変わらないジューシーでモチモチの美味しい餃子を頂きました。

    
DSC_2847

 週末の定番ブランチは近所(河口湖・八木崎公園横)の<CISCO COFFEE>です。バターメープルトーストとカフェラテを美味しく頂きました。

    
DSC_2879

 介護保険関係の会議(審査会)で、朝から県庁に行きました。僕の暮らす河口湖から県庁のある甲府まではクルマで1時間あまりです。会議を終えると午後から仕事に戻るのですが、甲府〜河口湖のルート上にある、以前から気になっていた「蘇州」と云う中華料理店に初めて入ってみました。店に入った最初の印象は「失敗したかな、、。」でしたが、モチモチの餃子と、昔風のラーメンは結構楽しめました。

    
DSC_2930

 週末のブランチを食べに、北杜市の<NICE TIME CAFE>に行きました。小さななお店ですが、予約がないと入りにくい人気店です。スパイシーなサラサラカレーは気持ちの良い味でした。

    
DSC_3064

 高校の先輩で、現在は同じ業界で働くシライさんが、はまなすにやってきました。施設を見学したあとは、近くの居酒屋「酔けん」で、老人介護施設の未来について熱く語りました。疲れ気味の時は馬刺しを頂きます。

    
DSC_3054

 半日夏休みをとって、家族4人で富士サファリパークに行きました。2才5ヶ月のわが家のツインズは、クマ、ライオン、トラ、ゾウ、サイ、キリン、シカなどに大騒ぎの愉しい時間でした。
 夕食は御殿場の「ひろ田」に鰻を食べに行きました。久しぶりに頂いた水掛け菜の鰻丼は清々しい味わいでした。

    
DSC_3131

 甲斐市の「沢庵」に夏の味覚を満喫しに行きました。深澤店主の料理とはもう17年の付き合いになりますが、毎回素晴らしい料理の流れを堪能させてくれます。
 塩加減抜群の素晴らしい鮎の塩焼きを食べながら、ドライバーの僕はビールが飲めないのが残念でした。

    
DSC_3305

 富士吉田市の”火祭りロードレース”を走ったあとは、ラン仲間5人で河口湖の<Yesterday>にランチに行きました。トレラン仲間の夫婦が営業する店で、美味しいチキンの香草焼きを食べながら、ランニング談義が盛り上がりました。

火祭り&ロードレース

 8月26日は富士吉田の”火祭り”です。

    
DSC_3282

 大通りに並べられた90本以上の大松明が夜空を焦がすほど燃え上がります。この”火祭り”は富士山の山仕舞いの神事なのです。

    
21146414_1137124976431755_752766115_o

 そして翌日は”火祭りロードレース”です。僕は毎年ゲストランナーとして走らせて頂いてます。開会式では御挨拶させて頂きました。

    
DSC_3296

 暑い熱い8月に開催されるロードレースはほとんどありませんが、標高1000メートル以上の富士山麓のコースなら夏でも走れるのです。今年は4300人のランナーが参加しました。

    
21146988_1137124996431753_1388710744_o

 東京からも僕のラン仲間が多数参加してくれました。

    
DSC_3301

 爽やかな陽射しと気持ち良い風、そして木陰のコースですが、アップダウンが多く厳しいコースです。大汗書いてガシガシと走りました。
 ”火祭り”と”ロードレース”が終わると、富士北麓の短い夏が終わりを告げます。
    

道をさがす日々

 来年4月27〜29日に開催する<UTMF 2018>ですが、諸事情により残念ながら富士山1周がつながらなくなりました。コース概略としては、子どもの国(静岡県富士市)をスタートして、富士山の周りを時計回りに走り、河口湖から山中湖に到り、山中湖から別ルートで河口湖に戻るおよそ170キロのレースとして開催することが決まりました。

      
1

 富士山1周がつながらないことが決まったのは4月のこと。それ以来試行錯誤を繰り返して、新しいコースの検討を重ねています。
 コース正式発表はもう少し先ですが、その日までに少しでも良いコースをつくろうと思い、時間の許す限り試走を繰り返しています。必死でさがした結果、地図に載っていない山やトレイルをいくつも見つけることが出来ました。

    
2

 新しいコース40キロ以上がほぼ決まったので、先日 TEAM RICKA<コース管理チーム>のメンバーとじっくり歩いて走ってコースの調査&確認を行ってきました。同行したメンバーは左からカルロス、トッカン、カニゾウ。いずれも気心の知れた、信頼できる素晴らしい野郎どもです。

    
4

 危険箇所、マーキング設置箇所、スタッフ配置箇所、エスケープルートなどを確認し、写真を撮り、地図に情報を書き込みながら、ジワジワと進みます。

    
3

 途中から雨が降り、一時は豪雨に見舞われたけど、ジワジワと進みます。

    
5

 途中でうどんを食べたりもしながら進みます。

    
6

 素晴らしい眺望にもたくさん出会えます。

    
7

 その数日後、今度はひとりで調査ランを行いました。トレイルに関しては選択肢がそれほど多くないので、ほぼ確定しているのですが、所々に入るロードセクションのコース決めが結構大変です。素晴らしいトレイルで全てをつなげれば良いのですが、どうしても市街地(ロード)を走る部分が出てきます。市街地にはそこに生活する人々が居て、絶対に迷惑を掛けるわけにはいきません。また選手の走行を妨げる交差点や信号は極力避け、交通事故などのトラブルが決してないような配慮が必要です。

    
10

 非常に制約の多い市街地(ロード)だけど、そこにも富士山、自然、文化、歴史などを感じてもらえるコースをつくりたいのです。

    
9

 国道や県道などの大きな道路の横断が必要なところがあります。その場合、歩道橋やアンダーパスの存在にかなり助けられます。今回、まったく知らなかった地図に載らないアンダーパスを発見しました。

    
8

 アンダーパスの先には美しい森と、気持ちの良いトレイルが続いていました。
<UTMF 2018> コース最終確定まで、僕の”道をさがす日々”は続きます。


    

みきゃん

 「全国老健大会 in 愛媛」で2泊3日愛媛県に滞在しているあいだに、愛媛在住の友人3名と再会しました。その際にヒョウドウさんからわが家のツインズへお土産を頂きました。

    
20374369_1383516845102900_3362999365136501374_n

 頂いた愛媛県のゆるキャラ”みきゃん”に、大喜びのふたりでした。

7月に食べたもの

 7月もアチコチで色々と食べました。

    
1

 北丹沢12時間山岳耐久レース<キタタン>では、2008年より医療責任者を務めています。レース前日から会場入りしてコース説明会を行い、夜は「緑の休暇村センター」に泊まります。
 ここの夕食が凄いボリュームです。食べ過ぎの感はありますが、翌日のハードな任務に向けてすべて平らげました。

    
2

 休日の朝は近所の<CISCO COFFEE>で時々ブランチします。家族4人で隣接した八木崎公園をブラブラ歩いてから、大好きなスパムエッグサンドとコーヒーを頂きました。昔からアメリカンな食事は大好きです。

    
3

 日曜日の夕食をたべに、久しぶりに八王子の<うかい亭>に行きました。大学病院で外科医をしていた頃は、製薬会社の接待で時々美味しい鉄板焼きを食べたものですが、そんな日々は20年も前のことです。
 子ども達のお世話を義父母にお願いして、妻とふたりで鉄板の前に座り、極上のステーキとシーフードをじっくりと堪能しました。

    
4

 最近は毎月焼肉を食べに行きます。お気に入りは近所の<稀牛>です。看板も出ておらず、外観では何の店だか不明です。
 たっぷりのサラダを食べてから、タン塩、ホルモンときて、特上カルビを美味しく頂きました。

    
5

 国内トップレベルのトレイルランナーふたりと、友人の鬼頭ちゃんの店<INTI>で夕食をたべました。最初に食べた豆のサラダが大ヒットでした。

    
6

 毎月1回、御殿場の「富士山GOGOエフエム」で音楽番組の収録があります。御殿場駅前の<藤森>の豚骨ラーメンで遅めの昼食を済ませてからスタジオ入りし、1ヶ月分(4本)の番組収録を行いました。

    
7

 7月と云えば土用の丑です。わが家の定番は富士吉田の<うなよし>で、今年も美味しい鰻重を頂きました。

    
8

 大学同級生オシダと渋谷の<紅池寿司>に行きました。隠れ家的な店で日本酒を飲みながら、絶品の塩仕立てのお寿司をたくさん頂きました。

    
9

 全国老健大会(学会)で愛媛に3日間行ってきました。学会の合間にじゃこ天、鯛めし、刺身など愛媛の美味しいものをたっぷり食べました。
 最終日に松山空港に向かう前に寄った、道後温泉そばの古民家カフェ<歩音・あるね>で食べた美味しいモンブランロールが、愛媛の日々を締めくくってくれました。

    
10

 土曜日の昼を食べに、お気に入りの勝沼の<原茂園 カフェ>に行きました。はじめて注文したスパイシーなサラサラカレーが美味しかった。

    
11

 甲斐市の<沢庵>に食事にいきました。僕は17年に渡って深澤店主のつくる料理を食べ続けています。
 日本酒を飲みながら、美味しい夏の味覚を堪能し、メインの甲州牛のランプステーキで完全にノックアウトされました。

全国老健大会・愛媛 in 松山

 毎年かならず参加する全国老人保健施大会が、今年は愛媛県(松山)で開催されました。

    
DSC_2692

 初日の夕方から会議と宴が始まります。僕は昨年より山梨県老人保健施設協議会・会長になったので、山梨県代表として全国支部長会議に出席し、そのあとは会長招宴に出席しました。

    
DSC_2727

 2日目は5時過ぎに起きて松山城に隣接した城山公園を10キロ走ってから、大会会場に行きました。午後からのシンポジウムのテーマは老健におけるターミナルケアがテーマです。ふだん思うこと、実践していることについて発言させて頂きました。

    
DSC_2746

 昼間はしっかり勉強して、夜はその土地の名物を食べて飲み歩くのが、学会参加の基本です。一緒に参加した職場<老健はまなす>の仲間と、10年ほど前に愛媛に音楽の仕事で何度かお邪魔した際にお世話になった愛媛の友人たちと合流して、賑やかに語りました。

    
DSC_2751

 宴会のシメに頂いた”鯛めし”が最高でした。その後も宴会は続いたのですが、僕はひと足はやくホテルに戻って、最終日に座長を務めるセッションの予習をしてから爆睡しました。

    
DSC_2759

 最終日は5時前に起きて、城山公園〜松山城を12キロほど走りました。6時になるともうむせ返る暑さです。
 最終日は<はまなす>から3題の演題発表を行い、僕は「医療、看護介護」のセッションの座長を務めさせて頂きました。

    
DSC_2781

 日本の老人介護について熱心に語り、意見交換し、愛媛県の美味しいモノをしっかり食べ、大汗かきながらしっかり走った3日間でした。

   
    

富士山麓でお待ちしてます〜秋のトレイルレース〜

 秋のトレイルレース、現在エントリー受付中です。

    
烏帽子岳山頂から

 第11回 富士山麓トレイルラン 9月30日(土曜日)
       〜足和田山、東海自然歩道、青木ヶ原樹海、河口湖、西湖〜
           ロングコース 18キロ、 ショートコース 10キロ

       *走ったあとはBBQ、トークショー、ライブなどで愉しんで頂きます。
    
 第 9回 富士山原始林トレイルラン in 精進湖・本栖湖 10月15日(日曜日)
      〜富士山原始林、東海自然歩道、精進口登山道、烏帽子岳、城山〜
            ロングコース 18.7キロ、 ショートコース 16.5キロ

       *レース前日は<歓迎の夕べ>開催 山梨県産ワインのふるまい
        ライブ、トークショー

    
樹海1

 世界で一番美しい、富士山麓の雄大で繊細な自然のなかを駈け抜けるレースです。

    
樹海2

 ベテランから初心者までが愉しめるコース設定です。
 秋の富士山麓でお待ちしてます。
   → 申し込みは RUNNET から

   → 富士山麓トレイルラン official web site
   → 富士山原始林トレイルラン official web site

富士山〜北丹沢

 7月になりました。
    
    
1

 お山開きの7月1日(土曜日)、早朝から富士山トレーニングを行いました。7月と云えば<富士登山競走を>を走るのが恒例行事なのですが、今年はどうしてもサボれない学会と重なってしまい、残念ながらお休みです。そうすると富士山トレーニングをする必要はないのですが、7月は富士山頂まで行きたいのです。
 午前5時に6人で”馬返し”をスタートして、吉田口登山道をガシガシとのぼりました。

    
2

 五合目まではひんやりとした気持ちの良い空気のなかでのトレーニングだったのですが、樹林限界を過ぎたあたりから、雨が降り、風が吹いてきました。
 3時間13分で山頂に到着したものの山頂小屋は営業しておらず(7月10日より営業開始)、山頂滞在3分で震えてきたので慌てて下山しました。

    
3

 八合目の山小屋で温かいうどんを食べて元気を取り戻し、下界へと降りていきました。

    
4

 ”馬返し”まで降りてくると、「山開き」の神事の準備が進められていました。
 富士山から降りると早速温泉に行き、昼食をすませてから、今度は北丹沢に向かいました。

    
5

 日曜日は北丹沢12時間山岳耐久レース(キタタン)です。僕は毎年医療責任者を務めさせて頂いてます。

    
6

 開会式では御挨拶させて頂きました。
 「暑くなるのでたっぷり給水して、熱中症にならないように。頑張り過ぎないで下さい。」
 
    
7

 1000人のランナーが44キロの難コースに挑みます。会場救護室では、医師、看護師、柔道整復師、理学療法士からなる混合チームで、具合の悪くなったランナーの救護を行います。
 擦り傷、切り傷、捻挫、脱水、胃腸障害などなどの手当をしているうちに、あっと云う間に1日が過ぎていきました。
 キタタンが終わると、いよいよ夏本番です。

6月に食べたもの

 6月もアチコチで色々食べました。

    
DSC_1988

 富士忍野高原トレイルレース前日は、恒例のトレラントークショーを行いました。トークショーのあとは、救護医師をお願いしたドクター林夫妻と、富士吉田の<INTI>で夕食をたべながら色々語りました。
 バルサミコ酢で味付けした野菜と、サルシッシャのグリルが美味でした。

    
DSC_2027

 南魚沼グルメマラソン前々日に現地入りして、コアスタッフと最終の打ち合わせを行いました。打ち合わせの後は美味しいものを頂きながら、ひたすら飲み食い語ります。

    
DSC_2072

 南魚沼グルメマラソン前日の夜は、<越季>の山田社長が毎年食事会を開催してくれます。秘密の?山小屋で、南魚沼の美味しい食材に舌鼓を打ちながら、松任谷正隆さん、浅井えり子さん、そしてバンドのメンバー&音響チームと愉しく賑やかに過ごしました。
 もち豚のシャブシャブ、岩魚の塩焼き、山菜、どれも絶品です。

    
DSC_2269

 南魚沼グルメマラソンが無事に終了しました。2010年に立ち上げたこのレースですが、早いもので今年で8回目の開催になります。打ち上げの<ゑずみや>で、八色椎茸が焼けるのを待ちながら感慨に浸りました。

    
DSC_2282

 6月の金曜日は、東京大森の看護学校(東京衛生学園)で消化器疾患の講義をします。大森〜蒲田界隈は羽根つき餃子発祥の地なので、講義の前に<満州里菜館>で餃子&半ラーメンを美味しく頂きました。

    
DSC_2309

 2才3ヶ月になるわが家のツインズは機関車トーマスに熱中しています。そこで大井川鉄道(静岡県)のトーマスに乗りに行くことになりました。前夜は沼津に泊まることにし、沼津港の<ふたば寿司>で夕食をたべました。子ども達は卵焼き、穴子焼き、かっぱ巻き、赤出汁などを食べ、親は金目、生しらすなどの静岡特産の寿司を愉しみました。

    
DSC_2360

 世界で戦うトレラン女王ズーミン(吉住友里さん)が富士登山競走に向けた試走で、わが家に3日ほど滞在していました。試走をおえた最終日に、家族4人にズーミンを伴って、勝沼のワイナリー原茂園のカフェにランチを食べに行きました。
 たっぷりの野菜とハム&ソーセージ、パン。このひと皿に山梨の歓びが溢れています。

    
DSC_2362

 6月最後の日曜日は、山梨市の桃農家併設のカフェ<ラ・ぺスタ>にランチを食べに行きました。桃の山梨県の特産品なのですが、全国レベルよりかなり硬い桃です。硬い桃のフルーツサンドを美味しく頂きました。

    
DSC_2379

 最近、近所に出来た焼肉店<稀牛>が美味しいことに気づきました。看板が出ておらず、外からはなんの店だが良くわからない謎の店なのですが、コスパも良く美味しい焼肉が食べられます。そしてシメのコムタンラーメンが最高です。


    

第8回 南魚沼グルメマラソン

 第8回南魚沼グルメマラソン(福田六花プロデュース)開催させて頂きました。

    
1

 新潟県南魚沼市の、どこまでも続くコシヒカリの田園風景のなかを走るレースです。
 ハーフマラソン 4000人  1/8マラソン(5.274キロ) 1000人
 今年も5000人のランナーのエントリーを頂きました。

    
2

 レース2日目の金曜日に現地入りして、実行委員会スタッフで最終の打ち合わせを行い、その後は成功を祈念して盛大に飲み食い語ります。

    
3

 レース前日(6/10 土曜日)はさなぶり祭(前日祭)を行います。早朝から準備をして13時の開会の1時間前、トツゼンの強風が吹き荒れました。竜巻注意報も発令されたため、残念ながらさなぶり祭の開催は中止になりました。

    
4

 レース当日(6/11 日曜日)は快晴。スタッフ一同 AM 4:30 から様々な準備を行い選手の到着を待ちました。

    
5

 8時から会場(八色の森公園)で開会式を行いました。

    
6

 今年のゲストは松任谷正隆さん(音楽プロデューサー)、浅井えり子さん(ソウル五輪日本代表)。親しくさせて頂いているおふたりに来て頂きました。

    
7

 AM 9:00 ハーフマラソン・スタート  
 AM 9:15 1/8マラソン・スタート
 「いただきまーす。」と叫んで5000人のランナーが走り始めました。

    
8

 僕は松任谷さんの伴走で1/8マラソンを走りました。

    
9

 元気一杯に走ります。

    
10

 田植えがすんだ早苗の風景のなかを、残雪の美しい八海山を見上げながら走ります。

    
11

 松任谷さんもマイペースで8年連続完走に向けて走ります。

    
12

 思い思いのスタイルで走ります。

    
13

 笑顔で走り続けてフィニッシュまであとわずか。

    
13-2

 素晴らしい仮装ランナーです。

    
14

 走ったあとは参加賞の特製御飯茶碗で南魚沼産コシヒカリが食べ放題です。

    
15

 ガッツリ大盛りで頂きます。5000人の胃袋に1700キロのコシヒカリがおさまりました。

    
16

 40店舗ならんだグルメ屋台も大盛況です。

    
17

 会場のアチコチでグルメパーティーが始まりました。

    
18

 食べる、呑む、大声で語る、そして笑顔!!

    
19

 大会本部のメンバーだけは、緊急事態に備えて渋面です。

    
20

 医療スタッフも頑張ります。

    
21

 ランナーのオナカがいっぱいになってきた頃、トークショーが始まりました。松任谷正隆さん、浅井えり子さん、愉しいハナシをアリガトウございました。

    
22

 トークショーのあとはチャリティーオークションを行い、そのあとはお待ちかね「松任谷さんを囲んで、みんなで歌おう」の時間です。大きな声で2曲歌いました。

 春よ来い(作詞/作曲 松任谷由実) 
 RUN FOR TOMORROW(作詞/作曲 福田六花)

    
23

 大和商工会青年部の皆さんが、頑張ってレースを支えました。
    

    

    

    
 


 

富士忍野高原トレイルレース

 今年も富士忍野高原トレイルレースにゲストランナーで呼んで頂きました。

    
1

 レース前日(土曜日)はコース・ブリーフィングとトークショーを行います。今年は”山梨イチの快速女”荻原真紀さんと、忍野村在住のパンダ(後藤直子さん)とトークショーを行いました。

    
2

 トークショーの最後は歌いました。「明日はみんなで森を走りましょう。」

    
3

 昨年は大雨のなかでの開催でしたが、今年は快晴です。

    
4

 スタート前、忍野村天野村長と、堀内のり子さん(衆議院議員)と記念撮影。

    
5

 僕はミドルコースを走りました。川沿いを走り、山をガシガシと登り、軽快に駈け降ります。

    
6

 大平山〜飯盛山と見晴らしの良いトレイルが続きます。

    
7

 最後まで気持ち良く笑顔で走り続けました。
 忍野村の皆さんが一致団結して盛り上げる素晴らしいレースです。今年も愉しい時間をアリガトウございました。

5月に食べたもの

 5月もアチコチで色々食べました。

    
1

 GW に入って家族で近所の<CISCO COFFEE>にブランチを食べに行きました。サンフランシスコのカフェがテーマのこの店は、コーヒーも食べ物もアメリカンです。
 ピーナツバターをはさんだ濃厚なフレンチトーストを久しぶりに頂きました。こんな高カロリーなものは滅多には食べませんが、非常に美味しいです。

    
3

 GW 最終日、勝沼の<原茂ワイン>のカフェに食事に行きました。たっぷりの野菜とパンを食べながら、美味しい赤ワインを頂き、ノンビリとした時間を過ごしました。

    
4

 <道志村トレイルレース>では毎年救護医師を務めさせて頂いてます。朝から山伏峠(第1関門)にいて、怪我人の手当の合間には給水のお手伝いをします。
 任務終了後メイン会場に戻って、名物のクレソンうどんを美味しく頂きました。

    
5

 大学時代の友人がトレイルランを始めることになり、足和田山(わが家の裏山)で初トレランのガイドをしました。走ったあとは近所の<55 ステーキ>でガッツリと美味しいリブステーキを食べました。
 
    
6

 久しぶりに近所の焼肉の名店<武石>の暖簾をくぐりました。上カルビは相変わらずの激旨でした。2才になったわが家のツインズも少々落ち着き、一緒に焼肉屋にも行かれるようになりました。子ども達は玉子スープと韓国海苔を巻いたオニギリに満足してました。

    
7

 金曜日は東京に居て、午前は大田区(池上)のクリニックで診察です。
 5月になると看護学校の講義が始まるので、<宝来>出前の椎茸そばを食べてから、午後からの講義に向かいました。

    
8

 長野県木島平村で開催された<たかやしろVK>に妻が出場するので、子ども達も連れて応援に行きました。妻は健闘して4位入賞しました。
 レースのあとは信州中野市の<そうげんラーメン>で白湯スープのラーメンを、しみじみ美味しく頂きました。

    
9

 信州中野のラーメンのあとは湯田中温泉に泊まり、翌日は小布施に遊びに行きました。小京都といわれる風情ある小布施の街を歩き、<蔵部>でランチを頂きました。信州牛の肩ロース重ね焼きは山葵と醤油で頂きます。そして絶品です。
 大好きな<蔵部:クラブ>ですが、5月いっぱいで休業してしまうそうです。
 残念、、、。
 

    

みなと舞鶴とれとれトレイルイラン

    
1

 <第1回みなと舞鶴とれとれトレイルラン>(京都府舞鶴市) 
 ゲストランナーとして走らせて頂きました。

    
2

 僕の父は舞鶴出身であり、外科医であった祖父は舞鶴で「福田病院」を40年開業しており、曽祖父(水島彦一郎)は舞鶴市の初代市長でした。東京に生まれ育った僕にとって舞鶴は故郷であり、子どもの頃から正月と夏休みは舞鶴で過ごしていたのです。
 レース前日、少し早く舞鶴に到着した僕は、懐かしい病院のあった場所、神社、商店街などを歩き回りました。

    
3

 レース前夜は実行委員会のメンバーと居酒屋で飲み食い語り、愉しい時間を過ごしました。

    
4

 レースの日は朝から小雨が降っていたけれど、関西を中心に200名のランナーが集結しました。

    
5

 AM 9:00、200名のランナーが一斉に33キロの旅に向けてスタートしました。

    
6

 ロードを600メートル走ってから山道に入ります。

    
7

 実行委員会のメンバーが2年かけて古道を蘇らせてくれました。自然度の高い、美しい山のなかを気持ち良く走ります。

    
8

 故郷の舞鶴には子どもの頃から何度も来ていたけど、山を走るのは初めてのことです。
 「次はどんな景色にあえるのかな、、、。」
 期待に胸を膨らませながら、ガシガシと走り続けます。

    
9

 ありのままの自然と、昔の人間が残した小さな痕跡をたどりながらの素晴らしいトレイルランです。

    
10

 豊富に設けられたエイドでは、舞鶴の皆さんの素晴らしいオモテナシを受けました。

    
11

 日本海まるごとカレー、かまぼこ、イチゴゼリー、コーラと美味しく頂きました。

    
12

 気が付けばアッと云う間に最後の山の頂上です。

    
13

 ラストは砂浜を走ってフィニッシュします。

    
14

 走ったあとは、とれとれの海の幸を頂きました。美味しい!!!

    
15

 愉しい余韻を感じながら、山陰線に揺られて帰宅の途につきました。京都駅で好物の鰊(にしん)蕎麦を食べてから新幹線に乗り換えました。
 大変な思いでレース開催にこぎつけた実行委員会の皆様、オツカレサマでした。またひとつ素晴らしいトレイルレースが誕生しました。

    

4月に食べたもの

 4月も色々と美味しく頂きました。

    
DSC_1167

 自宅の夕食です。ガシガシと走り込みの日々が続くと、シンプルな食事をカラダ欲します。具だくさんの豚汁、ヒジキ、タラモサラダをオカズに、おにぎり2ヶ&韓国海苔を頂きました。

    
DSC_1211

 忍野村の<レスカ家SUN多>に飲みに行きました。毎年ゲストランナーとして走らせて頂く「富士忍野高原トレイルレース」ですが、会場でこのお店がブース出展していて、焼き栄螺を御馳走になってことがありました。とても美味しかったのですが、「なぜ、海のない忍野村でサザエなんだ!もっと忍野村らしい名物を考えなきゃ駄目だ!」と無茶な注文をつけたことがありました。
 その後、忍野村名物の卵をたっぷり使用した<オシノムライス>と云う素敵な名物が誕生し、昨年のUTMFでは会場マルシェで出展して頂きました。
 今回はじめてお店に寄らせて頂いたのですが、美味しい料理と賑やかでアットホームな雰囲気のなかで、愉しく飲み食いさせて頂きました。くるま麩の揚げびたしが絶品でした。

    
DSC_1235

 木曜日の夜、東京甲州街道沿いの<餃子館>で、野菜餃子(焼)、シソ餃子(水)を食べました。以前は良く食べに行ったお店ですが、暖簾をくぐるのは4〜5年ぶりのことでした。そして美味しかった。

    
DSC_1244

 金曜日夜、自宅近くの<長濱旅館・ダイニングさくら>のカウンターに座りました。ひとりで行く時はいつも我儘スペシャルメニューです。2日後に走る長野マラソンに向けて、春野菜とシーフードで美味しいパスタを作ってもらいました。

    
DSC_1258

 長野マラソン前日は毎年宿坊<渕之坊>に泊まります。穏やかで美味しい精進料理をオカズに、筍御飯を3膳食べてカーボローディングしました。

    
DSC_1284

 長野マラソンを走りました。暑さに苦しんだレースをなんとか走り切り、善光寺参道の<大丸>でしみじみと天ざる蕎麦を頂きました

    
DSC_1288

 長野マラソンを走って、12月〜4月のロードレースシーズンが終わりました。僕はフルマラソンを4本走りました。
 防府マラソン(12月)      3時間28分
 延岡西日本マラソン(2月)  3時間25分
 古河はなももマラソン(3月)  3時間24分
 長野マラソン(4月)       3時間27分
 
 4レースともサブ3.5で走ることは出来たけど納得はいってません。来シーズンは3時間10〜15分を目指して走り続けようと思います。
 長野マラソンが終わってから、どうしても食べたいものがありました。近所の<司食堂>のカツ丼です。これはシーズン中には食べないので、長野からの帰りそのまま立ち寄って、ひとりでシミジミと頂きました。

    
DSC_1401

 僕の長野マラソンの翌週は、妻(恵里佳)がチャレンジ富士五湖(71キロ)を走りました。7時間を切って女子7位の快走でした。
 チャレンジ富士五湖の夜はわが家のロードシーズンの打ち上げです。甲斐市の<沢庵>で美味しい料理をゆっくりと頂きました。グリンピースとキタアカリ(ジャガイモ)のポタージュに心を揺さぶられました。

    
DSC_1411

 火曜日の夜、近所の<Yestreday>主催のランナーBBQ に行きました。寒いので屋内での食事会になりましたが、美味しい肉料理をたっぷり頂きました。ローストビーフをバンズにはさんで、かぶりつくと最高の歓びです。

    
DSC_1526

 4月最終日、妻(恵里佳)は早朝から道志村へトレイルランに向かいました。2週間後の道志村トレイルレースの試走です。僕はツインズと留守番で、忍野村の水族館に行ってきました。
 昼過ぎに妻が帰宅して、今度は僕が足和田山に走りに行きました。ロードランの季節が終わり、トレイルランの日々が始まりました。
 夜は<うなよし>に行き、大好物の鰻重を美味しく頂きました。

    
    

    

秋のトレイルレース〜エントリー開始〜

 2017秋のトレイルレース、エントリー開始になりました。

    
1

 富士山麓トレイルラン(東海自然歩道、足和田山、河口湖、西湖)      
           9月30日(土曜日)開催
 富士山原始林トレイルラン(青木ヶ原樹海、烏帽子岳、精進湖、本栖湖) 
          10月15日(日曜日)開催

    
2

 第11回 富士山麓トレイルラン (福田六花プロデュース)
 2017年 9月30日(土曜日) 開催
 ロングコース18キロ、ショートコース10キロ

    
4

 河口湖畔、羽根子山頂からスタート!!

      
5

 足和田山(東海自然歩道)〜青木ヶ原樹海を走るトレイルレースです。
 富士山、河口湖、西湖などを臨む絶景のなかを走ります。

    
6

 ベテランとビギナーが一緒に愉しめるコース設定。Wave スタートのため、コース上の渋滞は少ないです。
 トレイル率98%の極上のコースを愉しんで頂きます。

      
7

 走ったあとは、アフターBBQ、ライブ、トークショーなどを愉しんで頂きます。

    
8

 第9回 富士山原始林トレイルラン in 精進湖・本栖湖 (福田六花プロデュース)
 2017年 10月15日(日曜日) 開催
 ロングコース 18.7キロ、 ショートコース16.5キロ

    
9

 富士山北西麓にひろがる広大な富士山原始林(青木ヶ原樹海)を走るトレイルレースです。

    
10

 多彩な植生、苔むした溶岩、神秘的な木洩れ陽などが織りなす、世界で一番美しい森を走ります。

    
12

 ロングコースは城山〜烏帽子岳を上ります。烏帽子岳山頂では素晴らしい富士山が眺められます。

    
14

 好評の<歓迎の夕べ>10/14土曜日開催では、山梨県産ワインのふるまい、トークショー、ライブなどを愉しんで頂きます。

    
15

 秋の富士山麓でお待ちしてます。
       → エントリーはランネットからお願いします。
 

長野マラソン 2017

 今年も長野マラソンを走ってきました。1999年の第1回大会から連続出場(完走)なので今年で18回目の出場になります。(2011年は東日本大震災のため開催中止)

    
1

 前日の昼に長野に入り、ビッグハットでゼッケンを受け取ってから恒例の善光寺参りに行きました。毎年のことなので、どこに行っても友人知人顔見知りに遭遇します。

    
2

 前日の宿は、毎年お世話になっている宿坊です。おなじみの顔ぶれが揃いました。

    
3

 とっても美味しい宿坊の精進料理で筍御飯を3膳食べてチャージ完了!!

    
4

 翌日の準備を済ませると早々に休みました。毎年走っているメンバーなので、ゼッケンはゴールド(初回よりすべて出場)とシルバー(10回以上出場)ばかりです。

    
5

 たっぷり眠ってレースの朝を迎えました。昨年は霙交じりの強風のスタートでしたが、今年は晴れ予報。ただし気温は高くなりそう、、、、。

    
6

 午前8時30分にレースはスタートしました。毎年このスタートの瞬間が僕は大好きです。34才で初めて走った長野マラソンを、52才になった今年もスタート出来ることが嬉しいのです。心身ともにそして社会的に健康でいられることに感謝しながら、春の信濃路をガシガシと走りました。
 15キロを過ぎたあたりから、気温がグングンと上昇するのを感じました。暑さにやられ失速するランナー、立ち止まるランナー、フラフラするランナーも見かけました。

    
7

 僕も前半のペースを保てず少しずつペースダウンを余儀なくされたけど、絶対に立ち止まらず、前を向いてしっかりと走り続けました。3時間27分かけて、暑くて熱い42.195キロの旅を走り終えました。

    
8

 走り終えるとスタジアムのシートにもたれ、走り切った余韻を味わいます。また来年この場所に帰ってくることを想い、僕の新しい1年が始まります。

    
9

 長野スタジアム近くのスーパー銭湯で汗を流して、善光寺参道の蕎麦屋でゆっくりとソバを頂いて、長野マラソン2017が終わりました。
 さあ、河口湖へ帰ろう。

3月に食べたもの

 3月も色々食べました。

    
1

 わが家の双子(モカ 男、レカ 女)の2才の誕生日は、多摩動物園に行き、帰りに立川の焼鳥屋<一の酉>で食事をしました。妻(恵里佳)が学生時代(東京女子体育大学)にバイトをしていた店で、生ビールを飲んで、絶品の串焼きを食べ、シメに煮込みライスを頂きました。子ども達は、つくね、はんぺん、スープ、おにぎりなどを頂き、満足して帰りの車中は爆睡でした。
 〜運転は妻、僕も爆睡〜

    
2

 UTMF のコース環境調査で本栖湖畔の中ノ倉山に登りました。冬季は山にいかずロードを走ってばかりなので、トレイルシューズを履いたのは今年初めてでした。
 山から降りて、本栖湖畔の<松風>でランチを食べました。この店の食材の多くは、御主人が山や湖からとってきたものばかりです。鹿肉づくしでカレー、ステーキ、竜田揚げ、燻製と美味しく頂きました。

    
3

 金曜日の夜、市ヶ谷の<かみや>と云う店で男4人で飲み食い語りました。最近は東京で飲むことは滅多にないのですが、ランニング、山、音楽、仕事、将来の夢、、、、。とめどないハナシは夜更けまで続きました。
 春らしい料理が続いたなかでも、若竹煮がしみじみと美味しかった。

    
4

 茨城県の<古河はまももマラソン>を走りました。今回は妻(恵里佳)とふたりで走ったのですが、最後まで失速せずイーブンペースで力を出し切るを目標に走り、妻は自己ベスト(3時間24分)で走りました。
 自己ベストのお祝いに近所の<Cuisine R>に食事に行きました。野菜のグリルが絶品でした。

    
5

 土曜日の昼、勝沼のぶどう畑で開催された<つぐら市>に行ってきました。30店ほど出店されており、賑やかで温かみのあるイベントでした。
 魚介出汁のカレーライスは、スパイシーだけどとっても優しい味でした。

    
6

 久しぶりに皇居を走りました。サブスリーランナー3人に引っ張ってもらってガシガシと皇居3周(15キロ)、密度の高いトレーニングが出来ました。
 走ったあとは半蔵門の中華料理店<桂園>で飲み食い語りました。シメの黒い大蒜炒飯美味かった!!

    
7

 金曜日の夜、御殿場で会議でした。2ヶ月ごとに開催される医療法人の”経営者会議”です。そそくさと会議弁当を頂いてから、20名ほどのメンバーで長い長い会議の海でもがきました。

    
8

 4月の長野マラソンに向けて走り込む毎日です。疲れが溜まると野菜をたくさん摂ってリフレッシュしたくなります。そんな時食べるのはわが家の定番”グリル野菜”で、妻が大皿いっぱい用意してくれました。
 オーブンで焼いて、味付けは、塩、アンチョビ・マヨネーズ、クリームチーズなどです。皿の11時方向に見えるのは、アボカドのチーズエッグ・グラタンです。すべてを美味しく穏やかに頂きました。

    
DSC_1085

 月末の木曜日、品川でUTMF理事会が開催されました。2018春に開催する第6回UTMFに向けて、1年前からやることはたくさんあります。全力でじっくり理事会を行ったあとは、品川港南口の1画に残るレトロな飲み屋街にある<もつ焼きアーちゃん>で2次会です。生ビールを飲みながら、もつ焼きや煮込みに舌鼓を打ち、人生のハナシが続きました。

    
DSC_1106

 3月最終日の金曜日、仲間4人と皇居ハイパー練習会を開催しました。5分咲きの桜を目当てに、本来だと人出の多いこの時季の皇居ですが、降り続く小雨のためほとんどヒトがいない絶好のランニング日和でした。
 皇居3周(15キロ)をガシガシと走ったあとは、半蔵門の<巨牛荘>で飲み食い語りました。プルコギ焼肉を堪能したあと、鉄鍋周囲の溝に溜まった肉汁をしみこませて食べるシメのうどんが絶品です。焼肉よりうどんが食べたいのです。
    

品川〜市ヶ谷〜渋谷、そして古河はなももマラソン

 もりだくさんの週末でした。

    
1

 3/10(金曜日)は品川で、全国老人保健施設協会・総会に出席しました。

    
2
 
 僕は昨年より山梨県老人保健施設協議会・会長を務めさせて頂いているので、山梨県代表としての出席です。超高齢化社会である日本の、これからの老人介護をどうするか大切な会議でした。

    
3

 金曜日の夜は市ヶ谷の小料理屋さんで飲み会です。東京で飲むことはめったにないのですが、ランニングを通じて知り合った旧い仲間と、ランニング、山、音楽、仕事、将来の夢、、、、。夜更けまで語り合いました。
 大学時代に箱根駅伝に出場したオトコの栄光&挫折の深い深いハナシも、興味深く聴くことが出来ました。

    
4

 3/11(土曜日)は原宿で買い物してから、渋谷の<タロス>で夕食を頂きました。10年前には毎週のように通っていたお店に久しぶりに行ってみたのですが、料理も空気も10年前と変わらず、美味しい夕食でした。
 翌日のマラソンに備えて、パスタでカーボローディングをしました。

    
5

 3/12(日曜日)、古河はなももマラソン<茨城県・古河市>に出場しました。
 今回は「キロ4分50秒のペースで最後まで失速しないで走る。」をテーマに、妻(恵里佳)と一緒にじっくりと走り、3時間24分でフィニッシュしました。妻は自己ベストでした。
 毎朝4時に起きて育児と家事に全力で取り組んでいる妻が、早朝ラン1時間だけの積み重ねでこのタイムで走ったことは見事だと思います。

    
6

 レースに行っている間、義父母がツインズの面倒をみてくれていました。本当に感謝です。
 留守番をしていた子ども達は、僕たちがもらってきたフィニッシャーメダルを首にかけて嬉しそうでした。


    

HAPPY BIRTHDAY 〜2才の誕生日〜

    
28

 2年前わが家に双子が生まれました。森駈(モカ・男)、礼佳(レカ・女)と名付けた子ども達は、元気にスクスクと成長し、2才の誕生日を迎えることが出来ました。

    
DSC_0777

 誕生日(3/4)には、家族で動物園に行ってきました。最近は本を観て「ライオン、ゾーさん、キジン、パンジャ!」と声をあげるようになってきたので、本物の動物と初対面です。
 丘陵地帯にある動物園を歩き回って、歓声をあげ続けました。フラミンゴが一番のお気に入りで、ケージの前をなかなか離れようとしませんでした。

    
DSC_0785

 この動物園にはモカが好きな「パンジャ!」はいませんが、ゲート横のパンダのオブジェをズッと撫でていました。

    
DSC_0805

 動物園をひたすら歩いた後は、妻(恵里佳)が学生時代にアルバイトをしていた立川の焼鳥屋さんで飲み食いしました。

    
DSC_0790

 子ども達はつくね、ハンペン、スープ、オニギリなどを食べて御満悦でした。

    
DSC_0821

 翌日は近所の公園をひたすら歩きました。寒いけどでっかい富士山がキレイでした。

    
DSC_0829

 夜はバースデイケーキでお祝いしました。健やかにノビノビと育ってくれていることを、ただただ嬉しく思います。

南魚沼グルメマラソン(6月11日) 〜エントリー開始〜

 <第8回 南魚沼グルメマラソン> 今年は6月11日に開催します。
    〜本日(3月1日)エントリー開始となりました。〜
         → 南魚沼グルメマラソン HP 
    
1

 世界イチ美味しい、南魚沼産コシヒカリの故郷を駈け抜けるレースです。
 新潟県南魚沼市 (上越新幹線 浦佐駅徒歩15分  関越自動車道 大和IC)
      〜首都圏からのアクセス良好です〜
 
    
2

 福田六花 プロデュース 第8回 南魚沼グルメマラソン (6月11日) 
      ハーフマラソン 3500名   
      1/8マラソン(5.274キロ) 1000名

    
3

 一面の田園風景と、残雪を纏った八海山、清流・魚野川など美しい風景のなかを走ります。

    
4

 走ったあとは、南魚沼産コシヒカリ(炊き立て)の食べ放題!!

    
DSC03832

 絶品のオカズ屋台は40店舗出店予定。

    
6

 南魚沼の食材を堪能して頂きます。

    
7

 ゲストランナーは今年も松任谷正隆さん(音楽プロデューサー)と浅井えり子さん(ゆっくり走れば速くなる)。

    
8

 走って食べて、笑って歌って、全身で南魚沼を堪能して下さい。

    
DSC03680

  大会前日には、さなぶり祭(前日祭)も開催します。
   6月10日(土曜日) 13〜16時
      地元パフォーマー
      ライブ(福田六花&HARVEST CAMP)
      トークショー(松任谷正隆、浅井えり子、福田六花)
      チャリティーオークション

    南魚沼グルメマラソン  エントリーはランネットから
   多くのランナーの皆様の御参加をお待ちしてます。
    
    

2月に食べたもの

 2月も色々と食べました。

    
1

 2メートルの雪が積もった新潟県南魚沼市に行ってきました。<南魚沼グルメマラソン>のキックオフ・ミーティングです。今年で8回目の開催となりますが、今年は3月1日がエントリー開始。レース本番は6月11日になります。
 上越新幹線・浦佐駅前の<小玉屋>で美味しい料理を頂きながらミーティングを行いました。名物の八色(八色)椎茸のバター焼き最高です。
     → 第8回 南魚沼グルメマラソン

    
2

 土曜日の昼、北杜市の農家カフェ「くじらぐも」に食事に行きました。野菜と雑穀米の穏やかなランチを愉しみ、子ども達は庭で飼われている山羊に夢中でした。

    
3

 甲斐市の<沢庵>に食事に行きました。もう15年以上食べ続けている深澤店主の料理には、いつも深い感動があります。
 冬の味覚をじっくりと味わい、真打はズワイガニでした。美味しい蟹を頂くと無口になります。

    
4

 宮崎県の「延岡西日本マラソン」を走りました。大会前々日の金曜日の夜延岡に到着し、駅近くの餃子の名店<黄楊>に閉店間近に滑り込みました。カラッと焼き上がった餃子は、ジューシーで深い甘味が感じられる味で、お代わりをしました。

    
5

 「延岡西日本マラソン」前日の昼は、レースコースの国道沿いにある<大洋>で美味しい釜揚げうどんを頂きました。食事を済ませて店外に出ると、国道には強い風が吹いていました。24時間後にこの場所を走るのです。

    
6

 「延岡西日本マラソン」前日の夜は、博多陸友会のメンバーと一緒に、泊まったホテル横の居酒屋<とんちゃん>で頂きました。宮崎と云えば地鶏です。コリコリとした食感を愉しみながら頂きました。

    
7

 金曜日は東京にいます。午前中の診察を終えたあと新富町に移動して、<クーリ>で野菜たっぷりの美味しいランチを頂きました。その後は新幹線に乗って新潟に向かいました。

    
8

 越後湯沢駅前の蕎麦店<なかの屋>で温かい天婦羅蕎麦を頂きながら、<南魚沼コシヒカリランin石打>のキックオフ・ミーティングを行いました。雪深い時季に秋のレースのことに想いを巡らせました。
 <南魚沼コシヒカリランin 石打>は今年は10月29日の開催になります。

    
9

 水曜日の午前中、会議で山梨県庁に行きました。福祉に関する大切な会議に全力で出席したあとは国道20号沿いの<天下一品>でラーメンを食べてリセット。午後は「はまなす」で仕事です。

    
10

 誕生日(2月24日)の夜、妻とふたりで近所のイタリアンレストラン<Cusine R>で夕食を頂きました。丁寧にグリルされた野菜の甘みが嬉しかった。

    
11

 日曜日の夜、義父母が僕のバースデイ食事会を開催してくれました。<福禄寿>で日本酒を飲みながら色々と頂きましたが、いつも変わらぬ美味しさは里芋の唐揚げです。

    
 

    
 

    



 

延岡西日本マラソン

 延岡西日本マラソン(宮崎県延岡市)を走ってきました。九州三大マラソンのひとつだそうです。ちなみに九州三大マラソン他のふたつは、福岡国際マラソンと別府大分マラソンです。
 延岡マラソンは2010年に一度だけ走ったことがあるのですが、その後は毎年、別府大分マラソンを走っていました。

    
DSC_0582

 7年ぶりに走る<延岡マラソン>に向けて、昨年末からガシガシと走り込んで、レース開催の2日前に宮崎にやってきました。

    
DSC_0571

 九州エリアのレースを走る時は、福岡の「博多陸友会」の皆さんと御一緒します。今回もレース前日の夕方合流し、泊まったホテルの向かいにある居酒屋で夕食をとりました。
 九州男子はいつでもガッツリと飲みます。レース前なのに皆さんビールそして焼酎を飲みつつ賑やかに語り合います、僕はレース前日はアルコールを飲まない主義なので、宮崎名物地鶏の炭火焼をつまみながら、オニギリを頂きました。

    
16508836_1277317472359345_7889441693247581060_n

 レースの朝。スタートが正午のレースは、朝がノンビリと過ごせます。しっかりと食べてから、給水所に置くスペシャルドリンクを用意して会場に向かいました。
 このレースの最終関門は40キロ地点の3時間30分です。これは市民ランナーが走るマラソンとしてはかなり厳しい時間制限です。このレースに臨むランナーは約500名。数万人が走る大規模レースとは違ったのどかさがある反面、参加選手全員が本気モードであり、ピリピリとした空気が会場を支配しています。

    
DSC_0587

 12:05、いよいよスタートです。僕の目標は大失速せずに最後までキチンと走り切ることです。海沿いの国道を日向市まで走り折り返すコースは、復路で向い風に苦しめられるコースです。慌てない、飛ばさない、自分のカラダと対話しながら、淡々と42.195キロの旅を苦しみ、そして愉しみました。
 後半ややペースダウンしたものの、最後までしっかりと走り切り3時間25分でフィニッシュしました。3年前の自分と比べる20分ほど遅いタイムですが、またそのスピードで走れる日を目指してこれからもトレーニングを続けていこうと思います。

    
DSC_0599

 走り終えるとすぐに帰るのですが、宮崎在住の友人(大学同級生)が宮崎空港まで会いに来てくれました。今は開業医として郷里で活躍している友人と、旧交を温め懐かしいハナシにふけりました。マラソン旅にはこんな歓びもあるのです。 

1月に食べたもの

 1月も色々と頂きました。

    
1

 ラン仲間と恒例の<新春山梨30K>を開催。河口湖〜西湖の約30キロを気持ち良く走りました。走ったあとはバーミヤンで新年会を開催し、色々食べて語りました。シメはちょっと辛めのネギラーメン。

    
2

 近所の料理屋<福禄寿>に食事に行きました。季節限定メニューで河豚の唐揚げを美味しく頂きました。濃厚でパリパリした味わいです。

    
3

 日本トレイルランナーズ主催の<トレランフォーラム2017>を東京で開催しました。僕は常務理事として大会ガイドラインを発表させて頂きました。市民スポーツとしてのトレイルランの健全な普及発展を願ったイベントです。
 フォーラム終了後に理事会で新年会を開催し、居酒屋で飲み食いしました。ネギタップリの焼きそばが美味かった。

    
4

 妻(恵里佳)の誕生日に近所(河口湖)のイタリア料理店 <Cusine R> に食事に行きました。 鱈と白子のロースト・焦がしバターソースは絶品でした。

    
5

 近所(富士吉田市)の<うなよし>に食事に行きました。絶品の鰻重は毎年「土用の丑」1回なのですが、冬にも足を運んでしまいました。

    
6

 フィンランドに行きました。北極圏の街・ロバニエミのサンタクロース村のランチでサーモンとマッシュポテトを頂きました。大ぶりの鮭の切り身がとても繊細な味で美味でした。

    
7

 更に北に向かいレヴィと云う街で、キングクラブとムール貝を頂きました。マヨネーズで食べるスタイルもイケました。美味しいカニを食べると無口になります。

    
8

 北極圏でスノーモービルに乗り、トナカイの曳く橇に揺られ、冷え切ったあとで頂いた温かいチョコレートドリンクとドーナツは最高でした。

    
9

 ガラス・イグール(ガラスで出来た小さなドーム)に泊まり、ベッドに寝転がりながらオーロラを眺めました。翌朝は美味しいモーニング・ブッフェを愉しみます。肉厚でマッタリとろけそうなスモークサーモンが絶品でした。

    
10

 レヴィ・パノラマホテルの朝食も最高でした。この時季の日照時間はわずか5時間ほど。朝の7時はまだ真っ暗で、深夜レストランにいるような気分になります。半熟卵(4min)が美味しくて2ヶ頂きました。

    
11

 フィンランド旅行の後半は首都ヘルシンキで過ごしました。老舗レストラン・コスモスで名物の鰊フライをたっぷり美味しく頂きました。

    
12

 フィンランドはカフェ文化の国で、ひといき入れる時はコーヒーを頂きます。なので滞在中は何回も至福のカフェタイムを過ごしました。
 老舗のエクベリ・カフェに7時30分の開店と同時に入り、ナポレオン、シナモンロール、カフェラテを美味しく頂きました。

  

北極圏でオーロラを観る 

 北極圏の街・レヴィ(フィンランド)で2夜続けてオーロラに遭遇し、すっかり満足して3夜目は早めに休みました。
 ホテルのベッドで爆睡していた23時頃、トツゼン携帯電話がなりました。
 「今、凄く大きな、、、、、、オーロラが出てます!!!」
 フィンツアーの現地駐在員の方が電話をかけてくれたので、慌ててカーテンをあけて窓のそとを観ると、ゲレンデの先にオーロラがたなびいていました。

    
DSC_0265

 防寒服を着てホテルの外に出て、ゲレンデ横のオーロラビュー・スポットに行くと、夜空を埋め尽くすようなオーロラが生まれるところでした。素晴らしい天空ショーはわずか5分で終わり、寒い寒い空気のなかに立ち尽くし余韻を味わい続けました。

    
DSC_0326

 休暇の後半はフィンランドの首都ヘルシンキに移動し、市内を歩き回りました。

    
DSC_0328

 大きな書店で買い物を愉しみました。さすがムーミンの国です。

    
DSC_0355

 ハカニエミ・マーケットでも色々なものに出会えました。

    
DSC_0390

 マリメッコ本社に併設のアウトレットにも行きました。

    
DSC_0399

 フィンランドはカフェの国。みんなでコーヒーを愉しみます。

    
DSC_0407

 素敵なカフェタイムを何回も満喫し、休暇は終わりました。

北極圏でオーロラを観る 

 久しぶりに休暇をとってフィンランドに行ってきました。

    
DSC_0063

 僕は3年前に結婚したのですが、新婚早々慌ただしいい日々が続き、それから双子を授かったりしたので、新婚旅行にまだ行っておりませんでした。ようやく少し落ち着いたので、このたび新婚旅行を企画したのです。
 僕が妻に提案したプランはふたつ。
 .▲侫螢に行きキリマンジェロに登る ∨牟坊に行きオーロラを観る
 妻は躊躇なくプラン△鯀択したので、マイナス25℃の装備を整えて旅立ちました。

    
DSC_0054

 成田から10時間かけてヘルシンキに飛び、国内線で北極圏の街、ロバニミエに行きました。
 到着早々夜の散歩をしたのですが、夜の街がとてもきれいです。

      
DSC_0086

 ロバニミエには世界で2番目に北にあるマクドナルドがあります。(以前は世界で1番だったそうです)

    
DSC_0087

 早朝の散歩の途中で立ち寄ってみました。

    
DSC_0106

 サンタクロース村に行ってみました。

    
DSC_0108

 この線より先が北極圏になります。

    
DSC_0096

 こんな名前のブランドショップがありました。 aarikka

    
DSC_0143

 ロバニミエからクルマで2時間半かけて、北極圏の街レヴィにやってきました。
 到着した日の夜に、早くもオーロラを観ることが出来ました。

    
DSC_0179

 翌日はスノーモービルを運転して20キロ離れた Reindeer Farm まで行きました。

    
DSC_0151

 トナカイのひく橇に揺られてみました。

    
DSC_0185

 この時季、日照時間はわずかに5時間ほど。とてつもなくキレイな日没にも出会えました。

    
DSC_0208

 ガラスで出来た小さなドーム・ガラスイグールに宿泊しました。

      
DSC_0204

 北斗七星を見上げながら眠り、気が付くと窓の外一面にオーロラが出ていました。

    
DSC_0241

 短い日中はひたすらアウトドアアクティビティーを愉しみます。

    
DSC_0222

 クロスカントリースキーで森のなかを散策しました。

   後半はまた後日!!

    

今年も降った!!

 正月以来よく晴れた日が続いていたのですが、今年もついに降りました。
東京で<トレイルランニング・フォーラム2017>を開催している時、僕の暮らす河口湖にはボタボタと雪が降っていたようです。フォーラム終了後に河口湖に帰って深夜に雪掻きをするのは辛いので、そのまま東京に泊まり、朝10時に自宅に帰ってきました。

    
DSCN2050

 積雪42センチ!!真っ白で清々しい世界です。
 少しだけ見惚れて、それから2時間かけて黙々と雪掻きを行いました。

TRAIL RUNNIG FORUM 2017

 日本トレイルランナーズ協会 (JTRA、、、Jトラと呼んで下さい)主催の<TRAIL RUNNIG FORUM 2017>を開催しました。

    
7

 フォーラム最初のセッションで、僕は「大会ガイドライン」を発表させて頂きました。
 僕がトレイルレースの運営に関わるようになったのは2007年のことですが、当時は国内で開催されるトレイルレースは40レースほどでした。それから10年で急激に増え、現在は400を超えるレースが開催されています。それらのレースの多くはキチンとした運営がなされているのですが、許可をとっていなかったり、安全管理が不十分であったり、環境へのインパクトが強すぎたりするレースが存在するのも事実です。
 トレイルランを健全な市民スポーツとして普及発展させていくための「大会ガイドライン」が必要であると考え、僕がたたき台を作り、JTRA常務理事8名で徹底的に討議を重ね、最後は鏑木毅会長と古田常務理事(弁護士)と3人でまとめあげたものを発表させて頂きました。

    
8
 
 たくさんの方に御来場頂き感謝してます。これからみなさんの意見を頂き、ガイドラインに反映させていく予定です。日本のトレイルランをしっかりとしたカタチで確立していきましょう。

    

    

河口湖新春30K

 毎年恒例の?「河口湖新春30K」を開催しました。

    
5

 仲間8人と河口湖畔の<道の駅かつやま>をスタートして河口湖を1周。次に貴船坂をのぼり西湖を1周。

    
6

 新春の陽光に照らされ、ひんやりとした空気のなかの気持ちの良い30キロ走でした。走ったあとは<バーミヤン>で餃子や麻婆豆腐を食べながら新年会を愉しみました。
 今年もガシガシと走りましょう。

A HAPPY NEW YEAR 2017

 2017年 新年あけましておめでとうございます。

    
1

 元日は恒例の(今年で2回目ですが)、家族4人で近所の神社に初詣に行ってきました。慌ただしかった2016年を無事に乗り越え、新しい春を迎えられた歓びを感じ、今年も1年頑張ろうと静かに想いを巡らせながらのお詣りでした。

    
2

 昨年の正月はまだ歩けなかった子ども達が、今年は走りまわるようになり、笑い、泣き、喋るようになりました。

    
3

 子どもを連れて河口湖畔を散歩しました。眩しい陽光、冠雪した富士山、光る湖面、たくさんいる観光客、ゆっくり走る大型バス、散歩中の犬、湖畔の観光スポット、すべてが子どもにとっては刺激的です。1キロ近く歩いて、大好物のソフトクリームで手と口をベトベトにさせていました。
 本年も何卒ヨロシクお願い致します。

12月に食べたもの

 2016年も残りわずかとなりました。12月もアチコチで色々と食べてきました。

    
DSCN1643

 双子の出産から1年9ヶ月、妻(恵里佳)は頑張って秋からレース復帰を果たしました。富士山マラソン(11/27)を3時間39分で完走し、武田の杜トレイルレース(12/11)では3位入賞を果たしました。
 武田の杜TR の日の夜、甲斐市の<沢庵>で打ち上げの宴を開催しました。脂の乗った鰤のシャブシャブは最高の美味しさデス。 

    
DSCN1697

 今シーズン初マラソンとして、山口県の防府読売マラソンを走りました。キツカッタけどなんとか頑張って走り切りました。
 走ったあとは会場で鱧天うどんを美味しく頂きました。

    
DSCN1701

 防府読売マラソンを走ったあと、本当は打ち上げで美味しいものを食べたいのですが、翌日は朝から仕事なので、慌てて河口湖の自宅に帰ります。
 防府駅か徳山駅で美味しい弁当でも買いたかったのですが何も買えず。新幹線乗り換えの名古屋駅のホームで、味噌きしめんを食べました。乗り換え時間10分で慌てて食べたのですが、美味かった!!

    
DSCN1715

 原宿で開催された THE NORTH FACE 50周年記念パーティーに出席し、その帰りに久しぶりに六本木の<天鳳>でラーメンを食べました。学生時代から30年近く食べているラーメンですが、ずっと変わらぬ美味しさデス。

    
DSCN1765

 クリスマス&年末ライブを中野の<TIME TRIP>で行いました。気持ち良く演奏してから同じ店で打ち上げを行いました。ネパールカレーのプレートがとても美味しかった!!

    
DSCN1784

 年末のヒトトキ、家族4人で信州美ヶ原温泉(松本)に旅行しました。温泉宿の夕食で頂いた信州黄金軍鶏の味噌焼きが美味でした。
Archives
MELODY LION***
  • ライブドアブログ