今年も降った!!

 正月以来よく晴れた日が続いていたのですが、今年もついに降りました。
東京で<トレイルランニング・フォーラム2017>を開催している時、僕の暮らす河口湖にはボタボタと雪が降っていたようです。フォーラム終了後に河口湖に帰って深夜に雪掻きをするのは辛いので、そのまま東京に泊まり、朝10時に自宅に帰ってきました。

    
DSCN2050

 積雪42センチ!!真っ白で清々しい世界です。
 少しだけ見惚れて、それから2時間かけて黙々と雪掻きを行いました。

TRAIL RUNNIG FORUM 2017

 日本トレイルランナーズ協会 (JTRA、、、Jトラと呼んで下さい)主催の<TRAIL RUNNIG FORUM 2017>を開催しました。

    
7

 フォーラム最初のセッションで、僕は「大会ガイドライン」を発表させて頂きました。
 僕がトレイルレースの運営に関わるようになったのは2007年のことですが、当時は国内で開催されるトレイルレースは40レースほどでした。それから10年で急激に増え、現在は400を超えるレースが開催されています。それらのレースの多くはキチンとした運営がなされているのですが、許可をとっていなかったり、安全管理が不十分であったり、環境へのインパクトが強すぎたりするレースが存在するのも事実です。
 トレイルランを健全な市民スポーツとして普及発展させていくための「大会ガイドライン」が必要であると考え、僕がたたき台を作り、JTRA常務理事8名で徹底的に討議を重ね、最後は鏑木毅会長と古田常務理事(弁護士)と3人でまとめあげたものを発表させて頂きました。

    
8
 
 たくさんの方に御来場頂き感謝してます。これからみなさんの意見を頂き、ガイドラインに反映させていく予定です。日本のトレイルランをしっかりとしたカタチで確立していきましょう。

    

    

河口湖新春30K

 毎年恒例の?「河口湖新春30K」を開催しました。

    
5

 仲間8人と河口湖畔の<道の駅かつやま>をスタートして河口湖を1周。次に貴船坂をのぼり西湖を1周。

    
6

 新春の陽光に照らされ、ひんやりとした空気のなかの気持ちの良い30キロ走でした。走ったあとは<バーミヤン>で餃子や麻婆豆腐を食べながら新年会を愉しみました。
 今年もガシガシと走りましょう。

A HAPPY NEW YEAR 2017

 2017年 新年あけましておめでとうございます。

    
1

 元日は恒例の(今年で2回目ですが)、家族4人で近所の神社に初詣に行ってきました。慌ただしかった2016年を無事に乗り越え、新しい春を迎えられた歓びを感じ、今年も1年頑張ろうと静かに想いを巡らせながらのお詣りでした。

    
2

 昨年の正月はまだ歩けなかった子ども達が、今年は走りまわるようになり、笑い、泣き、喋るようになりました。

    
3

 子どもを連れて河口湖畔を散歩しました。眩しい陽光、冠雪した富士山、光る湖面、たくさんいる観光客、ゆっくり走る大型バス、散歩中の犬、湖畔の観光スポット、すべてが子どもにとっては刺激的です。1キロ近く歩いて、大好物のソフトクリームで手と口をベトベトにさせていました。
 本年も何卒ヨロシクお願い致します。

12月に食べたもの

 2016年も残りわずかとなりました。12月もアチコチで色々と食べてきました。

    
DSCN1643

 双子の出産から1年9ヶ月、妻(恵里佳)は頑張って秋からレース復帰を果たしました。富士山マラソン(11/27)を3時間39分で完走し、武田の杜トレイルレース(12/11)では3位入賞を果たしました。
 武田の杜TR の日の夜、甲斐市の<沢庵>で打ち上げの宴を開催しました。脂の乗った鰤のシャブシャブは最高の美味しさデス。 

    
DSCN1697

 今シーズン初マラソンとして、山口県の防府読売マラソンを走りました。キツカッタけどなんとか頑張って走り切りました。
 走ったあとは会場で鱧天うどんを美味しく頂きました。

    
DSCN1701

 防府読売マラソンを走ったあと、本当は打ち上げで美味しいものを食べたいのですが、翌日は朝から仕事なので、慌てて河口湖の自宅に帰ります。
 防府駅か徳山駅で美味しい弁当でも買いたかったのですが何も買えず。新幹線乗り換えの名古屋駅のホームで、味噌きしめんを食べました。乗り換え時間10分で慌てて食べたのですが、美味かった!!

    
DSCN1715

 原宿で開催された THE NORTH FACE 50周年記念パーティーに出席し、その帰りに久しぶりに六本木の<天鳳>でラーメンを食べました。学生時代から30年近く食べているラーメンですが、ずっと変わらぬ美味しさデス。

    
DSCN1765

 クリスマス&年末ライブを中野の<TIME TRIP>で行いました。気持ち良く演奏してから同じ店で打ち上げを行いました。ネパールカレーのプレートがとても美味しかった!!

    
DSCN1784

 年末のヒトトキ、家族4人で信州美ヶ原温泉(松本)に旅行しました。温泉宿の夕食で頂いた信州黄金軍鶏の味噌焼きが美味でした。

防府読売マラソン

 防府読売マラソン(山口県防府市)を走ってきました。

    
15644459_684819091680116_522298506_n

 中国地方、九州エリアの本気ランナーが多数出場するガチなフルマラソンです。僕は大好きなレースで、今年で7回目の出場になります。

    
15645737_684819338346758_1380036122_n

 前日の土曜日、新幹線に乗ってひとり山口に到着しました。レース当日の朝、控室(ソルトアリーナ体育館)で、博多陸友会のメンバーと再会しました。

    
15644239_684819158346776_1244938050_n

 12:02 レースはスタート。今シーズン初のフルマラソンをガシガシと走ります。
 ここ2シーズン、満足いく結果を残せていない僕の目標タイムは3時間10分です。

      
15644253_1848087342135120_810253775_n

 15キロまで順調に走るも、そこから徐々に失速し中間点は1時間38分。頑張って前を見て走り続けて3時間28分でフィニッシュしました。
 決して満足のいく結果ではありませんが、年明けのレースに向けて頑張って走り込もうと云う気持ちがいっぱいです。

    
15645761_684819298346762_1501018674_n

 走ったあとの銭湯で、公務員ランナー(埼玉県庁)の川内優輝さんに遭遇しました。

リハーサル

 月曜日の夜、リハーサルを行いました。

    
DSCN1669

 恒例のクリスマス&年末ライブのリハーサルです。
 今年はドラムなし、電気楽器を使わないアコースティックライブです。
 メンバー4人でじっくりと熱く音を重ねました。

    
DSCN1664

 
〜 クリスマスライブin TOKYO のお知らせ〜

12月21日 水曜日  open 19:00 start 19:30

ダイニングバー TIME TRIP 〜JR中野駅北口徒歩3分〜
中野区中野5-36-3 タカデン中野ビル B1F (050-5284-6254)
      → TIME TRIP web site<

<HARVEST CAMP>
福田六花 Vocal & Guitar
栗栖幸吉 Sax & Flute
和田裕二 Bass
森 園子  Keyboard

素敵な音楽と温かい空気を用意してお待ちしてます。是非ぜひ遊びにいらして下さい。

電話で御予約を頂けると幸いです   → 予約 中村家 090-3547-2340

中野駅北口を出て、横断歩道渡らずに右へ(線路沿いを新宿に向かって1分歩く)。香港飲茶居酒屋【提灯がぶら下がってる賑やかな店】を左に曲がると右手にライフが見えてきます。その先の路地を右に曲がりミニストップがあるビルの地下1階です。
→ 
地図参照

12月はバタバタ!!

 12月になり慌ただしい日々が始まりました。アチコチ出かけることが多くなっています。

    
1

 毎年12月1日は<ランナーズ賞>の授賞式です。市民ランニングの普及&発展に長年貢献した方を表彰する<ランナーズ賞>ですが、僕は5年前より選考委員を務めさせて頂いてます。
 今年は3組(4名)の素晴らしい方に受賞して頂くことが出来ました。

    
2

 <ランナーズ賞>授賞式の控室は、ランニングの世界を牽引している皆さんとお目に掛かる愉しい場所です。
 橋本治朗さん(RBS社長)、下条由紀子さん(ランナーズ編集長)、高石ともやサン(シンガーソングライター)、増田明美さん、谷川真理さん、鏑木毅さん などなど。

    
3

 土曜日の午後、目黒のBARで行われた木村東吉さんの「芸能生活40周年記念パーティー」に出席しました。僕の自宅と木村家とは300メートルしか離れたおらず、この13年間アウトドアフィールドで愉しく一緒に遊んできた僕の兄貴分です。
 親しい仲間だけの集まりで、愉しい時間でした。

    
4

 木曜日の夜、都内某所でトレイルランの将来に関する大切な打ち合わせ。4時間にわたって集中して話し合いを行いました。

    
5

 木曜日の夜、新宿で<TEAM RICKA>忘年会が行われました。UTMF、富士山麓トレイルラン、富士山原始林トレイルランなどのレースを、一緒に運営する大切な仲間との忘年会です。
 「今年もアリガトウ。来年もヨロシクお願いします。」

    
6

 土曜日、神奈川県の「藤野芸術の家」で開催された<NES チャンピオンシップ>ファイナルパーティーで司会進行を務めさせて頂きました。4つのハードなトレイルレースを完走したファイナリストを讃えるパーティーです。
 
 そんな慌ただしい日々の合間に、時間を見つけてはガシガシと走ってます。12月18日は”勝負レース”です。

11月に食べたもの

 寒くなってきました。11月もアチコチで色々食べました。

    
DSCN0990

 久しぶりに甲斐市の<沢庵>に食事に行きました。この季節、刺身がとっても美味しくなります。その他にも松茸の土瓶蒸し、エボ鯛の唐揚げなど美味しいものをたくさん頂きました。深澤店主の料理はもう20年食べ続けています。

    
DSCN1072

 義父母の知り合いの箱根在住の料理人の方に、お昼を呼ばれました。もの凄く美味しいスキ焼でした。

    
DSCN1194

 近所(河口湖)の<Cuisine R>に久しぶりに食事に行ってきました。富士幻豚のロースト・ピンクペッパーソース。脂身を含めて想像を絶する美味しさでした。 また食べたい!!

    
DSCN1226

 金曜日の夜、町田の珈琲屋サンで鏑木 毅さんと、古田弁護士と、トレイルランの将来に関する大切な打ち合わせを行いました。集中して2時間討議を重ね脳内で大量にカロリー消費したので、思わず注文したフレンチトースト美味かった。

    
DSCN1233

 ほぼ毎月1回は八ヶ岳山麓原村の<自由農園>に買い出しに行きます。野菜、ワインなど大量に購入したあとは、併設の<808キッチン>で信州サーモンとクリームチーズンのサンドイッチを美味しく頂きました。

    
DSCN1291

 家族4人で立川の買い物に行ったあとは、妻が学生時代にバイトをしていた焼鳥店<一の酉>で夕食をたべました。1才8ヶ月の双子を連れての焼鳥屋です。子ども達はツクネとオニギリを頂き、僕は生ビールに焼鳥です。シメに頂く煮込みかけライスが絶品です。

    
DSCN1359

 神戸に講演に行きました。昼休みに会場を抜け出して、午後からの講演に備えて新神戸駅の<自由亭>でステーキ丼をガッツリ食べました。それから90分、老人介護に関するハナシをさせて頂きました。

    
DSCN1444

 11月最後の日曜日は富士山マラソンです。わが家は妻が走り、僕は子どもと応援です。レースのあとは昭和町の<ラッキーセブン>まで、安くて美味しいホルモン焼きを食べに行きました。

クリスマスライブ in TOKYO のお知らせ 〜12/21水曜日〜

    
DSC06438

 恒例の”クリスマス&年末ライブ in TOKYO”の詳細が決まりました。
今年は中野でライブを行います。

 12月21日 水曜日  open 19:00 start 19:30
ダイニングバー TIME TRIP (タイムトリップ) JR中野駅徒歩3分
 music charge ¥2500 (ドリンク別)

    
194489865_624

  HARVEST CAMP
    福田六花 Vocal & Guitar
    栗栖幸吉 Sax & Flute
    和田裕二 Bass
    森 園子  Keyboard

  素敵な音楽と、温かな空気を用意してお待ちしてます。
  年末のヒトトキ、是非ぜひ遊びにいらして下さい。

  電話予約頂けると幸いです。(定員40名)
    → 090-3547-2340 <中村家>

  ダイニングバー TIME TRIP   JR中野駅徒歩3分
東京都中野区中野5-36-3 タカデン中野ビル B1F
→ 地図参照

10月に食べたもの

 慌ただしかった10月ですが、アチコチで色々と食べました。

    
1

 日曜日の夜、UTMFで毎年コース誘導を担当してくれる<足和田山TRC>の打ち上げが開催されました。
 富士山1周・167キロにおよぶレースの最終地点である河口湖大橋の誘導を、30時間にわたって担当してもらうハズでしたが、荒天によりUTMF短縮開催、STY中止となり、河口湖大橋まで走って来るランナーはいませんでした。
 残念な気持ちもがいっぱいですが、いつしか山のハナシ、走るハナシに花が咲き、大いに盛り上がりました。長濱旅館<さくら>の美味しい料理を色々と頂き、シメは「富士まぶし」をガッツリでした。

    
2

 土曜日は朝から色々と忙しく、妻の従姉(ナオコ)にベビーシッターに来てもらいました。すべての用事が完了して、わが家4人とナオコとで近所の<福禄寿>に食事に行きました。数ヶ月前までは騒ぐだけだったわが家のツインズも、色々と料理を食べるようになりました。
 僕が頼んだすっぽんの春巻きは不思議に美味しい一品でした。

    
3

 雨の日曜日、朝からひとりで富士山原始林トレイルランのコース調査に出かけました。レース開催1週間前、すべてのコースを走って確認し、トレイルをふさぐ倒木や危険な岩を端に寄せ続けました。ひとりで山を走っていると、不思議に気持ちが落ち着きます。
 4時間でコース調査を完了させたあとは精進湖観光協会に赴き、<ふじみ荘>のカレーライスを食べながら最終の打ち合わせを行いました。昭和のカレーです。

    
4

 家族で長野県原村までドライブしました。いつも行く自由農園に併設された<808キッチン>でモーニングを注文し、スコーン&コーヒーを美味しく頂きました。

    
5

 <富士山原始林トレイルラン in 精進湖・本栖湖>を開催しました。選手には走ったあとは精進湖名物料理の鹿肉キーマカレーを食べて頂きます。スパイシーで優しい味のカレーです。

    
6

 義父の還暦祝いで長野県善光寺に行きました。僕が常宿にしている<宿坊・渕之坊>で、とても美味しい精進料理の祝い膳を頂きました。食事のシメは山芋を添えた赤飯です。

    
7

 善光寺宿坊に一泊し、翌日は長野県東御市の<ヴィラデスト>でランチを食べました。初めて食べたキエフ風カツレツは、クルミバターを豚肉で巻いて揚げてあります。ナイフで切るとバターがトロトロと流れ出て、絶妙の美味しさでした。

    
8

 福井県若狭町の<若狭路トレイルラン>に行きました。僕はアドヴァーザー&ゲストランナーとして関わらせて頂いており、レース前日にはトークショー&ミニライブを行いました。
 トークショーのあとは<徳右衛門>で鰻重を頂きました。関西風の表面パリッと、なかシットリと、焼き上げた鰻が絶品でした。

    
9

 金曜日、東京での診察を終えてから新潟県南魚沼市石打に向かいました。観光協会の皆さんと<関山食堂>で夕食をたべてから、レースの打ち合わせを集中して行いました。
 オススメの関山ラーメンは、素朴で美味しい昔ながらのラーメンでした。

    
10

 土曜日は朝から石打でレースの準備です。午前中はロードレース(ハーフ、10キロ)のコースを確認し、最終の計測を行いました。
 昼は昨日に続いて<関山食堂>に行きました。炒飯を食べてから午後は雨のなか山のコースを走りました。

    
11

 <南魚沼コシヒカリラン in 石打>を開催しました。レースの後は炊き立てのコシヒカリ新米と、地元のオバちゃんが作ってくれた美味しい豚汁のふるまいです。
 美味しかった!!


   

南魚沼コシヒカリラン in 石打

 <第5回 南魚沼コシヒカリラン in 石打>を開催しました。
 日本一美味しいコシヒカリの故郷を走るレースを、プロデューサーとして石打のみなさんと一緒に4年前に立ち上げました。

    
h

 コシヒカリの収穫祭でもあるこのレース、トラクターが先導車を務めます。

      
i

 ロードレース(ハーフマラソン、10キロ)
 トレイルラン(駅伝、ソロ)
 小学生ラン
 トレッキングウォーク

 快晴に恵まれ、美しい紅葉と雄大な自然のなかで、様々なカテゴリーの種目を愉しんで頂きました。

    
j

 走った(歩いた)あとは、炊き立てのコシヒカリ新米と、豚汁を愉しんで頂きました。
 御参加頂いた皆様、アリガトウございました。

    
DSCN0879

 レース開催のたびに僕と一緒に全国をまわるバンドメンバー&音響チームは、沿道演奏<ヒゲダンス>でレースを盛り上げてくれました。


若狭路トレイルラン

 福井県若狭町の<若狭路トレイルラン>を走ってきました。

    
11

 今年で4回目の開催となるトレイルレースです。僕はアドヴァーザー&ゲストランナーとして一昨年より関わらせて頂いてます。

    
12

 ロングコース(43キロ)、ミドルコース(32キロ)、ショートコース(15キロ)の選手が7時、8時、9時と3回に分かれて海辺からスタートします。

    
13

 山、海、湖(三方五湖)を愉しめる風光明媚なコースを、地元有志の皆さんが頑張って整備しました。

    
14

 汗をかき息を弾ませて山をのぼり、不意に美しい若狭湾(日本海)が見えると、疲れが吹き飛びます。

    
15

 運営スタッフは少なく、開催は本当に大変だったと思います。御参加頂いた皆様アリガトウございました。
 妻はショートコースを走り優勝しました。
 

富士山原始林トレイルラン in 精進湖・本栖湖

 <第8回富士山原始林トレイルラン in 精進湖・本栖湖> を開催しました。

    
a

 富士山北西麓に広がる富士山原始林(青木ヶ原樹海)を走るレースです。

    
b

 秋晴れの空の下、ロングコース18.7キロ、ショートコース16.5キロを600名のランナーが駈け抜けました。

    
14671226_1132800540133759_2015920526725459647_n

 苔むした溶岩、多彩な植生、神秘的な木洩れ陽に包まれた原始林のなか、東海自然歩道、精進口登山道、本栖林道などを走ります。

    
14680613_1132800503467096_7162259333963225378_n

 ロングコースの烏帽子岳山頂からは、見事な富士山が見えました。

    
d

 精進湖観光協会&民宿組合、富士河口湖町役場、TEAM RICKA のスタッフがレースを支えてくれました。

    
c

 僕の大好きな富士山原始林でレースを開催出来ることを大変に嬉しく思います。御参加頂いたランナーの皆様、アリガトウございました。雄大な自然のなかを走る歓びと、貴重な自然を守ることの大切さを考える有意義な1日となったことを感謝します。
 妻(恵里佳)はショートコースを走り準優勝しました。

富士山麓トレイルラン

 第10回富士山麓トレイルランを開催しました。

    
1

 2007年に始まったこのレースは、僕が初めてプロデュースしたレースでもあります。今年で10回目の開催となり、大変に感慨深いものがあります。

      
2

 ロングコース18キロ、ショートコース10キロの僕の大好きなトレイル(足和田山〜青木ヶ原樹海)を700名のランナーが駈け抜けました。

    
3

 10回大会を記念して<小学生トレラン教室>を開催しました。
 その他にも歴代優勝者の招待、10回連続出場選手2名の表彰などを行いました。

    
4

 ゲストは右から木村東吉さん、岩佐比登美さん、松永紘明さん。みんな大切なトレラン仲間です。

    
5

 勝山観光協会、富士河口湖町役場、南都留陸協、そしてTEAM RICKA のメンバーが運営に奮闘してくれました。
 御参加頂いた選手の皆様、アリガトウございました。

9月に食べたもの

 9月は山に居る時間が多く、山からおりて色々と食べる日々でした。

    
DSC04616

 毎年9月最初の日曜日は<浦佐温泉耐久山岳マラソン>(新潟県南魚沼市)です。今年もゲストランナーとして走らせて頂きました。
 レースの朝、浦佐での常宿(てじま屋)で”きりざい”を頂きました。少々酸っぱくなった漬物を、細かく刻んで納豆に混ぜて食べる、新潟独特の一品は大好きです。

    
DSCN0056

 9月中旬からはひたすらUTMFの準備です。日曜日は雨のなか石割山〜二十曲峠〜立野塚峠のマーキングを行い、山から降りて仲間8人と近所の「ひざご食堂」で夕食を頂きました。
 1日じゅう山のなかで活動したのでオナカが減りました。味噌ラーメン&炒飯をガッツリ食べました。こんな組み合わせの食事は久しぶりです。

    
DSCN0100

 月曜日は朝から立野塚峠〜杓子山頂のマーキングを行い、午後は杓子下山ルートの整備を行いました。午後は大雨が降って全身びしょ濡れです。
 整備&マーキングを手伝ってくれた仲間12人で「丸八」に行きました。鰻鶏重が美味しかった。3連休が終わり会社勤めしている仲間は帰りました。

    
DSCN0105

 火曜日は仲間数名は朝から山へ。僕は外来診察日なので山には入らず医者の仕事を行いました。午後はスタッフウェアをアチコチの団体に届けに行きました。
 山に入ったスタッフと夕方合流して、夜は近所に出来た「55 steak」でリブステーキを美味しく頂きました。
 
    
DSCN0141

 水曜日は朝から杓子山に入りました。昨夜の会議で杓子山の下山ルートが昨年と同じルートに決定したことを受けて、下山ルートのロープ張りとマーキングです。
 3人で早朝からガッツリ作業して、少し遅めの昼食を「新潟屋」で頂きました。この店の餃子は大好物です。

    
DSCN0198

  木曜日雨、、、。UTMFスタート前日は大池公園〜足和田山登山道入口のマーキングと草刈りを行いました。
 夕方からはプレス・カンファレンス。それから仲間10名と「司食堂」に行き、カツカレーをガッツリと頂きました。
毎日が雨。そして毎日山で作業してガッツリ食べて、UTMFのスタートを迎えます。

    
DSCN0255

 UTMF(9/23スタート)は荒天のため短縮開催(165キロ→44キロ)となり、STY(9/24スタート)はレース開始4時間の時点で大雨のため中止となってしまいました。
 STY中止時点で太郎坊エイドに居た僕は、300名を超える選手をバスに乗せるためにトラメガを持って、ひたすら叫ぶ続けました。その合間に頂いた温かいみくりや蕎麦は最高の美味しさでした。

UTMF/STY 2016

 UTMF/STY 2016 を開催させて頂きました。今年で5回目となるUTMF、僕は副実行委員長と云う立場でこの1年ひたすら準備をすすめてきました。

    
1

 今年はレース開催の3日間とも雨の予報です。UTMF スタートの日、朝6時に招集がかかり緊急会議が行われました。富士宮市に大雨警報が出ており、このままレース開催をして良いのだろうか?
 可能な限りの情報を集めて、現地の様子をスタッフに観に行ってもらい、喧々囂々の会議の末スタートを13時から15時に遅らせることが決定しました。このあと天候は回復傾向の予報です。
 ところが14時になっても大雨警報は解除されず、スタート直前の会議でUTMF はA3(麓)までの44キロレースとして開催することが決定しました。
 降りしきる雨のなか、複雑な想いの錯綜するなか、UTMFはスタートしました。

    
2

 本部にいるスタッフたちは、雨のなか走るランナーのために、可能な限りの対応を考え続けます。僕はレース進行に伴って、河口湖〜精進湖〜本栖湖と移動を続け、選手の体調を見極め、なにが起こっているかを見落とさないようにレース展開を凝視し続けました。
 A3(麓)のエイド手前に一部キケン箇所があるため、そこを回避して<道の駅・朝霧>にフィニッシュ地点を設けることがレース・スタート後に決まりました。そこから先の状況を僕は知らず、ひたすら現場に立ちつくしました。
 「そろそろフィニッシュ地点に来て。」の連絡を受けて、<道の駅・朝霧>に行ったところ、なんとフィニッシュゲートが建てられており、温かい食べ物、飲み物を提供するブースも出来ていました。この場所を借りることは当日までまったく想定していなかったなかで、よくぞここまで準備が出来たものです。同じ実行委員会のメンバーですが、その力量には大きく感心させられました。
 僕はフィニッシュゲートに立ち、最終ランナーまで出迎えを続けました。100マイル走る準備をしてきたランナーにとって、44キロで終わることは大変に残念なことだと思います。それでも多くのランナーが全力で走ってくれたことに、感謝の気持ちでいっぱいでした。

    
3

 そして翌日。今度はSTYのスタートです。何故か天気予報がどんどん悪くなり、スタート前には大雨と雷鳴が会場を包みました。

    
4

 スタートから4時間ほどで、天候悪化のためSTYは中止となりました。太郎坊のエイドに居た僕は、中止の報を受けて後半部分を担うスタッフたちに約40件の電話を掛け続けました。せっかく時間を作ってレースの準備をしてくれていたスタッフに申し訳ない気持ちでいっぱいです。
 そのあとは太郎坊に居る300名を超える選手たちをメイン会場に戻すオペレーションです。送迎のシャトルバスに乗って頂くために、僕はひたすらメガホンを持って叫び続けました。

    
5

 そんなとき、ふいに雲が切れて雪を被った富士山が姿を魅せました。雨に濡れて寒さに震えていた選手たちが生気を取り戻し、太郎坊エイドは和やかな雰囲気になってきました。

    
6

 そんな頃、富士小学には夜間のコース誘導をするために、<TEAM RICKA>のメンバーが集結していました。レース中止に伴い誘導がなくなってしまったメンバーは、残念ながらこの場所で解散しました。

    
7

 そして翌日、すっかり晴れたメイン会場で短縮されたUTMFの表彰式が行われました。
UTMF/STY 盛り上げ隊のみんなはこの時間まで残ってくれ、次回に向け元気な声をあげてくれました。

    
8

 たくさんの仲間たちに支えられて開催するUTMF/STY。本当にみんなに感謝です。

    
9

 セバスチャンからわが家のツインズにお土産をもらいました。また走りに来て。

    
10

 UTMF 短縮。STY中止。と大変残念な結果に終わってしまった2016年です。選手は走ることは出来なかったけど、多くの仲間が温かい1本の輪を富士山の周りにつないでくれていました。本当にアリガトウ。
 たくさんのことを見直して、次回をしっかり開催することが出来ればと思います。
 

白馬国際トレイルラン

 土曜日の朝、家族4人で信州に向けて出発しました。

    
1

 まずは穂高の「一休庵」で美味しい蕎麦を頂きました。

    
2

 やってきたのは白馬村です。今年で6回目の開催となる白馬国際トレイルランの会場に到着しました。三好礼子さんと打ち合わせをしていると、ゲストのマルコメ君がやってきました。

    
3

 前夜祭では、鏑木 毅さん、三好礼子さんとトークショーを行いました。この場所でのトークショーも6回目となります。

    
4

 歓迎パーティーのラストでミニライブを行いました。盛り上げて頂きアリガトウございました。

    
5

 そして翌朝はレースを走ります。僕はゲストランナーとしてショート(20キロ)を走ります。妻(恵里佳)も久しぶりにトレイルレースを走ります。

    
6

 僕は最後尾からスタートして、たくさんのランナーと語りながら走りました。

    
7

 スタート直後には、長野オリンピックで使われたジャンプ台の前を走ります。

    
8

 レース中には脚攣り、頭部挫傷、蜂刺されなど、トラブルに見舞われたランナーにも遭遇し、その都度処置を行いながら走りました。
 全部で300名を超すランナーと言葉を交わし、愉しくフィニッシュしました。

    
9

 妻はショートの部で優勝。妊娠&双子出産を経て、見事に復活しました。

    
10

 サプライズ・ゲストの松野明美さんとも愉しく語りました。

      
11

 鏑木 毅さんに抱かれてレカちゃん激泣き!! 愉しく賑やかな白馬の旅でした。
レースを走られた皆様、大会運営に尽力された皆様、コース上で声援を贈ってくれた皆様、アリガトウございました。

    

    

8月に食べたもの

 8月もあっと云う間に終わりです。色々食べて色々活動しました。

    
DSC04452

 富士河口湖町役場のすぐ裏にある美味しい和食屋さん「福禄寿」で、はまなす幹部会を開催しました。毎年1回だけおこなう食事会では、はまなす・なでしこの幹部職員10名でひたすら語りました。
 夏らしい涼しげな前菜に舌鼓!!

      
DSC04506

 新潟県南魚沼市に行ってきました。10/30に開催する<南魚沼コシヒカリランin石打>の打ち合わせと試走です。ハーフマラソン、10キロ・ロード、トレイル駅伝、ウォーキングなど様々な種目で皆様をお迎えします。現在申し込み受付中です。
 打ち合わせを兼ねた昼食は「やぶ」で頂きました。新潟と云えば布海苔をつなぎに使用した”へぎそば”です。磯の香りのする蕎麦と、揚げたての天婦羅を美味しく頂きました。

    
13892079_874220106055578_2950882992821120557_n

 8月はUTMFに向けたトレイル整備にも励みました。15名の<TEAM RICKA>スタッフと一緒にひたすら山で整備です。
 妻はスタッフのためにオニギリと自家製パンのサンドイッチと唐揚げを3時に起きて作ってくれました。(感謝)

    
DSC04557

 立川の Outdoor Village に行ってきました。アウトドアギアを眺めたあとは、SNOW PEAKS 〜eat in〜でランチを食べました。
 アボカドバーガーまた食べたい!!

    
DSC04574

 UTMFの準備は毎日ジワジワと進みます。毎年石割山々頂のコース誘導スタッフをお願いしている、富士北嶺山楽会の皆さんと富士吉田の<INTI>で打ち合わせ&懇親会を開催しました。
 スモークサーモンとホウレン草のフジッリ、塩加減が最高でした。

    
DSC04583

 夏の終わりは富士吉田の<火祭りロードレース>です。今年もゲストランナーとしてハーフマラソンを走らせて頂きました。
 ガシガシと走ったあとは吉田うどんをガッツリ頂きました。

ランナーズ10月号

 ランナーズ10月号発売になりました。

    
DSC04570 (2)

 僕の連載「福田六花50才からの子育て奮闘記」は今号で最終回(第17話)となります。
 昨年3月にわが家にツインズが生まれたタイミングで新連載の提案を頂き、子どもの成長にあわせて自分のランニング・ライフを振り返る、とても想い出に残る連載になりました。

    
DSC04207

 最初はミルクを飲んで泣くだけだったわが子が、寝返りを打ち、ハイハイするようになり、つかまり立ちが出来るようになり、歩くようになりました。

    
DSC04237

 子ども達の成長を書き綴る機会を設けてくれた、ランナーズ編集部に心から感謝します。

    
DSC04264

 そして連載をお読み頂いた読者の皆様、本当にアリガトウございました。
 今号も是非ぜひ御高覧下さい。そしてこれからも<ランナーズ>を宜しくお願いします。

南魚沼コシヒカリラン in 石打(10月30日開催)

 今年から制定された<山の日>は、新潟県に行ってきました。今年で5回目の開催となる「南魚沼コシヒカリラン in 石打」のコース確認&打ち合わせです。
 トレイル駅伝、トレイルラン・ソロ、ハーフマラソン、10キロ・ロード、ウォーキング、小学生ロードレースと様々な種目で皆様をお待ちする準備が着々と進んでいます。

    
DSC04471

 トレイル駅伝およびトレイルラン・ソロ、今年はコースが変わります。第1回2回で使用した里山コースですが、その後は台風の被害で使用できなくなっていました。今年からまた里山コースが復活します。
 スタートしたあとはのどかな田圃の畦道を走ります。

    
DSC04478

 里山コースは沢沿いのトレイルをのぼります。3キロ手前には激のぼり区間があります。

    
DSC04486

 激坂をのぼりつめると石打丸山スキー場のゲレンデに到着します。ここからは南魚沼市を一望する絶景のなかを軽快にくだって頂きます。

    
DSC04497

 ロードレース(ハーフマラソン、10キロ)は、巻機山をバックにどこまでも続く田園風景と、雪国の情緒ある街並みを走る、ゆるやかなアップダウンを愉しめるコースです。ハーフマラソンでは小学校の校庭も走ります。
 ロードレースのコンセプトは、石打に暮らす人たちの生活の場を走ることです。

 紅葉の美しい季節に、石打に走りにいらっしゃいませんか。

南魚沼コシヒカリラン in 石打   (福田六花プロデュース)  
                              新潟県南魚沼市石打

 2016年 10月30日(日曜日) 開催
  〇トレイル駅伝 6キロ×4区間
  〇トレイルラン・ソロ 6キロ、12キロ
  〇ハーフマラソン21.0975キロ
  〇ロードレース10キロ
  〇ウォーキング
  〇小学生ロードレース 1キロ、2キロ

 走ったあとは、日本一美味しいコシヒカリの炊き立て新米と、田舎汁を食べて頂きます。
 前夜祭も愉しんで頂きます。
 クルマでも電車でもアクセス良好です。

 現在ランネットにて受付中
    →  南魚沼コシヒカリラン in 石打 official web site

      
DSC04506

 コース試走のあとは、新潟名物へぎそばをガッツリと頂きました。    

7月に食べたもの

 7月も色々食べました。

    
DSC04075

 久しぶりに富士吉田の<INTI>に行き、牡蠣とホウレン草のパスタを食べました。美味しかった。

    
13612341_992790880817919_8461018431316705033_n

 足和田山TRC の集まりは<Yesterday>のBBQ。プロの料理人がプライベートで開催するBBQは最高です。

    
DSC04319

 7月は恒例の富士登山競走を走りました。翌日は妻(恵里佳)が山梨30Kを走りました。わが家の初夏のレースの打ち上げは、<シナソバけん>でネギラーメン。辛めのスープが最高デス。

    
DSC04113

 7月は3回カレーライスを食べました。北丹沢12時間山岳耐久レースでは毎年救護医師を行います。慌ただし救護の合間のランチに<いやしの湯>でカレーライスを頂きました。束の間のひと休み。

    
DSC04365

 大阪に行きました。なんば<自由軒>の名物カレーは大好きです。ソースをかけてかき混ぜて、久しぶりに美味しく頂きました。

    
DSC04366

 金曜日の夜、翌日のトレイル整備でやってきたTEAM RICKA のメンバーと近所の<ひさご食堂>に行き、僕はカツカレーを頂きました。

    
DSC04358

 大阪に講演に行きました。前日の夜はジャンジャン横丁の<だるま>で串カツと生ビールを愉しみました。あっさりしていて何本も食べました。

    
DSC04364

 講演の前の朝食は<コメダ珈琲>でミルクコーヒーと小倉トースト。

    
DSC04379

 7月最終日は、<うなよし>で極上の鰻重を美味しく頂きました。


    

永 六輔さん 帰天

 永六輔さんが亡くなった、、、、。

 初めてお目に掛かったのは1999年、青山のダイヤモンドホールで開催された<純正律音楽研究会>の発足パーティーでした。玉木宏樹さん(作曲家・ヴァイオリニスト)が立ち上げた研究会に、僕は理事として関わり、永さんは名誉会長(&広報部長)を引き受けて下さいました。パーティーで演奏したあとに「あなたの歌はなかなか良かったよ」と声を掛けてくれ、その後は純正律音楽コンサートに度々遊びにきてくれました。
 「僕は携帯電話持ってないしメールもやらないから、用事があれば手紙を下さい」と住所を教えて頂きました。

 2004年のこと「あなたのことを世間に紹介したいから、雑誌を紹介するよ」と突然連絡があり、その数週間後に僕は週刊朝日のカラーグラビアページに登場しました。

 「僕の番組に遊びにいらっしゃい。」とラジオ番組にも誘って頂きました。土曜日の朝、赤坂のラジオ局に向かいながらクルマを運転していると「今日はこのあとシンガー&ランニング・ドクターの福田六花さんが来ますよ。皆さんお愉しみに」と云う永さんの声がカーラジオから聞こえてきました。
 御一緒させて頂いたラジオの生放送の仕切りは神業というべき凄さでした。1週間のあいだにラジオ局に寄せられたハガキ数百枚を前夜(金曜日)に徹夜で読み、その中から番組に使う10〜15枚をセレクトし、なおかつ直筆で返事を書いて永さんは局入りします。そしてザックリとした台本だけで4時間におよぶ生放送をキッチリと仕切るのです。曲が掛かっている間にササッとメモ書きし「次はこのハナシをしましょう」と僕に渡します。ラジオ・パーソナリティーとしての職人技を魅せて頂きました。
 さらには「ボクの友人に変わった医者がいてね、、、。」と僕のハナシを何度もラジオでネタにしてくれたそうです。

 はまなす開設2周年の記念イベントにも来てくれました。「老健施設だとお金はないだろうから、山梨のテレビの仕事の帰りに寄るよ。」その言葉通りテレビ収録の現場に僕がクルマで迎えに行き、お年寄り150名を前に約1時間愉しい講演をしてくれました。講演のあとは馬刺しとほうとうを食べて色々なハナシを聴かせて頂きました。

    
DSC04168

 2012年に僕の著書<耳鳴り・不眠・高血圧に効く「純正律」CDブック>が出版された際には、帯に顔写真つきで推薦文を書いて頂きました。
    → 耳鳴り・不眠・高血圧に効く「純正律」CDブック

  いくつもの想い出が甦ります。永六輔さんの生き方を見て学んだ(感じた)ことがあります。大切なことは必ず自分の目で確認すること。自分が発信する場合、喋るにしても文章を書くにしても、責任を持って正確な言葉でわかりやすく伝えること。
 このふたつのことと、名付けてくれた肩書(シンガー&ランニング・ドクター)をこれからも大切にしていこうと思います。
   
        合掌、、、、、、、。

南魚沼コシヒカリRUN in 石打(10/30)

 第5回 南魚沼コシヒカリRUN in 石打(10月30日開催) 
              〜福田六花 プロデュース〜
     エントリー開始になりました。

    
1

 〜世界一美味しい、コシヒカリの故郷を駈け抜けるレースです〜
       official web site → 南魚沼コシヒカリRUN in 石打

 ハーフマラソン
 ロードレース 10キロ
 トレイル駅伝(6キロ×4区間)
 ロードレース小学生(小学1〜3年生 1キロ  小学4〜6年生 2キロ)
 ウォーキング

    
3

 ロードレース(ハーフマラソン、10キロ、小学生)は絶景のなかを走ります。

    
4

 ゆるやかなアップダウンを愉しめるコースです。

    
5

 日本人の”心の故郷”のような景色です。

    
6

 どこまでも続く田園風景、紅葉、そして雪国の情緒溢れる街並みを走ります。

    
7

 トレイル駅伝は南魚沼市全体を見渡す絶景の丘を走ります。

    
8

 タスキがつながった瞬間!!

    
9

 ウォーキングでは、絶景の山の上でコシヒカリに舌鼓を打ちます。

    
10

 走ったあとは、コシヒカリ新米をガッツリ食べて頂きます。

    
11

 田舎汁も美味しい!!

    
DSC00475

 スタッフ一同、じっくり準備して多くの皆様のお越しをお待ちしてます。
    →  南魚沼コシヒカリRUN in 石打  10月30日(日曜日)開催
 申し込みはRUNNETから。

    


 

北丹沢12時間山岳耐久レース

    
1
 
 7月になりました。僕の7月は毎年<北丹沢12時間山岳耐久レース>から始まります。今年で18回目となるこのレースで、僕は10回大会より救護医師諸々を務めさせて頂いてます。なので今年でキタタンに来るのは9回目となります。

    
2

 レース前日の16時から、コース・ブリーフィングを行いました。僕は進行役で、宮原 徹さん、小林信吉さんのおふたりと、コースの様子&攻略方法&注意事項に関して説明させて頂きました。

    
3

 そしてレースの朝。会場には続々とトレイルランナーが集結しました。スタート前のオープニングセレモニーでは御挨拶させて頂きました。
 「今日は暑くなります。レース中水分をしっかり摂って下さい。体調が悪い場合は勇気をもって途中でリタイアして下さい。」

    
4

 AM 6:30、AM7:00 の2回の wave start で、1300名のランナーが緑色の景色のなかに走っていきました。

    
5

 スタートのあとは涼しいベンチでスタッフとノンビリ朝食を愉しみます。あと3時間もすると忙しくなるので、束の間の安らいだ時間です。

    
6

 大会本部&救護室では、点滴や湿布、氷、テーピングなどの準備&点検を行い、負傷者、体調不良者を待ちます。

    
7

 無線からはレースの進行状況が刻々と伝えられ、本部からは様々な指示が出されます。ジワジワと気温があがってきました。

    
8

 レース・スタートから3時間を経過する頃から、途中リタイアした選手が救護室にやってきます。捻挫、擦過傷、蜂刺症、そして熱中症(脱水)、、、、。

    
9

 4時間を過ぎて、トップ選手がフィニッシュします。その後も続々と選手のフィニッシュが続きます。そして救護室は忙しくなってきました。

    
10

 選手の治療を続けているうちに、気が付けばもう16時。交代で休憩して、美味しいうどんを頂きました。

    
11

 医師、看護師、柔道整復師、救命救急士からなる混成救護チームで頑張って、なんとかレースは無事に終わりました。
 参加されたランナーの皆様、運営に尽力されたスタッフの皆様、オツカレサマでした。
 「今年も暑い熱い夏がやってきました!!」

    

6月に食べたもの

 6月もアチコチで色々食べました。

    
DSC03448

 久しぶりに皇居を走って、「炭や」で飲み食いしました。この店の大好物はチキン南蛮フライです。コロモは薄く、その上にたっぷりとタルタルソースがかかって、なんとも蠱惑的な一品です。

    
DSC03550

 近所の長濱旅館ダイニング「さくら」に食事に行きました。久しぶりにカウンターで頂いたのは福田六花スペシャルメニューの富士山溶岩焼きです。溶岩の上にのっているのは富士桜ポークとたっぷりの地野菜、そして少々のヤキソバです。溶岩で焼くことで食材のなかに眠っている”旨さ”がしっかりと引き出されて旨いのです。

    
DSC03548

 職場(老健はまなす)近くのイタリアン「リロンデル」で遅い夕食をたべました。シラスと大葉と大根オロシのパスタをさっぱりと頂きました。

    
DSC03556

 2日間、広島に行ってきました。広島駅からクルマで15分の「三喜寿司」の暖簾をくぐり、美味しい海の幸を頂きました。穴子の白焼き、絶品でした。

    
DSC03703

 南魚沼グルメマラソン(新潟県南魚沼市)の前日、魚沼自慢会の(秘密の)山小屋に御招待頂き、新潟の美味しいモノをたくさん頂きました。もち豚のシャブシャブも絶品なのですが、前菜で頂いた山菜の数々が本当に美味しかった。

    
DSC03973

 南魚沼グルメマラソンを無事開催し、妻が西湖ロードレースで復活ランを果たし、両方のお祝い(打ち上げ)で、家族4人で甲斐市の「沢庵」に食事に行きました。
 夏は焼魚です。イサキの塩焼きは慈愛に満ちて、それでいてサッパリしていて、最高のひと皿でした。1才3ヶ月の双子を連れての外食はなかなか大変です。

    
DSC04073

 吉祥寺の居酒屋「しるべえ」でUTMFの打ち合わせを行いました。30人で役所でする打ち合わせもあれば、7〜8人で会議室でする打ち合わせもあります。もっとも小さいと思われる3人での居酒屋打ち合わせは、地図を眺めながら真剣に打ち合わせを行い、その後は飲み食い語りました。
 シメは焼きプリン!!
   

南魚沼グルメマラソン

 今年も南魚沼グルメマラソンが開催されました。

    
1

 僕がプロデュースさせて頂いているグルメマラソンは今年で7回目の開催となります。

    
2

 前々日の6/10(金曜日)に新潟にやってきました。地元スタッフにより直前準備が懸命に行われていました。

    
3

 最終打ち合わせのあとは実行委員会メンバーで、大会の成功を願って前々日祭が開催されました。

    
4

 レース前日(6/11土曜日)、コースの準備完了です。

    
5

 メイン会場(八色の森公園)では、グルメ村の準備が急ピッチで進められています。

    
6

 14時〜さなぶり祭(前日祭)がスタートです。地元有志のパフォーマンスに続いて HARVEST CAMP がライブを行いました。

      
7

 福田六花 ボーカル&ギター

      
8

 栗栖幸吉(53才) サックス&フルート

    
9

 和田裕二 ベース

    
10

 鈴木 豪 ドラム

    
11

 森 園子 キーボード

      
12

 福原叫子 コーラス

      
13

 アッキー ミキサー

    
14

 ライブのあとはゲストの音楽プロデューサー松任谷正隆さんを迎えてトークショーです。事前に少しだけ打ち合わせはするのですが、まったく違った方向にハナシは展開していきます。

    
15

 途中から浅井えり子さん(ソウル五輪マラソン代表)も交えて、ハナシはどんどん展開していきます。

    
16

 ラストは松任谷家のお宝を出品頂いて、チャリティーオークションを開催しました。
 収益はすべて、東日本大震災、熊本地震の被災地に贈らせて頂きます。

    
17

 さなぶり祭終了後は、魚沼自慢会の(秘密の)山小屋に御招待頂き、南魚沼の素晴らしい”食”を堪能しました。

    
18

 いつまでも飲み食い語っていたい気分ですが、明日はレースなので21時過ぎにお開きにしました。

      
19

 第7回南魚沼グルメマラソン、開会式がスタートしました。今年は日本全国から5000名のランナーに御参加頂きました。

    
20

 レースを盛り上げるゲストランナーは、松任谷正隆さんと浅井えり子さん。

    
21

 AM 9:30 ハーフマラソン・スタート!!
 「いただきまーす。」と大声で叫んでスタートしました。

    
22

 AM 9:45 1/8マラソン(5.274キロ)スタート!!

    
23

 松任谷正隆さんがエールを送ります。

    
24

 ランナーは笑顔でスタート!!

    
25

 思い思いのスタイルでスタート!

    
26

 様々なランナーがスタート!!

    
27

 頼むから完走してくれよ〜!!!!

    
28

 僕は松任谷正隆さんの伴走で1/8マラソンを走りました。

    
29

 走ったあとはグルメを愉しみます。

    
30

 参加賞の特製ゴハン茶碗で、南魚沼産コシヒカリが食べ放題です。

    
31

 大盛りによそってもらいました。コメだけで食べても絶品です。

    
32

 5000名のランナーが大盛りで頂きます。

    
33

 オカズは40店舗以上あるブースで買い求めます。

    
34

 なにを食べようかひたすら迷います。

    
35

 会場では盛大にグルメパーティーが始まりました。

    
36

 僕は南魚沼名物のもち豚のタレかつとキリザイをゲットしました。

    
37
 
 イクラの味噌漬けも大盛りで頂きます。

    
38

 オナカがいっぱいになったらみんなで歌います。松任谷正隆さんを囲んで、ランナーの大合唱が始まりました。

    
39

 歌ったのは<RUN FOR TOMORROW>と<みんなの春よ、来い>
 ランナーが走り続けることで、日本を引っ張っていきましょう。

    
40

 最後は HARVEST CAMP のライブで盛り上がりました。

    
41

 僕を支えてくれたバンド&音響メンバー!

    
42

 レースを支えたのは、大和商工会青年部の皆さん!!

    
43

 右は井口一郎さん(南魚沼市長)、中央は東貢さん(元・大和観光協会長)
 このふたりの決断で、南魚沼グルメマラソンは誕生しました。

    
DSC03616

 南魚沼に暮らす熱い人達の頑張りと、豊かな食材と、5000名のランナーの想いが結実して、毎年盛り上がる南魚沼グルメマラソン。このレースをプロデュースさせて頂いていることは、僕のランニングライフのなかでもかけがえのない大きな歓びです。
 御参加頂いたランナーの皆様、応援に駈けつけてくれた皆様、沿道から熱い声援を贈ってくれた皆様、運営に尽力したスタッフの皆様、オツカレサマでした。そしてありがとうございました。
 来年も早苗の季節の南魚沼でお目に掛かれるのを愉しみしております。


    


    

富士忍野高原トレイルレース

 今年も富士忍野高原トレイルレースを走ってきました。ゲストランナーとして6回目の出場になります。(山梨県 忍野村)

    
DSC03527

 レース前日の土曜日、コース・ブリーフィングに続いて、北島良子さんとトークショーを行いました。世界陸上(2005年)にマラソン代表として出場し、現在はトレイルランナーとして活躍する良子さんは、昨年のハセツネチャンピオンです。ロードとトレイル、両方を極めた彼女のハナシは非常に興味深いものでした。
 
    
DSC03451

 会場の忍野中学校のホールは、「8時だよ全員集合」や「のど自慢」の中継が出来そうな立派なホールです。ランナーもたくさん集まってくれました。

    
DSC03521

 トークショーのラストは、歌をうたわせて頂きました。<森へ行こう>

    
DSC03529

 レース当日は朝から雨です。降雨のため、ロングコースの高指山、杓子山の上りが危険と判断され、ロングコースはコース変更(短縮)となりました。
 トレイルランは”大人の泥んこ遊び”なので、少々の雨でも愉しく走ります。僕はミドルコース(22キロ)に出場、最後尾からスタートして、すべてのランナーに声を掛けながらガシガシと走って行きました。

    
DSC03532

 雨でぬかるんだ上りを、みんなで滑りながらよじ登ります。

    
DSC03534

 6月の雨は新緑をしっとり美しく魅せてくれます。緑のトンネルのなかを笑顔で走り抜けていきます。

    
DSC03538

 平尾山〜大平山〜飯盛山の稜線は、富士山は見えなかったけど気持ちの良いトレイルが続きます。

    
DSC03540

 あとは下るだけ。

    
DSC03543

 最後まで雨降りだったけど、愉しく爽快に忍野村の山を堪能しました。
 走られたランナーの皆様、沿道から応援してくれた皆様、運営に尽力したスタッフの皆様、オツカレサマ&アリガトウございました。



    

5月に食べたもの

 5月も色々と食べました。

    
DSC03108

 海の幸が食べたくなると、甲斐市の<沢庵>に食事に行きます。深澤店主の料理はもう20年食べていますが、いつ行っても驚愕の美味しさに感動を覚えます。
 お造り最高でした。海のない山梨県で、至高の刺身が食べられことは本当に幸せです。

    
DSC03148

 近所のレストラン&ホテル<Yesterday>で足和田山TRCの慰労会が開催されました。プロの料理人がプライベートで腕を振るってくれることは幸せです。パスタ、ピザ、サラダなどを頂き、チキンの香草焼きでまったりしながら、ランニング談義は尽きることがありませんでした。

    
DSC03202

 金曜日は東京で仕事です。午前中の外来診察のあとは銀行の用事などを済ませて、空腹で<たんたん亭>の暖簾をくぐりました。実家のある杉並区浜田山駅前の名店には中学生の頃から通っています。
 注文はいつもの肉ワンタン麺。40年近く食べ続けている慈愛に満ちた味です。

    
DSC03233

 道志村トレイルレースには毎年救護医師として関わっています。レース終了後メイン会場に行き、道志村名物クレソンうどんを頂きました。
 きれいな水辺でないと生育しないクレソンは、道志村の名産品です。豊かな水で育った、清々しくほんの少しホロ苦いクレソンを大盛りにして美味しく頂きました。

    
DSC03348

 自宅で建築中だったスタジオが完成し、音響システムを再構築しています。音楽家の友人夫妻に手伝って頂いて、終了後に河口湖の<Cusine R>で遅い夕食をたべました。豚肉のコンフィーと野菜をたくさん使ったペペロンチーノを作って頂きました。美味い!!

    
DSC03370

 UTMF コース調査の途中で、富士吉田小明見にある<きよちゃんうどん>で昼食にうどんを頂きました。土日の11〜14時のみ営業している店です。と云うことは1週間に6時間しかオープンしないのです。
 久しぶりに吉田うどんを堪能しました。

富士山麓トレイルラン、富士山原始林トレイルラン、エントリー開始

 富士山麓トレイルラン  (10/1土曜日開催)
 富士山原始林トレイルラン(10/16日曜日開催)
    〜5/20エントリー開始になりました〜

    
IMG_1116

 富士北麓で開催されるトレイルレースです。

    
DSC04859

 第10回富士山麓トレイルラン (10月1日土曜日 開催)
  <福田六花 プロデュース>
 僕が初めてプロデュースしたレース、今年で10回目の開催となります。
   ロングコース 18キロ、   ショートコース 10キロ
   富士山、河口湖、西湖、青木ヶ原樹海 美しい原生林と絶景を堪能して頂きます。
   
    
12074648_767222626737543_8612259649248801312_n

 最高に気持ちの良いコースを用意しました。ロングコース中盤では、三湖台”激上り”もあります。

    
DSC09991

 走ったあとは、ライブ、抽選会、トークショー、BBQ などで丸1日たっぷり愉しんで頂きます。

    
    
CIMG7704

 第8回富士山原始林トレイルラン in 精進湖・本栖湖(10月16日日曜日 開催)
   <福田六花 プロデュース>
  ロングコース 18.7キロ    ショートコース 16.5キロ
 富士山北西麓にひろがる、世界で一番美しい森である富士山原始林(青木ヶ原樹海)を走るレースです。
 
    
1609755_701354859960698_4430257417561371525_n

 レースコースのメインは原始林のなかのトレイル(東海自然歩道、精進口登山道、本栖林道)です。ロングコースは城山〜烏帽子岳も登ります。

    
12072805_939662539438727_983270023396934139_n

 レース前日(10/15土曜日)には”歓迎の夕べ”を開催します。ライブ、トークショー、山梨県産ワインの振る舞い、抽選会と盛りだくさんです。

    
樹海4


富士山麓トレイルラン   10月1日(土曜日)開催
富士山原始林トレイルラン 10月16日(日曜日)開催
  〜秋の富士山麓でお目に掛かるのを愉しみにしてます〜

  エントリーはランネットよりお願いします。 
  ホームページもリニューアルしました。
 富士山麓トレイルラン
 富士山原始林トレイルラン

道志村トレイルレース 2016

 今年も道志村トレイルレース(山梨県・道志村)に行ってきました。今年で8回目の開催となるレースに、僕は立ち上げの時から関わらせて頂いてます。

    
DSC03208

 レース前日(5/14土曜日)の夕方はコース・ブリーフィングです。初めて参加される選手を中心に集まった200名ほどのランナーに、7回連続出場となる小林信吉さんと一緒にコース説明を行いました。
 「明日は暑くなりそうです。水をたっぷり持って走って下さい。」

    
DSC03220

 レース当日(5/15日曜日)、まだ肌寒い AM 7:00 にスタートです。ロングコース42キロ、ハーフコース20.4キロの国内屈指の難コースに向けて選手が一斉にスタートしました。

    
DSC03223

 スタートを見送ったあと僕は山伏峠に移動します。ここはロングコースの選手にとっては中間地点(第1関門・エイドステーション)であり、ハーフコースの選手にとってはフィニッシュ地点にあたります。
 テント、テーブル、椅子、コーン、ブルーシートなどを配置して、フィニッシュエリア、エイドステーション、休憩所、救護所などをつくり、水、バナナ、チョコレートなどを準備して選手の到着を待ちます。太陽がのぼり、気温があがってきました。
 AM 10:00〜12:00 のあいだは到着する選手で山伏峠はゴッタ返します。僕の任務は救護医師なので、怪我や体調不良の選手がいれば治療を行い、その他の時間は給水の手伝いをします。

    
DSC03224

 多くの選手が走り抜けたあと、ひとりで少しだけトレイルを走りました。勢いのある新緑と、眩しい陽光が美しい山は、すでに夏の気配が濃厚です。

    
DSC03231

 今年も無事にレースは開催され、会場に戻ってクレソンうどんを頂き家に帰りました。
 走られた選手の皆様、応援に来られた皆様、そして大会運営に御尽力頂いたスタッフの皆様、オツカレサマでした。
Archives
MELODY LION***
  • ライブドアブログ