学習塾の未来を指し示し塾経営者を育成する 株式会社MERICプロデュース 未来塾アカデミー

学習塾の未来を指し示し塾経営を育成する 株式会社MERICプロデュース 未来塾アカデミー
2016年12月24日

MERIC 10大ニュース

MERIC 10大ニュース

1.下村博文氏不起訴
東京地検特捜部は11/22元文科大臣で自民党幹事長代行の下村博文氏とその団体役員を不起訴とした。政治資金問題で私が近畿博友会の会長を務めていたことで告発されたわけであるが地検特捜部の取り調べを受けた結果不起訴になり何よりであった。

2.私塾教育研究所開設
今年の4月に大阪の吹田市にある大和大学内に私塾教育研究所を田野瀬良太郎学園長の好意により開設した。
学習塾を過去、現在、未来にわたって研究する施設が大学内にできることは本当に嬉しいことでおそらく学習塾界初であろう。

3.山分義一氏お別れの会
私の塾経営のパートナーであった山分義一氏が9/11に亡くなった、そのお別れのお会がホテルニューオオタニで開催された。
東京からは元栄光の北山雅史代表、地元では清風学園の平岡英信理事長を始めとする教育関係者が多数集まり山分氏との別れを惜しんだ。

4.大阪偕星学園甲子園連続出場ならず
昨年大阪代表として甲子園初出場を果たした私が理事を務める大阪偕星学園は今年の大阪府予選の4回戦で甲子園出場常連の大阪桐蔭に2−3で敗れ惜しくも連続出場を逃した。
大阪は実質全国一の激戦地、ここで代表校になるのは至難の業である。

5.沖縄尚学東大、京大W合格
今年初めて試みられた未来型入試の東大の推薦入試、京大の特別入試に何と私が懇意にしている沖縄尚学が見事ダブル合格を果たした。因みに灘や開成からの合格は0という、甲子園の常連校でもある沖縄尚学はまさに文武両道の進学校である。

6.マーケティングリサーチ
少子化の今日、教育界は生徒獲得に苦戦している、孫子の兵法に「敵を知り己を知れば百選危うからず」という諺があるが、教育界で欠けているのはマーケティングリサーチである、今年奈良の進学校奈良学園で1ヶ月にわたり調査した。

7.馬淵教室大躍進
大手進学塾の馬淵の勢いが止まらない、大阪の公立校入試では超難関の文理学科をはじめ北野天王寺などのトップ校の合格実績は圧勝であり、かつてライバルの類は全く元気がない。そしてその勢いは奈良、京都にも及んでいる、さらに後発の中学入試でも大躍進で灘を独占していた浜学園にも挑戦状をたたきつけている。

8.公設民営塾
校塾連携とは私学と学習塾の連携であるが公設民営塾はもっと進んだ提携で行政と塾が連携する。具体的には施設は行政でやりその運営は学習塾が行う、すなわちハードは行政、ソフトは塾である、これは喜ばしいことであるが行政が主導権を握る公私の関係では困る。

9.助成金制度
小学校低学年の児童対象に子供を預かるという観点からの学童や放課後デイサービスが広がっている。これには助成金が支給されるが合格実績を出せない小規模塾にとっては助かる制度である。

10.松崎克彦氏大学教授に
私の友人である学習塾経営者で政治家でもある松崎克彦氏が大阪観光大学の教授になった。今までは特任や客員であったが今回は正真正銘の教授様である、松崎教授おめでとう!


meric_kyouiku at 10:31コメント(0) 
2016年12月17日

大阪城ブラッシュUP!

嬉しいことがある、それは大阪城内に素敵な店ができるという。

大阪は最近外国人の訪問が多いが、残念なのは見学スポットが東京や京都に比べて少ない。
しいて言えば大阪城、道頓堀、あべのハルカスぐらいであろうか。

名所史跡となると豊臣秀吉が創った大阪城、金箔の天守閣は大阪の誇りである。
しかしながら城内に入ってみるとくつろげてオシャレなレストラン等がない。

私は以前から旧の大阪市立博物館(旧陸軍第四師団司令本部庁舎)が何故「素敵なレストラン」にしないのかと不満を抱いていたが、それが杞憂でなく実現するという。

1階(物販、カフェ、レストラン)2,3階は(パーティースペース、国際会議場、多目的スペース)そして屋上はなんと大阪城を眺めながらのテラスカフェバーという、充実したレトロなレンガ造りのリニューアルされたレストランはきっと大阪城の魅力を倍増すること請け合いである。

願わくばせめて夜9時頃までOPENして欲しい、今から来年の秋の完成がまちどおしい。


meric_kyouiku at 10:31コメント(0) 
2016年12月11日

MERICラストセミナー

12月10日(土)今年最後のセミナーを大和大学で実施しました。

20161211_MERICラストセミナー


今回は新授業(アクティブラーニング、プログラミング学習)と2020年へ向けての大学入試の今一番ホットなテーマで、「今回のセミナーは内容が本当に良い素晴らしい企画ですね」と成学社の太田明弘代表にお褒めいただきました。

それだけに参加者も50名と満席で、特別ゲストとして奈良学園の西川彭理事長、清風学園の平岡英信まで参加していただき、ラストを飾るにふさわしいセミナーになりました。

又、セミナー終了後の懇親会(吹田 第一楼)には22名の参加を頂いて楽しい忘年会になり、大いに盛り上がりました。

講師の平井正朗先生、小松哲也さん、岡田雅さん、名城政一郎副理事長、本当に有難うございました。


meric_kyouiku at 10:30コメント(0) 
2016年12月09日

忘年会を先取り

御無沙汰してましたが今月よりブログを再開いたします。
 
12月2日(金)、「昭和グルメの会」を開催しました。
参加者は私が主唱するグルメの会員を中心に16名、
場所は大阪偕星学園の淡輪ハウス(保養所)でクエを食べました。
 
クエは冬の鍋の王様と言われているだけにさすがに美味でした。

ふぐも人気はありますがコラーゲンたっぷりのクエの白身の味は別格で、
鍋のだしのしみた野菜、中締めの中華そば
そして締めの雑炊と参加者全員まんきつしました。

食後は宿泊組はカラオケルームでアルコールを飲みながらのカラオケ、
昔は音痴の人もいたのですが最近は皆上手で、
中でもカレラックの奥田さんのカラオケは素晴らしく、
本当に楽しい一日で早くも忘年会を先取りした感じでした。




meric_kyouiku at 13:39コメント(0) 
2015年04月07日

永瀬氏の新聞提言にエールを!

2015年4月1日付けの産経新聞。
株式会社ナガセの「第三子以降に1000万円支給」の提言には驚いた。

かねてより永瀬昭幸氏の提言はよく耳にしていたが、
まさか新聞の全面広告で訴えるとは、大胆で、かつ素晴らしい、の一言である。

少子高齢化が世界のどの国よりも早く進行している日本において、
将来の人口減は日本人なら誰もが懸念しているが、
正直、政治家や学者、評論家ですらその対策を口にしない。

しかし、永瀬氏の今回の提言、すなわち、
「第三子を出産すれば1000万円支給する」は、確かにインパクトがあり面白い。

このようなことを、塾仲間である永瀬氏が提言してくれたことに
敬意を払うとともに感謝したいものである。

実現にはいろいろと課題があるが、近未来の4月1日、
すなわちエイプリルフールの日に、実現提言があればと願うものである。

meric_kyouiku at 14:05コメント(0) 
▲ページトップへ