03

2006年にデビューした韓国の女性4人組ベテラン系ガールズグループBrown Eyed Girls(ブアガール、B.E.G )が、じつに4年ぶりになるニューアルバム「RE_vive」を発売した様子。

結成したのがいつなのか知らないけれど、デビューしてから数えてもすでに14年間の歳月。
よくこれまで解散しなかったものだと思うけれど、いちおうそれなりの理由はあるらしい。 


彼女たちは、解散せずに14年間にわたり維持してきたチームワークの秘訣について「お互いに親密になりすぎずに適切なビジネス関係を維持することでチームワークを維持してきたと」話し、注目を集めた...

そもそも、ちゃんと音楽ビジネスとしても成立していたということなのかもしれない。

01
02
04
05
08
10
12
13
14
17
18





そんなベテラン系ガールズグループBrown Eyed Girls発表したニューアルバム「RE_vive」のタイトル曲のひとつ「ワンダーウーマン」のMV

ドラッグクイーンがたくさん出てきたりと、いろんな設定そのものはさておき、ベテラングループならではの圧倒的な歌唱スキルと存在感を存分に味わえる作品。

11
15
Re_vive(輸入盤)
Brown Eyed Girls / kakaoM / 2019-11-06






Brown Eyed Girls、ダブルタイトル曲「ワンダーウーマン」「私が私を捨てた理由」MV公開…独自の世界観に注目

Brown Eyed Girlsは28日午後6時、各音楽配信サイトを通じてニューアルバム「RE_vive」を発売した。「RE_vive」は、Brown Eyed Girlsが異なる視線で名曲に新たな息を吹き込んだリメイクアルバムで、1980年代から2000年代まで、K-POPの歴史を飾ったユン・サン、シム・スボン、オトンナル(ある日)、オム・ジョンファ、イ・ウナ、BASIS、god、キム・グァンジン、イム・ヒョンジョン、チョ・ウォンソンの名曲を選定し、Brown Eyed Girlsだけのボーカルの組み合わせとグループのアイデンティティを加え、完成させた。Brown Eyed Girlsは、異なる雰囲気の「ワンダーウーマン」と「私が私を捨てた理由」をダブルタイトル曲に掲げた。「ワンダーウーマン」は、ファンキーなギター演奏とエレクトロニックな編曲でBrown Eyed Girlsの愛らしい魅力を感じることができる楽曲だ。「私が私を捨てた理由」は悲しく、夢幻的な雰囲気を最大化させたバラードナンバーで、メンバーたちの爆発的な歌唱力が際立つ。特に「ワンダーウーマン」は、チョ・ウォンソンが歌った原曲とは正反対の雰囲気で聞く人を魅了する。Brown Eyed Girlsのすがすがしいボーカルも圧倒的だ。ミュージックビデオでも黒いタキシード姿のBrown Eyed Girlsのメンバーたちと、ウェディングドレスを着たドラァグクイーンたちが登場し、型破りで神秘的な雰囲気を続けていく。今回のミュージックビデオは、毎回独自のコンセプトでBrown Eyed Girlsだけの世界観を見せてくれたファン・スア監督が演出を担当した。また、ユン・サン、キム・ヒョンチョル、イ・ミンス、G.gorilla、Ra.D、栄光の顔たち、クァク・ジノン、SUMIN、K JUNなど、実力派アーティストたちが編曲に参加し、アルバムに力を添えた。この他に「結局ありふれた恋の物語」「哀愁」「笑顔を浮かべて私を送ったその姿のように」「空」「愛しか私は分からない」「愛は春の雨のように、別れは冬の雨のように」「招待」「手紙」などバラードからダンス、ラテンポップ、シティポップ、フォークなど多彩な雰囲気の楽曲を収録し、Brown Eyed Girlsだけの多彩な音楽を披露した。Brown Eyed Girlsは、今回のリメイクアルバムでも耳馴染みがある名曲を予想外の編曲で披露し、弾ける個性を誇った。名曲の再誕生を知らせたBrown Eyed Girlsのアルバムがどれほどの人気を得るのか期待が高い。
20


Brown Eyed Girls、14年間も続いたチームワークの秘訣?「親密になりすぎずにビジネス関係を…」

Brown Eyed Girlsが14年間一緒にしてきた秘訣を明らかにした。明日(26日)韓国で放送されるJTBC「知ってるお兄さん」には、Brown Eyed Girlsが転校生として登場する。 4年ぶりに完全体で集まった彼女たちの「知ってるお兄さん」出演のニュースは、放送前からネットユーザーたちの間で話題になった。Brown Eyed Girlsのメンバーたちは「知ってるお兄さん」の収録で、ファンの期待に応えるかのようにベテラン芸能人らしい流暢なトークを披露した。また彼女たちは、解散せずに14年間にわたり維持してきたチームワークの秘訣について「お互いに親密になりすぎずに適切なビジネス関係を維持することでチームワークを維持してきたと」話し、注目を集めた。心温まる話が行き交うだろうという予想とは裏腹に、メンバーたちの現実的かつ率直な答えが笑いを誘った。一方、メンバーたちの温かいチームワークを垣間見ることができるトークも続いた。末っ子のガインは「デビュー前に宿舎生活をする時から、姉さんが私をおんぶして育てるかのように、よく面倒を見てくれた」とメンバーへの愛情を表わした。特に「私が学生だったときは、メンバーが腕枕までしてくれた」というエピソードも伝え、14年の友情をアピールした。
22


Brown Eyed Girls、4年ぶり!完全体でカムバックを予告…生放送で発表

Brown Eyed Girlsは25日午後、NAVERのライブ映像配信アプリ「V LIVE」で「Brown Eyed Girlsサプライズライブ」を披露し、ファンに挨拶した。久しぶりにメンバー全員が揃った姿にファンは熱烈な反応を見せた。メンバーらは引き続き増え続ける視聴者数を見て「とても会いたかった。実は(放送するまで)視聴者が200人くらいだろうと思った」と感謝した。メンバーたちは「最近、私たちはアルバムの打ち合わせをしています。10月にカムバックする予定です。本当に最終段階です。嘘ではないですよ」とカムバックを知らせた。ジェアは「とてもたくさんの方々が待ってくださっていることを知っているので、本当に一生懸命に準備して披露しようと思い準備しています」と期待を呼びかけた。7分という短い間、ファンとコミュニケーションをとったBrown Eyed Girlsは、次回のライブ放送を約束し、ファンに挨拶した。2006年にデビューしたBrown Eyed Girlsは、2015年に「Basic」を発売していこう約4年ぶりにメンバー全員そろって活動を再開すると発表し、話題となっている。
23



小林由衣 「感情の構図」