マーメイド号の紙ジャケだけじゃ生きてゆけない!

失ってしまったレコード・CDコレクションを、日々格安にて、可能な限り紙ジャケで収集していく最後のコレクション日記。    since 2005. july

パット・メセニー・グループ/オフランプ

パット・メセニー・グループ/オフランプ SACDハイブリッドパット・メセニー・グループ/オフランプ
2017年9月6日発売/ユニバーサル PROZ-1095
ECM SA-CD HYBRID SELECTION/タワーレコード企画限定盤
タワレコOnLineにて購入 3,230円(暑中見舞いクーポン利用)

今"ECMの真実 増補改訂版/稲岡邦彌"を読んでいます。
著者は日本で最初にECMと専属契約した当時トリオ・レコードの方なんですが、いろいろと面白い話が書いてありもっと早く読めばよかったなと思ってます。
ECMのトリオ・レコード時代の国内盤は常々音がいいなと思っていたのですが、"ECMのこだわりに応えるべく、レコードのプレス製造を委託していたポリドールのなかでも、材料や製造の品質管理が他のラインに比べて一段と厳密なドイツ・グラモフォンの専用製造ラインを指名していた。"なんて記述も。ECMの音質チェックが厳しかったようですが、委託製造で製造ラインを指名するなんていうのもさすがオーディオ・メーカーのこだわりがあるなと思います。

ユニバーサルがタワレコ限定で発売してる"ECM SA-CD HYBRID SELECTION"、オリジナル・アナログ・マスターテープから制作した最新DSDマスター使用のSACDハイブリッドです、ECM初のリマスター化ということで注目してましたが第3弾のラインナップから1枚を購入しました。

パット・メセニーの"オフランプ"です。
とにかく素晴らしい音でした。一番驚いたのはギター・シンセの音、今までトリオ盤、CD各種、米盤と聴いてきましたが普段は平面的にすら聴こえるギター・シンセの音がこれほどまでに表情豊かにエモーショナルに聴こえたのには驚きました。その辺の事はライナーでもこのシリーズ総監修 の和田博巳氏(はちみつぱい!!)が書かれてますが、これはちょっと他のタイトルも聴いてみたくなってしまいました。

"ローリング・ストーンズ 全曲制覇/中山康樹" 読了。

バレーボール女子グラチャン、観てました。
中田ジャパンは7月の"ワールドグランプリ"でもちょっと観たんですが、木村沙織がコートにいない"火の鳥NIPPON"に未だ馴染めない自分がいます。迫田も引退してしまったし。

新キャプテンは代表復帰の岩坂、セッターも今大会では佐藤と富永、宮下や長岡、古賀が故障中で欠場なため顔ぶれ的には新鮮ですが、やはり柱的な存在がいないのかな。
中田監督はまずはアジアの1位を目指すと言ってますが、当然3年後の東京五輪に焦点を絞って3年計画でチームを創ろうとしてる感じです。
初戦の韓国には勝利したものの、ロシア、ブラジル、アメリカそして昨晩の中国とフルセットも多く負けたり勝ったりですが、各国ともチームの入れ替え時期なので勝敗の結果程その実力差は今の段階ではさほどないように思えます。
目立つたのはやはり経験値が豊富な、荒木でしょうか。ロンドン、リオ両大会経験者は彼女ぐらいしかいません。
あとロンドン五輪以来の復帰の新鍋が安定してる感じでしょうか。
韓国戦で最高得点をあげた野本はなぜ2戦目以降使わなかったのでしょう?トスが高いからブロックの高いロシア戦では・・・と解説の川合俊一が言ってたけど、一番調子いい選手はやはりその大会では使い続けたほうが思わぬ結果を導くこともあると思うのですが。と思ったら最後の中国戦では岩坂や佐藤とともにまた先発、まぁ今はとにかく国際戦での経験が大事というとこでしょうか。

ローリング・ストーンズ 全曲制覇 +FORTY LICKS/NO SECURITY
図書館から借りていた中山康樹さんの"ローリング・ストーンズ 全曲制覇"を読了。
中山さんの文章はいつも面白いですが"ローリング・ストーンズを聴け!"よりもよかったです。
この本が出た2012年までの513曲をライヴ・ヴァージョンまで含めて1曲1ページで取り上げてます。ちょうど"GRRR!"の新曲までです。
こうして読んでみるとなるほどアルバム単位とはまた違ったストーンズ史ってのはたしかに見えてくるものでこの間ずっと手持ちのストーンズのレコ、CDを片っ端から聴いてました。

先日もDUの色別100円セールにて、ストーンズのCDを物色、まぁ持ってないものの方を探すのは簡単なんですが・・・
"FORTY LICKS"はライヴ盤と勘違いしてしまった。ライヴ盤は"LIVE LICKS"でしたね。
でも新曲4曲入ってるんですね。40周年のベストか。
"NO SECURITY"も持ってなかったので。

DeAGOSTINI ザ・ビートルズ・LPレコード・コレクション/ABBEY ROAD

DeAGOSTINI ザ・ビートルズ・LPレコード・コレクション/ABBEY ROADDeAGOSTINI ザ・ビートルズ・LPレコード・コレクション/ABBEY ROAD
タワレコOnLineで予約購入、1,798円(クーポン利用)

2012年発売のステレオLP、評判が悪かった音補正による音質、それを改善するために新たにカッティングし直したビートルズのLPがまさかのDeAGOSTINIから本当に登場してしまった。
創刊号の"ABBEY ROAD"が到着、早速聴いてみました。
空間的な音の広がりが2012年盤より断然いいみたい、あと久しぶりにこのアルバムを爆音で聴いたからか"ABBEY ROAD"ってこんなにロックっぽかったっけ、というぐらい荒らしいバンド・サウンドにちょっと驚く、なもんで普段は聴き流しちゃう"Oh! Darling"や"I Want You"にも引き寄せられる。この辺は自分が聴き馴染んだ国内盤(AP盤)や、またUKオリジナル盤ともまた違う印象ではある。
デアゴ盤を聴いた後、数曲2012年盤も改めて聴いてみましたが、音の傾向は同じようだけどデアゴ盤のほうが断然いい。
こうなると今後隔週で一タイトルづつ発売されるんですが、どれも聴いてみたくはなりますね。

同じ180g盤ですが、デアゴ盤が微妙にほんの少し軽いみたいです。黒い内袋の色が少し淡いですが紙質の違いでしょうか。
ジャケの創りは2012年盤とほぼ同じかな、裏面のリーガルラインに"DeAGOSTINI"とクレジットがあります。
ラベル面はまったく同じみたいですが、ランオフ部分の刻印が違います。
フリップバック形式のジャケは再現されないと予想しますが、2012年盤のジャケにこのデアゴ盤を収納すれば最強になりますね。

本日の中古盤 KEITH JARRETT/MY SONG

KEITH JARRETT/MY SONG ECM 1115-1KEITH JARRETT/MY SONG
1978年/W.Germany ECM 1115
MAT 2301 115 S1=2/S2=2
ヤフオクで500円で落札

キース・ジャレット、ヨーロピアン・カルテットの"マイ・ソング"の独ECM盤を500円で入手。
あまりレコードとか扱われてない方のヤフオク出品だったがラベル画像があったのでどう見ても独盤と思い入札、そして落札。
盤面に大きな擦れ傷がひとつあったが再生にはまったく影響なくこれが大当たりの音質抜群の独ECMオリジナル盤でした。
"ケルン・コンサート"と並んでキースのポップな人気盤という印象でずっと聴いてきましたが、ヤン・ガルバレクのソロの裏でのキースのピアノがけっこうアヴァンギャルドで改めて驚いてしまった!
ジャケ表、キース撮影の女の子二人の写真のみ光沢ありのマット調スリーヴも含めてやっぱECM独盤は最高。
現在リリース進行中のECMタワレコ限定、SACDハイブリッド盤のラインナップには未だこの"マイ・ソング"は登場してないんだよな。
KEITH JARRETT/MY SONG ECM 1115-2

本日の中古盤 THE ESSENTIAL ASTRUD GILBERTO

THE ESSENTIAL ASTRUD GILBERTO VERVE VRV6-1THE ESSENTIAL ASTRUD GILBERTO
1984年/UK Polydor VERVE VRV6
ヤフオクで300円で落札

6月に入手して以来、この夏我が家のタンテに一番載ったのがこのアストラッド・ジルベルトのベスト。
'84年のUK Polydorの編集盤で、CDでも出てたような記憶があったけど意外にこのジャケのベストはこのLPのみらしい。
当時はとにかく輸入盤屋でよく見かけたジャケだ。
このジャケのデザイナーはスタイル・カウンシルのジャケなんかをデザインしてる人らしい、なるほどスタカンのあれやあれにテイストは似ているものがある。
実はアストラッド・ジルベルトは、"ゲッツ/ジルベルト"ぐらいでしか聴いたことがなかった人なんで、この編集盤には嵌った次第。これからいろいろ聴いてみたいと思った。
THE ESSENTIAL ASTRUD GILBERTO VERVE VRV6-2

ビル・エヴァンス/ワルツ・フォー・デビイ Blu-ray Audio

Blu-ray Audion/ビル・エヴァンス ワルツ・フォー・デビイビル・エヴァンス/ワルツ・フォー・デビイ
2015年7月29日発売/ハピネット PROZ-4013
Amazonにて70% 0FFで購入

千円 Blu-ray Audioの"ワルツ・フォー・デビイ"がようやく届いた。
"レット・イット・ブリード"のほうは未だ。
どうやらAmazonでは在庫が切れても、バックオーダー分も定価の70% OFFで売ってるようだ、最近では73% OFFのものもあるし、いったいどうなってるのやら。
"ワルツ・フォー・デビイ"も良かったですよ。

DUにて100円CDを7枚。

この夏の園芸野菜の報告です。
ゴーヤー、きゅうりはいつもながら順調すぎる程ですが。
茄子とトマトは失敗か!?
茄子は三つ程の実がなっただけ、しかも寸ずまりのような状態で全然大きくならない、何が悪いのかわからない・・・
ミニトマトのアイコは花房の段が三つ目でその先の枝の先端を折ってしまい成長が止まってしまった・・・その後は実もあまり大きくならないし枯れてしまった状態。
茄子もミニトマトも水不足?いやそんなことはないはず・・・肥料やり過ぎ??
来年はスイカとかズッキーニとか新たなチャレンジもしてみたいが。

先日、DU中古センターにて、色別割引の100円CDを7枚購入。
DUで100円CD7枚。

JOHN COLTRANE QUARTET(impulse!)のやつは知らなかったので。
"メリーポピンズ"でジュリー・アンドリュースが歌ったあの"Chim Chim Cheree"を演ってるんですが、"My Favirite Things"の二番煎じ的なものかと思ったんですが、リリース時期を調べてみたら"至上の愛"と"アセンション"の間で、あのメロは頭でちょこっと吹くだけで、あとは最後までフリーキー一筋、FOで終わります。
4曲入りですがあの時期の録音の寄せ集め盤的なものなのでしょうか。

ミレニウムの"ビギン"はLPしか持ってないので解説目当て、長門芳郎氏のライナーで良かったです。と思ったら+2曲追加収録されてました、このLPの後に録音された曲のようです。
Beach Boysの2012年作なんかも聴いてなかったけど100円なら聴くしかないでしょ、あの歳でこのコーラス・ハーモニー、さすがです、良かったです。

ベルウッド・レコード45周年記念 7インチ復刻シリーズ<第一弾> 大瀧詠一 細野晴臣

ベルウッド・レコード45周年記念 7インチ復刻シリーズ<第一弾> -1ベルウッド・レコード45周年記念 7インチ復刻シリーズ<第一弾>
ベルウッド・レコード45周年記念 7インチ復刻シリーズ<第一弾> -2大瀧詠一/恋の汽車ポッポ
c/w それはぼくじゃないよ 
2017年7月19日発売/ベルウッド FJEP1001
大瀧詠一/空飛ぶくじら
c/w 五月雨 
2017年7月19日発売/ベルウッド FJEP1002
細野晴臣/恋は桃色
c/w 福は内鬼は外 
2017年7月19日発売/ベルウッド FJEP1003
タワレコOnLineにて購入 3枚で5,250円(クーポン利用750円引き)

先日みた夢の話なんですが、なんと大滝詠一氏が夢に出てきたんですよ!!
断片的なシーンだったんですが、なにやら大滝氏がオーディションをやるとかで人を招集していて、練習スタジオ風な場所なんですがアンプの影から登場してきてウロウロしてます。
オーディションの課題とかが、はっぴいえんどの大滝氏が歌ってない別な曲(つまりは大滝作品以外)の歌詞を、別なはっぴいえんどの曲(大滝作品ってこと??)のメロで演奏し歌うという突飛な課題で、集まった人達がなにやらざわついてる様子でした。
自分はその中の一人なんですが、なかには自分の学生時代のバンド仲間もいたりして?
普段みないちょっと不思議な夢でした、そして著名人が出てくる夢なんかめったに見ないのでちょっと驚きました。
まさか大滝詠一氏と"夢で逢える"とは思いもしませんでしたが、こういうこともあり得るのかと思ってしまった次第。

その夢をみた前日ぐらいに聴いたのが、先日到着した"ベルウッド・レコード設立45周年記念の7インチ復刻シリーズ<第一弾>"の3枚のシングル盤なんです。
出来すぎた話のように聞こえますが、これが本当なんですよ。

今回予約した時に、CDのYoo-Loo盤"大瀧詠一"で、この2枚のシングル・ヴァージョンを聴きましたがこのCDも凄く音がいいんでこれで充分聴けるんですが、やはりシングル盤で持っていたいなぁ〜と思い2,000円と少々お高いですが今回もタワレコのクーポンを駆使して買いました。
"アーリー大瀧詠一"のアナログ盤も出てますが、あれにはこのシングルの別ヴァージョンのB面曲が入ってないんで、両面をアナログ盤で揃えるにはこの機会が最後かなと思うし。
LPとは同ヴァージョンですが同時発売の細野さんの"恋は桃色 c/w 福は内鬼は外"も買っちゃいましたがこれも音が凄く良かったです。
"恋の汽車ポッポ"の全部大瀧氏が手書きで書いたというジャケを眺めながらニヤニヤしてます。また夢で逢えないかなと・・・
ベルウッド・レコード45周年記念 7インチ復刻シリーズ<第一弾> -3ベルウッド・レコード45周年記念 7インチ復刻シリーズ<第一弾> -4

千円 Blu-ray Audio!!

ハービー・ハンコック/処女航海
2015年6月24日発売/ハピネット PROZ-4009
ビル・エヴァンス/ポートレイト・イン・ジャズ
2015年7月29日発売/ハピネット PROZ-4015
スタン・ゲッツ&ジョアン・ジルベルト/ゲッツ/ジルベルト
2013年10月9日発売/ハピネット PROZ-4001
Amazonにて70% 0FFで購入
Blu-ray Audion/処女航海/ゲッツ/ジルベルト他tetsupc2さんや皆さん買ってる、Amazonの噂の千円 Blu-ray Audio、私も遅れちゃいけないと早速買いました。
"処女航海"は所有のCDもレコードの音にも未だ満足できてなかったので。
"ゲッツ/ジルベルト"は最近アストラッド・ジルベルトにも嵌ってるので。
"ポートレイト・イン・ジャズ"は、まさにこのBlu-ray Audioが出た時レココレ誌で好評価だったので・・・・
という感じですが、この3枚届く前にさらに2枚追加で買っちゃいました。
1,080円と安い方が中身輸入もので、ちょっと高い方(それでも1,393円!!)が国内プレスみたいです。
もっと他のタイトルもないのか!?と探しちゃいましたけど、ハピネットから出たのはこんだけみたいです、ちょっと中途半端なラインナップ。
その辺も理由なのか、このBlu-ray Audio売れなかったのかな、在庫過多での叩き売りなんでしょうか?
ハイレゾもこれぐらい安くなる時代、来ないかな・・・

本日の中古盤 DONALD FAGEN/The Nightfly

DONALD FAGEN The Nightfly Germany-1DONALD FAGEN/The Nightfly
1982年作品/Germany Warner Bros. 92.3696-1
MAT -A3/-B3 両面MASTERDISK, RL,SLM刻印
DUで100円で購入

先日、久々にDUの100円レコセールへ。
開店前にもかかわらず10人程並んでました、その中のほとんどの人が入り口正面の100円レコのえさ箱に一気に群がりすぐには見れない状態。
場所が空くのをしばし待ちながらその人達を眺めてましたが、よく見る顔ばかり。どこかの中古レコード店の人の顔も、相変わらず人気です100円レコ、ほんのごくごく一部の人の間では。
速攻で一通り見ましたがロックものは少なくダンスものやイージーリスニングっぽいものばかり、DUの100円レコも数年前に比べるとずいぶんとレヴェルが落ちたなとは思う、それだけ100円にするまでもなく安レコは安レコなりに売れてるってこと?
皆さんがキープした盤を選別し終わった頃、もう一度見直していたら出てきたのがDONALD FAGEN/The Nightflyの独盤。
ジャケはズタぼろ、盤も擦れが多くて普通は100円でも手が出ないところですが他に何もないし、もしかしたらとせっかく来たのでこれのみ買って帰宅。

盤とジャケを丁寧にクリーニング、コーティングじゃないけど独盤は紙質がツルツルのジャケなので思った程汚くなく汚れも綺麗にとれるし、盤もホントすれ傷は多いけど汚れはあまりないみたい。
で、聴いてみるとですね・・・音いいじゃないですか、いやかなりいいかも。ノイズも奇跡的にほぼ皆無、一カ所周回ノイズが3周程ある程度で充分に聴ける盤でした。
正直100円で一回聴ければと思って買ったんですが、これなら10回100回と聴ける。
米国のマトリクス、-SH1/-SH1などの上からドイツのマトリクスを機械打ちしてるみたいだから日本盤と同じでこれも米国からの輸入メタルマザーを使用してるのでしょう。
ジャケにはよくよく見ると「COCONUTSDISK 100円」という値札シールも残っていて・・・
それにしてもNightflyやっぱ音いいです。DONALD FAGEN The Nightfly Germany-2
Archives
Categories
Recent Comments
訪問者数

  • ライブドアブログ