2006年03月31日

お引越しのおしらせ

さて、12月にスタートしたこのブログ、早くも今日で丸4か月となりました。

日々の気ままな日記ですが、コメントをくださる皆さんに力をいただいて、益々充実させなければなと、決意も新たにしているところです。

ありがとうございます。

そして5か月目に入る明日、4月1日付で、ココログにお引越しすることになりました。

ページのデザインはほとんど変えず、これまでの投稿も全て移行させますが、コメントを移すことができないので、このライブドアのブログもずっと残しておきます。


新しいURLは
http://kaiyoko-katasumi.cocolog-nifty.com/blog/
です。

これからも、お時間のある時にお付き合いいただければ幸いです。

満開の桜の下で迎える新年度、新たな気持ちで歩んでいきましょう!!



mercurystaff_5 at 23:50|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

さようなら、ニフティ・サーブ

本日をもって、ニフティ・サーブのサービスが終了します。

ADSLを使ってインターネット接続をするようになってからも、使い慣れたソフトは捨て難く、ニフティ・マネージャーにお世話になってきました。

「えーっ!まだ使ってたの!?」って、驚かれちゃうかな。

接続しては保存して・・・と面倒だし、使い勝手は決して良くなかったけど、ポストに手紙が入った「メール届いてます」のマークや、「新しいメールが届いています」のボイスは、なんだかもう生活の一部になっていました。

保存メールもアドレス帳も、アウトルックに移して、と。
実際使ってみると確かに便利。

でも、アナログの香りを残したサービスの終了は、やっぱりちょっと寂しい。

明日からも、ついつい開いてしまいそうです。

今までどうもありがとう。

さようなら、ニフティ・サーブ!

mercurystaff_5 at 21:52|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

ひとり花見

いつも楽しみにしている、一本の桜の木。
今日はすっかり花開いて、既に散り始めていました。
2006年の桜
世田谷区某所。

個人宅の庭に根を下している大木。
区の保存樹木にも指定されています。

しかし、かなり剪定されたようで、去年までのようなあたり一面を覆い尽くす迫力はなくなっていました。



以前は、満開の夜に通りかかると、桜の花びらの隙間から夜空が覗くという、風情たっぷりの夜桜を堪能できたものです。

ちょっと期待はずれに終わってしまったけど、それでも民家の家並みからいきなり現れる桜色の景色には、やはり心動かされるものがあります。

とはいえ、迫力ある桜並木も楽しんでおきたいな。

明日、仕事の前後に、ちょっと足を延ばしてみます。
mercurystaff_5 at 14:56|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

2006年03月28日

少し早かった(>_<) !

昨日の桜のほころびようを見て、あわてて出かけた秘密の桜スポット。

まだやっと五分咲きか?といった状況でした。
明日は雨の予報。
週末に見頃となることを祈って…。

夜は友人と、渋谷で一杯。

熱い魂を持つ、テレビ番組制作者です。

大きなエネルギーをもらって、感謝。

mercurystaff_5 at 00:28|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年03月26日

小笠原伯爵邸にて

お世話になっているマーキュリースタッフィングさんのファミリーギャザリングに、参加させていただきました。

社員の方々やそのご家族、関係者の方々と交流できて、楽しいひとときを過ごしました。

会場となった「小笠原伯爵邸」のお料理は、スペイン料理がベース。

バスク地方のバルでおなじみの、一口サイズのおつまみ「ピンチョス」がズラリと並び、スペイン滞在中に3週間過ごしたサン・セバスティアンを、懐かしく思い出しました。

小笠原パティオには、マーキュリーの永野社長と息子さん。

社長のもうひとりのお子さん桃子さんは、なんと現役のノンノモデル!

誌面以上の可愛さとスタイルは、感動ものでした。




最寄りの駅近くの桜、帰りに通りかかった時は、行きの倍以上の咲き加減。
今日一日で、かなり開花が進んだようです。

明日は、「秘密の大木」を見に行こう!
mercurystaff_5 at 23:56|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年03月24日

映画「イベリア 魂のフラメンコ」

上映最終日の今日、きばちゃんと鑑賞。

イベリア全編音楽と舞踊のみで綴られる、95分。

特に、ダンサー達のからだ。
惚れ惚れと見入ってしまいました。

セビジャーナスも、あんなふうに色っぽく踊れたらすごいよなあ・・・。

ジーンズ姿で踊った、アラゴン地方の踊り「ホタ」も印象的でした。


監督のカルロス・サウラは、フラメンコ中心にダンス映画を数多く撮っていて、この手の映画を効果的に見せる方法を知り尽くしているかんじです。

フラメンコを観るきっかけになった「カルメン」、フラメンコの代表曲を最高のアーティストが奏で、踊った「フラメンコ」。


今回も素晴らしかったけど、ビニールに貼り付いて踊るナンバーだけはちょっと・・・。
歯型は付くは、貼りついた顔面も大変なことになっていました。

私は「笑」で反応してしまいましたが、きばちゃんにとっては、チョークで黒板をキキキっとやる音と同じくらい耐え難かったそうです。

せっかくの芸術作品なのに、安い感想で締めてしまってすみません・・・。

mercurystaff_5 at 23:52|この記事のURLComments(1)TrackBack(0)

2006年03月22日

パソコンが戻ってきました!

本日、日通にて突然の到着。

ラインを繋いてスイッチを入れたら、見慣れた画面が現れました。

よかった・・・。

Go21会世話人さんのように、しっかり対策講じておかなくてはいけません。
まずは、カバーからかな(^o^;






mercurystaff_5 at 23:55|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年03月21日

イチロー

d41201a0.jpgおめでとう!
mercurystaff_5 at 23:55|この記事のURLComments(1)TrackBack(0)

WBC

今日は仕事がいきなりキャンセルになってしまったおかげ(?)で、日本vsキューバ戦を観戦できました。

不思議と、「日本優勝、やったぁー!」みたいな感慨はなかったけれど、久々に野球観戦の醍醐味を味わえたかな。

もともと野球は好きだけど、試合をフルで観たのはいつ以来だろう?

選手の気合い、スタジアムの雰囲気など、「世界一決定戦」という冠がこういう試合を生むのなら、これからも長く続いてほしいです。

真剣勝負に水を差すへんてこりんなグループ分けや、ショボい審判などなど、今後の改革お忘れなきよう!

mercurystaff_5 at 21:54|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年03月17日

ハードディスクは無事だった

ボイストレーニングのあと、フラメンコのレッスン。

帰宅したら、一枚のFAXが届いていました。

パソコン修理の見積り。
メイン基盤とキーボードの交換で、89,565円也。

あーっ、痛い出費(>_<)

でもハードディスクが無事だっただけでも、不幸中の幸いだと思わなくてはいけませんね。

それにしても、手元になくなって改めて実感しました。
いかにパソコン頼みの生活をしていたか。

戻って来たらまた頼ってしまうのは目に見えていますが、距離をとり直してみるには、いいきっかけだったかもしれません。

mercurystaff_5 at 00:37|この記事のURLComments(1)TrackBack(0)
Profile

mercurystaff_5

Profile
マーキュリースタッフィング