今回は長いです。

ストーリーの流れ

pso20200805_173042_000
まずはシャオからの説明。
宇宙全体に張った結界はハルコタンの時ほど劇的な効果は無いとの事です。
前回から訳の分からない事だらけなので、そう言われると「そうですか」としか返しようがない。
小学生が書いた話の設定を聞かされてる気分。
pso20200805_174106_016
作戦は単純で全方位からA.I.Sを使ってマザーシップへ突撃、その後アークス達が露払いとなってプレイヤーとマトイをシバの元へと送り届けます。
ここでウルク達が「ピンチの味方を見つけても助けるな」と意味深な事を言ってきますが、特にそういう場面はありません。
脚本家が何となくこのセリフを言わせたかったんですかね?
pso20200805_174604_026
そして話が終わるといきなり2人はマザーシップの中に。
あの・・・A.I.Sを使った電撃作戦は何処へ?
ムービーだと何時も通りにキャンプシップ使ってのろのろマザーシップへ向かっちゃってるし、チグハグ感が半端ない。
最終章なのにいきなりここで肩透かしを食らいました。
pso20200805_175139_031
pso20200805_175155_032
pso20200805_175205_034
この章では話の合間にNPCが戦ってる姿が描写されてるんですけど、今まで全く助けに来なかったどころかサブストーリーを除くと殆ど出番も無いようなNPCが殆どなので、何の感動もありませんでした。
脚本家の頭の中ではどれだけ深い絆で結ばれてるのか知りませんが、ユーザー目線だと99%ただのギャグ要員です。

しかも「ピンチの味方が居ても助けるな」とか言ってたのに、発生する共闘Eトラは何時も通りでパートナーたちが戦闘不能になると失敗。
色々と雑!
アビスでプレイヤーが反逆者扱いされた時、Eトラでターゲットマーク付けてた開発は何処へ行ってしまったのか。
pso20200805_180209_048
割とあっさりとシバの元へたどり着いたプレイヤーとマトイですが、相変わらずシバには全然攻撃が効きませんでした。
シバ曰く「千の力のうち五を封じられたから何なんだ?」という話らしいですが、
結界ってその程度の効果しか無かったの?
前回結界で弱体化したって言ってたよね?
しかも以前シバの戦力測定出来てたよね?
何でちゃんと弱体化出来てるかどうかも確認せずに突撃するの?お前らは特攻隊か何かか?
pso20200805_180246_052
あとここでシバが他のアークス達の様子をモニターで見せるんですが、あんな前振りがあったのでどれだけピンチなのかと思ったら特にピンチでも無いという謎。
むしろ2人を安心させてるまである。
本当何がしたいか謎。
pso20200805_181124_078
そしてしばらく2人と交戦した後に仲間にならないかと持ち掛けてきます。
私1人で事足りる」と言ったと思ったら今度は「手に困っていたところ」とは・・・コロコロいう事が変わるラスボスですね。
pso20200805_181209_082
ただしアークスに対しての意見にだけは同意。
ガーディアンは誰の命令にも縛られないポジションと言っておきながら結局はパシリだし、大事な時に限って「好きにやりなよ」と責任放棄してくるし、本当酷い奴らです。
pso20200805_181331_092
ここでプレイヤーに代わってペルソナがシバにお気持ちを表明するものの、上でも書いてたようにそこまで絆を感じる程の絡みが無かったので説得力無し。
あと結局何故しれっとペルソナがプレイヤーの中に戻ってきたのか未だによく分かってない。
pso20200805_181707_109
pso20200805_181858_120
pso20200805_182124_125
映像を見せ終わった後にそこそこピンチに陥っていたアークス達の元に待機組だった筈のアークス達が援軍に駆け付けます。(最終決戦で待機組って何?)
何回ドンピシャやれば気が済むのかとうんざりして見てましたが、世果にアルマの魂が入って創世器として復活するところだけはちょっと良かったです。
レギアスとアルマは割と尺取って描写してたというのも大きかったんだと思います。
pso20200805_182432_136
これまたよく分かりませんが、アルマとシャオによってこの宙域もハルコタン扱いになっているのでスクナヒメが好き放題出来て待機組のアークス達をドンピシャ出来たという事だそうです。
しつこいようだけど「ピンチの仲間が居ても助けるな」って一体何だったんだよ・・・誰も死んでないからシバは顔真っ赤だし、よく考えたら一点突破の電撃作戦なのにアークス達が散り散りになってるのもよく分からないし、何が何やら。
pso20200805_182533_142
pso20200805_182546_143
そしてスクナヒメの力でアークス全員の力を2人に集めるというベタな展開、散々舐めプしてきたのに急に焦りだすシバ。
これは酷い。

アークス全員の力を集めちゃったら閃機種と戦ってるアークス達はどうなるの?
あとずーっと舐めプやめろって言われてたのに最後の最後で焦りだすとかシバはどんだけバカなんだと。
結局これで何の意図も無くただただ舐めプしてただけの奴に成り下がってしまった。
pso20200805_184251_153
pso20200805_184311_155
そしてあっさりとシバを撃破。
繰り返す世界というのはエルミルも言ってましたし、pso2のストーリーのメインテーマみたいな物なのでしょう。
私にはメインテーマという体で同じネタを使いまわしてるように見えちゃいますけど。

あと褒めるわけではありませんが、何時ものパターンだとシバも実は可哀そうな奴で助けてあげようみたいな話になるので、潔く消えていったのだけはまだマシでした。
まあ舐めプばっかりしてたバカという印象はどうにもならないが。
pso20200805_184435_162
ここでなんと撃破したシバに宿っていた原初の深遠なる闇がプレイヤーに宿ってしまいました。
シエラとシャオがこれを見てびっくりしてたんですが、逆にこっちがびっくりですよ。
そこ想定せずに戦ってたのお前ら!?
EP1からずーっと深遠なる闇がどれだけ恐ろしいか語ってきて、実際にプレイヤーやマトイが深遠なる闇になりかけたりもしたのにノープラン!?
頭おかしいぞこいつら!
シバ倒せば自然消滅するとでも思ってたの?
本当に意味不明。
pso20200805_184549_169
そして深遠なる闇が宇宙を滅ぼすのを止めるため、プレイヤーは時間遡行で宇宙が生まれる前まで飛びます。
あれ?結局プレイヤーって好きに時間遡行できたの?
私もきっちりと覚えてませんが、ある時期から時間遡行は出来なくなってた気がするんですが。
pso20200805_184607_172
あと宇宙が始まる前に飛んだプレイヤーが深遠なる闇と一緒に消えていった光からアカシックレコードが生まれ、繰り返す歴史がここから始まるそうです。
宇宙が始まる→シバ倒す→深遠なる闇がプレイヤーに宿る→宇宙が生まれる前に飛ぶのループ。
だからプレイヤーが世界の器とか言われてたって事らしい。

  • じゃあ1周目の宇宙の始まりは何処から来てるんだ?
  • 結局プレイヤーってどういう存在で色々な特殊能力が何故備わってるのか?
  • シバは何故あそこまで分かってて舐めプしまくってたのか?
等々山ほど疑問がありますが、「脚本家の人そこまで考えてないと思うよ」って言われるとそれで終わっちゃう悲しみ。
まあ仮に考えてたとしても、このストーリーを見てそれを理解するのは不可能なのでどっちみち作品として未完成なのは間違いない。

この無限ループに陥るのがバッドエンドの方です。

グッドエンド

pso20200805_190819_182
そしてここからがグッドエンド。
pso20200805_190934_193
シオン曰くこの世界だけではなく、地球やオメガに行ったことで新たな選択肢が生まれたとの事。
というかあれだけ盛大にお別れしておいてしれっとシオンを復活させるな。
こうやってさも当たり前のように再登場しちゃうから、感動もへったくれも無いんですよ。
pso20200805_191103_200
pso20200805_191131_203
その頃、オメガでは特に理由もなく初代クラリスクレイスとヴァルナ復活。
なんだこれ!?
ノリで書くにも限度があるでしょう。
クラリスクレイスは死んだわけじゃないからまだ良いとして、ヴァルナはマジで意味不明。

とりあえず、ヴァルナが代わりに結界を維持しますとか言ってハリエットはプレイヤーを助けに行きます。(シバ倒した後も結界張る意味はよく分からんが)
pso20200805_191327_212
一方、地球でもリンクがあるのでプレイヤーの危機を感じ取ったヒツギ様が突然DF化して現れたアルに力を貰って助けに行きます。
pso20200805_191503_220
また、目の前でプレイヤーが居なくなるのを見ていたマトイの前にはシオンが現れ、よく分からないけどパワーアップしたマトイもプレイヤーを助けに行きます。
もう完全にノリで進めてるので、何故シオンが復活したのかとか、今更力なんて残って無いだろとかそういう理屈は通じません。

pso20200805_191615_224
pso20200805_191653_231
pso20200805_191756_235
そしてこの前紹介していた3人のアルティメットモードが見られるわけです。
どうやって時間遡行しているプレイヤーの元へ駆けつけられたのかとか、そういう疑問も全てノリで解決しています。
pso20200805_191813_238
それにしてもこのシーンは見てて恥ずかしかった。
言っちゃ悪いけどヒツギ様だけ場違い感半端無いし、マトイはブスだし、感動する事はなくただただ失笑・・・
pso20200805_191844_241
3人のヒロイン?によってプレイヤーは助かりますが、まだ切り離した深遠なる闇との最終決戦が残っています。
今はまだ良いですが、緊急クエストになった場合この時間遡行の穴にどうやって一般アークスが来るんでしょうね?
運営の人そこまで考えてないと思うよ!
pso20200805_192621_268
pso20200805_192700_272
第2形態になった深遠なる闇も恥ずかしい魔法陣で倒し、急に寄生していたDF達とのお別れシーン。
地味にマトイはここでプレイヤーがDF達に寄生されていた事を知るのですが、特に何のコメントもありませんし、ペルソナ以外のDFは一言もしゃべりません。
深遠なる闇にDFごときの力が通用する理由も、DF達が作った謎の魔法陣についても一切語られる事はありません。
考えるな!感じろ!
pso20200805_192730_275
あと急に仮面外すのやめて、ネタにしか見えないから。
pso20200805_192841_281
しれっと復活したシオンからはこれまたベタな一言が。
これより先はアカシックレコードも記憶できないと言ってたので、結局アカシックレコードというのはループする限られた世界の事だけを記したものだったという事らしいです。
pso20200805_193017_287
プレイヤーと3人のヒロイン?はシャオの力で無事元の世界へ。
pso20200805_193118_289
ちなみに、明らかになっていなかったので今まで脚本家とぼかした言い方をしてましたが、エンドロール見た限りEP6の最後まで宇野さんが書いてたみたいです。
辞めたどうのこうのというのはEP6まで書ききってからって事だったんでしょうね。
pso20200805_193953_293
エンドロールを見終わった後、プレイヤーはアッシュリスペクトのスタイリッシュ入水でまた任務へと向かうのであった・・・という所で今回のストーリーは終わりです。
ほぼサービス開始と同時期から始めたので、最後のスタイリッシュ入水だけは感慨深い物があり少しだけ感動しました。

総括

とにかくノリと勢いで突っ切ったという印象で、描写不足と意味不明さは過去一かもしれません。
  • オーザ・マールー・リサ・ピエトロ・ハンス・クロト・ファレグなどが一切出てこなかった
  • 作戦がガバガバすぎるし突入作戦を端折るな
  • 3人のヒロイン?や魔法陣のシーンが恥ずかしくて痛々しい
  • 結局プレイヤーはどうやって生まれてあの特殊能力を手に入れたのか
  • ループ1回目の宇宙は誰が作ったのか
  • 結局シバは何がしたかったのか
  • シオンやヴァルナはどうやって復活したのか
少し考えただけでも疑問が山ほど出てきます。
ただ、一言でまとめると「宇野さんはそこまで考えてないと思うよ」で殆どの問題は解決してしまう。
そんな事はEP1から百も承知とはいえ、8年間やってきた集大成がこれだと思うと少しだけ悲しくなる。

まだエピローグが残ってるのでそこで色々言い訳するんでしょうけど、後の祭りって感じ。
まあ、ある意味pso2のストーリーにふさわしい終わり方でしたよ。

ランキング参加中
クリックしていただけるとNGSのストーリーに宇野さんは一切関わらない。