極私的詩集

めれんげの詩、あるいは告発、告白… すべてを愛して、すべてを憎む。 この世の美しさと醜さを、わたしは愛しています。

Google+ けっこうここって、ヤバブログかもですwww

告発

大事なことなので再アナウンスします

leggara

わたしのブログ「即興の詩」http://blog.livedoor.jp/merange_as-merange/
近隣の創価学会員が、迷惑行為を繰り返しました。より


こんにちわ、みなさま。めれんげです。

今日、アメ村(大阪)へ用事があって行ってきました。
思えば、半年くらい前は難波近辺が、元ジッタリンジンのひとの騒ぎで、
大騒動だったんですよ。
jinsメガネが、そーゆー人の絡みだったのも、
全く知らなくて驚きましたねえ。
世界中から「なんば」へと、観光客が押しかけてるねんもん!!
ホテルのロビーにいると、まあ、各国のいろんなパスポートと言葉!!
ツアーコンダクターのチャイニーズの女性が、
ケータイの電話口で、パスワードを音読しているのを見かけて、
超暗号化された彼女の声に、セキュリティ意識の高さを
見たりもしました。

もちろん、彼女はその後、即パスワードを変えているのはわかりきってますしね。

でも、あんな騒ぎも一瞬だったようですね。
今日もアメ村は、それなりに人がいました。

みなさん。
邪推でしょうけど・・・
!いえ、違いますね。
あのジッタリンジン騒動は、創価学会のしわざですね。
ビンゴでしょ?ね?
極私的詩集その他で、めれんげは創価学会に全面的にNO!!を
突きつけていますが、ここだってそうです。
実際、暗殺(単なる人殺しです)されかけてますよ。わたし。

妄想。
思考盗聴。
事故死。
まあ殺される前にばらしとこうっと。

ge su da na google www.c.com1



merangefav2@googlejp
googlejp
gizen sine sine dan

google_tablet

marware inside wwwwwwwwwwwwot.com/merangep

もうぶっちゃけましょか??

google_tabletgooglejp
googlejpグーグルプラスですねえ。

こんな会社知ってましたか?私ビックリしました。

131211_220003
vedoor.blogimg.jp/merange_as/imgs/6/9/698a95e8.jpg" width="480" height="640" border="0" alt="131211_220003" hspace="5" class="pict" />
131211_220003
http://www.linkedin.com/profile/view?id=314107746この会社。goo〇〇〇の人材ブローカー部門ですね。



google_tablet

白い独房で異邦人を読みたかった

2007Oct23171806_386

殺人チャイムが、キンコンカンコン
四角い真っ白な中で
キンコンカンコン長いチャイムだ
うるさいうるさい
頭が割れる
何秒間の拷問だろうが、
このチャイムは憎しみを投げつけてくる
こんな嫌な音があるだなんて
聞かずに済めば
この憎しみは楽になるのか?

盗聴器に向かって因縁をつける
盗撮器のアングルを気にしてみる

情報処理しつづけなければ
わたしの大部分が、死ぬのだ
情報!
わたしのID!
性別!
氏名(フリガナ)!
氏名(漢字)!
生年月日!
初診日!
あとは、わからない!
生身のわたしは保護されて
安全を確保された

middle_1177135445
問題は自分のためのセキュリティだ
インターネットを代表するメディアへ
個人情報を提供する無防備さが
常軌を逸してると今頭をよぎった











そんなことよりも空調がこわれているのか
寒くてたまらない
この狭い空間には冷気がこもる

窓の外が暗くなると
今日が終わって
明日へと進める
進んださきには
ロッテリアのエビバーガーが待っている

眠るのがむずかしいのは
いつもの不眠症もあるし、
すべてが罠に見えてしまうし、
何よりも暗いのが怖いのだ。
暗いと困るのだ。
眠れない時、本を読めないから
眠る時に、暗くされると無意識に
暗くした相手に「いじわるする人」という属性を持たせるのだ
わたしは暗い部屋に不安感がある。
わたしの苦手なことを強要する人は、
属性。
すべての物事共通の敵。
効果。
不安をあたえてダメージを加えつづける。

朝になるまで熟睡できるのなら、
そんな薬があるとしたら、
一錠千円なら、わたしは毎晩払う

寝る前の、
今日の締めの
タバコなく、
日々過ぎ行くは
何か水臭い







続きを読む

原作。IDの定義、あるいは「手記その1」

贋作。IDの定義、あるいは手記その2

    野良犬みたいに、うろつかれさせられたよ

赤ん坊みたいに、無防備で恥知らずにさせられたよ

        ウジ虫みたいに、汚らしい目で見られたよ

新興宗教のように、うさんくさそうな目で見下されたよ

何か変だ。
        わたし何か変か?

むきだされちまったら、かくすもんすらないよな。

全くだ!!


涙すらも流す自由すらないよ。
誰にも見られずにいる自由なんてあるはずないよ。
だって、囚人なんだもん。自由なんてあるはずないよ。

しかし!!

ありえないことだ。
ここでは法律も守られていないんだ。
人権だなんてあるはずもないんだ。

b86212ee305c6d638021.jpg

存在が無意味だ

14_brain_rear_view_P1141737

役立たずめ
わたしは能無しには
用はない

気味の悪いやつだ
爬虫類なのか?

おまえがこの世に
存在することが
ナンセンスだ

生まれてこのかた
おまえには誰ひとりとして
目をかける者などいなかった
孤独に親しみすぎて
おまえは発狂した

妄想の中で迎える死は
さぞかし気楽だろうな
呪詛の言葉など吐くな
相手は人間様だぞ

臓器の管理

stomach
オマエの臓器を管理してやる

今日は胃袋の切除だ
胃酸にまみれた内側に
グラム78円のミンチを詰め込む
220度のオーブンで
50分焼いてみる

客が待っている
オマエの胃袋がメインディッシュだ
縫合する前に提供する

厨房にオマエをぶらさげて
明日のメニューを考える

因果律

hypno5

わたしの宇宙を
わたしの宇宙を乱すな
この因果律に逆らおうとも
終局にはお前の存在など
無に帰するのだから

見えざる手を侮るな

覗き見た瘋癲老人日記

IMG_2742

ちりめんのような老醜の皮膚
もはや黒目とは言えない白内障
濁りきって血走ったかつての白目
その息が放つ嘔吐物の臭い

奇妙に垂れ下がった男根は皺に埋もれ
もはや生殖器ではなく
中華料理の材料のよう

覗く
覗かれて書いた日記を覗く
覗く
覗かれた入浴を覗く

夜ごとの秘め事を覗くしなびた体
ここが見たいのでしょう?
こういうのを聴きたいのでしょう?
せいぜい楽しむがいいわ
命をすり減らして息を荒げて

ひとつひとつ執拗に書き込まれた日記
この世に残ることを望んでいるの?
早く気付けばいいのに
終わりが近いことに気付いている自分に

livedoor プロフィール

めれんげ(merange...

みなさまのコメントです☆
guests!

    みなさま来てくれてありがとうございます!

    ランキング
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ