October 2005

October 30, 2005

Limited Exワンマン

友人からの報告でも、かなり良かったらしいLimited Exワンマン@ファンダンゴだが、日記検索かけてみると、うわー、すっごい評判だ。「良かった」なんてもんじゃないみたい。「凄かった」「楽しかった」「最高」、そんな言葉が並んでいる。見たかったなー。
というか、その場にいないレーベル・オーナーなんて不甲斐ないことこのうえなし。しかも、プレスの遅れでファンダンゴにCDを届けられず。ミニ・アルバム「生け贄のJESUS CHILD」のレコ発になりませんでした。面目ない。

送ってもらったセットリストを眺めて思ったのだけれど、ここに来て、バンドはひとつ天井を突き破ったのかもしれない。ポップになったとか、ダンサブルになったとか、そういう言い方も出来るかもしれないけれど、でも、やっていること自体は相変わらず、彼ら以外、考えつきそうもない奇妙なアンサンブルなわけで、そういう意味じゃ、ニューウェイヴなんだよな。たっぷり遅れてやってきた。
でも、かつてのニューウェイヴと違うのは、はるかに研ぎすまされたグルーヴがあるということ。そのグルーヴゆえに、めちゃめちゃポップに聞こえるようになった。最初、僕が彼らに惹かれたのは、ヘンなグルーヴがあるところだったのだけれど、今はヘンなことを分かりやすく聞かせてしまうグルーヴがあるのだ。

やっていることは全然違うけれど、PHATのある時期に感じたのと同じくらいの、鉄壁のグルーヴが今のLimited Exには備わってきたと思う。二年半くらい彼らとつきあっているわけだけれど、本当に驚く。ここまで来たかと。

「生け贄のJESUS CHILD」は僕的にはかなり苦しんだ。何もしないミックスで、彼らの剥き出しのグルーヴをそのまま、CDに封じ込めたかったのだけれど、それが一番難しい。「MAKES YOU DANCE」まではオレがミックスで何とかしよう、みたいな気持ちがあったのだけれど、そんな余裕がなくなった。正直、二度、三度とミックスをやりなおす中で、自分のエンジニアリング・スキルの限界をちょっと感じた。バンドの方が先行っちゃったかもしれない、みたいな。

11月3日からはヨーロッパ・ツアー。去年から通算で6度目の海外ツアーだ。「MAKES YOU DANCE」のEU盤も出る。今度は30日間で25公演以上。またまた過酷に違いなく、解散したりしないか、ハラハラしてしまうが、帰って来たら、きっとさらに凄いバンドになっているだろうな。
ともかく、事務所もなければ、マネージャーもいない。うちみたいな弱小レーベルの、サポートとはいえないサポートだけで、ここまでの高みに上ってくるバンドって凄くないか?
荒唐無稽かもしれないが、ホント、ロックの未来がある気がしてきた。ま、当然だけれどね、僕がコイツラなら世界制覇できる、と一目見て思ったバンドなんだから。

ちなみに、東京では年内はライヴないけれど、2月にワンマンやります。

memorylab at 04:52|PermalinkComments(0)

October 29, 2005

幸せになりたい!

僕はテレビを見ないので、どういうドラマなのかも知らないままなのですが、そういえば、夏にこんな仕事もしていました。鴨宮諒さんによるサウンドトラック盤ですが、20曲中の15曲くらいを僕がミックスしています。
スタジオにNEVEの卓を入れて、SLOW SONIC LOUNGEと名前をあらためてから最初の仕事。そして、最高に楽しい仕事でした。曲ごとに様々な編成のアコースティック・アンサンブルが聞けます。一口坂スタジオで蒼々たるミュージシャンの方々が参加してレコーディングが行われたのですが、僕はよく知らないまま、貰った素材をがんがん乱暴にミックスしました。
僕のエンジニア仕事としては、PHATの「タユタフ」と並ぶものになるかもしれません。



幸せになりたい! オリジナル・サウンドトラック / 鴨宮諒


memorylab at 00:05|PermalinkComments(0)

October 28, 2005

福岡史朗 & BOX COX

10月の「レコロケVOL.2」でライヴ・レコーディングした「ドンキー・クリーチャー」、「ラスク」の2曲がレコミュニで配信スタートしました。1曲100円。楽しめます。このライヴではライオンメリィさんのアコーディオンとコーラスが最高に良い味を出していました。ミックスはがちゃがちゃしたその場の雰囲気が伝わるように頑張りました。
http://recommuni.jp/opus/index.php?C=3549
http://recommuni.jp/opus/index.php?C=3550

あと、僕がマスタリングをやらせてもらったニュー・アルバム「SUN TIGER」は11/5発売です。オーセンティックでありながら、彼にしかない独特の匂いを放つロックンロール、ブルーズ、フォークが詰まっています。素晴らしいアルバムです。




Sun Tiger / 福岡史朗 & BOX COX


memorylab at 12:24|PermalinkComments(0)

October 27, 2005

風呂ロック@吉祥寺弁天湯

楽しいイヴェントでした。
泡風呂の桶の中でレコーダー操作することなんて、あるとは思わなかった。機材のトラブルがあって、ハラハラしたけれども、なんとか、無事に録れました。

イヴェントは地域密着型。手作り。途中でなぜか中国ちまきが振る舞われたり、ムード最高。男風呂に100人以上の観客が座っている様は壮観。
お年寄りも多い。80歳越えと思われるおばあちゃんまでいたけれど、それを歌わせちゃう今野英明はすっごいエンターテイナーだ。ウクレレ弾き語りなのに、幾ら聞いても飽きない。もっともっと歌って欲しくなる。
フィフティーズ・マナーの、スタンダード感のあるまっすぐな歌いっぷりに磨きがかかり、さらに和な感じが絶妙にブレンドされて、柔らかくて、優しくて、楽しい。ソロになってからの彼を初めて見たのだけれど、ええ歌うたいだなあ、と思うことしきり。

夏に出たソロ・アルバムのタイトル曲のウクレレ・ヴァージョンが最高だった。今日みたいな日がずっと続いたら・・・と思いながら聞いちゃった。




息を吸いこんで / 今野英明






memorylab at 23:30|PermalinkComments(0)

告知ふたつ

★Limited Express (has gone ?) 初の大阪ワンマン

9月に一ヶ月間のUSAツアーを行ったLimited Express (has gone ?)。
NUMBERS, DEERHOOF,WHY?などと共演。CMJミュージックマラソンにも出演し、3つのUSインディーからコンタクトを受けるなど、大きなリアクションを得ました。
10月はNUMBERSとともにジャパン・ツアー。京都ボロフェスタでは800人、東京O-WESTでは400人の観衆を湧かせた彼らが、大阪では初となるワンマンを行います。

2005年10月28日(金)
@大阪 十三ファンダンゴ
Makes You Dance! tour final
〜FANDANGO 18th ANNIVERSARY Limited Ex ワンマンライブ〜
スペシャルゲスト:DON松尾(fromズボンズ)

18:30 OPEN 19:30 START
値段 1500円 /1800円
チケットぴあ:P-CODE 209-973 ローソンチケット:L-CODE 59295

さらに、この日は新しいミニ・アルバム「生け贄のJESUS CHILD」の先行発売あり。すべて日本語の3曲の新曲+リョウアライ、ルビオラ、DODDODOによるリミックス3曲。



「生け贄のJESUS CHILD」 MLAL-0014  全6曲/1500円(税込み)
一般リリースは2006年に予定しています。

★朝日美穂 ニュー・シングル下北沢地区限定発売


『ドットオレンジ模様の恋心』
asahi-chikuon ASCO-9004 全2曲/840円(税込み)

曽我部恵一、ワタナベイビー、TMOVSKY 、hi-pojiに続くS.O.S.(Sound Of Shimoitazawa)第五弾。下北沢在住14年の朝日美穂が放つ、ご当地ネタも一杯のファンキーかつキッチュな1曲です。
レコファン、ディスクユニオン、ハイラインレコード、モナレコードの四店舗でお求めになれます。
また、MEMORY LAB WEBSITEではしばらくしたら通販を行います。さらに、11月の下記のライヴでも販売します。

2005年11月19日(土)@高田馬場 CLUB PHASE
"Color Scene"
出演:朝日美穂、高橋徹也、moumoon
前売 3,000円 当日 3,500円(ドリンク別)
OPEN 18:00 START 19:00

ネット予約は
http://www.ceres.dti.ne.jp/~donidoni/ticket/ticket1119.html


memorylab at 04:47|PermalinkComments(0)

October 25, 2005

ズボンズ@クアトロ

見てきた。ドン松尾は1曲目終わらないうちにギターの弦が3本になってた。ロックンロール!

memorylab at 23:18|PermalinkComments(0)

October 24, 2005

WHY?

やっと聞けた。

ヒップホップという言葉を使いたくなる曲はもはやない。ストレートなロック・アルバム。それも今年最高の。
WHY?の前作以上にHymie's Bassmentの作風が影を落としているように思える。
Her Space Holidayとか聞いている人はWHY?を聞いた方がいい。100倍凄いから。

WHY?のヨニ・ウルフには去年のSXSWで会っていて、メルアドももらっているんだけれど、先月はボストンでLimited Exが対バンして、意気投合したみたい。あー、日本で一緒にやらせたいよ。




Elephant Eyelash / WHY?


あと、夏前に出ていたFOG(ハイミーズの片割れ)のアルバムも良いです。




10th Avenue Freakout / Fog





memorylab at 12:55|PermalinkComments(0)

障害者自立支援法

10月13日の参議院厚生労働委員会では23もの付帯決議をつけて可決。
しかし、一般メディアではほとんど報道されていない。僕も詳しいことを知るようになったのは、この一ヶ月ほど。インターネットからの情報がほとんどだ。
1年半前の出来事を思い出さずにはいられないが、しかし、輸入盤規制なんてのに比べて、はるかに国民的な問題であるはずのこの法案に、かくもメディアが触れようとしないのは何故だろう?

障害者自立支援法案の問題点=いかに障害者に負担増を求めることになるか、については、この解説が分かりやすい。
http://hodanren.doc-net.or.jp/iryoukankei/seisaku-kaisetu/050324syougai.html

障害者団体などの反対運動については下記に幾つかの報道がある(いずれもソースは毎日)。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051021-00000095-mailo-l10
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051019-00000268-mailo-l27
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051015-00000131-mailo-hok

僕は父が障害者であったので、人ごとではないことが実感できる部分もあるが、身近にそういう例がない場合は、関心を持ちにくい問題かもしれない。
しかし、最も弱い者(しかも少数ゆえに大きな反対の声が起きにくい)から切り捨てて行く社会(法案施行後は特に高齢者の負担増が過酷になると言われる)の中で生きて行くことは、障害のない僕にとっても、決して快適なこととは思えない。
ぶっちゃけ、高い税金や年金を払っているのは、いつ何時、事故にあって障害者になることがあるかもしれない。が、その時には国が人間らしい暮らしを続ける最低限の福祉を与えてくれるはず、という契約意識があってこそ、という部分だってある。

25日の衆議院厚生労働委員会の参考人質疑がヤマだと言われるが、自公が圧倒的多数を得た衆議院での可決成立はもう確実だ(また付帯決議がたくさん付くかもしれないが)。
だが、国の財政改革を行うにしても、もっと先にすべきことが幾らもあるはず。弱者の切り捨てを持って、それを行おうとするような国に住んでいることは、本当に恥ずかしい。

memorylab at 01:34|PermalinkComments(1)

October 23, 2005

英国魂

そういえば、ロバート・パーマーの命日は過ぎちゃっていた。

最近、ロバート・パーマーの遺志を継ぐのはこの人だなあ、と思ってよく聞いているのがコレ。ハーバートとのコラボレーションが!K7のコンピに入っていて知ったのだが、実は2000年にデビュー・アルバムが出ているのね。
(#追記 と書いた後になって、スーパー・コリドールのヴォーカルの方だったと知った。なんだ、ライヴ見たことまであったのに気づかずにいたよ)

レトロなのか、フューチャリスティックなのか、よく分からないプロダクション。マーヴィン・ゲイにもオーティス・レディングにもなっちゃうけれど、なりきれないヴォーカル(物凄く上手いが、どこか過剰)。なので、聞いていて落ち着かない。
でも、その微妙なダサカッコヨサにぐっと来る訳です、往年のパーマーと同じく。




Multiply / jamie Lidell


と思ったら、この人の新作もインディーズからひっそり出ていました。ロック・ギターがギュインギュインいっちゃう曲には?マークも浮かぶが、ファルセットを駆使した一人多重のコーラスは健在。
思うに、こういうタイプのソウル・ミュージック・フリークって、イギリスにはいつの時代にも必ず何人か現れて、絶えることがないのだな。




Stoned / Lewis Taylor





memorylab at 00:27|PermalinkComments(0)

October 22, 2005

風呂ロック



来週はこんなイヴェントでレコーディングをする予定。場所、下見して来たけれど、良い感じでした。

http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=furorock

memorylab at 00:30|PermalinkComments(0)