サルでもわかる「世界中に愛をワールドメイト」入門

〜人生のア・ラ・カルトを堪能したいあなたに〜

大阪の事件について

Yahooの知恵袋の質問と回答について


Yahooの知恵袋にこのような質問がありましたので、画像を保存の上(笑)転載させていただきます。
おそらく速やかに削除されると考えられますので。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12145481237


知恵袋画像1



























知恵袋画像2








知恵袋画像3






































・・・・・・・・・

以下が掲載された質問。

平成21年3月8日、ワールドメイト役員男性2名と関西幹部スタッフ女性と西垣内堅佑...
 
varunaindraさん
2015/5/1304:16:06

平成21年3月8日、ワールドメイト役員男性2名と関西幹部スタッフ女性と西垣内堅佑弁護士(東京弁護士会所属・番号12083)の4名が会員をラフォーレ新大阪に呼び出し、個室に連れてゆき、

合意書にサインをしなければ家に帰らせないと脅しサインをさせた。この事件が引き金となり、ワールドメイトを大阪地方裁判所に提訴しました。原告代理人 河原林弁護士はワールドメイトの集金システムの実態を裁判所に主張していく方向性を固めている。また、原告は西垣内弁護士に対して、弁護士会に懲戒申請を行っていく意向を示している。河原林弁護士は今後、お玉串返還請求を積極的に取り組む方針。平成21年6月11日提訴。 平成21年8月28日第一回。 平成21年11月26日第二回。平成22年1月21日第三回。平成22年3月8日第四回。平成22年5月13日第五回。平成22年7月8日第六回。平成22年8月26日第七回

marrimonnさんに質問します。以前にワールドメイトは、刑事事件の起こしたことない安全で、善良な方が多い団体とあなたは回答したことがあります。ワールドメイトの教祖は素晴らしい方だと何回もワールドメイトの宣伝回答ばかりされたことありますが、この事件を見ると、ワールドメイトは玉串返還訴訟が度々発生して、金銭的に問題のある団体でないかと思われます。前置きはこれくらいにして、大阪地方裁判所で、河原林弁護士は、ワールドメイトの玉串返還請求訴訟を原告代理で起こしたそうだが、この事件の全貌はどのようになっていて、原告にワールドメイトはいくらの玉串を原告に返還したのでしょうか?この事件は末端の信者の事件ではなくて、ワールドメイト役員男性と関西幹部女性が起こしたそうですけど、ワールドメイト教祖から、玉串営業ノルマのプレッシャーをかけられたのでしょうか?また、二度とこのような事件を起こさないために、森ノ宮と芦屋の幹部にどのような再発防止策を行ったのでしょうか?私が退会する直前なんか、支部長が、戸渡阿見作、「バッタに抱かれて」の黄色い本のノルマに苦しめられたそうで、名目はフレンドリーコンペデションでノルマではないと言われたのだが、支部間の冊数競争で、精神的に参っている様子でした。今回も、進撃の阪神のコンサートのノルマがあったのでしょうか?コンサート券が流通している様子がなくて、誰かが一人で抱え込んでいるのか気になります。いつもワールドメイトの宣伝回答ばかりしているスタッフに近いmarrimonnさん、分かる範囲で良いので回答お願いします。


補足
この事件に関しては非公開とされています。いずれ真偽が分かるかと思いますが、会員時代には、ワールドメイトは、○本氏スタッフ造反を、いかにも彼が悪いかのように言っていました。だが○氏も、一般の支部長の抱えるトラウマ、とにかくお金がかかる、年間100万円以上かかると言った内容を小耳にはさみました。また、中国華清池神業に参加しなかった支部長に、家賃光熱費通信費三か月分の負担を、国常立大神が怒っていると称して負担させた事件がありました。だから、ワールドメイトの公式回答は信じないです。



それに対するぜんじの回答がこちら。
ベストアンサーに選ばれた回答

marrimonnさん
 
2015/5/1819:16:23

リクエストされているのでお答えいたしますが、そんな話はまったく知りません。

しかし、常識から考えて、でっち上げだと言わざるを得ません。
 本当に脅しが行われたのなら、警察を呼べば良いのです。
しかし、なぜ、警察沙汰になっていないのでしょうか?

それは、実際は、狂言だからとしか思えません。
 警察が捜査もしないほどの狂言だったのでしょう。


 百歩譲って、本当にそんな裁判があったとしても、日付からして、もうとっくに終わっているでしょう。

ワールドメイトは、刑事事件を一度も起こしたこともなく、裁判で一度も有罪にもなったことがないということは、有名です。

その結末がどうなったのかはわかりませんが、ワールドメイトは有罪になっていません。


まあ、昔は、精神障害の病歴を隠して、ワールドメイトに来ていた会員がいたそうですが、精神障害がある人でも裁判を起こすことはできます。また、聞いた話ですが、いくつも宗教の入会と退会を繰り返しては、裁判を起こして損害賠償請求をふんだくる人が、世の中には実際にいるそうです。

ワールドメイトのような安全な団体に因縁をつけるなど、そういう病気のある人とか妄想癖のある人とかふんだくり詐欺目的の人しかいないと思います。


ちなみに、スタッフの方にも聞いてみたら、関西に幹部女性は一人もいないそうです。それも、ネットの書き込みと事実が違うという証拠の一つですね。


 根本的に、こんなところで聞いてもなにもわからないのだから、聞きたいことがあるのなら、コソコソせずに、ワールドメイトに直接聞くべきでしょう。


質問した人からのコメント

2015/5/19 03:14:26
 

回答していただきましてありがとうございます。まともな意見を待ったかいがありました。後半部分は同意できます。確かにおかしな会員がいるのも事実です。話しを知らないのも事実でしょう?ブラック企業でも突然倒産して幹部が知らない事例もあります。良い教えをワールドメイトで学んでくださいませ。


続きを読む

人は隠しているものに本質を見出す

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ
にほんブログ村

ワールドメイト元・会員のブログで以下の通りの記載がありました。

ワールドメイト退会者・被害者系の各ブログやサイトでも、今年3月のUPの直後から大いに注目されてきました

キャノングローバル戦略研究所

「カンボジア医療視察報告」

ですが、この11月末までに 謎 の 削 除 が行われています。




実に興味深いですね。
キャノンとワールドメイトを比較したら、その影響力は比較にならないのに、どうしてこのようなことが起きるのでしょう。
一般の人間なら、何かどこかから、よほどものすごい圧力でもかかった、と考えるのが普通でしょうね。
続きを読む

住吉熊野道…ああ、そうそう(笑)忘れていました

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ
にほんブログ村


http://blog.livedoor.jp/mendori99/archives/51032572.html

http://blog.livedoor.jp/mendori99/archives/51014552.html
http://blog.livedoor.jp/mendori99/archives/51029309.html


毎度毎度適当かついい加減なことを掲載するワールドメイトなんとか道が、私の書いた記事で名誉棄損が公に認められたとか、私のことを犯罪者だとか書いているようですね。
新米薬寿師さんが教えてくださいました(笑)
いえ、実は知っていましたが、無視していただけです。

掲載を非公開にしたのは上記の3点で、これらは全て大阪裁判がらみのものです。
この記事において名誉棄損訴訟が発生した場合、仮に大阪裁判が敗訴になれば、こちらも自動的に敗訴になりますので、これらを非公開とさせていただきました。

しかしよくよく考えたら、もうその心配は未来永劫なくなったようなので、これらをいつ公開してもかまわないのを忘れていました(笑)

読み返せばどうしてこんなくだらない記事に目くじら立てなくてはならないのか、不思議に思うでしょうね。

上記の記事は気が向いたら再掲します。今となっては大して読む価値のないつまらない記事ですが(笑)

監禁という言葉について

�����祉��������井�� ��峨��紙����潟������ �����若�������<�ゃ�����

ともさんのブログで名誉棄損騒動が起きている様子ですね。

私も過去に名誉棄損でどうのこうのと圧力がかかり、記事の削除を余儀なくされたことがあります。



さて、話変わって監禁という言葉についてです。

**********************************************************************************************************
監禁という言葉の解説は、
ワールドメイトの大好きなウィキペディアに このように記載されていました。
**********************************************************************************************************

監禁


監禁(かんきん)とは、本人の意思を無視し、一定期間、特定の場所に閉じ込めること。日本国の刑法では不法に人を監禁した場合には監禁罪となる。

また、監禁の程度の低いものを一般に軟禁(なんきん)と呼ぶが、これは法律用語ではなく、法律上はすべて監禁となる。


概要

日本では物理的に自由を奪う場合のみならず、脅迫を以って脱出を断念させることも監禁罪となる。継続的に被監禁者を取り囲む、扉の前に立つ等の行為も監禁の手段となる。車のボンネットに人が乗っている状態で車を走らせる行為が監禁罪となったケースもある。現行犯逮捕した犯人を事務所内に捕り置き、すみやかに警察機関に通報せず監禁を継続する行為も監禁罪に当る。

また、監禁罪には至らなくとも、他人の行動の自由を妨げる行為は軽犯罪法による処罰の対象となり、また迷惑防止条例等の法令に抵触する可能性が大きい。ただしこれらの法令は正当な現行犯逮捕を妨げるものではない。

**********************************************************************************************************
また、軟禁という言葉の解説も掲載します。
**********************************************************************************************************

軟禁

軟禁(なんきん)とは、外出の自由を奪うものの、監禁のように被拘束者の行動の自由を完全に奪うものではないものを指す。通常、には収容せず、家宅の中での行動の自由は許される。ただし外部との通信は許されないことも多い。

**********************************************************************************************************

監禁も軟禁も大した違いはなさそうですが、ワールドメイト的には大きな違いが発生している模様です。

皆様、言葉の使い方には、どうぞご注意ください。


2011年6月28日、大阪地裁

�����祉��������井�� ��峨��紙����潟������ �����若�������<�ゃ�����

大阪地裁におけるワールドメイトに対する民事裁判の期日のご案内です。
2011年6月28日午前11時30分に第15回目が行われます。

次回も非公開形式で行われるようです。


続きを読む

2011年6月17日、大阪地裁

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ

従来の大阪裁判では一月半から二ヶ月近く、期日と期日の間が空いていましたが、先回の6月2日の期日が終わって、6月は明後日の17日に再度開かれるようです。







何か大きな展開があったのでしょうか?
 












皆様、刮目して待ちましょう!

住吉熊野道の管理人、メ=リル氏に心から感謝致します

�����祉��������井�� ��峨��紙����潟������ �����若�������<�ゃ�����

住吉熊野道の『ぜんじ』、メ=リルさんが、私のブログの記事に関して誤情報を発信しています。この記事を読んで

ここに書かれたことが

よほど都合が悪かったのだろう」

と、私は最初勘違いしました。


 
『ぜんじ』のメ=リル氏は、住吉熊野道の記事でこう記しています。



****************************************************************************************************

雌鶏ブラスバンド氏(さるでもわかる「世界中に愛をワールドメイト入門」管理人)曰く、

風評被害を専門とする社会学者に教えを受けて、

「風評被害とは正しい情報を伝えないことによって起こる」ということを知ったそうです。

その理由は、「人間は自分の身を守ろうと考えるので情報が不完全な時は、余計に不安になって慎重な行動になる」ということです。

そして豊富な例を示していただき、そのことを雌鶏ブラスバンド氏は、強く覚えているそうです。


ここで、疑問が一つ生まれました。

なぜ、雌鶏ブラスバンド氏は、わざわざ風評被害を専門とする社会学者にわざわざ教えを受けたのでしょうか。

ふつうの仕事をしていて、風評被害を専門とする社会学者に教えを受ける機会などまず滅多にありません。

社会学部の大学の講義で受けたというのでしたら話はわかりますが、それならそうと書いてもらいたいと思います。

しかし、大学の講義内容を強烈に覚えている人なんて、ふつういるでしょうか?

社会人となり、仕事に関係する内容を覚えるという段階になって、必死にいろいろ覚えるものではないでしょうか?

私は、学生時代の講義なんてほとんど覚えていませんが、仕事に関係する知識は、責任がありますし、今も関わっておりますからいろいろ身についていると思います。


そういう私自身の経験により、雌鶏ブラスバンド氏の記事を呼んで、

雌鶏ブラスバンド氏は、風評被害を専門とする仕事をしている可能性が思いつきました。

しかし、風評被害の仕組みが必要な仕事など世の中にあるのでしょうか。

ひょっとして、ワールドメイトの風評被害をどうやって作り出すかを研究し、そういう集団を統率しているのだろうか? という考えまで浮かんできます。

****************************************************************************************************


私はリンク先の記事を引用したでのあって、わざわざ社会学者の意見を聞きに行ったわけではありません。社会学者に意見を聞きに行ったのは引用文を書かれた武田邦彦氏であって、私ではありません。リンク先を読めばそんなことはわかるはずです。

なのに意図的に、私が「風評被害を専門とする社会学者に教えを受け」たと書く。明らかに誤情報を発信しており、 
「何をトチ狂ったことを書いているんだ?この住吉腐れ外道は」 
と率直に感じました。

しかしこれは私の早とちりでした。
ワールドメイト語を駆使する『ぜんじ』に対しては、ひとひねりもふたひねりも、その使われている言葉については曲解しなくてはならないのです。



つまりはこういうことです。
会員さんの中には、パソコンを所有しておらず、携帯から私のブログにアクセスする方も多いでしょう。
事実このブログには携帯からアクセスされる方が多数いらっしゃいます。
くだんの記事を携帯からアクセスして読んだ場合、武田邦彦氏の引用文は、引用表示が携帯の画面では表示されず、私の意見のように読めてしまいました。
おまけにリンク先のサイトの読みにくいことといったら。これではリンクした甲斐もないというくらい、携帯において読みづらい記事になっております。

パソコンと違って携帯はディスプレイの表示方法が限られているため、私がよかれと思って行った引用の表記が、まるで私の意見であるかのごとく表示され、誤解されている、このことをわざわざ『ぜんじ』は指摘してくださったのです。

率直に言って、これは盲点でした。
会員さんは携帯で読みにくい表現は、パソコンを使って再確認してくださるものと思っていましたが、そういう不親切な運営では誤解を招くことになる、ということを、『ぜんじ』はご指摘くださったのです。

なんということでしょう、このような形で『ぜんじ』から塩を送られるとは!



普段は私のことを散々に悪く書いておられますが、『ぜんじ』は私をお互いに論陣を張る好敵手と認めてくださっていたのでしょう。
もちろん私は『ぜんじ』のことは、まったく歯牙にもかけておりませんが。
『ぜんじ』は私の書くものを、多くの会員さんに余すところなく読んでもらいたいと思い、その上で論破したい、とお考えなのでしょう。
もちろん私は『ぜんじ』に論破など、到底不可能だと思っていますが。



今後、携帯で読まれる会員さんのことを考えて表現方法を変え、また携帯からアクセスしやすいミラーサイトの設置も考えるつもりです。
せっかくの『ぜんじ』の好意に応えるためにも、すべての会員さんに読んでいただけるような、充実したサイトの運営を心がけるべく、努力邁進いたしまします。
 


なお、住吉熊野道の『ぜんじ』に関してよく知らない会員の方は、こちらから読むことをお薦めします。

住吉熊野道活用術


 
さて、パソコンをお持ちでない会員の皆さんにご提案です。

元・会員さんのブログでも指摘されていますが、パソコンを持っていないことは、情報にアクセスする上で非常に不利な状況に立たされてしまいます。
パソコンを持たないことは、この現代社会において利益を得ることが困難になるということ以上に、途方もない不利益を被ることにもなりかねません。

東日本大震災における原発事故で、政府の公式発表と、ネットで市井の方々の発する警告における危険度について、大変な乖離がありました。
政府機関は「安全」「安心」をうたい文句に、しきりに被害を過小評価しようとしましたが、実際は在野の方々が警告する情報の方がおおむね正しいものでした。
結局政府も、在野の方々の指摘してきたことが正しいと認める方向になってしまっています。

与えられる情報だけを鵜呑みにしていたら、とんでもない被害を受ける可能性が高いことを、この原発事故は証明してしまったのです。
しかし携帯からだけでは、充分な情報はおろか、最低限の情報を得ることもかないません。
どうしても、ある程度のスペックを持ったパソコンが必要なのです。

もし会員の方でパソコンを持っていない方がいらっしゃるのであれば、早急に購入し、アクセス環境を整えるべきでしょう。

もちろん会員さんは、費用に関しては何の問題もありません。

一時的にワールドメイトを退会すればいいだけなのですから。

そうすれば購入費用はおろか、アクセスにかかる諸経費も捻出できます。

そしてパソコンを購入し、環境を整えて日常的に使いこなすことを習得した後に、ワールドメイトに再入会することを検討すれば、何の問題もありません。
もちろん再入会するまでに、パソコンをある程度使いこなせるようになっている必要はありますが。

パソコンから得る情報は現代社会において、文字通りの命綱になっています。
いずれそのうちに絶対に必要になるものですから、パソコン購入の検討は早いほどいいでしょう。

2011年6月2日、大阪地裁

�����祉��������井�� ��峨��紙����潟������ �����若�������<�ゃ�����

大阪地裁におけるワールドメイトに対する民事裁判の期日のご案内です。
2011年6月2日午前11時30分に第13回目が行われます。

次回も非公開形式で行われるそうです。

残念ながら先回も

 

深見東州氏の

証人尋問の日程は

決定しませんでした。

 

かつてセクハラ裁判のときはスムーズに裁判を進行させて、多額の解決金まで速やかに支払ったというのに…この両者の違いは一体なんでしょう?

ワールドメイトにいわせれば、セクハラ裁判は元幹部の謀略であり(……あくまでもワールドメイトの説であり、この謀略に関して信頼できる客観性のある物証は、実は全く出ていませんので念のため)、この大阪裁判とは比べものにならないくらいこじれてもおかしくない裁判でした。

こんなにこの大阪裁判の解決が長引くのであれば、…これだけ裁判に向かう姿勢が違うのですから…あのセクハラ裁判におけるワールドメイトの主張は、根底から疑われても致し方がない…ということでいいのではないかと、私には思われます。
  
私は、この裁判の

速やかな解決を

心から願っております。


 


風評を止めるには

�����祉��������井�� ��峨��紙����潟������ �����若�������<�ゃ�����

東日本大震災の原発事故に関して、様々な風評・風説が流れています。
被災地は震災に遭われて相当な被害が起きているのに、さらに追い打ちをかけるように放射性物質に関する風評被害が発生し、現地の被災者を苦しめています。
何とも痛ましい話です。


風評に関してテレビで、とある学者の方(お名前は失念しました)がこのように語っておられました。

「風評被害が発生するには方程式があります。
 事の重大さ × 発表された情報の曖昧さ = 風評被害の大きさ
 このような形で風評は広がるのです」


福島第一原子力発電所の事故以来、にわかに有名となった武田邦彦氏のサイトに、このような記載がありました。
http://takedanet.com/2011/04/46_e65d.html

****************************************************************************************
『わたくしは、数年前、風評被害を専門とする社会学者に教えを受けたことがあります。その人は若い人でしたが、非常に専門的で立派な学者でした。彼の話はとても複雑でしたが、簡単に言うと、

「風評被害というのは、正しい情報を伝えないことによって起こる」

ということでした。そしてその理由は、

「人間は自分の身を守ろうと考えるので情報が不完全な時は、余計に不安になって慎重な行動になる」

ということでした。豊富な例を示していただき、わたくしはそのことを強く覚えています。』
*****************************************************************************************



本日はワールドメイト民事事件大阪裁判の第12回です。

このブログでは裁判の日程を第一回目から公開していますが、このような情報を私が公開するのは、『ぜんじ』にはとても都合が悪いようですね。毎度毎度ヒステリックに反応してくれています。

日程を公開しているだけなのに。


『ぜんじ』どもはしつこく五月蠅く「他教団の陰謀説」をブログで論陣を張っておりますが、仮にこの裁判で何らかの風評が発生したとしても、私に文句を言うのは筋違いです。

もしも何らかの形で風評が発生しているのだとすれば、それはワールドメイトがこの裁判の公式見解を発表しないからです。



そこで提案させていただきます。
『ぜんじ』諸氏の悩みの種を解消する画期的な提案です。

『ぜんじ』他、この大阪裁判の行く末が気になるワールドメイト全会員の皆様方は、身近なスタッフを捕まえて、こう詰問すればいいのです。


「深見東州先生は、大阪裁判をどのように思っているんですか?」
「深見東州先生は、どうして何も発表されないのですか?」
「深見東州先生は、なぜ証人尋問に出ないのですか?」
「深見東州先生には、何かやましいことでもあるのですか?」


もしもこの大阪裁判に、ワールドメイトが一片のやましさも感じないのであれば、近々公開されることでしょう。
もちろん半田晴久殿の証人尋問も公開されることでしょう。

きっとこの大阪裁判は、素晴らしい御神業となることでしょう。



どうか裁判を公開し、半田晴久殿は証人尋問に一日も早く応じてください。
そうすればくだらない風評なんぞ『ぜんじ』の気にするところではなくなるはずです。

そしてこの不幸な出来事はすみやかに収束することでしょう。


 もちろん半田晴久殿

 


「事実関係を

公開するよりも

風評被害が

起きている方が

遙かにマシ」


とお考えであるなら、この限りではありませんが。




『ぜんじ』諸氏並びに全会員の皆様は、どうぞこの提案を前向きに考え、一日も早く大阪裁判の公開を実現させるよう、半田晴久殿に訴えてください。
よろしくお願いします。



半田晴久氏は大阪裁判で「証人尋問」に出廷していただくはずですが

�����祉��������井�� ��峨��紙����潟������ �����若�������<�ゃ�����

台湾が先週の金曜日のゴールデンタイム3時間以上もチャリティー番組を行ったようです。
もちろん日本の義援金を募集するためのチャリティーです。

http://getnews.jp/archives/105843

主要な放送局が全局同時に同じ番組を放送し、日本を応援してくれて、義援金を約40億円集めてくれたのだとか。
正直申し上げて、このニュースを読んだとき、思わず涙が出ました。
お金の多寡ではなく、その気持ちに日本は今後、必ずや応えることでしょう。
 




そういえばワールドメイト元・会員のブログで知りましたが、ワールドメイトは文化事業を中止して震災復興支援に予算を回すそうですね。

http://motokaiinn.blog37.fc2.com/blog-entry-318.html#comment20145

素晴らしい!
半田晴久博士、ついに決断されたんですね!
やればできるじゃないですか!
このブログで提案させていただいただけのことはありました



 


さて、住吉熊野道の『ぜんじ』が私に関して記事を書かれていました。

雌鶏ブラスバンドさんが若干回、
会員でなくて良かったと思ったらしいですが、
あなたがもし福島県いわき市で誰にも知られずに
ひっそりと生きていたとしても、
会員でなければ、見つけられることもなく
餓死していく可能性が考えられるわけです。
そんなときに、もし、ワールドメイト救援隊が
到着したとしても
「私はワールドメイトの救援だけは受けません」
などと言うのでしょうか?
きっと黙って物資の援助だけを受けるのでしょうね。

本当に面白いことを書く方です、このメ=リルさんという『ぜんじ』は。
そんなもの貰うに決まっているじゃありませんか。

これまで私が物心ともにワールドメイトに対して貢献してきたものに比べたら、救援物資なんて、それこそ満載にした運搬車輌ごと戴いても全然足らず、おつりが来ます。
もちろん、例えば被災地においてそんな救援物資を何百食も独り占めしても意味はないので、規定量を戴ければそれでけっこうです。
そのかわり札束を満載にしたボストンバックを一緒にください。私はそれをもって日本赤十字社に義援金として寄付して差し上げます。
もちろん匿名です。ワールドメイトの「ワ」の字も出しません。せっかく陰徳が積めるこの機会に、名前を出すなんて愚かな真似は絶対しませんので、どうぞご心配なく。
必ず人目に付かない形で寄付をしますので、安心して義援金をあずけてください。


 
ついでに教えて差し上げますが、住吉熊野道の担当『ぜんじ』のパソコンは、また誤変換をおこしているようです(笑)
半田晴久殿は、国会において「証人喚問」に出るのではありません。
大阪地方裁判所において通称・ワールドメイト大阪裁判の民事訴訟被告側証人として出廷し、尋問を受けることになっております。正しくは「証人尋問」です。
お間違えのなきように。

誤字は今のうちに訂正された方がよろしいかと思います。でなければワールドメイト会員のおつむまで『ぜんじ』のパソコン並み、と誤解を受けかねませんので。

2011年4月20日、大阪地裁

�����祉��������井�� ��峨��紙����潟������ �����若�������<�ゃ�����

半田晴久税務署長、還暦のお誕生日おめでとうございます。
月日が経つのは早いものですね。
半田晴久殿もそろそろ引退をお考えになってもよい年齢に達したかと思いますが、ご引退の前に、是非とも決着を付けていただきたいのがこの大阪裁判。
よもやお忘れではないと思いますが、念のために次回の予定をここに記しておきます。


大阪地裁におけるワールドメイトに対する民事裁判の期日のご案内です。
2011年4月20日午前11時00分に第12回目が行われます。

次回も非公開形式で行われるそうです。

残念ながら先回も


深見東州氏の
証人尋問の日程は
決定しませんでした。


せっかく3月はわざわざ被告代理人殿が非公開にもかかわらず大阪までいらっしゃってくださったのに…この裁判は進展しませんね。
それもこれも証人尋問の日程が決まらないからでしょう。

半田殿におかれましては、この未曾有の国難に対し、支援活動もなさっていらっしゃいますが、お誕生日を記念して本日は個展も開催するのだとか?
http://motokaiinn.blog37.fc2.com/blog-entry-317.html#comment20062

その図太い…大きな御魂の発動をもって、是非とも証人尋問の実現に向けて、原告側に歩み寄っていただきたいものです。

拍手コメントの皆様方、いつも応援ありがとうございます。そして半田晴久殿へ。

�����祉�������㏍�井�� ��峨⑥��紙����潟����㏍�� �����若�������<�ゃ�����

拍手コメントの皆様方、いつも応援ありがとうございます。

大阪裁判のことの発端となった事件の発生からそろそろ二年、裁判も第一回目からもうすでに一年半、この裁判はいったいいつまで続くのか。
そもそも本当に「愛」なるものがこの教団にあるのならこんな事件は起きなかったでしょうし、本当に「愛」なるものがこの教団にあるのならこんな裁判は早く結審させるはず。

ワールドメイト側から全く公式発表がなされることのないこの裁判に向かう姿勢が、ワールドメイトの持つ「愛」の本質を、ものの見事に表しているものと思われます。

またこんなことを書くと「名誉毀損」と訴えられかねませんが、「メイト毀損」を本気で考えるべきではないでしょうか?半田晴久殿。

2011年3月10日、大阪地裁

�����祉��������井�� ��峨��紙����潟������ �����若�������<�ゃ�����

大阪地裁におけるワールドメイトに対する民事裁判の期日のご案内です。
2011年3月10日午前11時30分に第11回目が行われます。

次回も非公開形式で行われるそうです。

残念ながら先回も


深見東州氏の
証人尋問の日程は
決定しませんでした。


この裁判が双方にとっていい結果になることを心よりお祈りいたします(手を組まずに)。

宮崎に関する疑問

本日は節分ですね。


もちろん私には節分よりも、

大阪裁判

行く末の方が気になります。

最近少々疑問に思うことがあります。
宮崎県に関する様々な天災に関して、ワールドメイトは何か公式発言があったのでしょうか?

宮崎県は昨年の口蹄疫、今年の鳥インフルエンザ、そして新燃岳の大噴火による降灰による被害…尋常ではない災害の連続です。

ワールドメイト的な解釈をするならば、

宮崎に関する「何か」に神様は激怒しているようにしか思えません。

宮崎県に関係している何か、なのか、あるいは宮崎の名称に関係する何か、なのか…。

神業的解釈をするなら、個人的にも、組織的にもそういう理解にしかならないはずです。

もちろん私は様々な宮崎の天災は、神様の戒めなどではなく、偶然の産物と思っています。

しかしワールドメイトに関わる人は、このような出来事に我が身を省みる大きなチャンスとするはずですね。

であればワールドメイトで「宮崎」に関係している人、「宮崎」の名称に関係する人は良い機会なので己を振り返り、反省すべき点は反省するのも御神業ではないでしょうか?

…神業的解釈は神業的解釈として、宮崎の方々に深く同情します。
様々な災害が一日も早く収束することを祈念いたします。

2011年2月3日、大阪地裁

『ぜんじ』の狂乱ぶりがあまりにも楽しかったので、このブログは時々休止しつつ、掲載記事を変えてアップしてきたいと思います。

 


 

大阪地裁におけるワールドメイトに対する民事裁判の期日のご案内です。
2011年2月3日午前10時00分に第十回目が行われます。

残念ながら先回も

深見東州氏の証人尋問

の日程は

決定しませんでした。

この予定の調停はまたも次回に繰り越されることになりそうです。


 

この日に大きな進展があるといいですね、
半田晴久殿。



次回の期日は時あたかも節分、神界のお正月と言われています。

北山さんへ

北山さんへ。

あなたが私におっしゃりたいことは



このブログで

半田晴久氏の

大阪裁判の

証人尋問の

日程を

公開するんじゃねぇ」

ということでよろしいですか?

2010年12月17日、大阪地裁

大阪地裁におけるワールドメイトに対する民事裁判の期日のご案内です。
2010年12月17日午後4時30分に第九回目が行われます。

次回、何らかの進捗状況が報告できそうです。

乞うご期待。

2010年10月27日、大阪地裁

大阪地裁におけるワールドメイトに対する民事裁判の期日のご案内です。
2010年10月27日午後4時に第八回目が行われます。

第八回目も例によって書類と電話によって審理を進める形なので、一般傍聴人の入場はできません。

また順調にいけば証人尋問は年内の予定でしたが、年内には行われない模様です。関西方面の会員の皆様、まったく残念なことでした。せっかく深見東州氏の勇姿が見られるいい機会だと思われましたが…まあ慌てずに、証人尋問の機会をゆっくりと待ちましょう。

2010年8月26日、大阪地裁

大阪地裁におけるワールドメイトに対する民事裁判の期日のご案内です。
2010年8月26日午後2時30分に第七回目が行われます。

第七回目も例によって書類と電話によって審理を進める形なので、一般傍聴人の入場はできません。

この裁判は年内に証人尋問が始まります。証人尋問は公開になります。会員の皆様、万難を排し、裁判所までワールドメイトを応援に行きましょう。

大阪裁判情報

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ
にほんブログ村


大阪裁判の情報が2ちゃんねるのワールドメイト関連スレに掲載されていました。

http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/psy/1275395923/




【監禁】ワールドメイト民事裁判その5【脅迫】


1 :神も仏も名無しさん:2010/06/01(火) 21:38:43 ID:o/UOU1Fy
平成21年3月8日、ワールドメイト役員男性2名と関西幹部スタッフ女性と西○○弁護士の4名が会員を
ラフォーレ新大阪に呼び出し、個室に連れてゆき、合意書にサインをしなければ家に帰らせないと脅し
サインをさせた。
この事件が引き金となり、ワールドメイトを大阪地方裁判所に提訴しました。
原告代理人 河原林弁護士はワールドメイトの集金システムの実態を裁判所に主張していく方向性を
固めている。
また、原告は西○○弁護士に対して、弁護士会に懲戒申請を行っていく意向を示している。
河原林弁護士は今後、お玉串返還請求を積極的に取り組む方針。
平成21年6月11日提訴。
平成21年8月28日第一回。
平成21年11月26日第二回
平成22年1月21日第三回。
平成22年3月8日第四回。
平成22年5月13日第五回。
平成22年7月8日第六回。

その4 http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/psy/1264571694/
その3 
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/psy/1263267626/
その2 
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/psy/1262137253/
その1 
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/psy/1251465311/


124 :神も仏も名無しさん:2010/06/02(水) 23:06:09 ID:4gPP8bBH
とある支部で、自分からは活動はしていなくて、ノルマのために動かされていた会員だった。1つ2つの事をきっかけに、悪意のあるイメージで物事が展開され、悪循環に陥った。マインドコントロールで支配されている以上、なすがままだったという。

しかし、WMが応援していた福田首相が辞任したのをきっかけにWMを不信に思いはじめ、そして偶然にそしたらたらばさんのブログを見て、「社会に帰ろ」という言葉が深く心に響いた。
それをきっかけに、WMを見つめなおしたときに、『ある重大な事』が分かり退会の決意をした。

元々は、玉串「返還請求」ではなく、『ある重大な事』に関する回答を求めるために2008年12月、ワールドメイトに連絡をした。
しかし、回答はなく、後日、一方的に「返金するからあってください。」と押し付けてきたのが大阪事件の始まりだった。

裁判の引き金となったのは、2009年3月の夜の8時に、3人のスタッフと顧問弁護士が新大阪のホテルに元会員を呼び出した「ラフォーレ新大阪事件」。

2009年8月に第1回目の審理がスタートした。顧問弁護士は未だ、大阪地裁に姿を見せない。

 

125 :神も仏も名無しさん:2010/06/02(水) 23:07:16 ID:4gPP8bBH
☆大阪事件の裁判・これまでの論点☆


1、「アタール」「たちばな」「菱研」はワールドメイトの関連会社であるという原告の主張と関連会社ではないというワールドメイトの対立。


2、「使用者責任」は、ボランティアは範囲に入らない。というワールドメイトに対し、原告弁護士は、過去の判例をあげて「法律上、一体とみなされる。」と主張している。


3、長年、ワールドメイトに献身的に仕えた地位のある会員の突然の「除名」
「除名の理由」は不明。客観的に見て準備書面の作成上、邪魔なので一方的に除名されたと解されるのが妥当。

「長年、仕えた地位のある会員を、2週間で除名するのは、十分な調査や申し開きがあったとは言い難い。ワールドメイトの3つのスローガンから反しているのではないか?」

「除名」に関しては、ワールドメイトはノーコメント。

 

126 :神も仏も名無しさん:2010/06/02(水) 23:08:11 ID:4gPP8bBH
半田晴久氏は事件に関係ないとの主張だったが、第三回目の弁論で、民法715条1項の「使用者責任」と宗教団体の信者の行為について当該宗教法人の使用者責任を認める複数の判例を裁判所に出した。当然だが、教祖・弁護士両人の被告側は沈黙したままだった。

最近ワールドメイトとエンゼル会を別組織として運営することが決まり、エンゼル会員の一部に給与が支払われるが、この裁判の件とおそらく無関係ではないだろう。




新しい情報が書き込まれ次第、またこちらにコピペさせていただきます。

2010年7月8日、大阪地裁

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ
にほんブログ村

大阪地裁におけるワールドメイトに対する民事裁判の期日のご案内です。
2010年7月8日午前10時30分に第六回目が行われます。

ただし、第六回目も例によって書類と電話によって審理を進める形なので、一般傍聴人の入場はできません。

私が誤解しているのでなければ、この裁判が遅々として進まないのは、ワールドメイト側が一般公開を嫌がり、ワールドメイト側の代理人である弁護人が、裁判所まで足を運ばないのが原因ではないかと思われます。

もしも仮に弁護人の都合が、かくもこの裁判とかみ合わないのであれば、この弁護人を解任し、他の代理人を立てて審理を公開し、迅速に進めるのが誠意ある宗教団体の対応ではないか、と私は思います。

半田晴久氏と『ぜんじ』はどう思われますか?

2010年5月13日、大阪地裁

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ
にほんブログ村



2010年5月13日午前10時30分、大阪地裁にてワールドメイトに対する民事裁判の、口頭弁論の第五回目が行われます。

ただし、第五回目も書類と電話によって審理を進める形で、一般傍聴人の入場はできません。

ここまで徹底されると、ワールドメイト側はどうしてもこの裁判を、一般人の目には触れさせたくない、と考えているようにしか思えません。

ただ私は、裁判関係者より、いろいろと情報を伺いましたので、差し障りのない程度に公開していきたいと思います。

2010年3月8日、大阪地裁

2010年3月8日、大阪地裁にてワールドメイトに対する民事裁判の、口頭弁論の第四回目が行われます。

ただし、第四回目も書類によって審理を進める形で、一般傍聴人の入場はできません。

ずいぶん気長な展開ですが、この裁判に興味のある方は、どうぞこの先の展開をお待ち下さい。

次回の裁判の情報が入り次第、また皆様にご報告させていただきます。

2010年1月21日、大阪地裁

明日1月21日、大阪地裁にてワールドメイトに対する民事裁判の、口頭弁論の第三回目が行われます。

ただし、明日の第三回目も書類によって審理を進める形で、一般傍聴人の入場はできません。

両陣営の弁護人のやりとりを見ることができるのは、もうしばらく後のことになりそうです。

次回の裁判の情報が入り次第、また皆様にご報告させていただきます。

26日の裁判追加情報

今月の26日に予定されております大阪の裁判ですが、一般の公開はありません。

したがって裁判所に訪れても、傍聴はできません。

次回の裁判の情報が入り次第、また皆様にご報告させていただきます。

2009年11月26日午後1時30分、大阪地裁

来月の11月26日午後1時30分より、大阪地裁にて、ワールドメイトに対する民事裁判の、口頭弁論の第二回目が行われます。

追加情報が入り次第、随時こちらで報告させていただきます。

 

追記

表題とともに訂正させていただきます。

裁判の開始時刻は午後1時30分でした。

いよいよ明日ですね

ワールドメイトに対する民事裁判、いよいよ明日が第一回ですね。

法廷は、本館8階、810号法廷です。

皆様、お間違えのないようにご注意下さい。

2009年8月28日午前10時、大阪地裁

皆様もよく御存知の通り、今月の8月28日午前10時、大阪地裁にて、ワールドメイトに対する民事裁判が行われます。

残念なことですが、私は裁判を傍聴できません。もしもお時間のある方は、行かれたらいいかと思います。

そして会員の方は、この際万難を排して傍聴に行くべきでしょう。

全く虚飾のない、真実のワールドメイトの姿を見ることができるはずです。

神事などとは比べものにならない、大きな何かを得ることができるはずです。

もちろん最初の一回目なので、さほどのやりとりはないと思いますが、回を重ねるうちに、ワールドメイトの真実が、それこそ見えるはずです。

記事検索
コメント
Archives