33b

先月にデビュー曲「ピンとくる(I've Got A Feeling)」を発表したばかりの6人組の新人ガールズグループS.I.S(エスアイエス)が、韓国の釜山と大邱、光州、仁川などの主要都市を巡る23日の初の地方ツアーバスキング公演を行った様子がネットで公開されている。

「妹にしたいガールグループ」というコンセプトのもと、GFRIENDにも通ずるような少女っぽい清純さとハツラツとした躍動感を併せ持つ彼女たち。

当然ながらGFRIENDのカバーステージを披露するのだけど、意外だったのはf(x)のルナのソロ曲「Free Somebody」のカバーステージに挑戦したこと。

LUNA f(x) - Free Somebody (1st Mini Album) CD with Folded Poster [韓国盤]

とってもダンサブルな曲ではあるのだけど、なにせソロ曲なわけで、バックダンサーがいるとはいえ、グループでパフォーマンスする際のデフォルトの振り付けがないといえばない。

もっとも、ルナ自身もけっこう激しく踊ってはいるので、あるといえば、あるのだけど。



1stミニアルバム - Free Somebody (韓国盤)
ルナ [f(x)]
SM Entertainment
2016-06-10

歌唱パートみたいな設定はS.I.Sが自分たちで行ったのだろうね。

それはいいとして、最も意外なのはこの選曲。

なぜなら、「妹にしたいガールグループ」というコンセプトのもと、GFRIENDにも通ずるような少女っぽい清純さとハツラツとした躍動感を併せ持つ彼女たちがカバーするタイプの曲とは思えないから。

もちろん元4minuteのヒョナほどではないにしろ、そこそこに扇情的な雰囲気はあるし、ダンスもわりとそれ系のもの。

そして、それがまた様になっているという。

まさしく、最近の新人系グループの女子たちのポテンシャルの高さを垣間見るようで、恐ろしくもあるし、頼もしくもある。

制作側のどんな要求にも応えられるだけの素養を持ち、その上での膨大な選択肢の中から、グループとしてのコンセプトを決めていく、そんなことが出来るなんて、ちょっと日本の芸能界では考えられないことだよね。

日本でのアイドルの育成方法って、この女子には何が出来て何が出来ないかをまずは見極めて、その出来ることの中から時代にマッチした要素を探し出すことから始めるわけで、そういう意味では成り行き任せというか、「瓢箪から駒」を待つしかないというか。

ルナのソロ曲「Free Somebody」をカバーするS.I.S、これまた表情がイキイキとしているよね。

72
73
74
75
76
77

デビュー曲「ピンとくる(I've Got A Feeling)」では決して見せない表情まで披露している。

本人たちには、きっとこういう曲の方が踊り甲斐があるというか演じ甲斐があるというか、少女っぽい清純さをアピールするよりも楽しいのではないかな、などと思ってみたり。








そんなS.I.Sによる韓国でのバスキングツアー。

新人系グループらしい、新鮮な表情がいくつもみられる。

69
68
51
54
55
63
70
71

予想以上にファンも集まっているし、そのファンたちとの交流も盛んな様子。

韓国に住みながらも、普段はソウルまでライブを見に行かれない人たちを対象としたバスキングツアーということらしい。

と言っても、釜山と大邱、光州、仁川などの主要都市。

さすがに、それ以上の地方には行かないということなのか。
まぁ、そうだよね。

そういえば、TWICEの「TT」をダンスカバーをしている映像もあった。





K-POPの端っこ!少女時代編
伝説のSGGの知られざる謎を解く



SISエスアイエス)釜山上陸作戦、通じたペンシム狙撃成功

SISエスアイエス)が去る15日から始まった23日の初の地方ツアーバスキング公演を成功的に終えた。SISは公式SNSライブ放送を介して、15日から週末釜山と大邱、光州、仁川などの主要都市では、バスキング公演を行うことを予告した。SIS所属事務所側は「デビューしてから3週間しかしていないにも関わらず、ファンから大きな愛を受けているだけに、ますますファンの近くで疎通して新人グループとして多くの大衆に刻印させようと、バスキングを企画した」と明らかにした。23日の間に書面をはじめと海雲台、経産、タラ、光州に続いて仁川富平まで多少窮屈な日程の中でも、ファンと少しでも共鳴するために努力した。都心の真ん中でバスキングを始めましょう、すぐに多くの人波が殺到したし、市民の関心を集中させた。SISは、既存のガールズグループの先輩のカバー曲(ルナ「フリーサムボディ」、ガールフレンド「ガラス玉」)だけでなく、825日に発表したデビューアルバムのいきいきしラブリーな魅力を前面に出したデビュー曲「感じがと」と収録曲「痛い」の舞台を披露しカール群舞と魅力的なメロディーで市民に挨拶の実績を確実に撮る成功した。舞台後はファンにサインと写真を撮ってくれるなど、忙しい日程にも時間を割いてファンたちと疎通した。 また、SNSのライブチャンネルでも一緒にしたバスキングツアーは現場をまだ見つけて来られなかったファンたちに臨場感のある充実した時間をプレゼントし、刻々とバスキング場所と時刻をお知らせしてファンたちがより簡単にバスキング公演を楽しむことができるようした。 バスキングを見たした市民は、「音楽番組をするところがソウルなど首都圏に集中しており、ガールグループや芸能人を見ることができなかった、実際のアイドルのバスキングの舞台を見ることができてとても良かった。」、「実際に間近で見るとメンバーそれぞれが魅力あふれるグループである。」、「ファンのために、様々なチャンネルで共鳴してファンと呼吸するようなガールズグループを待っていた。」など良い反応と応援のメッセージを残した。今回初の地方ツアーバスキングはSISを応援しにソウルから来たファンと、各地域のファンだけでなく、路上にいた市民の心を捕らえるに十分だった。そのため、週末のファンカフェの流入会員が急騰して、彼らの今後の動向が注目される。「星の中の予想外の楽しさ」という意味を込めている「Serendipity in Stars」の略で、妹を意味するSISTERの略Sis。の意味を同時に持っているガールグループSISは、先月25日に初のアルバム発売と同時に地上波音楽放送プログラム`ミュージックバンク'でデビュー曲'感じがと`で成功的なデビュー申告式を行った。

34


 

「ポスト少女時代」エスアイエス(SIS)、雲の人ごみの中弘大最初のバスキングソンリョ... 「ガールフレンドカバーからデビュー曲の舞台まで、

エスアイエス(SIS)がびっくりバスキング公演で弘大の距離を熱くした。11日ダブルエックスエンターテイメントはガールグループエスアイエス(SIS)が9日午後、ソウル麻浦区弘歩きたい街からバスキング公演を奇襲開催し、ファンと会ったと述べた。この日清純で女の子らしさがぷんぷん感じられる衣装を着て弘街に出たSISは、バスキング公演に先立ち市民にチームと本人の名前を紹介して関心を集めた。SISはガールグループガールフレンドの「ガラス玉」でバスキングの砲門を開くと、多くの人波が公演を見るためにメンバーの周囲に集まりながら、現場の雰囲気はさらに熱くなった。以降特有のいきいきしてラブリーな魅力を前面に出してデビュー曲「感じがと」と収録曲「痛い」の舞台を連続的に飾ったメンバーは、キュートな個人技とルナの「フリーサムボディ」カバー舞台まで披露し、市民にSISの名前と存在感を確実に刻印させることに成功した。所属事務所側は「何の予告なしに行われたバスキングにも多くの方々が熱い呼応を送ってくださったおかげで、正常に公演をよく仕上げることができた」とし「SISは今後も様々な活動でファンを訪ねて行く予定だから、より多くの関心と応援お願いします」と伝えた。SISは「星の中の予想外の楽しさ」という意味を込めている「Serendipity in Stars」の略で、妹を意味するSISTERの略Sis。の意味を同時に持っている。SISは、先月25日に初のアルバム発売と同時に地上波音楽放送番組「ミュージックバンク」でデビュー曲「感じがと」で成功的なデビュー申告式を行った。特にセクシーではなく、清楚で女の子女の子した魅力を精一杯浮上させ、激しいガールグループ大戦中「妹にしたいガールグループ」、「隣に住んでいた少女たち」、「第2の少女時代」に浮び上がって新たに浮上してている。一方、「ミュージックバンク」、3週連続出演とリアルタイム検索語1位、ポータルサイトのメインまで飾るなど歌謡界の期待の星で挙げられているSISは今週にも活発な活動を継続する予定である。

62


 

新人ガールズグループSISデビュー後初のバスキング公演

6人組新人ガールグループ(SISエスアイエス)がびっくりバスキング公演で仁川富平文化の街を熱くした。SIS17日午後、仁川富平文化の街からバスキング公演を開いてファンたちと意味深い時間を過ごした。この日清純で女の子らしさがぷんぷん感じられる衣装を着て富平文化の街に出たSISは、バスキング公演に先立ち市民にチームと本人の名前を紹介し、関心を集中させた。SISFree Somebodyでバスキングの砲門を開くと、多くの人波が公演を見るためにメンバーの周囲に集まりながら、現場の雰囲気はさらに熱くなった。以降特有のいきいきしてラブリーな魅力を前面に出して収録曲彩とデビュー曲「感じがと「舞台を連続的に披露し、市民にSISの名前と存在感を確実に刻印させることに成功した。所属事務所側は「何の予告なしに行われたバスキングにも多くの方々が熱い呼応を送ってくださったおかげで、正常に公演をよく仕上げることができた」とし、「SISは、今後も様々な活動でファンを訪ねて行く予定だから、より多くの関心と応援お願いします」と伝えた。「星の中の予想外の楽しさ」という意味を込めている「Serendipity in Stars」の略で、妹を意味するSISTERの略Sis。の意味を同時に持っているガールグループSISは、先月25日に初のアルバム発売と同時に地上波音楽放送プログラム `ミュージックバンク 'でデビュー曲'感じがと`で成功的なデビュー申告式を行った。特に、セクシーさではなく、清楚で女の子女の子した魅力を精一杯浮上させ、激しいガールグループ対戦の中でも `妹にしたいガールグループ」、「隣に住んでいた少女たち」、「第2の少女時代」に浮び上がって新たに浮上している。一方、「ミュージックバンク」、3週連続出演とリアルタイム検索語1位、ポータルサイトのメインまで飾るなど歌謡界の期待の星で挙げられているSISは今週にも活発な活動を継続する予定である。

58
59
57
40
35
32



大人乙女のためのスウィート&ロリータマガジン『ETERNITA』