November 2005

November 27, 2005

MUSIQ@YOKOHAMA BAYHALL

横浜ベイホールは駅から遠くて、着くまでちょっとビビった。 よくワカンナイ感じのパーティーで待ち時間も辛かった。が、10時半を過ぎて始まったMUSIQのステージは・・・ヤバイ! なんなのだ? あのバンド?

ドラムは最近のR&Bのライヴに多いアクリル板のブースの中にいて、やたらセットの点数が多く、フリーに叩きまくるタイプ。分かりやすい、踊りやすいブレイクビーツ的パターンは全然叩かない。
で、キーボード、ギター、ベースがミニマル的なプレイしかしないので、ヴォーカルがないと曲の調性感も見失う。ギターだけは白人で、アラン・ホールズワース大好きみたいな、超正確運指野郎。

なので、盛り上がりにくい。客の身体もなかなか動かない。なんだけれど、MUSIQは1曲目から野太くエンターテイナーしているわけ。ダニー・ハザウェイ直系みたいな声で、メアリー・J・ブライジ以降のうねうねうね歌う今様R&Bスタイル。
コーラスのふたりが超巨漢で、ひとりは小錦みたい。なぜか、ふたりともローリングストーンズのトレーナー着て、白いタオル持参。漫画みたい。でも、こいつらのコーラスが鳥肌もののスウィート&シルキー。
R&Bとしてはそれだけで怒級のクォリティー。

が、彼らのヴォーカル・ワークをそのまま盛り上げるようなコードやリズムは聞こえないわけ。俺達はそんなのやらないよ。そんなんでいいんだったらジャミロクワイでも聞いてろよ、と言わんばかりに、バンドは変態ファンクというか、音響フュージョンというか、摩訶不思議なアンサンブルで進むのだ。でも、知的というわけでもなくて、黒人三人は筋肉もりもりの肉体派。客席の当惑をよそに演奏は白熱している。

中盤のハード・ロック・ブギーみたいな曲を金縛り状態で聞いて、そのへんの違和感が頂点に達したんだけれど、次がストーンズの「MISS YOU」のカヴァーで、そこで何かスイッチが入っちゃった。訳分からないが、こりゃ凄いと思って変態ファンクで踊り出しているオレがいた。
MUSIQは終始イケイケ。もうちょっとオタクぽいかと思ったが(チビで小太りではあったが)、超エンターテイナーで、終盤にはシャツも脱いじゃうし。で、彼があくまで確信に満ちているから、観ている方も次第に波長があって来る。
分かったよ、ファンクってそういうことなのだ。踊りやすい四つ打ちディスコにない、奇妙なうねりとコクとか、そういうものがあって初めてファンクだろ!

そっから後は楽しくて楽しくて。気がつけば会場も大盛り上がり。MUSIQサイコー! 観に来て良かった。ブラック・ミュージックは進化しているのが実感できた。観なかった人は一周遅れたよ。コイツラ、新しい音楽やっているもん。
N.E.R.D.なんかよりもっと新しい。客席はブラック大好きのおねーちゃん中心だったけれど、これはロックだとも思った。たぶん、ビョークなんかのアレンジ手法も彼らはふまえているんじゃないか。あのヴォーカルとコードとリズムの対比は。

東京はもうないけれど、関西はこれからなので、観れる人は観た方が良いです。僕ももう一度、観たい。次は1曲目からあのグルーヴが分かるかもしれない。あと、インタヴューしてみたい。超久しぶりにそう思ったアーティストだった。




Soulstar / Musiq


memorylab at 16:12|PermalinkComments(0)

November 26, 2005

新川忠WEBSITE

オープンしました。
11/28、12/2と東京では続けてライヴがあります。詳しくは↓

http://tadashishinkawa.com/

memorylab at 11:57|PermalinkComments(0)

November 19, 2005

ドゥルーリィ・レイン劇場のロバート・ワイアット

こんなの聞き始めた日には、それで一日が終わってしまう。
1974年9月8日には、僕はまだロバート・ワイアットの名も知らなかった。こんな音楽が世の中にあるなんて、想像力が及ぶはずもなかった。
交通事故で下半身不随になったソフト・マシーンのドラマー、ロバート・ワイアットのカムバックを支援する、一夜限りのコンサート。中盤からの演奏がともかく凄くて、集まったミュージシャン達の底力を思い知る。彼らが共有していた美的価値観の強靭さも、あらためて思い知る。彼らの辞書には「不協和音」という言葉はないだろう。
あと、音の良さにビックリ。ジョン・ピール(オープニング・スピーチをする)は録音にも噛んでいたのかな。




ドゥルーリィ・レイン劇場のロバート・ワイアット



memorylab at 01:48|PermalinkComments(0)

November 15, 2005

想い出は忘れられない

ところで、ジャガー=リチャーズの書いた「SOME THINGS STICK IN YOUR MIND」を歌うヴァシュティを僕が聞いたことがあったのは、山名昇監修のコンピレーション「WALKIN THROUGH THE SLEEPY CITY」のおかげだった。日本のロンドン・レコードから1982年にリリース。山名らしい、粋な企画だった。今日、別のレコードを探していたら、ひょろっと棚から出てきたので、おー、ライナーを読み返そう、と思ったのだが、残念ながら、ヴァシュティについては「ドーヴァーをベースにしたシンガー」と、1行、触れられているのみでした。

アンドリュー・オールダムが育てようとしていた少女歌手、ヴァシュティと、ジョー・ボイド、プロデュースの英フォークの伝説、ヴァシュティ・ブニヤンが同一人物とは知らなかったのを、後に山名昇は悔いたに違いないが、彼が知らなかったくらいなのだから、当時、日本に知る人がいたかどうか、だろうな。
ちなみに、ヴァシュティの「想い出は忘れられない」はまったくどうってことない、水で薄めたようなポップス。歌は下手だし、曲もそもそもストーンズのボツ曲だしな。

「METAMORPHOSIS」に入っていたはずのストーンズのオリジナル・ヴァージョンも全然、記憶にないのだが、これを探し出して聞く気力はない。あと、邦題が凄過ぎますね、この曲。

memorylab at 23:01|PermalinkComments(0)

November 14, 2005

35 YEARS

早くにサンプル盤をもらって聞いていた(原稿も書いた)のだが、発売になったようなので、CDを買おうと思ったら、どこにも売っていない。AMAZONも3〜5週間? 生産が間に合わない程、売れているのかな? だったら凄いことだ。

音楽の世界では何が起こるか分からない。彼女の35年ぶりの復活も一体、誰が想像しただろう?
正直なところ、ヴァシュティ・ブニヤンは僕にとってはカルトではない。幻の名盤と呼ばれた「JUST ANOTHER DIAMOND」をCD再発で初めて手にした時も、もちろん、ブリティッシュ・フォークの名匠、ジョー・ボイドのプロデュースで、フェアポートやインクレディブル・ストリングス・バンドのメンバーがよってたかってサポートしているのだから悪いはずもなく、貴重な音源を聞けた喜びはあったけれども、ヴァシュティの素人くさささを残す、脆い歌声はこれ一枚で消えてしまった理由を頷かせる、とも感じた。思ったほど、トラッドな節回しがないので、これはカルトといっても、アメリカのソフト・ロックとか好きな人向けだなと思ったり。

だから、新作「Lookaftering」もゲストの名前を聞かなければ、それほど大きな注意は払わなかったかも。しかし、アニマル・コレクティヴのFAT CATからのリリースで、デヴェンドラ・バンハートやジョアンナ・ニューサムやアーデムなどが参加していると聞いたら、そりゃあ、飛びつきますよね。僕の近年の年間ベストに名を連ねる人ばっかりなんだから。
それと驚くべきは、彼女の歌声が35年前とほとんど変わって聞こえないこと。上手くなってもいないかわりに、消え入りそうな淡さ、清らかな佇まいも変わらず、そこにある。

彼女がどんな人生を歩んで来たのかは知らないけれども、音楽の世界にとどまり続けなかったのも悪くはなかったんじゃないか、と勝手に思ったりはする。僕は十数年間、ほとんど楽器にも触れなかったことがあるので分かるんだけれど、音楽をやらなかった分、疲弊しなかったところって、確実にあるんだよね。だから、こんな年齢になって、こんなことをしているということころも。
子供くらいの年齢であるジョアンナやデヴェンドラと、ミュージシャンとしてのキャリアは変わりない。それが良く作用しているように、お互い控えめなコラボレーションを聞きながら感じたり。




Lookaftering / Vashti Bunyan





Just Another Diamond Day / Vashti Bunyan


ところで、復活といえば、この人も近年、復活してライヴやっているんだよな。
新作、出ないかなー(ESPのコンプリート音源集はもうすぐ出る模様)。




ou Thrill Me: A Musical Odyssey 1962-1979 / Patty Waters




memorylab at 15:38|PermalinkComments(0)

November 13, 2005

ネットラジオ番組更新

今回はゲストに作曲家、鴨宮諒さんをお迎えして、お送りします。
トークはいつもより長めかも。ピチカート・ファイヴ初取材秘話(?!)から、僕がミックスをやらせてもらった「幸せになりたい!」のサウンドトラックの話、最後はミホミホマコトの新曲ネタまで公開。

番組は3時間ループで、ゲストコーナーはAM/PMの0:00、3:00、6:00、9:00くらいからです。

http://www.live365.com/stations/313720

memorylab at 23:23|PermalinkComments(0)

November 12, 2005

ACID ?

彼の奇妙な歌声に心惹かれて2年くらい経つが、新作はギターの弾き語りから脱して、曲ごとに様々な楽器編成で聞かせる。でも、ゴージャスになったとか、メジャー感が出たというわけではなくて、むしろ、虚ろなエコーに彩られたサウンドはよりサイケで、アシッドで、アンダーグラウンドというよりは
アングラだな、こりゃ。60年代のパールズ・ビフォア・スワインとか、ESPレーベルのアシッド/フォークものとかと結びつけたくもなるのも道理。




Cripple Crow / Devendra Banhart


memorylab at 15:32|PermalinkComments(0)

November 11, 2005

ドットオレンジ模様の恋心 / 朝日美穂

「ドットオレンジ模様の恋心 / 朝日美穂」通販開始しました。
MEMORY LAB WEBSITEのSHOPでページでどうぞ。

それから下記のライヴ会場でも販売します。

2005年11月19日(土)高田馬場 CLUB PHASE
"Color Scene"
出演:朝日美穂、高橋徹也、moumoon
前売 3,000円 当日 3,500円(ドリンク別)
OPEN 18:00 START 19:00

朝日美穂の年内のライヴはこれが最後です。東京は来年のチョパニックまでないかも、なので、お見逃しなく。
ネット予約は→http://www.ceres.dti.ne.jp/~donidoni/ticket/ticket1119.html

memorylab at 14:40|PermalinkComments(0)

ソニーBMGのCDコピー防止ツールに脆弱性?

memorylab at 11:49|PermalinkComments(0)

November 04, 2005

ドン松尾ソロ・アルバム

マスタリングをやらせてもらいました。

プロデューサーはヨーロッパ・ツアー中のLimited Express (has gone?)の飯田仁一郎。不在なので、マスタリングはお任せ、になるかと思いきや、出発直前に事細かなリクエスト・メール。参考CDはWHY? の新作とSAKANA「BLIND MOON」と書いてあったりして、つまり、名盤を作れということね。なので作りましたよ。
いや、本当にこのアルバムは捨て曲なし。すべての曲に愛が詰まっている。飯田の集めたミュージシャンやエンジニアがよってたかって良い仕事しているのです(あ、僕も1曲、ミックスしています)。

ドンさんとは僕は初めての仕事でしたが、フレンドリーなナイスガイ。「僕はマスタリングとか全然こだわりないんですよ。ボブ・ラディックでやったこともあるけれど、ちょっと良くなったかなあ?と思ったくらいで」など言いつつ、要所はよく聞いているのが分かる。なので、方向性も迷いなく、マスタリングは昼から始めて、夕飯前には終わっちゃいました。

このドン松尾ソロ・アルバム「ボクハシナイヨ」は来年1月21日発売だそう。
その前に、12月にはズボンズのレコーディング。そのプロデューサーも飯田仁一郎。なので、もちろん、僕も協力しまくります。

Limited Express (has gone?)のヨーロッパ・ツアー情報は→
http://www.limited-ex.com

memorylab at 00:38|PermalinkComments(0)