■出会いの『スリーセット理論』恋愛

人間は3回もその人に会えば、相手に対する印象や一定の評価を決めてしまいます。

特に、男性はこうした傾向が強く、3回目以降の評価はほぼ変わりません。

心理学ではこの法則を 『スリーセット理論』 と呼んでいます。

『スリーセット理論』 では、出会いを次の3つに分けて考えます。


●1回目の出会い

人間は、最初の出会いで相手を注意深く観察して第一印象を決定します。

第一印象は、内面よりも外見によって評価され、内面的な魅力はほとんど考慮されません。

人間は、最初に目に映った相手の直感的な印象を強く脳裏に焼き付け固定化します。

このイメージは強力でそう簡単には崩れません。


●2回目の出会い

2回目の出会いでは、初対面での観察を再評価します。

このため、最初の出会いよりは会話によるコミュニケーションが重視され、相手の内面にも関心が向けられます。

しかし、よほどのインパクトがないかぎり、第一印象によって固定化されたイメージが崩れることはありません。


●3回目の出会い

3回目の出会いでは、もはや判定は行われません。

この段階は、単なる確認の段階です。

したがって、それ以降の評価が変わることはまずありません。

ちなみに心理学では、3回目の出会いで相手の印象が変わる可能性は、わずか1%未満だとしています。




以上が、『スリーセット理論』 による考え方です。




この話をわかりやすくするために、ひとつイメージしてみてください。

あなたはある男性とはじめて知り合ったとします。

出会いの場所は、合コンでもパーティーでも何でもかまいません。

とにかくあなたは1回目の出会いをし、デートの約束をしたとします。

その後、あなたは約束の日に彼とデートをし、さらに翌週もう1回デートをしたとします。


するとこの時点であなたと彼が出会うのは、合わせて3回目ということになります。


『スリーセット理論』 では、出会いから3回目までに相手に好印象を与えられない場合、その人と恋人関係になるのは極めて難しいことが実証されています。

もちろん、絶対とまでは言いませんが、相手と友達以上の関係になれる可能性は、あなたの想像以上に低くなると考えた方がよいでしょう。

つまり、簡単に言えばこういうことです。

あなたは出会いから3回以内のデートで、自分の魅力を最大限アピールし、なおかつ彼をその気にさせなければなりません。

実際には、最初の出会いはデートにカウントしないので、正確に言えば、2回以内のデートということになります。

でも、まぁ1回は〝おまけ〟です。

3回目のデートまでに彼に気に入ってもらえれば大丈夫!
恋愛に進展する可能性は十分あります。


これが、 『スリーセット理論』 による予想式です。



「出会ったばかりだし、まだ自己アピールは早いかな…」

「彼には少しずつ私の魅力をわかってもらえれば…」

なんて悠長なことを言っていたら、正直、彼との交際は難しいでしょうね。

3回デートをしてわかってもらえない隠れた魅力など、もはや魅力とは呼べません。

もし、相手に売り込める魅力を持っているのなら、最初からどんどんアピールすべきです。

そうしないと、彼のいい友達で終わってしまう可能性が高くなります。
 

「じっくりと時間をかけて、自分の魅力を理解してもらおう」

「少しずつ、自分の良い点を感じてもらおう」

などと悠長なことを言っている人は、あまり人に好かれないタイプです。

「人間の評価は3回目までに決まる」とはいえ、最も重要なのは1回目であることは言うまでもありません。



特に、男性は直感で相手を素早く判断します。

女性の長い片思いが実らない理由がここにあります。

『スリーセット理論』からすれば、3回目までの出会い、自分の魅力を最大限にアピールすべきであり、もしそれまでに何か嫌われたのだとしたら、もうその人との関係は修復するよりも、むしろ距離をおくべきだと言えるのです。


恋は短期決戦で勝負! 『スリーセット理論』 がそれを裏付けています。



もし、初対面でお酒を飲みすぎて泥酔した姿を見られたとしたら・・・

あなたは「酒癖の悪い、だらしない女」としての印象が残り、その印象を彼の中から拭い去ることはできません。
もちろん、女として好意を持たれることもありません。


もし、出会ったその日にS・E・○をしてしまったら・・・

あなたは「誰とでも寝る、軽い女」なので、彼女候補になることはありません。
セ・フ・レ候補にはなれますが。
その後、連絡がきたとしても「ヤ・リ・タ・イ」目的だけです。

だって、そういう印象を相手に残してしまったのだから。