サルでもわかる「世界中に愛をワールドメイト」入門

〜人生のア・ラ・カルトを堪能したいあなたに〜

神話の崩壊

児童行方不明事件に神意?

ここのコメントに書かれていましたが、深見東州教祖によると北海道で児童が行方不明になった事件解決に大きな神意が秘められていた……神様からの重要なメッセージなのだとか。

http://blog.livedoor.jp/mendori99/archives/51441118.html#comments

神様にそんなメッセージを託された児童は本当に可哀そうですね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 
人気ブログランキングへ 


続きを読む

「深見東州教祖のお誕生日を祝して」&「詐欺師に騙されないために」

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ
にほんブログ村

本日は豪華二本立てでお送りします。

・・・・・・・・・

◆その1:深見東州教祖のお誕生日を祝して

まずは深見東州教祖、お誕生日おめでとうございます。
どういうわけか、ワールドメイトのブログ担当者たちは時々教祖のお誕生日を忘れてしまうようです。
生きているのか死んでいるのか呆けているのか腐っているのか知りませんが、今年も3月3日の開祖のお誕生日をお祝いするコメントを出した方は一人もいませんでした。
ということで、今年は皆様がお忘れにならないようにいち早く教祖のお誕生日を祝いたいと思います。

・・・・・・・・・

この良き日に私から深見東州教祖にアドバイスをさせていただきましょう。

思えば深見東州教祖は、数多くの神憑り的発見をし、奇跡の御業を開発なさってきました。

「祈願をすればガンが治る!」

「手術が必要な痔まで治せる!」

「それどころか遺伝子の組み換えまでできる!」

今話題のSTAP細胞など消し飛ぶくらいのセンセーショナルな発見ですが、これらの奇跡の御業は私の知る限りただの一度も学会で発表…どころか臨床例すら提示されていませんでした。事実かどうか定かでない奇跡体験の証言は、これら奇跡のイベントの販売パンフレットで山ほど語られていましたが。
これらの奇跡の神通力を用いた治療行為は世間に公表されることなく、ワールドメイトの会員に対してのみ案内が行われ…それもまた実在するかどうか定かでない、人々を苦しませる「悪霊」「悪因念」恐ろしい怪奇譚とともに語られ価値観を囲い込まれ、高額で販売されていました。
遺伝子組み換えの奇跡の御業は、近年インターネットでこの宗教や教祖に関して盛んに議論されるようになってから「霊的遺伝子」と設定が変更されましたね……この奇跡に望みを託して大金を費やした遺伝的疾患を持っていた会員の方々は、さぞ落胆したことでしょう……。

・・・・・・・・・


深見東州教祖
は昨年、ご自身が痔を患ったことを告白し、外科手術で完治させたことをメルマガで発表しました。
深見教祖はご自身の奇跡の御業で自身の健康維持することを良しとせず、現代医学に依存することに決めたご様子です。
ええ、人間はきっとこのような形で現代医学に依存するのが健康を維持するうえで最も適切なのでしょう。

その一連の騒動を見て、私は彼のことを
「痔の神霊治療で大金を稼ぎながら自分の痔瘻と切れ痔は外科手術で治したワールドメイト教祖、深見東州
とお呼びすることにしました。

・・・・・・・・・

私からの提案というのは他でもありません。
このような粗利益95%以上と言われている奇跡の御業をもって大金を稼ぐのをやめ、ご自身の病気ですら治せなかったことを世間に告白することです。
少なくともこれをやるだけで深見教祖は世界的に尊敬される宗教家になれる可能性が飛躍的に向上します(あくまでも可能性ですが)。

何といっても今の教祖の世間様の評価はこれなので。

・・・・・・・・・


◆その2:詐欺師に騙されないために

さて、先々回の記事に住吉熊野道のメ=リルさんがまた私に絡んできました。

http://worldmate369.blog47.fc2.com/blog-entry-444.html
読めば読むほどに頭が悪くなるバカ養成ギプス住吉熊野道など私はどうでもいいのですが、もしもあんなブログを真に受ける会員の方がいらっしゃっては気の毒と思い、私からアドバイスを差し上げます。

続きを読む

痔の神霊治療で大金を稼ぎながら自分の痔瘻と切れ痔は外科手術で治したワールドメイト教祖、深見東州

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ
にほんブログ村

痔は第三者に打ち明けにくい病気です。
陰部の病は人に打ち明けるのははばかられます。
人の病気の話など聞きたいものではありませんし、ましてやデリケートな部位の話題など聞きたくもない。返答に困ります。
ゆえに痔は人前でその苦しみは語られることが少なく、揶揄されることの多い病気ですが、人間であればだれでもかかる可能性はあります。
別に恥ずかしい病気ではありません。
ただしその人に打ち明けたくないという感情を利用して大金を稼ぐのはいかがなものか、ということです。

・・・・・・・・・

住吉熊野道の管理人、教祖の切れ痔の記事にキレたメ=リルさんが自分のブログで懸命に私の揚げ足取りをしています。
あの教祖一連の切れ痔記事は本当に都合が悪いようで、もう死に物狂いで言い訳を羅列し、私を罵っています。

住吉熊野道のような、ああいうあからさまな嘘や屁理屈の数々を「宗教的理由から」受け入れなくてはならない会員さんは、本当にお気の毒です。
思えば深見東州教祖が様々な理由から窮地に陥った時、様々な詭弁を利用し、会員に弁明をしてきました。
合理的常識的に考えれば詭弁は詭弁以外の何物でもなく、それは窮地に立たされたからこその苦しい言い分けでしたが会員としてはそれを受け入れる以外に選択肢はなく、そしてだんだんそういった教祖の教説の矛盾を考えることをしなくなりました。

そう、心がそのことについて関心を向けようとするとそれを自ら抑圧し、意識を逸らすのです。

・・・・・・・・・

教団の運営にだんだんついていけなくなり、支部の雰囲気が険悪になり、人が入れ替わり、その状況に耐えられなくなったころ、私は深見東州教祖の教団運営の本当の目的に思い至りました。
そしてその認識は今でも変わっていません。
それを覆す出来事がワールドメイトにないからです。

・・・・・・・・・

さて、深見東州教祖痔瘻切れ痔を患い、それを二度の手術で完治させたことに関して記事にしたことがワールドメイトインターネット工作員『ぜんじ』のメ=リルさんにはかなり都合が悪い様子で、必死になって反論にもならない反論を展開していますが、そんなものにおつきあいするつもりは、私は毛頭もありません(笑)

私は深見東州教祖をお呼びするときに、今後このような通り名を付けてお呼びするだけなのです。

「痔の神霊治療で大金を稼ぎながら自分の痔瘻と切れ痔は外科手術で治したワールドメイト教祖、深見東州

「現代のルネッサンスマン」でもなく、「現代の弘法大師」でもなく、「21世紀のレオナルド・ダ・ヴィンチ」でもない、 「痔の神霊治療で大金を稼ぎながら自分の痔瘻と切れ痔は外科手術で治したワールドメイト教祖深見東州です

教祖の「痔」は神様から与えていただいた特別な試練なので、教祖はこの試練に立ち向かうためにあえて必殺技の神法をお使いにならずに外科手術で治したとのことですが、そんなディテールは一般人には確認の取りようがありません。

ですから「教祖は痔の神霊治療を高額料金で行ったいたこと」「教祖が痔を患ったこと」「外科手術で痔を治療したこと」この歴史的事実にのっとって、

神霊治療大金稼ぎながら自分の痔瘻切れ痔外科手術で治したワールドメイト教祖、深見東州

とお呼びします。

これからワールドメイトの会員になろうとする方がいたとしても、友人から
「え!? あなたは痔の神霊治療で大金を稼ぎながら自分の痔瘻と切れ痔は外科手術で治したワールドメイト教祖、深見東州の宗教に入るつもりなの?」
と言われるかもしれません。

すでにワールドメイトの会員は
「…そう、あなたは痔の神霊治療で大金を稼ぎながら自分の痔瘻と切れ痔は外科手術で治したワールドメイト教祖、深見東州の宗教の信者なのね…」
と微妙な目で見られるかもしれません。

しかし一生懸命活動しておられる会員は
「そうですか…痔の神霊治療で大金を稼ぎながら自分の痔瘻と切れ痔は外科手術で治したワールドメイト教祖、深見東州さんのもとで宗教活動を…それはエライですね」
と、どこかの神社の宮司に褒めていただけるかもしれません。

他にも
「痔の神霊治療で大金を稼ぎながら自分の痔瘻と切れ痔は外科手術で治したワールドメイト教祖、深見東州の主催するゴルフ大会で賞金を稼ぐゴルファー」

「痔の神霊治療で大金を稼ぎながら自分の痔瘻と切れ痔は外科手術で治したワールドメイト教祖、深見東州の主催するオペラでアリアを熱唱するオペラ歌手」

「痔の神霊治療で大金を稼ぎながら自分の痔瘻と切れ痔は外科手術で治したワールドメイト教祖、深見東州の経営するコンサルタント会社の顧問を務め、月々200万円の顧問料を受け取る中国人民軍野戦司令官を自称した政治家」
と、いろいろと応用が利きそうです。


私はこの事実を世界中に愛をこめて広めたいと思います。
世界中が深見東州教祖「(元)痔主の教祖様…自分の痔を神霊能力ではなく手術によって完治させた偉大なる救世主」ということを認識するまで、周知徹底して差し上げます。

続きを読む

教祖の切れ痔の記事にキレるメリル (5)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ
にほんブログ村

さて教祖の切れ痔の記事にキレたメ=リルさんですが、きっと日頃会員から「教祖はどうして切れ痔をご自分で治さなかったのですか」という質問責めに遭っているのかもしれません。


…いえ、彼女はきっと教団組織の上位に位置しておられますから、その苦労はおそらく末端の会員の中でも比較的若年の、経験が数年から五年くらいの若手御奉仕に集中しているのではないかと思います。


私たち元会員はもしも「どうして教祖は痔が治せないのだ?」と問われたら単純にこう答えます。
「神霊能力なんて あの人にあるわけないじゃないか」
これは深見東州教祖が60歳のときに痔瘻の手術を受け、今また62歳の御年に切れ痔の手術を受けた事実のみを見てこう考えます。


もちろん最初から病気を治す神霊治療など行ってないのであれば、このような事態になっても何ら書くべきことはありません。


たとえば先々代のローマ教皇、ヨハネ・パウロ2世は晩年に病魔に蝕まれ、車椅子で移動しておられました。

高齢から人前で口からよだれをこぼすこともありましたが、側近が拭おうとすると「人間の姿だから人々に見せなさい」と自分のその姿を隠しもしませんでした。
私はキリスト教は好きではありませんが、さすが聖人に列せられる方は違うな、と思います。


・・・・・・・・・


深見教祖もご自身の身の上に降りかかったご病気であれば、包み隠さずに会員に報告し、そのお姿をさらけ出せばいいのです。
……いえ、もちろん患部を人前にさらけ出せというわけではありません。


一人の人間としてご自身の肉体の脆弱さをそのまま報告すればいいのです。

そしてヂ・エンド秘法は試みたが効果はなかった。

過去にこの秘法やそのほかの秘法で効果のなかった人はお玉串を返金する、と素直に伝えればいいのです。

しかし今更それもかなわないでしょう。

・・・・・・・・・

続きを読む

教祖の切れ痔の記事にキレるメリル (4)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ
にほんブログ村

ダブルスタンダードというのです、そういうのを。

・・・・・・・・・
続きを読む

教祖の切れ痔の記事にキレるメリル (3)


にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ
にほんブログ村

要するに治験データはおろか臨床試験すら行っていなかった、ということなのですね。
監督官庁はいったい何をやっているのでしょうか。


・・・・・・・・・

続きを読む

教祖の切れ痔の記事にキレるメリル (2)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ
にほんブログ村


メ=リルさんの怒涛の更新の突っ込みです。

もうワールドメイトでは「ヂ・エンド秘法」という用語すら公式に記載できなくなっているようです。
彼女のブログにも一言もこの用語は出てきません。
ヂ・エンドはワールドメイトの黒歴史になりました。
というかワールドメイトそのものをヂ・エンドに導くかのような、呪われた存在です。

以下、いつものようにせっかく私宛にお返事を記事にしてくださったので全文コピペさせていただきます。


・・・・・・・・・

続きを読む

教祖の切れ痔の記事にキレるメリル (1)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ
にほんブログ村


伊勢の遷宮が今日行われるようですね。
二十年に一度の伊勢遷宮のクライマックスに合せて、この記事をアップさせていただきます。
どうぞ証にでもしてください。


・・・・・・・・・


自称・ワールドメイト会員のメ=リルさんが大発狂していました。
ご自身のブログ、住吉熊野道で私の記事に関してたくさんの反論をしておられます。
最初が9月24日の19:18、次が25日の01:08、次が同25日の19:02、その次が27日の02:04です。
余裕を見せているかのごとくふるまっておられますが、ものすごく都合の悪い記事だったことはこの怒涛の更新頻度でよくわかります。

で、一生懸命書いているのに申し訳ないのですが、これらの記事に何の論理的考証もなく、単なる印象操作で終わっています。
さすが教祖が4流と罵るワールドメイト会員、低レベルにもほどがありますが印象操作の記事とはいえ、せっかく突っ込んでくれるネタを提供くださったので、この際ですから検証してみましょう

以下、せっかく私に対して返信の記事を書いてくださったので全文コピペしました。


・・・・・・・・・

続きを読む

神話の崩壊 〜三千年に一度の大神人、深見東州教祖が痔の手術を受けるとき〜

にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ
にほんブログ村


銃口を直接的に押し当てて引き金を引けば、弾は確実に的に当たります。
もしも的に弾が当たらなければ、銃の中に弾が込められていなかったことを意味します。

・・・・・・・・・

新米薬寿師さんのブログのコメント欄にリンクされていたワールドメイト深見東州教祖発行のメルマガに、このような記載がありました。

「(平成25年)7月23日のコンサートツアーを中止する。理由は慢性化した痔の手術をするためだ。手術後もゆっくり養生する」

このメルマガがリンクされるや否や、元会員らに衝撃が走りました。

深見東州教祖が、痔の手術を!」

おそらく会員達にも衝撃が走ったことでしょう。

「…あの深見先生が、痔の手術を…」

教祖も人間ですからを患うこともあれば、時と場合によってはエイズに感染する可能性もあることでしょう。
なぜこのような驚きを会員・元会員が感じるかといえば、それはワールドメイト教祖の深見東州氏は世界でも例を見ない、














「痔の神霊治療を執り行う神霊能力者」














だからです。


・・・・・・・・・

もちろんこの驚きの内容は元会員と会員とではいささか違います。

元会員は
「なぜこんなことを馬鹿正直に会員に告白したのだろう」
と驚きました。

そして会員は
「どうして深見先生はご自身で秘法を行わなかったのだろう」
と驚いたことでしょう。

この両者の驚きの感情の相違は、その体験の違いにあるのです。

・・・・・・・・・

この痔を治す神霊治療は

「ヂ・エンド秘法」

と呼ばれています。
この神霊治療は大きな会場を借り、大勢の会員を集め教祖が神力を発揮して痔の神霊治療施術を行うという非常に特殊なものでした。
この治療に併せて生理痛を治す神霊治療も行われました。
過去におけるこの神霊治療参加費は「痔治し」「生理痛治し」ともに、どちらも最低金額は一万円から、最高額は三十万円という非常に高額なものでした。

・・・・・・・・・

深見東州教祖がなぜこのような神霊治療を行うことになったかといえば、それにはこんなエピソードがありました。
きっかけはかつてのワールドメイト幹部職員で、現カウンセラーの新田義治氏が原因でした。

当時のこの神霊治療の案内パンフレットにはこのような記載がされていました。

「とある休日、深見先生がゴルフに行ったときのこと。お供をしていた新田先生の調子がよくありません。深見先生は新田先生に不調のわけを聞くと『持病の痔が悪化して辛いのです』と答えられました。
新田先生はそのとき痔の苦しみを切々と訴えられ、この日のような寒い日には使い捨てカイロを持参して患部を温めて耐えているのだとか。新田先生が痔の病院に治療に行くと、そこには両若男女…若い女性からお年寄りまで幅広い大勢の患者がいたのだそうです

『ああ、こんな大勢の人たちが痔に苦しんでいるのだな…』とお思いになったのだとか。
それを聞いた深見先生は新田先生や痔に苦しむ人を気の毒に思い、神様に『痔を治す秘法はないでしょうか』と聞いてみました。すると神様から痔を治す秘法を授かったのです!」

実に素晴らしく宗教家らしい慈愛に満ちたエピソードですね。この案内は当時の深見東州氏のお人柄を実に説明的に記載したパンフレットでした。しかもこの陰部にまつわる疾病のために、参加が恥ずかしい人は代理で参加することも可能である、という気遣いもありました。
この神霊治療の発見に伴い生理痛の苦しみを解消する神霊治療の方法も一緒に神様より啓示いただき、以下のような神霊治療の開催と相成りました。

http://like2ch.com/ag/life/psy/1039717011/26


<ヂ・エンド秘法>
痔治し秘法

軽度一万円
痛みを伴う三万円
かなり重傷十五万円
手術が必要三十万円 

<生理痛治し>

軽度一万円
重傷三万円
異常なくらい生理痛がきつい三十万円
(これは先祖霊・色情因縁が原因と見られるので除霊つき)


私は痔や重い生理痛には縁がないのでこれらの金額設定が妥当かどうかはわかりませんが、……ものすごく高額な料金です。神霊にすがって病気治療を受ける為にはこんなにも費用が掛かるものなのかと思いました。
しかし痔に苦しむ人、生理痛に苦しむ人でこれらをひっそりと治したい人には藁をもすがる気持ちで参加するのであろうことは想像がつきました。

・・・・・・・・・

さて、このヂ・エンド秘法によってめでたく新田義治氏は長年の持病である痔病を完治させることができたのかといえばそうではなく、どうやら風のうわさによると結局手術で根治させたのだとか。確か新田氏は二回以上この高額神霊治療の施術を受けていたはずです。
残念なことです。

ワールドメイトは過去、肉体の不具合に関し、数々の問題解決のためのイベントを行ってきました。
「ハゲ治し秘法」「身長が伸びる秘法」「癌が治る秘法」「痩せる秘法」……。
これらは過去に執り行われた際に「大きな証が出た」と喧伝されていましたが、90年代初頭にはもう行われなくなりました。
「痩せる秘法」などはダイエットで苦しむ女性も多いのですからどんどん開催し、女性会員の幸福に貢献すればいいと思うのですが、こういう実用的なものも行われません。

聞くところによるとかつてコスモメイトと名乗っていた頃、ずっと以前に行われた祭典、「ラ・リシュエイ」で深見教祖は初めて「痩せる秘法」を行った際に大変に効果が出たのでそれに味をしめ、再度行ったら逆にまったく効果が出ずに大失敗に終わったということ。二回目に失敗したときは「会員の『痩せたい』という念が強すぎて神気をうまく取り次ぐことができなかった」とのことです。
痩せたいという願望は体型を気に病む女性なら誰でも強烈に持っているはずなので、 「念が強いのどうのこうの」というのはそもそも言い訳じみていますね。「ラ・リシュエイ」ではイベントが最高潮に盛り上がった際についでのように突然行われたと話に聞きました。

想像ですが「痩せる秘法」の真の効果は催眠暗示であり、実態はないものなのではないかと思いました。
ラ・リシュエイの時にはみなリラックスし、イベントを最高に楽しんでいた状態だったので、教祖の「痩せることができる」という暗示を素直に受け入れられたのではなかろうかと。しかし改めてそれと同様のことを行った場合にそこまで深い被暗示効果が出なかった。だから大失敗した。…もちろん想像ですが効果性にここまで差があるのでは、そう想像するのが妥当と思います。

・・・・・・・・・

どうして深見東州教祖「ハゲが治る」「癌が治る」などという現実的にはおよそありえない秘法を開発したのか。
私が聞いたエピソードでは、深見教祖が幼少のみぎり、妹と遊んできたとき妹の手指に「イボ」ができているのを発見したそうです。
そのとき深見教祖は妹のイボに自分の指を添えておまじないをかけたのだとか。
そしてなぜか妹のイボはそのまま完治、そして深見少年の指には妹の指にあったはずのイボが…。
深見東州の神霊治療開眼の出来事だそうです。

このことは現代医学では以下のように解説できます。
ウイルス性のイボは実は催眠治療で治すことが可能です。
イボを指にあてておまじないをかけて「イボはお前の指から僕の指に移る」と暗示をかけてそれが成功すれば妹のイボはそのまま消滅し、深見少年の指にはウイルスに感染した皮膚にイボが発症した、ということです。
そのエピソードは想像力たくましい深見少年の妄想を強化し、長じて「自分は神霊能力で人間の病気を治すことができる」という思い込みを生んだのではないかと推察されます。



そう、すべては誤解と催眠暗示から、
これらの秘法は始まったのではないか
と私は考えています。


・・・・・・・・・

これら秘法群に関してあまりにも結果が出せないことから、私の知る限りにおいて教祖が直接執り行う肉体にダイレクトに効果を発揮する(といわれている)のは今では「ヂ・エンド秘法」のみになったと思います。
(「神霊美容術」というものもありますが、あれは内臓機能を高めて内側から美容効果を発揮するという曖昧な効果性を謳ったものですから、このカテゴリからは除外します)

肉体に直接働きかける秘法群をなぜこうも減らしてしまったのか。
「痩せる秘法」「ハゲ治し」など肉体の効果性を謳えば、その結果は数値となって現れます。効果があったか無かったかは一発でわかってしまいます。
これが例えば「先祖代々の悪霊を祓う」「悪因念を解消する」「不幸の星を幸運の星に差し替える」となれば効果性は全く不明です。本人の主観とワールドメイト側の説明を信じるしかありません。
そんな中でどうして「ヂ・エンド秘法」だけが残存したのか。
……想像すればわかりますが普通会員は
「お尻から出血するから今度『ヂ・エンド秘法』を受けるんだ」
「私、生理がすごく重いから『ヂ・エンド秘法』を受けるんです」

などと職場の人はおろか、エンゼル会員にも告白しないでしょう。
これらの秘法を受けた結果は、効果があってもなくても話題にしにくい。効果性が全くなかったら会員はそのうち退会するでしょうが、その理由をいちいち触れてまわることはしにくい。
結果としてこの秘法はここ数年前まで残ることになったと思われます。

(もちろんこれは私の想像するところであって、ワールドメイトが過去に執り行ってきた秘法を行わなくなったのは深い神霊的意義があるのかもしれません。もしそうなら上記の記事内容はお詫びし訂正申し上げますが、そのご説明の際に過去において執り行われた秘法の効果性に関して絶対に捏造も改竄もできない万人が納得する物証をご提示ください。最低でも数千点程度は物証がなければ世間的には説得力はありませんのでよろしくお願いします)

・・・・・・・・・

さて、そんな最後まで残ることになったヂ・エンド秘法を、当然深見東州教祖がご自身のキレジー(とご本人は告白しておられました)に対し使用しないはずはありません。
ワールドメイト設定によると、深見東州教祖は不撓不屈の根性の持ち主であり、いかなる困難も努力の積み重ねで乗り越えることができる方です。
であれば必死の大祈願でもってヂ・エンド秘法に臨まれたに違いありません。
…排便の際に襲い来る激痛に耐え、「ウンッ!」「ヨイショ!」といつもの掛け声をかけ、指を鳴らし柏手を打ち、ご自身の肛門に愛を込めた祈りをささげ、痔の回復を祈念したことでしょう。切れ痔のために己の病魔と必死になって戦うお姿は、まるで芦ノ湖に伝わる毒龍を調伏したとされる伝説の万巻上人の写し絵のごとく、魔物と戦う崇高な宗教家の活躍のごとき勇姿であったことでしょう。

そして深見東州教祖は、己の病魔に敗北した、と。

わずか数グラムから数十グラムの病変した体組織を常態に戻すこともかなわず、現代医学に頼り、手術で根治させた、と。

そのことに関して「どうして教祖は痔を自分の秘法で回復させないのだ」と元会員から多くの指摘が寄せられたとき、いつもの如くものすごく読み辛い解説が二回に分けてメルマガで配信され羅列してありました。
これを要約すると
「祈願や人形を書くと奇跡が起こるが現実的な努力も必要なのだ。そして試練に立ち向かうことが成長に必要なのだ」
という趣旨の言い訳がしてありました(ちなみにこの言い訳の羅列したメルマガに、ヂ・エンド秘法「ヂの字も出てきません。さすがにこれに関しては言い訳のしようがなかったのでしょう。 「痔に関して手術の必要なレベルの祈祷料を三十万円で案内したこと」は無かったことにされています)

なるほど、もしかしたら時には奇跡は起こるのかもしれません。そして試練に立ち向かうのは成長につながることなのでしょう。

しかしそのような試練から生み出された数々の秘儀・秘法はいざとなったら何の役にも立たないのでは執り行う意味は全くありません。

深見東州教祖がご自身の肉体のために必死で祈願して、それでも効果がなかった。これはどういうことなのか。

銃口を直接的に押し当てて引き金を引けば、弾は確実に的に当たります。
もしも的に弾が当たらなければ、銃の中に弾が込められていなかったことを意味します。

教祖には最初から神力などなかった、と考えるのが妥当でしょう。

続きを読む
記事検索
コメント
Archives