錦糸町 一般メンズエステ AROMA TATTA(アロマ タッタ) 
iine01

価格:120分 / ¥19,000- (オプション別) 【割引利用有】
※エステーションを見た!で3000円OFF

部屋:マンション各部屋割り振り(一軒家各階1部屋!)

紙パンツ:ノーマルTバック

オイル塗布:普通

施術
マッサージ:★★☆
キワキワ:★★★★
さわさわ:★★★
ドキドキ:★★★★


SKBサービス
カエル
子鹿のポーズ
横向き
下っ腹
コマネチ


事故:中 / 発生率:大


★紙パンツ太郎的ポイント★
おしゃれな一軒家タイプ
着衣コスチュームだけど距離感近いセラピスト!
錦糸町はハード店が多い。勿論ここも!

----------------------------------------------------------------------
錦糸町 一般メンズエステ AROMA TATTA(アロマ タッタ) 


錦糸町の新規店

行ってみると
一軒家分のオシャレな店舗

かなり独特な作りで新感覚。


先ずはお支払い&シャワー。


そしてシャワーが終ると、
着替えボックスを持ちお部屋へ案内される。


お部屋は広々空間。

一軒家であるが、各階に分かれて部屋が配置されているので
単独の個室といってよいだろう。


早速施術。

直ぐにオイルを塗布していく。
無駄のない流れが良い。

頭の上にM字スタイルで構える(๑´ㅂ`๑)

あ・・・この目線誘導・・・

ドキドキ⁄(⁄ ⁄•⁄-⁄•⁄ ⁄)⁄

凄く近くでガンミwww


頭の上からスぅぃ~スぅぃ~とお尻まで。
ロングストーク。

そして
lizardbig-blylbrdr-hrzn
トカゲのように足元までいき
背中の上にピトっとくっつき足元にトリートメント。

お尻のキワから
SKBに優しすぎるまろやかタッチ。

指先が進入してくる感じ凄くたまらない。


足元へ移動。
脹脛から太ももまで優しくそしてしっかりめの
オイルトリートメント

太ももはキワまで伸びる指が


半端ない┗┐<(・ω・)>┌┛


ここで太もものストレッチ。
という体のサワサワ攻撃


その後で待っているのが
カエル足。
・・・なんと2パターン。

内側から足を絡めで深くグイグイ。

こら事故起こりますよ。
とてつもなく深い手の進入。

グリッととんでもない手さばきが
ニヤニヤの腰砕けもの

そして少し浮かせた半身部分に
超絶ロングストローク。
その指先はB地区まで届くほどに。


SKBにもB地区にもいい感じの
サワサワな刺激。


サワサワSKBの王道であろう。

過ぎのカエル足は、
外側から足を絡めで、体をこちらに預けながら、
太ももでスリスリ&サワサワ。


距離感の近い
女の子を感じ取れる素晴らしい刺激である。


子鹿のポーズ。
サワサワサワサワ。
サワサワサワサワ。
サワサワサワサワ。

足の間からの指先が
超絶サワサワサワサワ。

腰が捩れまるで本当に
生まれたばかりの小鹿のようになってしまうwww


ゼェゼェハァハァいってると・・・



錦糸町 一般メンズエステ AROMA TATTA(アロマ タッタ) 





仰向け。



頭の上に座り込み
ちょーロングストロークで下っ腹まで。

ロングストロークで体をこちらに倒すので、

目の前には、

あらま~ぁ⁄(⁄ ⁄•⁄-⁄•⁄ ⁄)⁄


そのまま顔の前を這うようにお腹の上へ移動する。

鼻先に付くんですけど?www


とてつもなく
セクシーショット

大胆なほどのセクシーショットだ。


お腹の上より少し下に座る。
あ、そこ小太郎の隠れ家の真上ですよ?


小太郎が怒って顔だしちゃいますけど?w



足元軽くで、

立膝からの流れ流ような
カエル足

上半身で小太郎をロック。
すり抜ける指先。


ゾクゾク事故りMAXなSKBタイム。

そして、
真横からの距離感0センチの足バサミスリスリタイム。



これが終わると、

オプションキタ──ヾ(*'∀`*)ノ──♪


え?
どんなどんなオプションか?

・・・砕いて言えば、
錦糸町といえばな感じのサービスなのかもしれないw


サワサワとゾクゾクな
一歩上の大人の刺激が下半身から頭の先まで駆け巡る。



セラピストによって
施術スタイルはまちまちとのことだが、

当たり引いた感半端ないw



名前の由来はわからないが、
小太郎は終始経ちっぱなし。
名前どおり「たった!」w


錦糸町またしても激戦化だ。


錦糸町 一般メンズエステ AROMA TATTA(アロマ タッタ) 

※ご理解頂きたい事
あくまで超主観的な内容と感想と表現なので、必ずしもこの内容ではないはずである。
そしてかなり独自の独特な言い回しをしている。私が伝えたい内容と捉え方によって違う解釈になってしまうこともあるかと思うので、参考資料というより面白おかしく見て頂けることが一番である。と最近本気で思う。