2014年01月11日

Vベルトの交換

お店のダクトのVベルトを交換しました。

Vベルトとは何ぞや?って方のために書きますと、業務用換気扇のモーターとプロペラを繋いでいるリング状のベルトのことです。


自動車免許をお持ちの方は、自動車の構造の講義でラジエーターを回すVベルトの点検なんてのを聴いたことを思い出した方もいらっしゃるかと思います。


あれと同じです。


古いベルトは伸びきってしまっていたので、簡単に取り外せましたが、新しいベルトの取り付けには少し苦労しました。

何しろ新品のベルトは固いのです。

コッチコチなんです。

更に悪いことに、先日モーターからキュルキュル異音がするからって大工さんを呼んだときに、ベルトが緩んでいるからって言われたので、モーターとファンの間を広げておいてもらったのです。

だから、新品のベルトには少しモーターとファンの間が開きすぎているんです。

大工さんが来た時には、ベルトの交換にはモーターとファンの間隔を狭める必要は有るかどうか聞いたんですが、少し位置をずらしただけだから、そのまま新しいベルトを付ければ大丈夫だよ。

なんて、か〜るく言われたので、僕自身も軽く考えていました。


ベルトは去年のうちに来ていたんですが、何となく気分が乗らないで放りっぱなしでした。

お前は気分で仕事をしてるのか!!って突っ込みは無しねWW


とにかく、今日はその気になったんです。





話があっちこっち行っていますが。

大きい輪っかに、ぐるっと回してから、小さい輪っかに端っこを引っかけて、後は力任せにベルトを引っ張れば小さい輪っかにするりとハマるはずなんですが、、、、

ベルトが固くて伸びないし、新品の時よりモーターとファンの間が開いているのも相まって、中々はまってくれないんです。

それでも、とにかくテコの原理でフードに腕を当てて、チカラ技で思いいきり引っ張る事数回。


やっとハマりました。




ジャンパーの腕は埃だらけ。

指は何もしなくてもプルプル震えているし。

二の腕は早くも筋肉痛だし。(数日おいてからの筋肉痛じゃ無い事に、小さな安堵感も有ったりしてWWW)




それでも、ベルトは付け替え出来たし。

ジャンパーはクリーニングすれば良いんだし。

試運転したら、ゴッツウ調子が良いし。




よしよし、今日の仕事は終了!!違うかWW



営業しなきゃねWWW

さあ、いらっしゃいWWW




menkuipastaya at 13:37│Comments(2)

この記事へのコメント

1. Posted by こねこ   2014年01月11日 21:27
 こんばんは☆こねこです♪

 車の免許も持ってないので全く分かりませんでしたが、四恵菜さんが大変だったことはよく分かりました(笑)。

 でも、そういう取り付け作業とか、力の要るものは男性はいいですよね。

 ウチは母と2人暮らしなので、何かチカラ技を要するときは今日みたいにTくんがお泊りに来てるときにお願いしてます(照笑)。

 で、筋肉痛は・・・あれって使う筋肉や作業量に応じて、痛くなる個所や時間差が出るので、年齢はあまり関係ないみたいです(笑)。

 ねこでした。ニャン☆
2. Posted by 四恵菜   2014年01月12日 11:21
>>こねこさん


筋肉痛と年齢は関係無いのですか。。。(;´∀`)

ずっと、都市伝説を信じていましたWW

こねこさん家はT君という奥の手が有りますから格段の不便は無いのかもしれませんね。

いつも仲が良さそうで羨ましいです。

この幸せ者め!!(笑)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔