日本で自殺者の数が平成10年から毎年3万人超えている。
365日で換算すると1日平均80人以上の方が自ら命を絶っている。
本当に恐ろしいことだ。

原因は健康問題、経済・生活問題(倒産、貧窮、就職難等)、家庭問題が多い。悲惨なことに、これらの問題はリンクしている。
病気を患って、家族も高齢者または一人暮らし、介護士を雇う余裕もなく・・・
失業、倒産で生活の目処がたたず、家族も離れ・・・
そのほとんどが30~80歳である。

私の知り合いでも「うつ病」と診断された方がいる。
会社の経営者である。
精神科で半年入院と言われたが、経営者がこの不況時に休める訳がない。
毎日金策、営業に追われ、食欲もなく、睡眠もとれず
周囲にはその辛さ、自分の弱さを決して見せない。
この様に責任感が強く、弱音を吐かない人には要注意だ。
彼は幸い自力で乗り越えた。


交通事故死亡者より自殺者が多い国に対して、
日本政府は具体的な対策を掲げてるんだろうか?


「命の電話」というのは知っている。
話を聞いてもらうだけでも違うだろう。
ただ、やっと話す気になった人がかけて来た時、回線がふさがっていた
ということのないよう工夫をして欲しい。

もし、自殺を考えている方がいたら、家族、友人、その他お世話になった方々にお礼の手紙を書いてみてはどうだろうか?
書いているうちにその気持ちが薄れることを願って提案したい。
相手のリストを作れば、自分がどれだけの人々に支えられていたかと
思いとどまって欲しい。
特に若い方にはまだまだ道があるのだから・・・


Last Letter~最後の手紙~ http://www.memorialnet.jp

オリジナル会葬礼状 http://www.memorialwork.com