特徴やメリット、デメリットについて

 合宿免許の特徴は集中して教習を受け、通学より短期間で免許を取得できることです。各都道府県に合宿免許教習所があり、普通車、普通二輪、大型二輪、大型車、中型車、大型特殊、けん引、普通二種、中型二種、大型二種の資格を取ることができます。仮免入校ができる教習所もあり、仮免がない場合より8万円程度安い料金です。また免許失効後1年を経過した方や、免許取消処分を受けた方が、免許を再取得することもできます。

 メリットや特徴としては、普通車の免許を最短2週間前後で取ることができ、AT車限定の免許のほうが2日ほど短いスケジュールです。スケジュールは毎日午前と午後ともに教習があり、技能の予約は学校が行います。ほとんどの教習所に、居住地に関する入校制限があります。

 普通車の免許であれば費用は約18万円~で、多くのプランの料金は20万円代です。そしてAT車限定の料金は、MT車の教習料金より1万円程度安いです。多くのプランで技能教習と技能検定の追加料金はありませんが、年齢によって保証内容が異なるところもあります。

 また一定回数以降の仮免学科試験は免許センターで受験しなければならないケースがあります。追加料金高速教習は実車又はシュミレーターです。教習が延長した場合の宿泊料金は、3~5日程度までは無料のプランが多いです。技能教習の追加料金や延長宿泊料金の保証がオプションになっていることもあります。基本的にプランの多くは教習費、宿泊費、宿泊場所から教習所までの交通費込みの料金設定です。食費込みのプランと、そうではないプランがあります。

 また多くのスクールに割引があり、早期申込割引、学生割引、グループ割引、WEB申込み割引などです。自動二輪免許を持っていると1~2万円程度の割引があることが多いです。教習所、取得する免許、宿泊施設が同じプランでも、時期によって価格が異なることがあります。

 支払いにはローンを利用でき、未成年であれば原則として親権者の同意が必要です。学校の宿舎、ホテル、旅館、ペンション、マンションなどに宿泊するプランがあり、宿泊施設の設備も様々で、一部屋の人数は1人~6人程度です。

 観光やレジャーを楽しむなど、旅行を兼ねて合宿免許に参加する方もいます。食事やレジャーが無料又は割引きになる特典がついているプランがたくさんあります。夏休みや春休みの時期は混んでいて、早めに予約しなければなりません。キャンセルによる空きが見つかることもあります。条件をよく確認することが、合宿免許プランを選ぶコツです。




安い合宿免許の一人での体験談や感想、口コミや評判

一人でも行って良かった
 私は、学生時代に運転免許を取らなかったので、仕事を辞めた時に、合宿免許に参加することにしました。まず、費用が通常の自動車学校より安かったこと、交通費も半額支給してもらえたこと、短期間に免許が取れることがメリットでした。デメリットはなかったように思います。
 私は、一人での参加でしたので、個室の自動車学校を選びました。もちろん三食の食事つきですし、部屋にテレビ、トイレやシャワーもあります。洗濯機も共同ですが、乾燥機付きで使用できました。また、自転車も貸してもらえましたので、休みの日には近くのお店まで自転車で行ったり、知り合った人と一緒に観光も少ししたのを覚えています。運悪く、最終技能試験で不合格になり、1日延長になってしまいましたが、追加料金もかかりませんでした。合宿免許は、おすすめですよ。

福島は思ったより都会な合宿所
 友人と福島にある免許合宿に行ってきました。福島の都心に近かったので、想像よりも遥かに都会だなという印象を受けました。
 合宿所は男女別の寮でした。ご飯も美味しかったです。先生は指名できたり、拒否できたりする制度がありました。合宿所の部屋も二人部屋でしたが、広さもちょうどよく綺麗だったので快適に過ごすことができました。
 コンビニも近くにあったので、ちょっとした食べ物などはすぐに買いにいけたのがよかったです。高速道路の教習は、さすがに道は広く車は少なかったので、快適に落ち着いて受けることができました。特に不快な思いをすることがなく、免許を取得することができたので、福島の免許合宿を選んでよかったと思います。

茨城県の合宿所での体験記
 合宿免許は地方の田舎にある教習所で行われることが多いです。私も当時選択したのは茨城県の教習所です。当時22歳でした。これから合宿で免許を取ろうとしている方へのアドバイスです。
 大学生以上の方は一人部屋を選択した方が良いです。大部屋で過ごす場合、おそらく周りの子たちと話が合いません。高校を卒業して大学に進学せずに就職する若者は、高校三年の夏に合宿で免許を取る方が多いです。
 私は8人部屋で14日間過ごしたのですが、他7名は高校生でした。そしてそのうち5名がヤンキーでした。話が合わないし、毎日夜中まで騒いでいるし、安いからと行って大部屋を選択したのが大間違いです。途中から一人部屋に移ることは出来ませんでした。高校卒業後すぐに来れば良かったと当時は後悔しました。

私の合宿免許取得体験記
 大学時代にサークル仲間と免許合宿に行きましたが、まず費用の安さに驚きました。通学に比べて3万から5万程度は安いのではないでしょうか。私が行ったときは繁忙期で合宿所が満杯になり、やむを得ずホテルに泊まるというハプニングもありました(もちろん宿泊費は向こう持ちですよ)。
 スケジュールはギチギチのように思えて意外と自由時間があり、合宿所内で卓球をしたり、バスを使って駅の近くで遊んだりということもしました。教習は時間が限られていることもあり厳しかったですが、仲間と一緒でいることが安心感に繋がり、筆記、仮免、本免と順調にクリアすることが出来ました。
 個人的な感想ではありますが、安く楽しく免許を取得することが出来る為、機会があれば行って損はないと思います。

毎日必ず乗車できるので早く上達します
 合宿で自動車免許を取得してよかったのは、毎日乗車できるので、早く運転になれて、上達しやすいことです。私は車の運転への憧れがとても強かったのですが、初めて乗車したとき、クラッチのつなぎはおろか、ハンドル操作もママならない自分に腹が立ちました。
 しかし、毎日乗車しているうちにコツがつかめてきて、4日目にはエンストしなくなっていました。一段階で少し遅れた以外は、乗り越しすることなく最後まで頑張ることができました。毎日運転のことだけに集中できたので、筆記試験は仮免、本免ともに100点合格。もちろん費用は余分にかかりますが、その分早く免許を取得できますし、同年代の同性異性と知り合う場にもなります。
 時間に余裕がある方、学生のうちに免許を取りたい方は、ぜひ思い出作りも兼ねて、合宿で運転免許を取得するのはいかがでしょうか?

徳島県の脇町自動車教習所にて
 大学に入って一回生の夏休みに、友人ら5人と徳島県の脇町自動車教習所に合宿に行きました。教官はみなさん優しく、情熱を持って指導してくれます。
 食堂は合宿所内にある喫茶店を使用するのですが、ここのマスターがとても気さくな方で料理もとてもおいしいです。
 けっこうハードなスケジュールを予想していたのですが、一日に車に乗ることができる時間が限られているため、学科もすべて終わって午後からは自由時間という日がけっこうありました。また日曜日は完全に休みでしたので、近くの川へ遊びに行ったりしました。
 合宿は丁寧な指導もあってか無事5人とも一発で合格することができ、スムーズに地元に帰ることができましたが、もう少しいたかったという気もしました。

新潟ドライビングスクールにて
 東京在住の25歳男性です。私が利用したのは、新潟ドライビングスクールです。友人が新潟にいるので、期限内に取得できないときは、泊めてね、とお願いして新潟の合宿ドライビングスクールに行きました。
 合宿教習所を決める際に、一番気にしたのは宿舎です。シングルで綺麗な部屋でインターネットが無料で使えること、コインランドリーが使えること、夜は遊びに行けること、でした。
 新潟ドライビングスクールは、教習所から徒歩3分ののウィークリーマンションを使用で、条件を満たしていました。おまけに、浴室は24h使用可の大浴場です。偶然、高層階でしたので新潟の夜景が綺麗でした。
 運良く(?)、最短期間で合格しましたので、友人の世話にはなりませんでしたが、新潟は住みやすい街だと感じました。今度は、自分の車を運転して行ってみたいです。肝心の教習ですが、口数は多いけど丁寧な教官でしたので、気持ちよく教習を受けることができました。

16日間の私の体験談
 私の体験ですが、九州の田舎で16日間の合宿免許で免許証を取得しました。短期集中で取得でき、宿泊費と食費込みで、通いで取得するのとあまり金額は変わらなかったので、合宿免許を選択しました。
 女子寮とのことでしたが、実際は自動車学校の近所の地元の食堂の2階を使用していました。5,6人で相部屋でした。お風呂や洗濯は、食堂にある設備を利用し、皆で話し合って順番。食事に関しては、食券を16日分もらい、その食堂で利用しました。
 夏季休暇中の学生がほとんどで、仲良くできたので、単純に免許を取る以上の経験ができ面白かったですが、運悪く気が合わない者同士だと、16日間の共同生活はつらいかもしれません。もちろん、これはあくまで私の経験であり、自動車学校によって環境は異なりますので、相部屋が苦手な方は、個室設備がある自動車学校を選べば問題ないと思います。

感想といえば「意外にしんどい」
 私は学生時代、合宿で運転免許を取得しました。実際に行ってみて感じたのは、「意外にしんどい」ということでした。というのも、けっこうスケジュールがびっしり詰まっているんですよね。朝から夕方まで、技能講習と学科講習が立て続けに行われるので、昼間はあまり自由な時間はなかった印象があります。
 仮免までの時間も一週間ぐらいしかないので、空いてる時間はほとんど勉強にあてていましたから、なおさらそう感じるのかもしれません。ただ、夜は比較的カラオケに行ったりしてよく遊びましたし、仮免が終わると一日まるまる休みがあったので、そのときはみんなで海などに行って楽しめました。
 あとは合宿先は基本的に田舎なので、東京とは交通事情が全然異なり、初心者には運転しやすいのは確かだと思います。



※記載されている口コミ評判記事の無断使用、転用は禁止です。