2007年10月01日

観劇感想 新宿芸能社・第10回公演『へそのはなし』(2007/9/16)(中川絵美ちゃん出演)

毎度遅い観劇感想ですorz

9/26(日)に新宿芸能社・第10回公演『へそのはなし』を観劇して参りました。
こちら中川絵美ちゃんが所属してる劇団でございます。

14時からの公演でしたがちょっと早めの13時過ぎ頃に到着。サポーターズ優先入場用の整理券を頂き開場を待っておりましたら、劇団芝居屋かいとうらんまのメンバー四人がいらっしゃいました。はるばる岐阜からの遠征です。メンバー座長の後藤さん、一之瀬さん、藤谷さん、ニック。既に秋の岐阜・東京公演が決定しておりタイトルも『腐る善人』とこれまた興味をそそられるタイトルとなっております。ちなみに絵美ちゃんは東京公演に出演予定。まだ少し先の話ではございますが既にワクワクしております☆ そんな話をちょこっと後藤さんとしているうちに開場時間となりました。

サポーターズ優先入場のお陰で椅子席1列目(最前列は桟敷1列でしたらからすテージからは2列目の席)のほぼ中央をGet!☆
小劇場はやはりステージ側が醍醐味ですから(^^;
荷物を置いてトイレに向かうとステージ入口の物販コーナーで絵美ちゃんがグッズを販売しております。軽く挨拶をして用をすまし席に戻る私。

さて今回のお芝居ですが『へそのはなし』というタイトルから???な状態での観劇となりましたが、群馬の奥利根(おくとね)を舞台にした感動的な物語でした。
ダムに沈む町を守るべくここが『日本のへそ』だっ!と地図に載せてもらう為、奮闘する人々を軸に田舎ならではの人間関係を描きつつ、さりげない背景として語られる社会問題を絡めて物語は進んでいきます。意表をついたアイデアで『日本のへそ』が実現するか!と思わせての挫折orz それでも希望を捨てない人々によるラストはたまらない感動でした(涙

私の実家の隣にある村にダムがあります。そして私が生まる前に既に造られていたダムでもあります。小さい頃に干上がったダムを見た事がありまして、過去に家があったであろうあとや枯れた木を見て、子供ながらに切ない気持ちを抱いた事をおぼろげではありますが覚えております。。。そして私の実家からは多少遠い場所ではありますが私の田舎の五木村というところで今まさにダム問題が続いていたりします。昨年帰省した際に温泉を目的にその五木村に行きました。そこで目にした現実があったから、余計に今回の舞台がまぶしくてたまりませんでした。。。


今回、3人のゲストの方が出演されておりました。その中のお一人、劇団男魂の杉本凌士は私の同郷でした(^^; 人吉出身の杉本さん、酔っ払ったシーンではバリバリの球磨弁を話されててね、いやぁ〜「なつかしかぁねぇ〜」と頬がゆるみました☆役柄もかなり物語のキーに関わってくるものでありましたし、芸能社の色へのなじみ方にキャリアと実力を感じたしだいでした。
あとお二人は女性で福下恵美さんと伊藤ゆりえさん。お二人とも素敵でしたよ♪えぇもちろんお芝居も☆福下恵美さんですが、劇中にいっこく堂の物まねを披露されたんですが、それがすげぇ!!!マジびっくりでしたよ(^^;今回が初舞台らしかったのですが、そうは見えない存在感。くぅちゃんのキューティーハニーの熱唱で惚れてしまいました(ぇ
伊藤ゆりえさんはちょっと情報が無いのです劇団の方のブログから19歳という情報がありましたので新人さん?的な方かなと思っておりますが(詳細不明)、劇中なかなかのポジションの役柄を演じられていましたが見事でした(^^;次の公演とかをかなり期待しちゃってます☆

さて、いよいよ我等の絵美ちゃんですが劇中の舞台となる旅館の2代目女将。福下恵美さん演じるお嬢の継母の役。劇中飛び交う義理の母子の緊張感はもうお見事!ちらちら火花が見えておりましたよ(^^;そんな関係がラストで素晴らしい感動シーンへと繋がるところが羽原マジック!♪ 和服のシーンが多かったのですが華奢な身体であの着物の着こなしはさすが絵美ちゃん☆和服はうなじがポイントですが、ほんと素敵でした(^^; 登場実物のそれぞれにきちんとした設定がありましたが、私にとってツボだったが絵美ちゃんが演じた女将の過去。売れない役者をやっていた若い頃にお金が無かった為に風邪薬さえも買えなくて恋人を亡くしてしまったというのがかなり来ました。。。 『愛もお金で買える!』なんて言っちゃうくらいの拝金主義ではございませんが、それなりにお金で苦労して来ましたし未だそうですから(汗汗 堪えたんですよねぇ〜(涙

基本的に新宿芸能社の皆さんは高レベルで安定しているので毎回安心して舞台を拝見させて頂いております(^^;なので特に目を引いた方について書いて〆たいと思います。
まずは北島氏。物語のキーとなる神社の神主役を演じられたのですが、4人兄弟の長男で弟妹を必死に育ててきた感がひしひしと伝わって来ましてね良かった☆
捨て子だった弟の事についての母の遺言を話すシーンは参りました。
そして続くはムッチー!☆いつも元気一杯の役が多かったのですが、今回はそこに新たな要素が加わっててそれを見事に表現されてました(^^;

気持ち的には最低あと1回は観たかったのですが、諸事情で実現できず(涙
会を増す毎にレベルアップしていく新宿芸能社の公演、次も確実に観劇です!♪



・終演後
20070916_へそのはなし_01物販コーナーにて
かいとうらんま座長・後藤さん
絵美ちゃん




20070916_へそのはなし_02物販コーナーにて
ちかみれいさん
水原ムッチー












・追記
前回公演『どかちん』のDVDが販売されておりましたが今回は購入できずorz
次の買いには必ずGetせねばと心に誓っております(^^;
ちなみに前作『ちんどん』は既に何回も観ましてね、その度に泣いております。




mera_m777 at 21:20│Comments(5)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by えみぞう   2007年10月02日 12:44
待ってました!米良さんの観劇感想♪
有難うo(^-^)o
ほとんどお話しせずだったのでドキドキしてたんですよ〜。一応楽しんでもらえたのかな。
ダメ出しは次回会った時にでも(^_-)☆

うなじ誉められて嬉しいv(^-^)v着物はかなり気を使いました!詳細はダメダメ日記に書きますね。
ほんとに有難うでした!
2. Posted by 米良   2007年10月03日 12:28
>えみぞう さん
感想遅くなってごめんなさい。。。
色々立て込んでて中々書けませんでした。
他にも未だかけて無い感想があったりして・・・(汗汗
ダメ出しは無いのでご安心を(笑

ダメダメ日記、楽しみにしてますよ〜♪
3. Posted by 杉本凌士と申します   2007年10月06日 18:03
初めまして!人吉出身の杉本凌士と申します。
自分の名前をヤフーで検索してびっくり!
米良さんのブログに辿り着きました。
とっても嬉しく思えます。お声をかけて下さればよかったのに〜。
「ちなみに私の田舎の熊本県人吉市は〜」飲んでる席で、「僕の田舎の人吉は九州のヘソです」言ったのを、「じゃそれセリフで喋れ(笑)」と羽原さんからのサービス満点のセリフでした。
本番後に「私も人吉なんですよ」みたいに名乗り出るお客さんがいないかなぁと期待してたんですが、この様な形で同郷の人を知ってビックリです。
しかもお褒めの言葉まで頂いてて感謝です。
ちなみに親父の実家は水上村。米良さんのお隣ですよね。
水上、免田出身の同級生も観にきてくれてて感慨深いものがあったみたいです。
ちなみにその内の一人は川辺川ダム反対運動してます。僕も反対ですけどね。

4. Posted by 杉本の続きです   2007年10月06日 18:03
米良さんの事、えみさんに聞いたら「とーてもいい人です!」って言ってましたよ。
いつかお酒でも飲みたいです。
自分の劇団の芝居もよかったら観にきて下さい!劇団員全員九州男児のダメ男集団です。
やる時は案内させて下さいね。
では同郷の米良さん!今後ともどうぞ宜しくお願いします
5. Posted by 米良   2007年10月08日 16:26
>杉本凌士 さん
コメントありがとうございます。
観劇後にお声掛けをとも思いましたが、同郷ってだけでお声掛けするのは失礼かと思いまして遠慮してしまいました。
このような形でご挨拶できた事嬉しく思っております(^^;

男魂の公演の際はぜひともご連絡お願いします。ぜひ拝見させて下さい☆

球磨焼酎の里生まれなのに酒には弱いのですが(汗汗 ぜひお酒飲ませていただきたいです♪
今後ともよろしくお願い致します(^^;




この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
記事検索
プロフィール

米良君