※【NAVERまとめ】に記事をまとめました


→ 子供が男性の実子の場合、認知を避けることはできない - NAVERまとめ


結婚をしていない男女の間に生まれた子どもを非嫡出子(婚外子)といいます。

不倫関係で生まれた子ども、事情があって結婚ができなかった男女の子ども、事実婚を望むカップルの子どもなどが非嫡出子となります。

ただ、不倫関係の中で生じる子の問題がより深刻な問題をはらむことは間違いありません。