閲覧ありがとうございます!

今日はフレンドさんのお話をしようと思います!



先日律動編をFCメンバーやフレンドさん達とクリアした時に
ファウストさんのミニオンをゲットしました!

頑張って攻略した分、可愛さも倍増…
は、あんましない()

もっと練習して楽に周回できるようになりたいなー!


それでは続きをどうぞ!









鯖移動当時の話をします。


チキンな私が田舎の鯖からバハ鯖へ移動を決めるのは
結構な勇気が必要でした。


「移動したいけど知らない人たちばっかの中じゃやってけない。ちぬ。」

都会鯖は田舎暮らしの私にとって畏怖の世界
うじうじウダウダと震えたバンビ(小鹿)のような状態で何日かいたら



「友達出来るまでは一緒にいてやるから
早く行け!!オラ!!!!

と私のお尻を
パンパンパーン!
とぶっ叩き(表現ちょっと盛ってます)
ほんとに友達が出来るまで、サブキャラ育ててまで付いてきてくれたフレンドがいました。
(そして友達出来たらほんとに帰って、リアル都合でFF休止しました笑)




幸いなことに指をくわえてポーッとしてる間に
素敵な友人達に出会い
素敵な環境に恵まれ
私のFFライフは楽しいものとなりましたが

このすさまじいケツ叩きがなかったら、どうなっていたか正直分かりません。











あれからかなりの月日が流れ











今その人がFF14復帰&メインキャラをバハに移動させて
目の前に現れました


相変わらずのアウラ
こたつさんも同じ鯖だったので、以前は3人で色々遊んだりしてました


私の膝に足をがっつり乗せてきたりします^^






同じ鯖で遊んでいたのはおよそ1年前
別の鯖でこうして昔のように集まるというのは
とても不思議な感じがします



ゲームの世界は急にふらっといなくなったり
かと思えばスーッと戻ってきたり笑

でもそれができるから気楽に遊べるものなんでしょうね!


私はもうほんと言うとガチで涙脆いので
戻った時点でもうめっちゃウルウルで
なんか色々言いたいことはあるんですけどうまく言えなくて



そんな時、一言だけ言えば
自分の気持ちが相手に充分伝わるんじゃないかなーと




「おかえり。待ってたよ」


ってね!











今日のところはこのへんでっ!




ランキングに参加しております!
ブログ作成の励みになりますので
良かったらポチッとお願いします🙏❤
↓↓↓