17

オーディション番組であるMnetSUPER STAR K」出身の歌手ミンソが新曲「ZERO」を発表した様子。

新曲「ZERO」はゲームファンタジーをコンセプトにした曲で、ミンソの心地よい歌唱が引き立つ。初めに存在していた何かを探して旅立つという内容でゼロの状態である本来の姿を見つけてこそ見ることのできる、新しい世界観を表現している...

16
18
20
19
12
13
21
24
The Grand Dreams
Apop ENTERTAINMENT, MYSTIC ENTERTAINMENT
2018-03-07





そんなオーディション番組出身の歌手ミンソの新曲「ZERO」のMVが公開されている。
26
27
30
31
32
28
29
なるほど、「初めに存在していた何かを探して旅立つという内容でゼロの状態である本来の姿を見つけてこそ見ることのできる、新しい世界観を表現した」というだけのことはある、そういう内容の映像になっている。

たしかに、最初からアイドルグループには入るつもりがなかった彼女らしい、しっかりとした腰のある伸びやかなボーカルが印象的な楽曲でもある、そういう印象。



Zero
MYSTIC Entertainment, Nexon Korea
MINSEO
2018-07-23


K-POPの端っこ!少女時代編
伝説のSGGの知られざる謎を解く



ミンソ、清楚な魅力のビューティーグラビア公開毛穴1つ見えない美しい肌をアピール

最近、新曲「Is Who」と「ZERO」を立て続けにリリースした歌手ミンソが、雑誌「allure」韓国版7月号で新しい魅力を披露した。今回のグラビアにはミンソの初々しく清楚な魅力が込められており、グラビア撮影後に行われたインタビューでは、彼女ならではのクールで前向きなビューティーに関する哲学を語っている。特に撮影現場でミンソは、プロフェッショナルなポーズやビューティーモデルならではの毛穴一つ見えない健康的で綺麗な肌を披露し、スタッフを感嘆させたという。

01
02



ミンソ、723日に新曲「ZERO」を発表新しい世界観を表現

歌手ミンソが23日に新曲「ZERO」を発表する。「ZERO」はゲームファンタジーをコンセプトにした曲で、ミンソの心地よい歌唱が引き立つ。初めに存在していた何かを探して旅立つという内容でゼロの状態である本来の姿を見つけてこそ見ることのできる、新しい世界観を表現した。「The Grand Dreams」「Is Who」を作った作曲家イ・ミンス、作詞家キム・イナのコンビが再び合作した。ファン・スア監督が「ZERO」のミュージックビデオを演出した。キム・イナは自身のSNSを通じて「どれだけやってみたかったか、ゲームファンタジーっぽいコンセプト音楽。ゲームオタクとして幸せだった」と明らかにした。所属事務所のMYSTICエンターテインメントは「発表した曲ごとに多彩な魅力を見せるミンソは、今回のコンセプトの強い音楽もピッタリとやりこなし、広い音楽的スペクトルを誇った」と話し、「再びミンソの音楽的な新鮮さと驚きを見せるだろう」と伝えた。

03

ゼロトレ
石村友見
サンマーク出版
2018-05-11
羽が生えたように軽くなる! 

ミンソ、デビューショーケースを開催新人とは思えないステージに注目

20日午後、ミンソがソウル清潭洞(チョンダムドン)の一枝(イルジ)アートホールでデビューアルバム「The Diary of Youth」の発売記念ショーケースを開催した。

04
05

アカメが斬る! 零(9) (ビッグガンガンコミックス)
タカヒロ
スクウェア・エニックス
2018-08-25


話題の新人ミンソ、新曲「Is Who」を発売より一層成熟した姿に期待

ミンソが今まで見たことのない新しいビジュアルと音楽で戻ってくる。所属事務所MYSTICエンターテインメントは14日、「ミンソのデビューアルバム『The Diary of Youth』の3番目の楽曲『Is Who』が、20日に公開される」と明らかにした。「Is Who」は強烈ながらも洗練されたサウンドが際立つ、ヨーロッパスタイルの楽曲で、これまでバラード、フォーク中心の音楽を披露してきたミンソの新しい試みが見られる楽曲だ。IUの「夜の手紙」、チョン・スンファンの「雪だるま」のほか、さまざまなジャンルを行き来し、最も注目される作曲家のキム・ジェフィと、ミンソのデビューアルバム全曲の作詞を務めて、歌詞を通じてミンソに多彩なキャラクターを与えてきた作詞家のキム・イナが参加し、相乗効果を生み出した。青春の日記というテーマで1つずつ公開してきたミンソのデビューアルバムは、20代の青春を物語るミンソの成長を収めた日記(音楽)のようなものだ。最初の日記「The Grand Dreams」でまだ恋が分からない初々しい少女だったミンソが、2番目の日記「わかってないくせに」で痛みや苦しみを経験しながら、自身について少しずつ分かっていく。そして、今回の3番目の日記「Is Who」で、以前よりも多くのことを知ったミンソは、恋に対する感情を隠せず、限りないほど素直で堂々とした姿へと変身する。所属事務所は「感情の成熟度が高くなっただけに、ビジュアルと音色においても一段と強くなった姿を披露する予定だ」と明らかにした。

06



ミンソ、新曲「わかってないくせに」MV予告映像を公開清らかな歌声

ミンソが19日に発表予定のデビューアルバム「The Diary of Youth」の2番目の曲「わかってないくせに」のミュージックビデオの予告映像を公開した。「わかってないくせに」は4部作で構成されたミンソのデビューアルバムに収録されている曲で、作曲家パク・グンテとチェ・ジンソクがメロディーを作り、作詞家キム・イナが歌詞を完成させた。3月にまだ恋が何かもわからない初々しいときめきを込めた「The Grand Dreams」で爽やかな姿を見せたミンソは、今回「わかってないくせに」を通して成長する少女に変身した。予告映像ではギター演奏とミンソの清らかな音色の調和が際立つ。

07



ミンソ、gugudan キム・セジョンとの仲睦まじいツーショット公開久々に会えて嬉しい

gugudanのキム・セジョンと歌手ミンソが親友のケミ(相手との相性)を誇示した。ミンソは4日午後、自身のInstagramに写真を掲載した。同じ大学に通うキム・セジョンと撮ったツーショットで視線を引き付けた。写真でキム・セジョンとミンソは、爽やかなビジュアルを誇示した。二人は抜群の美貌で目を捉えた。ミンソは「本当に久しぶりに会ったセジョン。音楽番組が初めてだから、緊張した私を激励してくれてありがとう。gugudanのセジョン、皆ファイト」と、愛情たっぷりのメッセージを伝えた。

11




レンジで温めて鼻に入れるだけ! 

 
超簡単脱毛ワックス!「GOSSO」