41

韓国内の音楽配信チャートを席巻し続け、その驚異的なストリーミング実績から音源女王と呼ばれているらしいSSW系女性デュオ「赤頬思春期」(あかほおししゅんき)の2020115日にリリースする日本オリジナル1stシングル「LOVE」のMVが公開されている。

日本人からすると信じられないくらい人気のデュオとのこと。 


赤頬思春期は、韓国で1億回のストリーミング再生数を記録した曲をなんと7曲も保有し、新曲をリリースするたびに韓国の音楽チャートを席巻するほど絶大な人気を誇っており、多くの主要アワードで受賞を果たすなど名実ともにスターダムに登り詰めた。今年6月に日本デビュー、“サマーソニック2019”へも出演を果たした。また、ティーンのカリスマである横田真悠が出演した配信限定シングルの楽曲「私の思春期へ」のミュージックビデオは、動画再生回数が150万回を超え、“歌詞に共感し、この曲に救われた”という書き込みも多く、日本でも確実にフォロワーの数を広げている...
30
42
43





そんな音源女王と呼ばれているらしいSSW系女性デュオ「赤頬思春期」(あかほおししゅんき)がリリースする日本オリジナル1stシングル「LOVE」のMV

日本でリリースのだから当然日本語で歌っているのだけど、それが驚くほど自然だし、歌詞もいわゆる韓国的な内容でないところが好感が持てる。


「LOVE」は日本オリジナルの1stシングル曲で、思春期の恋愛にスポットを当てた共感性を持つ歌詞と、心地良いグルーヴをもたらす秀逸なメロディーラインで、彼女たちの会心作と呼ぶに相応しいクオリティに仕上がっている...
25
26
27
28
40







赤頬思春期、日本オリジナル1stシングル「LOVE」第1弾ティザー映像公開!

韓国内の音楽配信チャートを席巻し続け、その驚異的なストリーミング実績から“音源女王”と呼ばれるSSW系女性デュオ「赤頬思春期」(あかほおししゅんき)の2020年1月15日にリリースする日本オリジナル1stシングル「LOVE」の第1弾ティザー映像が本日公開となった。「LOVE」は日本オリジナルの1stシングル曲で、思春期の恋愛にスポットを当てた共感性を持つ歌詞と、心地良いグルーヴをもたらす秀逸なメロディーラインで、彼女たちの会心作と呼ぶに相応しいクオリティに仕上がっている。本日公開されたティザー映像でさらに楽曲への期待が高まる。今後も勢いが止まることなく、早くも12月21日(土)に第2弾ティザー映像が公開される予定。さらに12月25日(水)には、タイトル曲「LOVE」のミュージックビデオ公開と、先行配信リリースも控えている。赤頬思春期は、韓国で1億回のストリーミング再生数を記録した曲をなんと7曲も保有し、新曲をリリースするたびに韓国の音楽チャートを席巻するほど絶大な人気を誇っており、多くの主要アワードで受賞を果たすなど名実ともにスターダムに登り詰めた。今年6月に日本デビュー、“サマーソニック2019”へも出演を果たした。また、ティーンのカリスマである横田真悠が出演した配信限定シングルの楽曲「私の思春期へ」のミュージックビデオは、動画再生回数が150万回を超え、“歌詞に共感し、この曲に救われた”という書き込みも多く、日本でも確実にフォロワーの数を広げている。
39

赤頬思春期、日本オリジナル1stシングル「LOVE」最新ビジュアル&ジャケット写真公開

韓国内の音楽配信チャートを席巻し続け、その驚異的なストリーミング実績から“音源女王”と呼ばれるシンガーソングライター系女性デュオ「赤頬思春期」(あかほおししゅんき)の2020年1月15日にリリースする日本オリジナル1stシングル「LOVE」のジャケット写真、最新ビジュアルが公開となった。「LOVE」は思春期の恋愛にスポットを当てた共感性を持つ歌詞と、心地良いグルーヴをもたらす秀逸なメロディーラインで、彼女たちの会心作と呼ぶに相応しいクオリティに仕上がった日本オリジナルの1stシングル曲であり、その心地よさと暖かな雰囲気を全面に押し出したビジュアルとなっている。なお、CD購入者特典(オリジナルステッカー)の対象店舗も決定した。また本作はMBSにて今週ついにスタートとなったドラマ「ねぇ先生、知らないの?」のエンディング主題歌となっている。「ねぇ先生、知らないの?」は小学館「プレミアCheese!」で連載の浅野あや氏による漫画の実写ドラマ化で、原作コミックは単話配信が行われている電子書籍サイトで、配信開始5ヶ月で25万ダウンロードを突破した人気作。馬場ふみかと赤楚衛二がダブル主演を務めている。今後も赤頬思春期のニュースは止まらない。12月18日(水)には早くも第1弾ティザー映像、12月21日(土)に第2弾ティザー映像が公開される予定だ。さらに12月25日(水)には、タイトル曲「LOVE」のMusic Video公開と、先行配信リリースが決定した。
24


赤頬思春期、日本オリジナル1stシングル「LOVE」がMBSドラマ特区「ねぇ先生、知らないの?」エンディング主題歌に決定

韓国国内の音楽配信チャートを席巻し続け、その驚異的なストリーミング実績から“音源女王”と呼ばれるシンガーソングライター系女性デュオ赤頬思春期の、2020年1月15日にリリースする日本オリジナル1stシングル「LOVE」が、2019年12月5日からスタートするMBSドラマ特区「ねぇ先生、知らないの?」のエンディング主題歌に決定した。「ねぇ先生、知らないの?」は馬場ふみかと赤楚衛二がダブル主演を務め、脇を固めるキャストも公開するや否や早くも話題に。本ドラマは小学館「プレミアCheese!」で連載の浅野あや氏による漫画の実写ドラマ化で、原作コミックは単話配信が行われている電子書籍サイトで、配信開始5ヶ月で25万ダウンロードを突破した人気作となっている。「LOVE」は赤頬思春期の初となる日本オリジナル楽曲。作詞・作曲を手掛けているアン・ジヨンは本作に関して「好きな人が自分と同じ気持ちであってほしいと願うのはあまりにも難しいことです。この曲はそんなちょっともどかしい恋愛をしている女の子の、ワクワクしつつも少し切ない気持ちを込めた曲です」とコメントしている。思春期の恋愛にスポットを当てた共感性を持つ歌詞と、心地良いグルーヴをもたらす秀逸なメロディーラインは、彼女たちの会心作と呼ぶに相応しいクオリティに仕上がった。
04