pso20180210_163938_000
ここまで気にしているのはアークス内でも私ぐらいじゃないだろうか。

2人について

2人とも2月7日~3月7日までの期間限定NPCでハロウィンコスのマトイサンタコスのパティエンティアのようなエーテル具現体ではなく本物です。
まあ中身が本人というだけで厳密に言えば結局エーテルの塊っぽいが・・・
1
そして今回もシエラが仕掛け人だそうです。
呼んだ理由はバレンタインの時期なのでオークゥがエンガにチョコを渡せるように応援する為だそうです。
こっちの世界でもこの時期バレンタインイベントをやってるって聞いた。」なんてフルが言ってますけどそもそも設定的な意味で季節イベントがどういう扱いなのか未だによく分からないのでそこら辺は謎。

それからすっかりプレイヤーと地球人が仲良いみたいになってますけど、私は大口叩いておいてデウス・エスカが来た時に何もしなかった奴らなんて嫌いです。
脚本家の頭の中ではそうはなってないんだろうけど。
というか「呼んじゃいました!」ってどんだけ権限あるんですかこいつは。
大体最終的には協力したものの、元々はアークスシップに攻め込んできた奴ら(この2人は時間稼ぎ役だったけど)なのにこんなホイホイ招いちゃっていいんだろうか?
pso20161006_214117_190
もう殆ど覚えてる人は居ないだろうけどアラトロンにやられたモブアークス達(内3名は生死不明)やその家族は何とも思わないのか?
なんて言ったところでユクリータがあっさり受け入れられちゃうような雑な世界観ですし、何よりこのストーリーを書いている人はモブの命を何とも思ってないのでどうでも良いのでしょう。
そういう所が説得力皆無の世界観を作り上げている理由の1つなんですがね。

設定

1
この2人をパートナーカードで呼び出すとBoFiとRaTeになっています。
具現武装を使わずアークスとしてPAなどを使えるのは偽装アバターを使っているという事で良いんでしょうけど、結局偽装アバター関連の設定はEP4でぶん投げたままなのでよく分からないです。
もしかしたらドラマCDや設定資料集で何か説明があったのかもしれませんけど前から言ってるようにそういう情報は本編で出すべきだと思っているので知った事ではありません。

オーダー

1
今回もNPCに話かけるオーダーがあってしかもまたクロトが含まれているので「またプレゼント地獄か!ふざけんなよ!」と思った人も居るかもしれませんが、実は12月20日のアップデートでプレゼントよりもオーダーを達成するための「話をする」の方が優先されるように変更されたのでフィッシュレーションが何個貯まっていても大丈夫です。
おそらくパティエンティアのオーダーのクロトで相当要望が送られてきたのでしょう。
これもあまりに今更過ぎる修正ですけどね。

言葉遣い

1
オークゥ語録は健在でした。
また、先生になったことで○○点という語録も使えるようになったようです。
ただ正直もう飽きましたしエンガとセットの人になってしまいエコーのような不快感が増したので以前のようにこの語録を見てテンション上がるような事は無くなりました。
というか正直悪夢のようだったEP4のキャラクターたちにもう会いたくない。

ズーム

面倒くさいのでgifは撮ってないんですがこの2人も話しかけるとカメラがズームインします。
オーダーを受注する時は何故かズームアウトするのですが、おそらく2人が会話するので2人ともカメラに収める為にそうなってるんだと思われます。
しかし、このズームはシー限定の仕様かもしくはバグ程度に思っていたので引き続き適用されていたのは地味にショックでした。
これから出てくるNPCも一々ズームイン・アウトするんだとしたら嫌だなあ・・・

まとめ

というわけで設定的にも仕様的にも謎だらけの2人でした。
話の流れからしてホワイトデーにエンガが出てくるのは確定でしょう。
EP4の最後の方のストーリー記事で書きましたけどアークス頼りで口だけ野郎のあいつが嫌いなんですよ・・・(あと無駄に態度がでかい)
しかもこのストーリーを書いている人は朴念仁が大好きなので(ゼノやレギアスなど)どうせエンガもそうなる気がします。
もうワンパターンには飽き飽きしてるんですがね。
もしこの流れで実はエンガじゃなくてモブ生徒が出てきたらある意味評価します。
pso20180213_185532_002
1
例えばこいつとか。

ランキング参加中
クリックしていただけると実はオークゥがチョコを渡す男子は上の画像のこいつ。
ファンタシースターオンライン2・攻略ブログ 





ドラマCD「PHANTASY STAR ONLINE 2」~シエラ'sリポート~
木村珠莉(シエラ), 伊瀬茉莉也(ウルク&ユクリータ), 水橋かおり(アウロラ), M・A・O(アイカ)
フロンティアワークス