2006年05月29日

観劇感想・村田康二・客演 はらぺこペンギン第7回公演『月下、浅草夢舞台』(2006/05/27)

2006/05/27 14:00〜 下北沢OFFOFFシアター

はらぺこペンギン 第7回公演

『月下、浅草夢舞台』 村田康二・客演 

 

村田氏との出会いはかいとうらんまの打ち上げの席だったと思う。中川絵美ちゃんから紹介されたんだったかな。フリーで役者をされているが、同時にサラリーマンとしても仕事をされていて芝居の時はかなりハードな生活をされているようです。

かいとうらんまではゲストで何回か出演されているが本参加はまだ無し。去年はちょっとお互い連絡が取れない状況で舞台を見れなかったので、ようやく久しぶりに彼が立つ舞台を見れる事に。昨年(多分2回くらいかな)から出演されているという劇団はらぺこペンギン。HPに書かれていた文章がちょっと気になるものだったので期待しつつ劇場へ足を運びました。

舞台内容は浅草オリオン座という劇場を舞台にした家族の物語。ストリップにお笑いにと大衆芸能の立役者だった劇場のオーナーとその息子達のすれ違いと相互理解。そこに劇場付きの芸人さん達が絡んできて・・・って感じです。こういうのはあらすじ書いてもねって感じなので省略(^^;

家族をテーマにしていてオーソドックスな小劇系でしたが、物語が進むにつれて味わい深いというかちょっとした人の心の動きをうまく捉えてて中々満足できるものでした♪たんたんとって言うのがやっぱり難しいんですよね。観てる方は飽きちゃうからw でも今回はそんな事無くうまく舞台に観客を引き込んでいきました。役者さん達の力量ですね、あれは。客演の双数姉妹・小林至氏、ちょとクセがある役なのか、氏そのものがクセある人なのか判断つきかねましたが印象深かったですね。物語の中核をなすキャラでしたら当然といえば当然なのかもしれませんが、あのクセがより深みを与えていたのは間違いないと思います。

それから小ネタやちょっとした設定なんかがまた面白かった♪村田氏はメインに絡む役で登場してきましたが、それがちょっとホモっぽい設定でたまに不可解な行動に出て・・・(爆 これまでやられていたサラリーマン風を踏襲しつつも新たな境地って感じで内輪ネタ的にも面白かったですね。ただ他のお客さんも結構受けていたので意外とはまり役なのかも?(笑 (すいません、、、村田さん♪)

最近この手のタイプの芝居は見てなかったので中々新鮮でした。また村田さんが客演するようなら観に行こうかな。

 

 


mera_m777 at 18:09│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
記事検索
プロフィール

米良君