2007年10月

ガソリン価格高騰、なんのその!!5

アストロ

秋晴れの日曜日の本日は朝からお客様が途切れる事無く、多数ご来店いただきました。ロングディスタンス賞は岩手県一関よりお越しのご家族です。アストロを目当てにはるばる、おいでいただきました。感謝です。納車は是非、一泊予定で伺いますので宜しくお願いしま〜す。

ゴジュッパ、はじめました。

80スープラ
今見ても色褪せない斬新なスタイルの80スープラ。VVTIが搭載された1JZをあえて避け、マイナー直前のRZを必死に探したというオーナーさんです。ヴェイルサイド&トライアルのエアロにAVSのモデル7、HKSのハイパーダンパーやSARDのキャタライザー、フルチタンマフラー等々・・・・。ライトではありますがしっかりとやっております。この度、手塩に掛けた?スープラに別れを告げ、新車の購入を考えておられます。


ゴジュッパ
残価設定ローンが大流行中の昨今、当店もいよいよ『ゴジュッパ』はじめました!最長5年後に最大50%の残価を決め、その50%をラクラク支払うことが可能です!カーディーラー系や●ニキスは新車しか扱えませんが『ゴジュッパ』は初度登録より5年以内、走行距離は6万キロ以下の中古車も可能です!!!少ないお支払い金額でワンランク上のグレードが狙える画期的なシステムです。もちろん輸入車もOK!詳しくは店頭にてお問い合わせ下さい。

これはハマリそう・・・。

毎年この時期になると、著名人も多数参加し話題になります『ラフェスタ・ミッレミリア』。本場イタリア同様、1000マイル(1600km)を4日間で走破する公道レースです。100台超のクラシック・カーが東京をスタートし秋の東北へ。そしてゴールの横浜を目指し一都八県を廻るレースです。今年からナント、当店の前の道路を通るコースに変更されました。ラッキー!あの元祖チョイワル、ジローラモ氏も気さくに手を振ってくれました!ン千万級のクラシックカーを惜しげも無く走らせるとんでもないレースを堪能させて頂きました。
ジローラモ







2







3







5







6

本日は筋肉痛。

昨日は久々にUSS東京へ行って参りました。新会場3周年記念と題しイベントも開催中でした。秋空の下、14.000台の中から選りすぐりの1台を探します。ですが仕入れの仕事も忘れ、ついフラっと見入ってしまう病気が再発!
DARUMA
ナント、左ハンドルのダルマセリカが出品されておりました。





CUDA







クーダも出ています。70年代マッスルの中でも文句無しの一番人気モデル!結構、ボディは痛んではおりますがそれでも240万円オーバーです!

漢検に挑戦!

テロソン
テロソン







『テロソン レコード2000』を施工した画像です。塗膜厚は1mm。完全に乾燥するまでの時間はこの時期で約24時間を要します。現在、すでに錆びてしまったお車をお持ちの方、あきらめることはありません!施工する前にあらかじめ、ペーパー等でサビを落として下地を作り、さらに『ラストコンバーター』というサビ転換剤(赤サビを黒サビ変える溶剤)を塗布してからコーティングいたします。多少、割高にはなりますが、効果絶大!やるなら今です!!無料代車を用意してお待ちいたしております。




漢検
今、話題のDSソフト『漢検DS2』。我が家にもありました。(息子が買ったモノらしい)5級からスタートして3級まで、すんなりクリア。今夜はいよいよ準2級に挑戦です。結果はいかにっ!

1台分¥30.000〜

テロソン
雪国では大敵なるサビ。強力な融雪剤のおかげで愛車の下回りはサビでフロアに穴が空くほどのダメージになる場合もあります。当店でも遅ればせながらドイツ製、防錆コーティングのパイオニア『テロソン』(メルセデス、BMW,VW等々では純正品にて採用)を導入いたしました。ご覧の『テロックスレコード2000』は主成分がゴムで作られており、密着性にも優れ、サビの原因となる物質の進入を防ぎます。1回施工すれば車検の際のシャシ塗装もする必要は無くなりますので経済的にもGoodです。



マグナム

明日、納車予定のマグナムです。下回りの汚れを落とし念入りに脱脂いたします。マフラー等は施工し易いように取り外します。



マグナム

今はキレイなフロア部ですが、何も塗布せずに一冬越せば・・・・。ゾゾッ!!明日、施工後の画像をお見せいたします。

このニオイが秋ですねぇ〜。

1
野焼き






秋晴れが気持ちいい午後、なにやら煙が立ち込めてきました。どうやら、野焼きのようです。稲刈りを終えるといたるところでやっております。古い枯れ草を燃やしながら除草をする大胆かつ画期的なアイデアです。しかしながら、地球温暖化に逆らうこの行為はいかがなものでしょうか?
風も手伝い、こちらに飛び火してくる位の勢いにドキドキもんです。この風習を知らないお客さまには『火事かと思った!』とご心配をいただいたくらいです。
BMW
本日、入庫のM5仕様の528iです。あのBMWオーナーご用達もショップ、『スタディYOKOHAMA』にて仕上げられたものと思われます。随所にスタディのエンブレムが誇らしげに付いております。
Profile

メルスドライブ

訪問者数

Archives
  • ライブドアブログ