9
(C)SEGA/PHANTASY STAR PARTNERS 2019

※本家のゲームを知らずにアニメを見てる人にとってはネタバレがあるので注意。

あらすじ

ゼノを探すためナベリウスを捜索していたアークス達が暴走龍に襲われ、捜索が打ち切られたという情報が入ったのでアッシュは単身ナベリウスに向かいます。

モブ

7
(C)SEGA/PHANTASY STAR PARTNERS 2019

ここ数話で控えめになっていたモブ惨殺がまた始まりました。
ダーカー因子に汚染され仲間割れ、暗殺屋クーナに真っ二つ、ハドレッドのオヤツになるなど相変わらず酷い扱いでした。
エルダーとの戦いで何人死んだかは知りませんが、あの騒動の直後にこんな次々と死んでよく組織として成り立ってますねアークスは。

秘密とは

3
(C)SEGA/PHANTASY STAR PARTNERS 2019

カスラがアッシュに対して「エルダーが生きていたことは他言無用にお願いします。知れ渡れば混乱は避けられない」と周りにアークスがうじゃうじゃ居るロビーのど真ん中で宣言していました。
幾らなんでももう少し場所を選びましょうよ・・・
さすがにここは突っ込まざるを得なかったです。

メルランディア

2
(C)SEGA/PHANTASY STAR PARTNERS 2019

メルランディアが重要参考人としてアークスの資格を一時はく奪、体内フォトンを抑制し武器使用を禁じ監視を付けられるという処置を受けていました。
何も無いのかと思ったらちゃんとあったんですね。
前回キャンプシップで逃げ出せた時点でガバガバな事に変わりはありませんけど、本家と比べたらずっとまともです。

ハドレッド

4
(C)SEGA/PHANTASY STAR PARTNERS 2019

ハドレッドを育てた研究者が登場して色々語っていました。
トップ画像の幼いクーナとハドレッドの写真やハドレッドが研究所から逃げ出した時の回想などもあって、本家より断然分かりやすかったです。
もう古参の人しか知らないでしょうけど、Vita版がサービス開始した頃にクーナとハドレッドのストーリーが最初に追加された時はあまりにも唐突すぎて置いてけぼり感が半端なかったので、あれと比べるとずいぶん進歩したものです。
8
(C)SEGA/PHANTASY STAR PARTNERS 2019

ただし唐突に歌い始めるのはNG。

まとめ

本家ストーリーをよく知っているからというのもあるでしょうけど、今回は分かりやすくて随分まともだなあと思いました。
次回もクーナとハドレッドの回想入るようですし、少なくともクーナが突然出てきて悲しんでる訳の分からない痛い女になる事は無さそうです。

本家もメルランディアが拘束されるシーンとか挟むだけで少しはマシになりそうなものですが・・・まあ今更言っても仕方ないですけど。
とりあえずパラレルワールドとはいえ本家でよく分からなかった部分を補完して描写してくれるのは良い事です。
あとは時間遡行でゴチャゴチャしない事を祈る。

ランキング参加中
クリックしていただけると次回ハドレッドの最後に視聴者全員が涙;;