株式会社memorialnet

私どもは「最後の手紙」生前予約、「オリジナル会葬礼状」を扱っている会社です。

石巻

あれから

3月11日14時46分私はその時美容院にいました。
短くカットした髪も結えるようになり、改めて月日の経つのは早いものだと感じます。

震災から一年…

未だ3000人近い方々が行方不明です。
お盆前に一人でも多くの方を見つけてあげたい一心で、
猛暑の中捜索に懸命な方々がいました。

仙台市内は見る限り震災前と何ら変わりません。
それに比べ沿岸部には未だくっきりと傷痕が残されています。
自分以外の家族が流され家もなく途方に暮れる人、いっそのこと自分も流されれば…

ある被災者はこう言いました。
テレビの中の被災者は復興に向けて前向きな様子を見せ、カメラに笑顔を向ける。
でもカメラがないところでは違うんだと・・・
視聴者はもう亡くなった人がいたことを忘れているのではないかと・・・
確かに気丈だった叔母もここのところ元気がないと聞いています。
湾に流れ込む津波が渦を巻いて、
村ごとのみ込んでいった様子を目の当たりにしたのだから・・・
 

仙台で一人暮らしの女性は、気仙沼で父を亡くしました。

同じく被災した職場の人達とは悲しみを共有できないと話しています。

震災後三度宮城県に入った私も感じていた、この温度差。
悲しみに大きい小さいはないけれど…家族も家も流され、
職も失った方々の悲しみは計り知れないものでしょう。
あの日以来故郷が恋しく、遠くなってしまったような気もします。

NHKの震災に関する特集番組を見る度

この人達の代弁などできない、ましてや会葬礼状も書けない。

とうてい彼等の気持ちを言葉に表すなど私には出来そうにない。
言葉の限界を感じつつ、間もなくあの日から一年を迎えます。

忘れない

東京に戻ると「暖かい」とつぶやいてしまいました。

早いもので東日本大震災から十ヶ月。
未だ行方不明の方々が三千人以上いらっしゃいます。
驚くほどの数字です。
この寒空のなか、捜索活動が続いているのを知っていますか?

386288_3089802603158_1206765109_33523141_1341655833_n[1]

石巻の現在の状況です。
394010_3089773082420_1206765109_33523135_346755300_n[1]

ここにいくつもの幸せな家庭があって
一瞬のうちに流されてしまいました。
民放局では復興や絆、希望など
にスポットを当て、キレイな言葉で片付けていますが
地方局の放映からは、まだまだ悲痛な叫びが聞こえてきます。

374946_3089877605033_1206765109_33523178_1477626061_n[1]

378566_3089880325101_1206765109_33523180_1222375135_n[1]

「何かできることはないか」その言葉に
「どうか私たちを忘れないでください」
そう話してくれました。

未だ一日に数回の余震があります。
その度に不安になる人々。
仮設住宅の床は冷え冷えとしたものでした。
東北の冬は長い。
そしてまもなくあの日から一年が経とうとしています。
もう忘れかけていませんか?









お陰様で無事でした!ありがとうございます!

石巻のいとこ家族が見つかりました!

仙台にいる弟が私の実家でガソリンを補給して
探しに行ったそうです。
石巻の弟のマンションに避難している模様。
詳細は不明ですが良かった、良かった。

雄勝町の叔母も逃げて助かったそうです。
目の前が牡鹿半島、よくぞ生きていてくれた!
奇跡です。

BlogPaint
雄勝町唐桑の家。
この奥が、もう海です。
家は流され、残ったのは玄関だけ。

じいちゃん、ばあちゃん、おんちゃんが
守ってくれたんだね。

私がお墓参りに行くと
「仕事どぉ?」と
必ずメールくれます。

「何でわかるの?」って言うと
近藤家のお墓参りをすると、必ずいい事があるからって。

海の女はおどげでねぇぐらい(驚くほど)タフで
海の男は限りなく優しい。
海の子供たちは年寄りを敬い、大切にします。

BlogPaint

子供たちの笑顔が一日も早く戻るよう
祈りましょう。

私の大好きな唐桑。
老後はここを安住の地と決めていた。
懐かしき想い出の数々。
きれいな海と穏やかで人懐っこい人々。

I love all

美しい牡鹿半島の復興を願うとともに
微力ながらお手伝いして行きたいと思っております。

まだまだ試練は続きます。
TVでの報道が少なくなるに従って
忘れられる被災者。
離れてはおりますが、この家族を見守り続け
被害地の状況を今後とも伝えて行きたいと思います。





犬は予知していたのか?

昨夜、不思議な話を想い出しました。

1月に仙台に帰った時聞いた話。
石巻のいとこの家で飼っていた犬が
やたら吠えるようになり、夜中まで鳴き続けるので
近所から「寝れない、お宅の犬は霊でも見えるんじゃないか」と
言われ悩んでいました。
保健所に引き渡そうかと考えていたところ
首輪を外して脱走。
娘がネットで調べると、保険所で保護されていました。
いとこは「迎えにいがなくていい」と言ったのですが
娘は頼み込んで連れ帰ったそうです。
「何でこんなに気違いみたいに吠えるんだべ」
もしかしたら、地震を予知して
家族に危険を知らせていたのかもしれません。
いや、そうに違いない。

BlogPaint
この犬がそうです。
怒られても怒られても
何かを訴えていた
真っ直ぐな瞳。

無事ならいいのですが・・・






人間はもちろんですが、
大切にしていた犬猫などが
無事逃げていますように祈ります。

以下、有名になった石巻の田代島の猫たちです。
一日も早くこんな穏やかな日々が訪れるよう祈ります。

http://www.youtube.com/watch?v=TWgY-o-kwdM
http://www.youtube.com/watch?v=ydAfABpjP1k&feature=related

どうか生きていて下さい

この度の東日本における大災害
関係者の皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

日が経つほどに明らかになる悲惨な状況に
心が締めつけられる思いです。

私ごとではございますが、実家が仙台市にあり
地震発生3日目にやっと両親と連絡が取れました。

ただ、三陸海岸沿いに住む親戚や友人とは
いっさい連絡がとれず、心痛めております。

karakuwa4
 ここは石巻、女川の北
 母の故郷、雄勝町の海です。

 きれいでしょう?



karakuwa2 
 このプライベートに近い砂浜で
 子供の頃は真っ黒になって
 泳ぎ、遊びました。




BlogPaint 
 私を妹のように心配してくれる
 いとこと その孫たち。

 遊びに行くと、いつも海の幸で
 もてなしてくれた叔母さん。

 未だ、連絡がつきません。

 二人とも逞しい女性だから
 どこかに避難し、必ず生きていると
 信じてやみません。

このきれいな海、温かな人々
また穏やかな日々が訪れるよう
心からお祈りいたします。

都内も計画停電などで生活が乱れておりますが
これを機会に節電を心がけ
屋根があって眠れる場所があり
食することができる
この環境に感謝しつつ
東北地方の一日も早い復興を望みます。 


 
プロフィール

MNスタッフ

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ