日本におけるスポーツクラブが
事業化されたのは1970年代で、
1980年代になると余暇の多様化やバブル景気と
相まって企業の福利厚生の一環として
企業の子会社によるクラブが増加、
既存のスイミングスクールが参入するケースも見られた。
一方で1990年代になるとバブル崩壊で赤字のクラブが続出し、
企業の福利厚生のリストラで中小クラブの営業権を
大手クラブが買収・譲受するかたちで整理統合が始まった。
また株式を公開・上場するクラブや、
逆に投資ファンドの標的とされるクラブも現れている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ビリーズブートキャンプ