上野 一般メンズエステ Rose(ロゼ) 
iine01

価格:110分 / ¥24,800-
※割引はないようですね…

部屋:マンション各部屋割り振り

紙パンツ:ノーマルTバック

オイル塗布:普通~大量

施術
マッサージ:★★★
キワキワ:★★★★☆
さわさわ:★★★
ドキドキ:★★★


SKBサービス
カエル
子鹿のポーズ
横向き
下っ腹
コマネチ


事故:中 / 発生率:大


★紙パンツ太郎的ポイント★
安定の濃厚店

----------------------------------------------------------------------
上野 一般メンズエステ Rose(ロゼ) 


久々にロゼへ。


濃厚な施術でファンも多いと思う店。



駅からは少し距離はあるが、
新御徒町からも近めなので、交通手段としては相当選べるのが良いかもしれない。



いざ訪問でのご対面。


セクシーなコスチュームで
のっけからご挨拶。


高まるーーー( *՞ਊ՞*)ノ


そしてさささっと
お支払い&お茶&シャワー


このお店は距離感近いので
念入り洗浄で戦闘服着用w



そして早速スタート。


先ずはうつ伏せマッサージから。
ここはスルーで、オイル塗布。


頭の上からの立ち位置。
目の前の視覚的楽しみ( *՞ਊ՞*)ノ


ピンク色って大好きですw
細いおぱんてい大好きですw



そのまま素晴らしい目線を堪能して
背中~お尻と降りていく。

そうそうこの動き、まるでトカゲ。
lizardbig-blylbrdr-hrzn
これである。

少し前をみればお尻の上に、
お尻がwww

桃合わせとでも言えばよいか?w


そして足元に体を倒して
念入りにトリートメント。


距離の近さ、
やっぱりはんばねーわ٩( "ω" )و


そして足元。
つま先の上にちょこんと座る。
あったかさ?柔らかさ?をつま先が敏感に感じ取ってしまう。

小太郎が暴走し始めるのはこのときからであるw


そして流れるように
カエル足まで進む。

深く、そして深く手がSKBでストローク。


くぅ~(๑´ㅂ`๑)


ぬるんとぬるるんと、事故る。


逆足でも同じようにぬるるんと進み、
やっぱりカエルは事故の元w


足をはさんで太ももでもすりすりと。
カエルが一番好きな私にはこの時間はもう至福でしかないw



そしてお尻周りとかさくっと終えると・・・。


小鹿のポーズ

小鹿は、B地区までがっつりである
メンズエステを極めたセラピストさんなのが察知できる優れたテクニックw



そこからの
横向きSKB


セラピストさんによっての
タイミングの違いはあるが、

このセラピストさんの場合、
横向きからSKBが濃厚すぎていくwww


途中から濃厚になるのはこの店の特徴でもあるが・・・w


出来ればカエルから濃厚になってほしかったなぁ
とか思いもよぎったが・・・、

(いやまてよ?カエルから濃厚にされたら・・・もたないわw)


とかとか、
頭の中で妄想してみるwww
オンパレードである。




上野 一般メンズエステ Rose(ロゼ) 





仰向けは、
恥ずかしさもあるが・・・

終始楽しい時間といって間違いない。


先ずは
頭の上からのデコルテ。

乗っかりTIMEとまでは行かないが、
ナチュラルに擦られるその感触がまたドキドキである。


そして
ロングストロークでSKB辺りまでしっかりと。

もちろん、B地区もしっかりこりこり~の。


そこから、
またしてもトカゲ移動。
lizardbig-blylbrdr-hrzn
顔の前を姫の姫が通り抜けるーwww


そして小太郎の上・・・。


足元のマッサージは
夢の体勢で行われるw


あーーー。

色々な感情が耐え切れなくなるのを抑えつける。


小太郎はおさまりがつかないが・・・w


それが恥ずかしいがしかし、
たまらなくドキドキしちゃうw


足元までいくと、
直ぐに立膝。
そして仰向けカエル足

このカエル足は
ある意味で地獄なのかもしれない。


生殺しの真骨頂w


もうあれがこれでこれがあれで・・・

いや、
これはもう色々されてみて?w



そして
真ん中SKB

このときはもう半分白目だなw


半分ほど記憶が飛びながら
最後に
上に乗っかり・・・抱き起こされる。


小太郎が大暴れしているのに
上に乗るなんて・・・⁄(⁄ ⁄•⁄-⁄•⁄ ⁄)⁄




そして、
ドキドキを抱えたまま帰宅。



あー、
すげえなやっぱりw



上野 一般メンズエステ Rose(ロゼ) 


※ご理解頂きたい事
あくまで超主観的な内容と感想と表現なので、必ずしもこの内容ではないはずである。
そしてかなり独自の独特な言い回しをしている。私が伝えたい内容と捉え方によって違う解釈になってしまうこともあるかと思うので、参考資料というより面白おかしく見て頂けることが一番である。と最近本気で思う。