09

Mnetバラエティ番組「SUPER STAR K3」出演を通じて注目を浴び、2014年にソロ歌手として正式デビューした、韓国ではダイエット美女としても有名な歌手パク・ボラムが新曲「もう一杯だけ飲んだら(one more shot)」を発表した様子。



今年「頑張らないで」「大丈夫かな」を相次いで発売し、実力派バラード歌手として生まれ変わり、特に「頑張らないで」では音楽配信チャートを逆走し、上位圏でロングラン、カラオケチャート上位の獲得する底力を見せた。今年、活発な活動と共に女性バラード歌手として存在感を表した...
11
12
13
15
16
19
07
08
21
23





そんな歌手パク・ボラムの新曲「もう一杯だけ飲んだら(one more shot)」のMVが公開されている。
25
26
27
28
過去のノスタルジーを刺激するビンテージなサウンドと重量感あるグルービーなメロディ、繊細ながらも切ないパク・ボラムの歌声が調和した
RBバラード曲...

まるで昔の裏ビデオを思わせるような荒い画質なのは、もちろん意図して加工したものだろうと考えられる。

恋愛をしたことがある人なら一度は感じたことがあるであろう、冷たく変わってしまった恋人に対する不安を一杯というテーマで描いた...

キャリアを重ねるごとにマニアックというか個性的なキャラクターになっていく感もある彼女。

今後どのようになっていくのかにも関心が集まっているとかいないとか。





K-POPの端っこ!少女時代編
伝説のSGGの知られざる謎を解く



パク・ボラム、新曲「もう一杯だけ飲んだら」予告イメージ公開ぶっきらぼうな恋人からのメッセージ

歌手パク・ボラムが愛の不安について歌う。パク・ボラムは韓国で9日、自身のSNSを通じてニューデジタルシングル「もう一杯だけ飲んだら」の予告イメージ第1弾を公開した。この日に公開された「もう一杯だけ飲んだら」の予告イメージには、遅い時間に恋人から送られたメッセージ内容が捉えられている。メッセージには普通の恋人のような温かい会話ではなく「気をつけて」「少し疲れてる先に寝る」などぶっきらぼうな内容が盛り込まれており、今回の新曲に対する好奇心を刺激する。特に、スマホの背景に「もう一杯だけ飲んだら」という新曲のテーマを暗示し、現在の時間を914日に設定して、ユニークな形で新曲発売日を公開してカムバックに対する期待を高めた。韓国で14日に発売されるパク・ボラムの新曲「もう一杯だけ飲んだら」は、過去のノスタルジーを刺激するビンテージなサウンドと重量感あるグルービーなメロディ、繊細ながらも切ないパク・ボラムの歌声が調和したRBバラード曲だ。恋愛をしたことがある人なら一度は感じたことがあるであろう、冷たく変わってしまった恋人に対する不安を一杯というテーマで描いた。パク・ボラムはその不安の中のさまざまな感情を、特有の叙情的な音色で表現して、リスナーたちの共感を引き出すだろう。Mnetバラエティ番組「SUPER STAR K3」出演を通じて注目を浴び、2014年にソロ歌手として正式デビューしたパク・ボラムは、Block Bのジコとコラボした「綺麗になった」、芸能人の人生を初々しい自身だけの視線で描いた「CELEPRETTY」、甘い愛の告白ソング「Dynamic Love]などを相次いでヒットさせ、ルックスはもちろん、より一層成長した音楽、パフォーマンス、ステージマナーを証明した。また、今年「頑張らないで」「大丈夫かな」を相次いで発売し、実力派バラード歌手として生まれ変わり、特に「頑張らないで」では音楽配信チャートを逆走し、上位圏でロングラン、カラオケチャート上位の獲得する底力を見せた。今年、活発な活動と共に女性バラード歌手として存在感を表したパク・ボラムは、今回の新曲「もう一杯だけ飲んだら」を通じて、より一層洗練されたバラード歌手パク・ボラムの魅力をアピールするものと期待を集めている。

01



パク・ボラム、新曲「大丈夫かな」MV公開切ない別れを表現した感性溢れるバラード曲

切なく悲しい別れの歌だ。パク・ボラムが得意なジャンルで、そしてより一層彼女に似合う感性あふれる楽曲を引っさげて戻ってきた。パク・ボラムが4日、新曲「大丈夫かな」を発売した。デビュー曲でハツラツとしたダンスをこなしたパク・ボラムはバラード歌手として新曲を発売した。パク・ボラムがもともと得意なジャンルの楽曲で、より一層深くなった感性で表現する。「大丈夫かな」は別れ話をパク・ボラムだけの感性とより深くなったボーカルで完成させた楽曲だ。パク・ボラムは先日発売した「Will be Fine」に続き、もう一度力のあるボーカリストとしての底力を見せている。表現力も、感性の深さも、聞く人にそのまま伝わってくる。この曲は、目の前の別れが遠ざかっていくことを願う女性の願いを込めた楽曲だ。現実的で切ない歌詞が十分共感を引き出す。日常的で、誰もが経験したことのある話が繰り広げられる。パク・ボラムの力のある感性溢れるボーカルが切ない雰囲気を与え、より一層魅力的な楽曲になった。「大丈夫かな。私のようにあなたも大丈夫かな/その時間の中で私を忘れたのかな/元気でねという言葉も言えなかった/私よりもっと苦しんでほしくて/涙や雨が降るように涙が/あなたを愛した私が嫌で/幸せにという一言も言えなかった/私よりもっと苦しんでほしい」パク・ボラムの美しいボーカルは、切ない感性をより一層際立たせるリスニングポイントだ。パク・ボラムは爆発するような高音で感情を表現し、安定した音色で楽曲をさらに豊かに表現した。バラード歌手としてのパク・ボラムを、さらに注目させる楽曲だ。

 




ソ・イングク&パク・ボラム、交際2年で破局公開恋愛に終止符

歌手で俳優のソ・イングクと歌手パク・ボラムが約2年の交際に終止符を打った。ソ・イングクとパク・ボラムは23日「約1ヶ月ほど前に別れた」と破局を認めた。ソ・イングクとパク・ボラム、双方の所属事務所は23日、OSENとの取材で「ソ・イングクとパク・ボラムが別れた」と明らかにした。ソ・イングク側は「ソ・イングクとパク・ボラムがそれぞれの活動とスケジュールのため、最近破局した」と明らかにし、パク・ボラム側も「ソ・イングクとパク・ボラムが約1ヶ月ほど前に別れた。良い先輩・後輩として残り、お互いを応援することにした」と伝えた。これでソ・イングクとパク・ボラムは熱愛2年で恋人からお互いを応援する良い先輩・後輩の関係に戻った。2人は2016年に恋人関係に発展した。密かに交際を続けてきて約16ヶ月後の昨年12月には、ソ・イングクとパク・ボラムが恋人関係であることが知られ、2人はお互いに頼り合っている関係だとし、熱愛を公式に認めた。ソ・イングクとパク・ボラムはオーディションスターという共通点がある。ソ・イングクとパク・ボラムは二人共「SUPER STAR K」出身で、ソ・イングクはシーズン1で優勝を獲得し、パク・ボラムはシーズン2TOP8にまで進出した。オーディションを通じてスターになったソ・イングクとパク・ボラムは、同じような悩みを持ち、悩みを分かち合いながら先輩・後輩として近づいてから恋人に発展した。特に、ソ・イングクとパク・ボラムは大変な時期をお互いに対する愛と信頼で乗り越えてきたことが知られた。ソ・イングクは現役で入隊したが、病気による兵役免除で気苦労が多く、パク・ボラムも母親の死去のため辛い時期を過ごした。2人はお互いに頼り合って大変な時期を乗り越え、痛みを分かち合いながら、愛を育てた。ソ・イングク側は「これからそれぞれの場所で惜しまず支持を送る、良い姿の先輩・後輩として残ることにした。どうか2人に励ましや応援をお願いしたい。多くの方々のご関心に応える気持ちで一生懸命に活動する姿を披露するので、見守っていただきたい」と明らかにした。パク・ボラムも「良い先輩・後輩として残り、お互いを応援する」と明らかにした。大変な時期を一緒に乗り越えてきた2人であるだけに、破局のニュースは残念だ。辛い破局を乗り越えて、さらに良い姿で戻ってくる2人に対するファンたちの応援の声が続いている。

04

史上最悪の破局を迎えた13の恋の物語
ジェニファー・ライト
原書房
2018-08-24


パク・ボラム「短期間のダイエットは推薦しない着実に行う心構えを持つべき」

雑誌「@star1」は最近、パク・ボラムとのグラビアやインタビューを公開した。パク・ボラムはカラークラッシュをコンセプトに弾ける魅力をアピールした。パク・ボラムは、ますますきれいになっているという褒め言葉に対し「25歳なったからなのか、最近はちょっと女性らしい魅力が出ているよう」と話した。幼い頃から芸能生活をしてきたパク・ボラムは「今は老練さが必要な時期である」とし「ステージの上でパフォーマンス的な部分を披露すべき時、それを受け入れる老練さがまだ不足しているようだ」と自分自身を振り返った。また彼女は「歌手としてのアイデンティティを探したい」と話し「バラード歌手としての立ち位置を固めていきたい」と、歌手としての悩みも打ち明けた。パク・ボラムは、春を迎えてダイエットのコツがあるかという質問に「短期間に体重を減量することはお勧めしたくない」とし「今日たくさん食べたから、明日からはダイエットを頑張ろうなどと思わずに、着実に行う心構えを持ってほしい」と助言した。

05




【欅坂46】欅共和国2017(初回限定盤) [Blu-ray]
 
初の野外ワンマンライブ「欅共和国2017」を映像化!