クリックで拡大します
カフェ・ロゼで食べ終えた後、パソコンを見にヤマダ電機へ。
春モデルの真っ赤なBIBLOに目が行くが、先立つものがない。 当分XPで我慢。(T_T)

家に帰り、久しぶりに身体を動かそうかなって思ってたらブースカ師匠から電話が。
太郎さんと門司方面に向かっているとのことで私もそっちに乗っかる。
太郎さんの高級車に乗せてもらい、向かうは門司港の丸拳
最近お昼の営業も始めたとの情報もあり、一度行ってみたかったお店です。(*^^)v

クリックで拡大しますクリックで拡大します









14時前の入店、先客2名。 私たちでスープが終わっちゃったようです。
メニューを見て、丸拳ラーメンを極細麺で注文。ちなみにブースカ師匠と太郎さんは普通麺で。

ほどなく丸拳ラーメンが出来上がりカウンター越しに大将から受け取る。
受け取った瞬間に分かるくらいにスープには粘度がある。 以前の圭順みたいに。
まずはスープから啜る。 粘度があり、終了間際なのでかなり濃い。 
これが開店直後のスープだったらどうだったろう? またイメージが違ってたかな?

ラーメンを食べながらいろいろと大将と話をすることが出来た。
ねぎ抜きで注文したラーメンに誤ってねぎを入れたら、取り除かずラーメンを作り変えた大将。
ラーメンに対する大将の情熱をすごく感じてくる。 
しかも門司港のラーメンをもっと有名に、そして盛り上げたいって気持ちも私はすごく嬉しい。

これから丸拳はもっともっといい方向に進化して門司を代表するラーメンになって欲しいな。 
そんな期待を持たせてくれる丸拳の大将でした。(^_-)-☆

住所:福岡県北九州市門司区栄町10-12 小原市場内