子供の頃って読書やテレビやゲームなんかですぐに目が悪くなってしまいますよね。


かくいう私も、小学生の頃は 一度目が悪くなってしまい
眼科に通って治療をし、
なんとか通常の視力まで回復が出来たという経験があります。


しかし、一緒に通院していた友人の中には、
同じ治療を受けても視力が回復しない子も何人かはいました。


これって、遺伝とかなのではないかと思っていました。
実際にうちの家族は全員裸眼で、目の悪くなる人が少なかったのです。
なので、私は一時的に悪くはなったものの、すぐに治ったのではないかと考えました。


しかし、最近私の息子が目が悪くなってしまい、
お医者さんに見せに行ったところ、
なかなか視力が回復せず、ついにはメガネをすすめられてしまいました。
私の息子なのに目が悪くなるなんて・・・やはり遺伝ではないんですね。


お医者さんの話だと、
最近の子供で視力が低下する原因は
携帯やスマホをずっと見続けている事によって、
遠くにピントを合わせることが出来なくなることで、
目が悪くなってしまっているそう。


なので、出来るだけ遠くを見るようにして、
ピントを合わせるトレーニングをするようにしたほうがいいとのこと。


そうすることで、目が悪くなりかけの子供は大体、0.8ぐらいまでは
すぐに回復ができるらしいです。


私も子供にテレビゲームばかりさせずに、
外に遊びに連れていけばよかったとちょっと反省です。


お子さんの視力低下でお悩みなら・・・
1日13分、たった2ヶ月で大切なお子様の視力を回復させる方法があります。