06
5人組のSM的美女系ガールズグループRed Velvetが5thミニアルバム「RBBReally Bad Boy)」を発表した様子。

事務所の屋台骨だった少女時代がかつての輝きを失った今、SMエンターテインメントの一翼として押しも押されもせぬ存在感を発揮しながら忙しく活動してきた彼女たち。

韓国メディアの取材を受けたメンバーたちは「
11月最終日にカムバックするが、もう2018年が1ヶ月しか残っていないなんて信じられない。今年は本当に忙しく過ごした。全部記憶に残っていて、1つを選ぶことは難しい」とコメントしたとか。
14
05
07
08
10
15
12

01





そんな5人組のSM的美女系ガールズグループRed Velvetが発表した5thミニアルバム「RBBReally Bad Boy)」のタイトル曲RBB」のMVが公開されている。
28
27
26
29
30
32
33
31
34
35
25
RBBReally Bad Boy)」は、「悪い男」に対する興味深い感情を描いた歌詞とRed Velvetの伸びのある高音が調和したRBポップダンス曲だ。メンバーたちは「『Really Bad Boy』というタイトルで『Bad Boy』を連想するかもしれないが、楽曲の雰囲気は全然違う。パフォーマンスも長い期間準備した。早くお見せしたい」...

作品を発表するごとにますますその美しさに磨きがかかる彼女たちの一挙手一投足に注目が集まっている。

金髪姿のスルギもいい感じ。








Red Velvet、モバイルゲーム「炎の闘球児 ドッジ弾平」にキャラクターとして登場スキル動作&必殺技で個性を表現

「炎の闘球児 ドッジ弾平」のRed Velvetのキャラクターが29日に発売された。SBSで放送されたアニメーションを原作に開発されたモバイルゲーム「炎の闘球児 ドッジ弾平」は、Red Velvet5人のメンバーをモデルにしたゲームキャラクターを発売した。このうち、アイリーン、ジョイ、スルギのキャラクターが先に発売された。snowpipeは「『炎の闘球児 ドッジ弾平』のゲームを通じてメンバーそれぞれの個性がうまく表現されるように、カードイメージ、スキル動作だけでなく、必殺技アニメーションに至るまで、あらゆる部分で細かい真心を注いだ」と明らかにした。今回の「炎の闘球児 ドッジ弾平:火花シュートの伝説 Red Velvetエディションについてより詳しい情報はsnowpipeのホームページと「炎の闘球児 ドッジ弾平:火花シュートの伝説」の公式カフェで確認できる。

18



Red Velvet5thミニアルバム「RBB」本日リリース音楽番組でカムバックステージ初披露

Red Velvet30日の午後6時、各種音楽配信サイトを通じて5thミニアルバム「RBBReally Bad Boy)」をリリースする。同名のタイトル曲「RBB」は、中毒性の強いメロディーが際立つRBポップダンスジャンルのナンバーだ。新譜には「RBB」の韓国語及び英語バージョンを皮切りに、恋に落ちる瞬間のファンタスティックな感情を蝶の姿に例えた「Butterflies」、愛の感情を感覚的に表現したRBベースのフューチャーベース曲「So Good」、Red Velvetの多様なボーカルが耳をとらえるアーバンポップダンス曲「Sassy Me」、オールドスクール感性のポップダンス曲「Taste」まで計6曲が収録された。Red Velvetはこの日、KBS 2TV「ミュージックバンク」で新曲のステージを最初に公開する。「RBB」と収録曲「Butterflies」のステージを披露する予定だ。これと共に韓国で午後1010分に放送されるKBS 2TV「芸能街中継」に出演する。

20



Red Velvet5thミニアルバム「RBB」カムバック前夜にネタバレ大放出ポイントダンスも公開

29日午後、NAVERV LIVEでは、「Rアルスロク(知るほど)Bボルスロク(見るほど)Bボゴシプン(会いたい)Red VelvetカムバックLIVE」が配信された。30日午後6時、各音楽配信サイトを通じて5thミニアルバム「RBB」をリリースするRed Velvetは、カムバックを翌日に控えて、一足先にファンたちに会い、ニューアルバムについて話した。メンバーたちは「11月最終日にカムバックするが、もう2018年が1ヶ月しか残っていないなんて信じられない。今年は本当に忙しく過ごした。全部記憶に残っていて、1つを選ぶことは難しい」とコメントした。2018年を忙しく突っ走ってきたRed Velvetは、1番感動的だった瞬間として平壌(ピョンヤン)公演を選んだ。メンバーたちは「私たちみんな泣きそうになった。平和に一歩近づいていくことに役立つために使命感を持っていったが、同じ民族であることをしみじみ感じた」と当時を振り返った。8月のソウルを皮切りにワールドツアーを通じて世界のファンに会ったRed Velvetは「やるたびに楽しかったし、感動した。言葉が異なるのに、歌詞も全部覚えて、応援方法も全部覚えていたので、ここが韓国なのかどこなのか分からなくなった」「ツアーが終わってから、食べるという小さな楽しみがあった。言語の勉強も熱心になる」とし、ファンに対する愛情を表した。また、来年2月アメリカでも単独コンサートを開催することに対しても「オー・マイ・ゴッドだ。本当に信じられないし本当に不思議だ。シカゴでファンミーティングをした時も、私たちがここでファンミーティングをすると話したけれど、コンサートまで開催することができて本当に嬉しい。英語を忘れてしまったので勉強をたくさんしてから行かなければと思う」と話した。Red Velvetは明日リリースされるニューアルバムに対して、スポイラー(ネタバレ)する時間を設けた。今回のアルバムのタイトル曲「RBBReally Bad Boy)」は、「悪い男」に対する興味深い感情を描いた歌詞とRed Velvetの伸びのある高音が調和したRBポップダンス曲だ。メンバーたちは「『Really Bad Boy』というタイトルで『Bad Boy』を連想するかもしれないが、楽曲の雰囲気は全然違う。パフォーマンスも長い期間準備した。早くお見せしたい」とし、ポイントダンスまで公開して期待を高めた。その他にもこの日、Red Velvetはさまざまなモクバン(おいしそうにたくさん食べる番組のこと)と共に質問に答えながらファンたちと交流した。

21




ソルリ、少女時代 テヨン&Red Velvet ウェンディの応援に感謝「ジンリ商店」ポップアップストアで記念撮影

「ジンリ商店」のCEOになったソルリが少女時代のテヨン、Red Velvetのウェンディに感謝の気持ちを伝えた。ソルリは24日の午後2時から8時まで、江南(カンナム)区新沙洞(シンサドン)にあるVERUTUMショールームで、リアリティー番組「ジンリ商店」のポップアップストアを開き、代表として運営から販売まで自ら参加し、ファンと交流した。この日、同じ所属事務所の仲間である少女時代のテヨン、Red Velvetのウェンディなどがポップアップストアを訪れ、ソルリを応援した。これにソルリは、自身のInstagramにテヨン、ウェンディと一緒に撮った写真を掲載した。ソルリは「大好きなテヨン姉さん、今日は来てくれてありがとう。癒やしそのもの。美しい」「愛おしいスンワン(ウェンディの本名)とてもありがとう。忙しいスケジュールなのに、ウェンディ最高。今回の活動、応援している」と、テヨンとウェンディにそれぞれ感謝の気持ちを伝えると共に、Red Velvetのカムバック活動を応援した。

22
23

テヨン (少女時代) 3rdミニアルバム - Something New
テヨン (少女時代)
SM Entertainment
2018-06-18


Apink オ・ハヨン&Red Velvet ジョイ、同い年の仲良しショットが話題異なる魅力の2

Apinkのオ・ハヨンがRed Velvetのジョイと96年生まれ同士の親交を明かした。3日、オ・ハヨンは自身のInstagramに「『パジャマ・フレンズ』」という書き込みと共に写真を掲載した。公開された写真の中でオ・ハヨンは同い年のRed Velvetのジョイと一緒にカメラに向かってピースサインをしており、成熟した魅力あふれるオ・ハヨンと爽やかなジョイのそれぞれ異なる魅力が、ファンの注目を集める。二人は韓国で3日に放送されたLife Timeチャンネル「パジャマ・フレンズ」で96年生まれの同い年のケミストリーをアピールし、一緒に旅行に行く姿が描かれた。特別ゲストとして合流したApinkのオ・ハヨンと江原道(カンウォンド)旌善(チョンソン)に癒しホカンス(ホテル+バカンス)に行くことになった。歌謡界では先輩と後輩関係だが、ステージの裏では同い年の親交が微笑ましい。

24




長濱ねる1st写真集 ここから