147日ぶりに実装したストーリーがこれか・・・

おさらい


あまりにも久しぶりのストーリーなので一応前回までの流れをおさらいしておくと、シバたちがマザーシップに攻めてきてやられそうになったサラを庇ったシャオが最後にアムドゥスキアに行けと言ったのでよく分からんけどとりあえず行くことになりました。

ストーリーの流れ

pso20190920_213921_007
まずは目的の再確認から。
さすがにロ・カミツに何かがあるというのは分かってるみたいですが今まで散々調査してきたのによく分からんというのはどうなんだろうか。
pso20190920_214036_014
pso20190920_214123_019
pso20190920_214133_020
アムドゥスキアに到着すると新コスを纏ったクーナとコ・レラが案内役として出てきました。
しかし、毎度毎度アークスの存亡がかかってるのにこの少人数体制は如何な物なんですかね?
今回はまだ後の展開でちょろっと補足があるにしても3人で来るのはおかしいでしょうよ。
大体居ることを知らされていないクーナが突然出てきたら変身したミトラだと疑うべきでは?
前回の競争とやらで追撃はヴァルナに任されミトラは留守番だと言ってたのでこれはミトラじゃ無いのかもしれませんが、そんな都合をアークスが知ってる筈無いので何の疑いも無く受け入れるのはおかしい。
変身能力を看破できるような描写もまだ無い。
相変わらずこれを書いてる脚本家はキャラ毎の立場を考えず都合の良いようにストーリー進めちゃうんですね。
操り人形ばっかりだからキャラに魅力が出ないんですよ。
pso20190920_214313_031
pso20190920_214322_032
その後ロ・カミツもシオン模倣体の遺棄作の1つである事が判明しました。
今まで隠していた理由はよく分かりません。
何でもかんでもフォトナーのせいになってきてこの調子だとマガツもフォトナーが作ったとか言い出しそうですね。
pso20190920_214340_033
pso20190920_214437_038
pso20190920_214455_040
ロ・カミツは中期模倣体で同時に生み出されたもう1つの模倣体も居るそうです。
ロ・カミツは演算能力が劣りもう1つは処理能力が劣っていたので、フォトナーが2つを合体させて完全にしようとしたけど失敗して結果惑星アムドゥスキアが生まれたとのこと。

テリオトーとカッシーナの伝承はこの激突を表した物でぼんやりさせてますがおそらくテリオトーが今のロ・カミツでカッシーナは未だに眠っています。(ちなみにゲーム内だと名前ぐらいしか出てなくて伝承については設定資料集を見ないと分からないらしい)
そのカッシーナの器にサラの中に居るシャオを移して復活させるためアムドゥスキアの最深部に向かう事になります。
シャオを移すとか正直よく分からないけどその辺りはノリです。
pso20190920_214737_060
pso20190920_214759_063
案内役のコ・レラは火山洞窟の奥深くに行くために小さくなります。
このガバガバストーリーで今更大きさなんて気にするだけ馬鹿馬鹿しいですけどね。
pso20190920_214941_074
pso20190920_214950_075
ナベリウスやリリーパの壊世地域とは違いここは最初からこの状態だったそうです。
普通の火山洞窟とこの地域の境目がどうなってるかは謎。
pso20190920_215559_093
pso20190920_215605_094
奥へ進みながら「ここは聖域だから閃機種なんて来ないですよー」とフラグを立てていたら閃機種が出てきました。
どうやらプレイヤーやマトイの座標情報を追跡して直接転送してきたそうです。
それができるならもっとやりようはありそうな物ですが都合よくストーリーを進めるためには仕方ないのでしょう。

あとプレイヤー達がアムドゥスキアの探索をしている間他のアークス達はフォトナー艦隊の相手をしているそうです。(それだとクーナの暇だから付いてきたみたいなノリが謎だが)
文章だけで終わらせずにその戦いの描写もするのが普通ですけど、説明するだけ今までよりまだマシだと思えてしまうpso2クオリティ。
pso20190920_220253_106
pso20190920_220305_108
閃機種を片付けてカッシーナの眠る場所に辿り着くとヴァルナが出てきました。
プレイヤー達が怪しい動きをしていたので泳がされていたそうです。
余裕ぶっこいてるかと思ったら泳がせて不意打ちしてくるとか必死じゃないか。
不利になる前にさっさと手加減してるアピール止めないとダサい敵になっちゃいますよ。
pso20190920_220331_111
pso20190920_220340_112
pso20190920_220353_115
不意打ちしてきた挙句カッシーナの眠る墓を破壊しようとする必死なヴァルナでしたが助けに来たクラリスクレイスに止められます。
それにしてもピンチの場面で味方が助けに来る展開が多すぎてもうお腹一杯です。
相変わらず引き出しの少ない脚本家。
大体ヒューイがクラリスクレイスを行かせてくれたと言われても、同じく六芒のクーナがおつかい程度のノリで付いてきてますし艦隊戦の状況も分からないしそもそも山ほど居るアークスの中から4人だけで来てる意味もよく分からないので何だかなあ・・・って感じです。
pso20190920_220525_126
プレイヤー達が時間を稼いでいる間にサラはカッシーナの元へと向かいます。
ここで現在最重要人物で大して強くないサラを1人で行かせる時点で明らかに人手不足ですよね。
幾らアークス全体の40%が損害を受けたからってここの人員を削るのは無いでしょう。
サブストーリーでは他のアークスが遊んでるようにしか見えないし本当に説得力がないストーリーです。
pso20190920_220821_132
pso20190920_220827_133
私はあくまでオメガにおけるヴァルナの動向をオラクルのヴァルナが知ってるだけだと思ってたのですが、オラクルのヴァルナとオメガのヴァルナは同一人物であるとさも当然のように語っててびっくりしました。
だとしたらオメガにおけるヴァルナは何処に行ってたんでしょうね?
そもそも存在してなかったのか?
分かる人が居たら説明して・・・
pso20190920_221040_143
pso20190920_221100_144
先に1人で行かせたサラはカッシーナの眠る場所で閃機種に襲われていました。
本当にアークスは作戦が雑すぎる。
それにしてもフォトンの無いサラが初代深遠なる闇であるシバに浸食されている閃機種と戦っているのに何で浸食されないんでしょうね。
シャオが中に居るから不思議なパワーでも働いているのでしょうか?
pso20190920_221112_145
カッシーナの中枢が閃機種に破壊された後のサラの反応「そん・・・・・な・・・・!」(2回目)
これを書いてる脚本家は引き出しが少ないと散々言ってきましたがとうとう1話の中で同じ展開を2回やり始めました。
いよいよ他の追随を許さない底辺ストーリーになってきたって感じです。
pso20190920_221225_152
pso20190920_221305_155
結局は心が大事というありきたりな台詞を吐いた後お馴染みの謎空間でサラがシャオに長々と語り掛けます。
確かに大切なのは器ではなく魂と龍族は昔から言っていたものの、中枢を壊されてガックリ来てたのに急に立ち直ってこれを言うのはやや違和感。
pso20190920_221635_173
pso20190920_221648_175
pso20190920_221708_178
そしてあっさりシャオ復活。見た目気持ちわる・・・
ストーリーの更新自体が147日ぶりとはいえやられた次の章で復活とは相変わらずpso2のストーリーは浅いですね。
カタルシスも何もあったもんじゃない。
あと今更男だの女だの言い出すとは思いませんでした。
pso20190920_221724_179
pso20190920_221751_183
pso20190920_221810_185
結局のところカッシーナの中枢は破壊されたけど砕けた龍晶を束ねて形を作り、龍晶を介しているからロ・カミツとのリンクもスムーズにできてシャオ+ロ・カミツでシバとの情報演算能力の差は埋まったとの事です。
正直何言ってんのかよく分からないので諦めました。
ドヤ顔で語ってるコ・レラも中枢が破壊された時は「これでは・・・」みたいな反応してたんですがね。
理解できた人が居たら教えてください。
pso20190920_221909_189
pso20190920_221926_191
pso20190920_221933_192
pso20190920_221942_193
最後はヴァルナから報告を受けるもまだまだ余裕をぶっこいているシバを映して今回のストーリーは終了です。
シバと言わずに我が主と濁している所やわざわざ忠誠を誓うようなわざとらしいシーン入れてる所を見るとヴァルナは結局ハリエットの味方でしたーみたいな展開が最後にありそうです。
まあそれをやってもやらなくてもこのストーリーのクオリティは同じでしょうが・・・

まとめ

しつこいようですが相変わらずガバガバだったり後付け臭い設定が多い、似たような(どこかで見たような)展開を何回も繰り返す引き出しの少なさ、何のカタルシスも無いあっさりとした復活、147日ぶりの更新なのに1時間もかからずに終わるボリュームの少なさ、シャオのダサさ等々・・・まあ酷かったです。
唯一褒められるとしたら今回のBGMは良い物が多かった所でしょうか。
一体何時まで豪華声優陣を使ってこの茶番を続けるんでしょうかね?

ランキング参加中
クリックしていただけると3章でシバを片付けてその次からヒツギ様の日常編が始まる。