2006年06月

ヨーロッパ車もイイッ!5

BMW
me-ta-












長い間、在庫になってしまった99モデルのBMW323i。
たまには乗ってあげないと調子が悪くなるハズと思い、昨夜の帰りアシに使わせて頂きました。感想はモロ、目からウロコ状態です!官能的ともいえるシルキーサウンドのストレート6は5速ATとのマッチングも非常に良く、切った分だけクイックに反応するハンドリングに感動!!理想の重量バランスの恩恵でタイトなコーナーでは自分を軸に旋回するような錯覚すら覚えます。イイッ!これが先代のモデルなのかっ!するってコトは現行はさらに良いはず?その進化ぶりを今度、仲良しのBMWの営業マンに頼んで試乗してみます。

正直、10年以上前、先々代のE36を2年ほど所有しておりましたがそれとは段違いです。自分が買ってもイイかな?と思うほど、運転する楽しみを再認識した一台です。でもこんなに良いのに何で売れないんでしょう?純正エアロからアルパインのナビまで付いてるんですけど・・・。とにかく気になる方、買わなくても結構ですから試乗をしてみて下さい!

ソレ、タコ、デュアルで決まりッスよ!

ローレル

毎週水曜日になると同業者より誘いの電話が入ります。「明日、どぉすんの?」ってカンジで・・・。そうなんです。翌日に開催されるUSS東京への誘いです。きっと、自分も含めまして同業者は最も行きたくないオークション会場かも?

新会場になってからはキレイになりましたが、いろんな人種(以前はターバンを巻いた外人もいたからオドロキ!)のバイヤーがごった返し、あきれるくらい膨大なモータープール(端から端まで3キロぐらいあるはず?)の中、会場の外周を巡回するバスに乗ります。そして一番近い停留所で降り出品番号を手掛かりにひたすら歩きます。炎天下、アスファルトの照り返しをまともに受け、遠くに目を移せば蜃気楼が見えるオークション会場もココならでは。そんな一日中、日陰なんて出来るわけのないところで細心の注意を払いながら下見を致します。

下見をしたら希望の車両が出るまで待ちます。これが結構キツイ。いつも朝9時よりスタートし、夜は10時ぐらいまで1万5千台以上出品されます。この中のたった数台、時間にすれば1分少々のために下見をして何時間も待ちます。それこそ、500台以上の展示規模で運営されているビックディーラーの方達は違いますが・・・。その待ち時間を有意義に過ごすお友達が1人でも多くいた方が気が楽ってもんです。だから、お誘いの電話が来るんです。

結局、本日は居残りです。午前中はスタッフの我妻クンのお父さんが乗る予定の軽トラを落札いたしました。昼頃、「なんで来ねーの!こっちはもう、アツくて溶けそうだぁああー!」と仙台の業者サンより電話が入りました。ホント、お気の毒様です。でも来週は自分もその洗礼を受けたいと思います。

そこでご報告。輸入車や旧車で現車下見を絶対に必要な車種をお探しの方!7月6日(木)のオークションに行ってきます。会場より機関系の状態をはじめ、ダメージ状態を写メールにて分かり易くご説明いたします!モチロン無料で実施いたします!ご希望の方は前日の5日(水)までご来店下さい。お仕事帰りでも大丈夫!前日の水曜日の夜はナント、10時までOKです!

この画像は前回行った際のオークションに出品されていた1台です。そう、懐かしのブタケツローレルです。ホイールはお決まりのハヤシでした。んー、こう見るとバラクーダにそっくり!

早起きは3文のトク!

TAHOE

昨夜、タホの陸送をお願いした業者の方より電話が入り、「これメインキー?ドアが施錠出来ないんだケド」とのコト。
そういえば、施錠をする際はキーレスを使っていたために鍵で施錠したことが無かった!キーレスは外して店にあるし・・・。(オークションに出品する際はキーレスのリモコンは会場内で盗難の恐れがあるために成約後に送ります)
しばし考えた結果、明日の朝、近くのドラックストアで待ち合わせをしてキーレスを渡すことに決定です。約束の時間は6時40分!
先程、無事渡し終えてひと安心ってトコです。

今日の最高気温は30℃を越える真夏日。
きっと、自分も汗だくなりながらの作業になることでしょう。
今夜は常連のお客様が来月より転勤になるため送別会の予定です。

シンペイは◎で、チュウヘイ△!

たほ
本日は火曜日。本来なら定休日となっておりますが月末ともなればそうも言ってはおれません。
今週のオートオークションに出品予定の準備と隣町、高畠に在るオヤジの実家に納車です。

オークションに出品予定のタホは高校時代からの友人が乗っていたクルマです。日頃は奥さんがメインで使っておりました。典型的な中古並行車で幾度のトラブルもあり苦難も乗り越えてきましたが友人の転勤で止む無く手放すことになりました。

皆さん、やはりアメ車は新車並行かCARFAXレポート(米国車両履歴証明書)付きのモノを選びましょう

ホント、デキるかな?

初!2日連続のブログ投稿です。
最近、ブログの更新が少ないねと言っていただけるお客さまがいらっしゃいます。
「最近、忙しくて、なかなか・・・。」なんて言い訳をしておりますが、
この世の中ブログだらけ、自分よりもチョー多忙の著名人でもマメに更新しているのにそのような言い訳は通用しないことは十分に分かっております。

そこでこの1週間、いや10日間、毎日更新いたします!そしてこのブログをご覧いただけるお客様が1日、50人を越えましたらとりあえずObon Weekまで毎日ブログを書き綴りたいと思います。
皆さん、7月4日までよろしくお願いたします。

もうスグ4周年!

施工中

梅雨の晴れ間の日曜日日中は非常に蒸し暑く、PITで作業をしているスタッフは汗だくで頑張ってくれております。
おかげさまで今月も数多くのご成約をいただきありがとうございます。とにかく感謝、感謝です。思い返せば4年前の丁度今ごろ、脱サラ?したての自分はたまに手伝いに来てくれる、先輩や友達、後輩の手を借りながらこの店を造っていた頃を思い出します。基本的には建設会社や工務店には一切、依頼せずに自分で作った適当な図面(ホントかなりテキト―)を元に先輩の大工サンや鍛冶屋サン達に対し、自分で調達した材料を使ってもらいながら進めました。でも皆さん、本当に手が空いた時にしか来てくれないわけで時には3日以上作業が中断することもしばしば・・・・。そんな時はただひたすら、倉庫の中で腰壁や看板のパラペットに使うザラ板にクレオソート(防虫成分を含んだ塗料。匂いもキツイけど塗っているうちに顔じゅうがヒリヒリ、人体にも悪影響の為にその後に販売中止になったらしい・・・。)を塗ったり、チラシを作ったりの毎日です。前の借主が置いていった巨大なゴミの山もよりいっそう不安をかきたててくれました。ヘンな巡り合わせでそれも自分が処分しなければならないハメとなり、道は相当険しいモノとなりました。そんな不安と期待に満ち溢れていた、クレオソート臭の梅雨をこの時期になると思い出します。
今となってみれば自分にとって大変良い経験でした。
初心忘れべからず。を肝に銘じ、明日からも励みます。

お疲れ様デス。

g
f







本日もピットは大忙し
メルスのピットを守る、2人の作業風景をチラッとご紹介いたします。
我妻クンはベンツのゲレンデを修理中です。
内容はフューエルレベルメーターの修理です。タンク内のゲージの電圧を計測したり、メーター専門の業者に抵抗などの交換を依頼したりしておりますが一向に直りません。しかし古いモデルで構造はすごくシンプル。消去法にて悪い部分をチェックをし、残りはココしか無い!と豪語しておりました。
それが終われば、エアコン修理です。エクスパンションバルブからの漏れと思われます。ダッシュボードを全バラでの作業です。がんばって下さい。

佐藤は、フォレスターに5.1CHカーシアター取り付けの真っ最中です。明日中に完成予定です。オーディオは彼の得意科目なので自信満々でやっております。

その合間もオイル交換やクイックでの修理が頻繁に入るのでその作業だけに没頭できないのがチョット大変ですが、彼らの持ち前の明るさとパワーでこなしてくれるので頼もしい限りです。佐藤はそんな作業の合間にも友達の妹サンにクルマを販売したりとお大忙しの一日でした。本日のMPVは佐藤に決まりです。

それと、今度の月曜日、陸送にて我がNEWCARが到着いたしますこれまでにブログでも取り上げていないクルマです。
東北第1号車は間違いありません。日本にもまだ数台しか輸入されてないハズ。
さて、なんでしょう乞うご期待

車庫証明&希望ナンバーまで申請済みだったのに・・・・。

eru

待ちに待ったエルカミーノが先週、到着いたしました。
ん、んッ!なんか違うぞっ!聞いていたコンディションと!
正直、アメリカからの画像を観てバカでっかく期待を膨らませ過ぎていたことは認めます。
でも、このギャップの違いは・・・。
ソッコーで行きつけの板金屋に相談したり悶々とすること2日間。
結局、先方からの提案でキャンセルすることになりました。
その辺りの対応の素晴らしさはさすがムーンアイズ!
これからも末永いお付き合いをさせていただきたいと思います。

でも、自分の計画はここで断念いたしません!
次の候補車が早速、現れました!
その詳細はまた今度のブログにて

お休みして申し訳ございません。

ra1

ra2







ランクル100にBAZO B26のマッチングです。
タイヤはもちろんピレリーのスコーピオンZERO305/40R22です。
エルフォードの30ミリワイドオーバーフェンダーに超定番のガナドールの4本出しで決まりです。

依然続くランクル人気。
80はもちろん、60、40までもが、スクラップされることなく平然と売られいることを考えると本当にスゴイ車であることを再認識させられます。
Profile

メルスドライブ

訪問者数

Archives
  • ライブドアブログ