Q&A宗教トラブル110番



・・・・・・・・・

本の紹介です。

過去に紀藤正樹弁護士の著作
『マインド・コントロール』が刊行されたとき、ワールドメイトインターネット工作員の『ぜんじ』は「この本にはワールドメイトのことが載っていない。紀藤弁護士によってワールドメイトがカルトではないことが証明された!」と大はしゃぎでした(笑)

そして今回、紀藤弁護士が共著の『Q&A宗教トラブル110番』にワールドメイトのことが記載されたのですが、この場合『ぜんじ』は「ワールドメイトはカルトだった」と認識を改めるのでしょうか?(笑)

いずれにせよこの本にワールドメイトのことが記載された以上、ワールドメイト側による公式見解が待たれます。どんな言葉が聞けるか非常に楽しみですね。

・・・・・・・・・

この本は悪徳破壊カルト宗教の手口…主に統一教会…世界基督教統一神霊協会…の悪辣な手口が記載されていますが、他にもさまざまなカルト宗教のことが記載されています。

もし会員の皆さんが揺るぎない信仰心の持ち主であるなら、どうぞこの本を購入し、カルト宗教について研究を重ねてください。悪辣な宗教団体というものに関して知識を持つことはワールドメイト会員にとって決して損なことではありません。
なぜなら仮に今は問題は無いように思えたとしても宗教団体は簡単にその身を堕落させ、悪の権化へと自ら変節します。
宗教信者は自らが身を置く宗教団体に関して、常に監視者であり続けなくてはならないのです。
それは宗教信者の、この社会への義務でもあります。

そしてこの本に書かれているワールドメイトの記載事項についてよく知り、そこに書かれていることに不満があるなら自分でよく調べましょう。
教団の公式情報を鵜呑みにしていると、いつのまにか自分で物事を考えられない人間になってしまいます。

・・・・・・・・・

そしてこの本はワールドメイトのスタッフの方においても福音の書となるかもしれません。
…いえ、むしろワールドメイトスタッフが読むべき本と言えるかもしれません。

「教団の活動での過労が原因となった事故の責任を教団に問えるか」

「給与から天引きされていた献金を取り戻したい」

「教団の運営する会社では残業も奉仕として手当が出ない」


などなど、私が過去に聞いた、
どこかの教団で労使紛争が起きたネタにそっくりのことがQ&A方式で回答されています。どこもかしこも似たようなトラブル抱えているんですね…。



どうぞワールドメイトスタッフの方々はこの本を是非購入し、参考にして、様々な現実的な悩みの解決に役立てて下さい。

仮に読むだけでは解決しないお悩みも、専門の弁護士であればきっと解決に導くことができるでしょう。

ええ、この世には救霊や祈願では解決しない悩み事は、弁護士に相談と決まっていますから(笑)


にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ
にほんブログ村