24
Wonder Girlsの美人歌手ソンミが、ニューアルバム「WARNING」を発表した。


どうやら韓国のメディアをはじめ、多くの人たちがカムバックを今か今かと待ち望んでいた様子で、改めて彼女の人気の高さをうかがわせられる。

11
12
18
19
22
23
31
38







そんな元Wonder Girlsの美人歌手ソンミが発売したニューアルバム「WARNING」のタイトル曲「Siren」のMVが公開されている。
50
51
52
53
54
55
56
57
58

たしかに、息を呑むような美しさと言われるだけのことはある。
近年ますます持って磨きがかかっているような印象も。

楽曲的には、ベーシックなダンスナンバー。
どちらかといえばUKポップス的な感じ。

もしかしたら、スンミの美しさと反比例するような感覚もあるのかもしれないけれど、そのアンバランスさがじつは持ち味だったりもする。

けっこう攻めているのではないかな。





K-POPの端っこ!少女時代編
伝説のSGGの知られざる謎を解く



Wonder Girls ソンミ、新曲「SirenMV公開さまざまな姿で強烈に警告

Wonder Girlsのソンミが新曲「Siren」でカムバックした。「Gashina」「主人公」に次ぐソンミ3部作が「Siren」で華やかな完結を迎えることができるだろうか?ソンミは4日午後6時、韓国の全音楽配信サイトを通じて、ニューミニアルバム「WARNING」を発売して8ヶ月ぶりのニューアルバムでカムバックした。ソンミのタイトル曲「Siren」は、ソンミが作詞して、作曲家FRANTSとソンミが共同作曲した楽曲だ。3年前にWonder Girlsのタイトル曲候補に上がっていたことが知らされ、発売前から話題を呼んだ。「Siren」は神話の中に登場する船員を誘惑する美しい人魚で、非常時に危険を知らせる警告音でもある。ソンミは二重の意味を持つサイレンに着目し、自身だけの独特な感受性を感覚的に表現した。楽曲を通して緊張感あるサイレンの音と幻想的な歌声が雰囲気を盛り上げ、後半の鋭い歌声と強烈でどっしりとしたベースが楽曲のハイライトを飾る。ソンミが作詞した歌詞からも「Siren」の意味が分かる。「私が言ったじゃない。騙されるなって。この手を掴む瞬間、君は危険になるはずだと。それでも惹かれるからって。全部知りながらもなぜそんなにじろじろ見ているの」「いいから離して。少しも迷わず。知ってるんでしょう。君の幻想に美しい私はいない」「Get away out of my face。もう近寄らないで」など、強烈な警告が詰め込まれた歌詞が印象的だ。同時に公開されたMVでは、感覚的ながらもユーモラスな姿が詰め込まれている。無表情なソンミの隣で、1人パワフルに踊る別のソンミ、さまざまなコンセプトに変身して印象的な変化を披露するソンミの姿が視線を奪う。こうしてソンミは「Gashina」「主人公」に次ぐ強烈な楽曲「Siren」で3部作を完結させた。今後はさまざまな音楽番組を通じて精力的にカムバック活動を続けていく。

01




Wonder Girls ソンミ「新曲『Siren』はWonder Girls時代の最終候補曲だった」

Wonder Girlsのソンミが新曲「Siren」について、過去Wonder Girlsとして活動していた当時に発売する可能性があった曲であったと言及した。本日(4日)午後6時、ソンミはニューアルバム「WARNING」を発売。この日、ソウル梨花(イファ)女子大学サムスンホールにて「WARNING」発売記念ショーケースを行った。ソンミは新曲「Siren」を紹介し、「この曲は、実は23年前に作った曲だ。当時、私が手がけて提出した曲で、JYP ARチームで最終候補に残った。『Why So Lonley』と『Siren』で悩んだ」と振り返った。ソンミは「選ばれたのは『Siren』ではなく『Why So Lonley』だった。『Siren』はやっぱりバンドで編曲するのは難しかった」とし、「それからいつか『Siren』を披露できればと思っていた。私の好みがたくさん入っている曲だ。今回良い機会に恵まれてリリースすることができた」と紹介した。ソンミは昨年8月に「Gashina」、今年1月に「Gashina」のプリクエルとして作った「主人公」で活動した。「Siren」はこの2曲の流れを継ぐナンバーだ。

41



Wonder Girls ソンミ、新曲「Siren」予告映像第2弾を公開…“魅力的な眼差しを強調

Wonder Girlsの歌手ソンミが、強烈なサイレンを鳴らして帰ってきた。本日(3日)、ソンミはニューアルバム「WARNING」のタイトル曲「Siren」のミュージックビデオの予告映像第2弾を公開した。「Siren」のサウンドトラックと共に、ソンミの魅力的な眼差しが強調された。鳥かごでのソロダンスは、特有の魅力がより引き立った。所属事務所の関係者は「タイトル曲『Siren』のメインメロディーとなる悲しくても私は泣かないのメロディーが公開された。期待を高めている」と説明した。ソンミのカムバックは8ヶ月ぶりだ。ニューアルバム「WARNING」は、今月4日午後6時に発売される。

42



Wonder Girls ソンミ、新曲「Siren」予告映像&カウントダウンポスターを公開ハミングで歌うメロディに注目

ソンミのカムバックまであと6日が残ったことを知らせるD-DAYポスターでは、青いニットワンピースを着たソンミが、スポットライトを浴びている姿が写っている。全体的にブルートーンの写真で、赤い唇と照明で輝くヘアピンとブーツが視線を引き付ける。これはソンミの堂々とした表情を調和し、特別な雰囲気を与える。D-DAYポスターと同時に公開されたSpot Movieには、ソンミのハミングをBGMに、より一層多様なコンセプトをこなすソンミの姿が登場する。メロディスポイラーと推測されるソンミのハミングが、Spot Movieに夢幻的な雰囲気を与え、タイトル曲「Siren」への期待を高める。

43



Wonder Girls ソンミ、カムバックを控え金髪にイメチェン!近況ショットが話題

Wonder Girlsのソンミが、金髪に変身した。ソンミは本日(5日)、自身のSNSに長い金髪のヘアスタイルに変身した姿を公開した。はっきりとしたレッドリップに加わり、ひときわ異国的な雰囲気を醸し出している。「Gashina」「主人公」を通じてソロ歌手として疾走してきたソンミが9月、新曲でカムバックする予定であることが知られた。すでに9月のカムバックを目標に、本格的にアルバムの制作作業に突入した。タイトル曲の選定および収録曲の選定を進行中であり、近々ジャケットおよびミュージックビデオの撮影を行う。これでソンミは、1月に発表した「主人公」以来、約8ヶ月ぶりに新曲を発表することになり、活発な活動を予告している。

44

紳士は金髪がお好き [Blu-ray]
マリリン・モンロー
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2017-12-02


Wonder Girls ソンミ「MBC WATERBOMB 2018」でステージ披露セクシーなパフォーマンス

21日午後、ソウル松坡(ソンパ)区蚕室(チャムシル)洞蚕室(チャムシル)総合運動場でミュージックフェスティバル「MBC WATERBOMB 2018」が開催され、元Wonder Girlsがステージを披露した。

45
46

塗って3秒。クリームがパウダーに変化

Wonder Girls ソンミ、バリ島で披露したサマールック抜群のスタイルで女性美をアピール

Wonder Girlsのソンミが、夏のグラビアを通じて多彩な魅力をアピールした。ファッション誌「NYLON KOREA」は、ソンミの夏のグラビア「Hot Tropics」を公開した。今回のグラビアは、バリ島の鮮明な空と青い海を背景にソンミのラブリーな魅力を強調し、見る人たちの注目を集めた。この日、ソンミは花柄が目立つブルーのガウンにネイビー色のクロップトップ、デニムのショートパンツで爽やかなサマールックを完成させた。ここに華やかなカラーラインを飾ったおしゃれなサンダルを合わせ、可愛らしい雰囲気を演出した。また別のグラビアでソンミは、ホワイトのブラウスとデニムショートパンツにタッセルがポイントになったサンダルを着用し、清爽な雰囲気の女性美をアピールした。

47
48



Red Velvet スルギ、元Wonder Girls ソンミに悩みを打ち明ける「私の本当の姿より

Red Velvetのスルギが、元Wonder Girlsのソンミに自身の悩みについて率直に語った。韓国で本日(15日)放送されるJTBC4リアリティ番組「秘密のお姉さん」第7話では、一晩を共にして率直になったソンミとスルギの姿が公開される。番組で初めてすっぴんを公開することになった2人は、それぞれ異なる姿を見せた。スルギは何気なく化粧を落とし、「目が半分になった」と突飛で余裕のある姿を見せたが、ソンミは「どうしよう」と叫びながら心配する姿を見せ、笑いを誘った。ついに同じベッドで横になったソンミとスルギは、しばらく眠らずに遅くまで話し合った。スルギは「練習生の時に、歌で事務所に入ったが、スランプで声が出なかった。歌ができなくて踊りはじめた。誰かに私の声を聞かれるのが嫌で一人で練習していた」とデビュー前のスランプについて率直に告白した。また、スルギは「周りの人が私の本当の姿より、清純なコンセプトを求める」と悩みを打ち明けた。これにソンミも「Wonder Girls時代に事務所は清純なイメージを求めてきたが、私は清純に合う性格じゃなかった」と同じ悩みを持っていた過去を告白した。続けて「(コンセプトについて)言うべきことは言わなきゃと思った」とし、自身の本当の姿を見つけた後、ヒット曲「Gashina」を作るまでのビハインドストーリーを明かすなど、心のこもったアドバイスをした。

49
50




レンジで温めて鼻に入れるだけ! 

 
超簡単脱毛ワックス!「GOSSO」