身だしなみ・マナー

2009年01月27日

靴底のお手入れ

靴磨き用 008






靴磨き用 001






成田店の秋葉です。
本日は、靴底(革)のお手入れ方法をご紹介します。

革底は、履き続ければすり減ってきますし、
ひどくなると雨が浸透してしまいます。

そこで、靴底に潤いと柔軟性を与え良い状態を保ち、
革底の柔軟性を出し、靴底の返りを良くするお手いれをします。

方法は、とても簡単です!
固く絞ったタオルで汚れを落とし(汚れ具合にもよりますが、私は必ずやります)
後は靴底(革)用保革剤を塗るだけです。
たったそれだけで革底の持久力、耐久性が向上します。

◇写真上はお客様の靴を数分お預かりし、底のお手入れをした物です。

◇写真下はお客様よりお預かりし、オールソール交換した物です。
購入されてから十数年履いた物で、初のソール交換です!

成田店では、こういったお手入れを無料にて行っております。
オールソール交換は料金が掛かりますが、
まだ履けるかな?という靴が御座いましたら、是非お持ち下さい!


※オールソール交換ですが、市場価格よりお安く承ります。
詳細はお気軽にお問い合せ下さい。

メンズヨシワラ トップページは下記をクリック!
http://www.m-yoshiwara.com/

mensyoshiwara at 15:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年08月02日

香水の付け方・香りの変化

ブルガリ







香水について第2弾です。付け方に関しましては、ルールはありませんしお好みで良いかと思います。ただ、付ける場所や付けすぎには気を付けたいです。汗の出る場所に付ける事は、香りが変わってしまう為に避けた方が良いと言われてますね。
次に香りの変化についてご紹介致します。

付けてから30分程度→トップノート(香水の第一印象)
その後3時間位まで→ミドルノート(香水のテーマ・メイン)
最後の1時間位→ベースノート(残り香・余韻)

通常、上記の3段階あると言われております。
香りの変化を知っていれば、購入の際にテスターを吹き付けて即決するのではなく、ミドルノートの香りで選んだり、デートやパーティーもタイミングを計って付ける事が出来ますし、香水を付ける事が更に楽しくなりますね(^^)

メンズヨシワラ トップページは下記をクリック!
http://www.m-yoshiwara.com/

mensyoshiwara at 11:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年07月30日

香水について

allu-sp50-1








先日、レストランへ食事に行った際の出来事です。
席に着くと、前にいらした方の残り香であろう強い香水の臭いがしました。
私は気にならず、すぐに慣れてしまいましたが・・・
ただ、あまりにも強い香りが残っていましたし、食事の場ではあまりいい気には
なれない事ですので、私の知る範囲で香水について触れてみたいと思います。
本日は種類です。

・パルファム・・・最も濃い。持続時間5〜7時間以上
・オーデパルファム・・・濃い。持続時間5時間
・オーデトワレ・・・平均的。持続時間2〜3時間以上
・オーデコロン・・・薄い。持続時間1〜2時間

以上4種のなかに、香りの系統が多数あります。

私自身も香水は多数持っておりますし、つける事が多いです。
マナーとして、TPOにより使い分けられるよう心掛けたいです!
次回は香水の付け方、臭いの変化についてご紹介出来ればと思います。

メンズヨシワラ トップページは下記をクリック
http://www.m-yoshiwara.com/

mensyoshiwara at 15:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!