06
少女時代の後輩グループであり、同時にRedVelvetの先輩グループでもある4人組のSM的ガールズグループf(x)のルナが、デジタルシングルEven So」を発表した様子。

ソルリの脱退と前後して、なんとなくグループとしての活動が失速していった
f(x)だけど、その中でもルナは比較的活発に音楽活動を継続している模様。
01
02
05
09
11
14
15





そんなSM的ガールズグループf(x)のルナが発表したデジタルシングルEven So」のMVが公開されている。
22
23
24
03
21
17
Even So」はグルービーなベースとファンキーなギター、温かいシンセサウンドが調和したミディアムテンポのポップナンバー。ルナが書いた日記の内容をもとに、生活に疲れたすべての人々に力を与えたいというルナの希望のメッセージを盛り込んでいる...

映像的にはデジタルっぽいけれど、サウンド的にはアナログ的な印象。どことなく違和感もあったりするものの、これはこれで新しい試みなのかもしれない。







f(x) ルナ、新曲「Even SoMV公開日記での率直な告白を歌詞にしばらくほっといて。私は大丈夫

ルナは今日(3日)午後12時、タイトル曲「Even So」をはじめ、新しいデジタルシングルを公開し、9ヶ月ぶりにカムバックした。ルナがソロ新曲を発売するのは、昨年4月の「Night Reminiscin'」以来9ヶ月ぶりだ。ルナは9ヶ月ぶりのカムバックで自作曲を披露し、真剣勝負を選んだ。「Even So」はグルービーなベースとファンキーなギター、温かいシンセサウンドが調和したミディアムテンポのポップナンバー。ルナが書いた日記の内容をもとに、生活に疲れたすべての人々に力を与えたいというルナの希望のメッセージを盛り込んでいる。f(x)では華やかなステージマナーで、ソロ舞台では優れたライブとパフォーマンスが調和したディーヴァとして愛されるルナは、「Even So」で感性あふれるディーヴァの姿を見せた。「泣いたって何かが変わるわけないけど、思いっきり泣いてしまいたい/我慢する必要はないと思うけど、今よりは良くなる/Na na na na na 軽く見過ごすこともできるのに、今日に限って涙が重い/君たちのひそひそ話が私を苦しめたの/Oh 私は心が弱くなったのか。これは私が望んだことではないのに」「しばらくほっといて。私は大丈夫なの /ちょっと待ってね。ひとりになりたい私の気持ちなの/そう。全てが私のせいだと言いたい/他の誰かのせいにする自信がない/一人で耐える闇の中に残されるのは嫌」Even So」には、ルナは今まで言えなかった日記の中の話が率直に盛り込まれている。泣いたって何も変わることはないだろうが、思いっきり泣いてこそ心のわだかまりが解ける悩み、軽く見過ごすこともできるけど、結局それができなくて泣くしかないという、人々のひそひそ話に傷ついたルナ。そしてルナのような悩みを抱いている人々へのメロディが心に響く。MVには華やかなステージと孤独なステージの下、そのギャップの中で悩むルナの姿が描かれている。多くの人に囲まれて華麗なスポットライトを浴びているが、いつも一人で寂しさを感じるルナ。「しばらくほっといて。私は大丈夫」と歌うが、すぐ涙を流してしまうルナの姿が「Even So」に盛り込まれた多くの物語を想像させる。

07

告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)
湊 かなえ
双葉社
2010-04-08



f(x) ルナ、カムバックに先駆けて生配信でファンに会うタイトル曲「Even So」を初披露

f(x)のルナがカムバックに先駆けてNAVERのライブ映像配信アプリ「V LIVE」でファンたちに会う。ルナは新デジタルシングル「Even So」の発売に先駆けて、13日午後9時、NAVER VSMTOWNチャンネルを通じて、生放送「f(x)ルナカムバックに嬉しくて泣くよ『Even So』-2019 LUNA's LUNIGHT」を配信し、好評を得るものとみられる。この日の放送でルナは近況トーク、新年の計画などさまざまな話でファンたちと交流するのはもちろん、期待を高めているタイトル曲「Even So」をライブで初披露する予定であり、関心が高まるものとみられる。ニューシングルのタイトル曲「Even So」は、グルービーなベースとファンキーなギター演奏、温かいシンセサウンドが調和をなす、ミディアムテンポのRBポップ曲で、ルナは「楽曲を制作する間、幸せだった。飾らない自身の気持ちを込めた楽曲であるだけに、多くの方々に温かい慰めになればと思う。特に、歌詞に集中して聴くと、深く共感していただけると思う」と紹介し、期待を高めた。

10



f(x) ルナ、振り込め詐欺の犯人に激怒「家族が被害に…悔しくてしょうがない」

ルナは17日、自身のSNSに「この頃流行っている振り込め詐欺のことですが、私のNAVERのアドレス帳をハッキングし、カカオトークで私になりすましてIDをルナ、パク・ソニョンに変え、お金を借りてほしいという事件が発生しました。絶対騙されてはいけません」という文章を掲載した。続けてルナは「カカオトークをよくご覧になりますと、プロフィールに赤い地球儀の模様があるのは、全部振り込め詐欺ですので参考にしてください。特に祖母や祖父、親が被害に遭い、私もとても悔しくて怒っていますが、二度とこんなことがないことを願う気持ちで勇気を持ってこの文章を書きます」と付け加えた。ルナは「最近、SNSアカウントから個人情報までハッキングして、家族や知人たちにお金を求める詐欺事件があって。こんな悪い行為をするのが仕事中で、母からの電話に出られなかった自分のせいみたいで、悔しくてしょうがない! もっと腹が立つのは今朝、またうちの母に連絡が来たそうです」と被害について語り、憤った。また、ルナは「私はこんなことで崩れず、もっと一生懸命働いてもっとたくさん稼いで親孝行します! 私が歌手として生きて働きながら、うちの親や家族のため一生懸命集めたお金を罪悪感なしに盗んだ詐欺師の方々! そんなにお金を稼いだら幸せですか。お金を稼ぐことって本当に簡単だと思いますよね」とし「毎晩昼夜を問わず、親が苦労しないように私が10年間学校に通いながらバイトをして稼いだお金を一生懸命使ってください。私はもっと強くなってこんなことで崩れたりしません」と警告した。

13



Red VelvetからNCTまで、SM所属アーティストが「ボヘミアン・ラプソディ」を大絶賛…記念ショット公開

SMエンターテインメント所属のアーティストたちが映画「ボヘミアン・ラプソディ」を絶賛した。「ボヘミアン・ラプソディ」は音楽への夢を育てていたアウトサイダーから伝説のロックバンドになったフレディー・マーキュリーとQUEENの独創的な音楽と華やかなステージ、そして彼らの本当の物語を盛り込んだ映画。1113日(火)「SMTOWN CULTURE DAY」にはSMエンターテインメントのイ・スマン総括プロデューサーと所属アーティストおよび職員たちが参加し、フォトウォールとQUEENの象徴である王冠、「we will rock you」と書かれた応援タオルなどを活用して観覧前から認証ショットを撮影しながら関心と期待を示した。映画観覧を終えたSM職員たちとアーティストたちは「ボヘミアン・ラプソディ」を絶賛し、エンディングクレジットが終わるまでその場を離れなかった。QUEENの紹介で始まった今回のイベントでイ・スマン総括プロデューサーとアーティストをはじめとした約400人の職員たちは、今回のイベントは創作をする人々に共感できる感動的で意義深い時間だったという感想を語った。

16




長濱ねる1st写真集 ここから