何回も言っているけれども、WEB連載の漫画は熱い!侮れない!
その例に漏れず、この『少女週末旅行』も期待度は高めですよ。

comic_01

『最終兵器彼女』『五時間目の戦争』など、'戦争'をエッセンスにした漫画は、敢えてその正体をぼかすことが多い。戦争ではなくて、それを取り巻く人間模様を描くためだろう。

この『少女週末旅行』も、(まだ1巻だけれども)設定の説明は特にない。
戦争後の廃退した世界を廻る少女のちーちゃんとユー。そしてその理由さえも説明はない。

写真 2014-11-30 13 49 16 (1)

帯には「週末が日常だ」なんて書いてあるけれども、僕の印象では、この漫画の良さは1コマ1コマで描かれる世界観。もっと言えばそのスケールの描き方にあると思う。

2人の、とても他愛ない日常の会話をアップで描き、隣のコマでは一気に引きの画にすることで、気の遠くなるようなスケールの大きさを表現している。

写真 2014-11-30 13 49 16

恐らく作者自身も、その対比は意識しているように思われる。
わくわくするような世界観で、こういう風景や、冒険のような漫画は、ザ少年漫画といえるような胸の高鳴りがある。

説明を入れてこないので、この冒険の終着点はどうなるんだろうと、ドキドキです。

写真 2014-11-30 13 49 15 (1)

決して描き込んではいないんだけれども、なんか魅力的な画。僕の趣味に合うだけかもしれないけども、ラフなこの画風で敗退した世界を描くのは、なかなか良い組み合わせだなと思った。
すごい好き。

写真 2014-11-30 13 49 15

1巻のラストで、この世界の「次の層」にたどり着くのだが、その世界を目にした2人の姿の「引き」も実に素晴らしい。
この構図。冒険の予感を感じずにはいられないこの構図。
この画をみて胸が昂らない男子がいるだろうか!

写真 2014-11-30 13 49 14

センスの良い「引き」を、もっともっと出してきてほしいな。