集団訴訟呼びかけのブログ

詐欺商材に対して集団訴訟を行いますので被害者の方は参加お願いします。これ←は詐欺商材です。

正しい評判

情報商材業界も様々ですよ。
この前情報商材の裁判を考えているって言いましたが、裁判に関して色々と調べました。
感情的になって「裁判」と口走ってしまいましたが、実際には裁判はとても大変なものだという事に気付かされました。
更にです。この情報商材は、裁判の判例を見ても解かるのが、情報商材そのものに落ち度があるのではないという点ですね。
セールスレター面の方らしいですから、お金が返って来るといっても実は情報商材代だけでしかないみたいです。
およそ15万円だとしても、弁護士雇ったら終わりなんですよね。

裁判に勝っら裁判費用を相手が持ってくれるでしょうが、それって補填ですから利益になるものではありませんよね。
しかもあくまでも「勝訴」なだけですから必ず返金されるかは解からないみたいですし。
事実、交通事故の裁判なんかでも賠償額が出ますが、実際にはほとんど支払われた事がないみたいですから、一時の感情で裁判を起こしても、結局自分の方が尻切れになってしまう可能性が高いみたいです。
しかも裁判になるといろんな部分が公になってしまうんですよね。
自分にとって不利な情報を公開されてしまう可能性もあります。

自分の場合は良いのですが、中には副業をしている事は出来れば誰にも知られたくないと思っている人もいるのではないでしょうか。
そのようなケースでも、裁判で自分が副業を行なっている事実が白日の元に晒されてしまう可能性もあるのです。
こればかりはどうにもならない部分ですので、これが嫌だと思っている人にとってはどうする事も出来ないとても過酷な話とも言えますよね。
ですから自分は裁判を辞める事にしました。
実際利益は出ていた訳ですし、セールスレターに瑕疵があるだけで裁判を行なった所で戻ってくるのは情報商材の料金だけです。
15万円くらいならすぐに稼げるのですから、そもそも裁判を起こす意味もないのではないかなと。
そこで調子の良い奴と思われるかもしれませんが、販売者様に連絡し、お詫びを致しました。
裁判はしないからもう一度参加させていただけないかといった物凄く都合の良い主張だったと思うのですが、それでも快諾していただけたのですからありがたい話ですよね。
自分が逆の立場であればそのような事が出来たかどうか…。
それほどまでの啖呵を切ったにも関わらず快諾していただけました。
情報商材はコツを掴むまではちょっと時間がかかるんですよね。
種蒔きみたいなものです。
でもその段階でムカついてしまうともう水遣りなんてしませんよね。

多くの人が、それこそ一度の水遣りで満開を想像しているのかもしれませんが、水遣りは時間をかけなければならないものです。
今回の商材の場合、他の情報商材に比べればその速度も申し分ないのですが、期待値が高まってしまっているがためにどうしてもちょっとした事で感情的になってしまうのかもしれません。
商材代金の15万円も結果が出ないうちは安いとは感じる事が出来ないかもしれませんから。
ですが、裁判の方がもっと時間がかかりますよね。
裁判を考えて弁護士に相談したり様々な情報収集を行なったり…をしているより、地道に実践している方がお金になるでしょうね。

インターネットの世界にはいろんな情報商材がありますけど、 今回の商材は長年同じ名前で販売され続けています。
他の情報商材なんかしょっちゅう名前を変えてしまうんですよ。
下手すると同じセールスレターなんて事もあるのですが、名前を変えたなんて事は触れていません。
これってやっぱりただ儲けたいってだけの話しだと思うんですよ。
でも 常に同じ名前で販売され続けているんですから、そこに「信頼」があると思うんですよ。

だから自分はこれからも商材を続けていく事にしました。
ちょっとお金を稼がせてくれた人に対して恩知らずな事をしてしまった自分に反省しています。
しかもそれでも簡単に許してくれたんですから、サポート面も含めて、 特別な商材と言えるのかもしれません。
むしろ「情報商材」という分類が失礼なものなのではないかとさえ思えてきましたから。


集団訴訟の募集を停止する事に致します。

先に先日集団訴訟を集めるお話しをしました。

様々なご意見を頂き、ありがとうございます。
「相談に乗って欲しい」、「訴訟を手伝って欲しい」という意見もありました。
ですが、意外と多かったのが「おかしいのではないか」というものです。
それは、「いくら瑕疵があるとはいえ、自分が稼いでいるのにまだお金を取りたいのか」というものでした。
「自分自身も損をしているのであればまだしも、儲けているのになんで訴えようとしているのか解らない」、「契約書の瑕疵を攻めるなんてせこい」といったものです。
法律を犯している訳ではないのですが、倫理の面でおかしいという意見、案外たくさんいただきました。

確かに、私はこちらの情報商材で稼いでいます。それは事実です。
この前話したように、一ヶ月で数十万円以上は稼いでおり、この情報商材を初めてから二年間で、生活が大分楽になりました。
それまで我慢していたものも買える様になりましたし、車も買い換えてしまいました。
それまではガソリン代ですら節約していたものの、今ではガソリン代の値段の変動すらあまり気にならなくなったものです。
それは、自分自身の努力…というよりも、この情報商材の優れた特徴のおかげによるものです。
また、これは別の方から匿名で頂いたメールなのですが、私が購入した際には契約書に瑕疵があったのですが、現在では瑕疵もしっかりと修正されているとの事。
それを考えると、情報商材の内容そのものに対して過失がある訳ではないのですから、返金訴訟をする理由もないと言えます。

このようなことから、集団訴訟の募集を停止する事に致します。
多くの方からお叱りを受けました。「誰のおかげで稼ぐ事が出来ているんだ」といったものです。
言われて見ればごもっともですよね。私は「契約書の瑕疵を付けば更にお金がもらえる」といった点に頭の中を支配されてしまっていたのかもしれません。
「まだまだお金が欲しいのかよ」、「恩を仇で返す気か」といったご意見、本当にたくさん頂きました。
この事で気付かされたのは、この情報商材がいかに多くの人から信頼されている情報商材かという事です。情報商材業界は今、とにかく劣悪なものが増えていると言われています。
それこそ「使い捨て」ではないですが、何も役に立たないような情報商材もあれば、同じものを名前を変えて販売しているケースもあると。

そのような情報商材の中で、実際に稼いでいる情報商材に出会えたのは私にとっては偶然だったかもしれませんが、実はとても幸運な事だったのかもしれません。
情報商材関連の掲示板などを見ていると、様々な情報商材が「詐欺」、「糞商材」と叩かれている中、私は自分が購入した今回の商材には、一度たりともそのような思いを抱いた事はありませんでした。
むしろ感謝すらしているにも関わらず、「契約書の瑕疵を付いてお金を取れる」という思いから、集団訴訟を募集するなど最悪です。

妙な正義感に支配されてしまっていたのかもしれませんが、これも正義感ではなく、偽善なのかもしれません。
集団訴訟を行ったら、情報商材のビジネスからは当然離脱しなければならないですから、契約書の瑕疵を付いてちょっとしたお金を得るのは、長い目で見たら実は迷惑な話なのかもしれません。
なぜなら、購入代金よりも稼げる金額の方が高いのです。
実はそれも言われました。
「情報商材の購入代金は安くはないが、稼げる金額を考えたら購入代金のコストパフォーマンスは悪くは無い。
それを引き換えに稼げる分のお金を諦めなければならない上、そちらに手数料を支払うとなると、一番得をするのはそちらなのではないか」というものです。

実はこの意見にはっとさせられました。情報商材で稼げていない人であれば、集団返金訴訟もありがたいものかもしれませんが、稼げる情報商材である以上、私が手数料を取るとなると、私の行為そのものも、他の稼げない情報商材業者と変わらないものなのかもしれません。
そのため、集団訴訟の方は取りやめる事に致します。
もしかしたら集団訴訟の事を真剣に考えたという方には申し訳ないのですが、集団訴訟の方は取りやめる事に致します。

客観的に考えても、「収入」という点はもちろんですが、やはり「稼がせてもらっている情報商材」への行動としては不適切だったと言わざるを得ません。
この情報商材で稼いでいる自分の行動としては不適切極まりないものでした。
ご迷惑をおかけした関係者各位さまにはお詫び申し上げたいと思います…。
また、稼いでいる方に対しても侮辱かもしれませんでしたし、本当に軽率でした。

被害者の方、集団訴訟を致します。

・集団訴訟の呼びかけ

情報商材を購入した人は珍しくないでしょう。
言葉巧みなセールスレターに翻弄され、ついつい購入してしまった…という人は珍しくないはずです。
ですが情報商材も様々です。稼げるものもあれば、お金を出してまで買う価値はないだろう…というような情報商材まで本当にピンキリです。今回私が集団訴訟を呼びかけたい情報商材はこちらの情報商材になります。
中々好評を博しているのですが、あえて返金訴訟を呼びかけたいと思います。
一人の力ではどうする事も出来ないかもしれませんが、集団ともなれば力を発揮してくれるかもしれません。この情報商材は情報商材業界の中では異質と言われています。
というのも、情報商材はほとんどが「詐欺まがい」と呼ばれていますので、すぐに販売終了となってしまいますし、更には全く同じ商材が名前だけ変えて、あるいは少しだけ変えて再販されている事もあるのですが、この情報商材に関しては、長い間販売され続けているのです。
敢えて集団訴訟を呼びかけるのは、契約書に瑕疵があるのでは、と思ったからです。
私自身はこの情報商材でそれなりに稼いでいますので、満足と言えば満足なのですが、契約書に瑕疵、つまりは誇大広告の類が含まれていますので、その点を突けば返金してもらえるでしょう。

少しの私の話しをしますと、私がこちらの情報商材を購入したのは2年程前になるでしょうか。
情報商材そのものにはあまり興味がなかったのですが、ふとこちらの情報商材を知りました。
いろいろと調べてみると、他の情報商材には無い信頼を感じる事が出来ましたので、半信半疑ではありましたが購入。
購入を決めた一番の理由はやはり「会ってレクチャーしてくれる」という点でした。
それもそのはず、他の情報商材はPDFファイルが送られてきてそれを見るだけです。
それだけでは解らない事も多いんですよね。
ですが今回は会って教えてくれたので、それをしっかりと実践しました。

初めは思ったようには稼げなかったのですが、2ヶ月経過する頃には波に乗ってきたのか、一ヶ月で数十万円は稼げるようになりました。
今までの累計では数百万円…といった所で満足してはいるものの、契約書の瑕疵などはあまり好ましいものではないかな…と思った次第です。
実際稼げているのであれば返金する必要ないのでは?と思われる方もいるかもしれませんが、返金出来るのであれば返金してもらいたいと思うのが人情ですし、私は稼げていますが、稼げていない人もいるかもしれません。
そのような人にとっては返金してもらいたいと思っている人もいるでしょう。
また、そのような人は一人では返金は…と躊躇してしまっているでしょう。

そのような人の力になりたいという思いも多少はありますので、集団訴訟をと思い立ちました。
私以外にも返金を行う動きが見えているようですが、実は私は一度、他の人の相談に乗り、東京都で裁判を行い、実際に裁判で勝利した事もあります。
この際に裁判官の方から言われたのは、「ビジネスそのものは問題のないものではあるが、契約書の事実とは瑕疵が認められる」というものでした。
つまり情報商材そのものではなく、契約書に瑕疵があるという事です。
そこを上手く付く事で返金は確実なものと言えるでしょう。
そこら辺は、経験者である当方の力を充てにしていただきたい部分ですね。

・相談料など

とはいえ、こちらにも生活がありますので、一応は相談料金をお願いしたいと思いますが、それは不安という方もいるでしょう。ですので、成功報酬という形と致しました。
相談料金は初回は無料とさせていただきます。
コメント欄に、実名とメールアドレスを記載して送信して下さい。(公開はもちろん致しません)
その後、メールで連絡をさせて頂きますので、
実名と住所・電話番号を記載の上、返信して下さい。
そして実際に返金作業に入るとなれば、成功報酬という形で、返金額の30%を費用として頂戴いたします。
「なんでそこまで必要なの?」と思われる方もいるかもしれませんが、情報商材の返金相談は最近増えています。
更に、私も善意で行っていたのですが、匿名をいいことに誠意の無い対応が多くて困っている事実もあります。

本来であれば匿名でも構わない…と言いたい所ですが、匿名にしていたおかげでとにかく誠意の無い対応が多く、辟易してしまったのです。この情報商材は顔を見てレクチャーしてくれた情報商材でした。
ですが、その相談者はメールなのをいい事に、返信もままならないものなら、自分の要望に沿わないものですと罵詈雑言を投げてくる事もありました。そのための措置ですのでご了承ください。
実名、更には住所などを明記していただくという事は、「本気」だとこちらも判断する事が出来ますので、こちらも「本気」でサポートいたします。
それらの明記がない場合は「いたずら、冷やかし」とみなし返信は致しません。
もちろん、しっかりとしたサポートとはいえ、いきなり「会いに来い」とは言いませんの安心して下さい(笑)

相談費用が負担とならないようにしたい面もありますが、こちらもさすがに無償で…という訳にはいきませんので、その点は了承していただきたい部分です。
が、成果報酬で構いませんので、もしも返金が出来ない場合には、一切お金は頂きませんので、その点はご安心下さい。

・その後の展開

返金が可能か不可かは展開次第ではありますが、私は可能でしたし、判決も情報商材の内容や値段云々ではなく、「契約書の瑕疵」、つまりは誇大されている部分があるというものですので、どのように実践したのかなどは問われませんので、その点も安心出来る部分でしょう。
ですが個人的な話しで恐縮ではありますが、情報商材は稼げないわけではありません。
実際自分が稼いでいる事もあるのですが、軌道に乗るまでがそこそこややこしいものです。
軌道に乗せるまでが勝負とも言えるでしょう。
ですが、必ず乗ります。お会いして言われた事を正しく実践していれば必ず軌道に乗りますので、それまでの間は少々の辛抱が必要になってくるでしょう。
ですから、返金も良いのですが、ビジネスそのものはそこまでおかしなものではない…というのが私の見解ですし、裁判官の方も、「契約書の瑕疵」の部分にのみ問題があるとしているのです。

「この情報商材は実践しても稼げない詐欺商材だ」と断罪しているのではなく、「少々誇大広告なのではないか」といった指摘なのです。
そのため、ビジネスそのものは悪いものではない…むしろ稼げるビジネスとも言えますので、返金して途中で挫折してしまうよりも、続けた方が良い可能性もあります。
向き不向きはあるかもしれませんが、稼げている私の意見からすると、途中で投げ出してしまうのはとてももったいないビジネスでもあります。
投げ出してしまうのは簡単ですが、芽が出るのはすぐかもしれませんし、何よりビジネスは芽が出るまでが大変なものです。更に言うと、先にも話した様に魑魅魍魎が渦巻いている情報商材業界で、なぜこれほど長く販売されているのか。
情報商材以外の事を考えてみてください。
ゲームにしろ化粧品にしろ車にせよ、長く販売されている商品はそれだけ利用者から好評を博しているのです。
他の情報商材でここまで長く販売されているものはありませんでしたよね。
その点も踏まえ、返金してもらうかどうか考えてみてください。
記事検索
最新コメント
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ