2006年12月

2006年12月29日

思ひでぽろぽろ〜通知表編〜

どうも、鈴と小鳥とそれから私、みんな違ってみんないいでお馴染みのMAKOです。

先日、実家からとあるものが送られてきました。


それは・・・・









『通知表』





大掃除したということで小、中、高時代の物を送ってくれたのですが、その時代時代にしか見ていないので、内容など全く覚えていないため、幼き日の自分を知るためにワクワクしながら見返しました。






・・・・・・・










見なきゃよかった。




学習面は置いといて、生活面がひどい!



小学校の全学年通じて、

『良い悪いを区別して行動することが出来る(公正)』
『みんなと仲良く助け合うことが出来る(協力性)』

ともに三角でもう少し。



あげくコメント欄には

「騒ぐ面にはすぐ乗りますが静止する方向に心が働きません」

「めんどくさい仕事やあまり気に入らない事は出来るだけやらないで済ませようという態度が見受けられます」


などと書いてありました・・・・


酷すぎる・・・ようするに我が儘で自分勝手ってだったってことなんですね。


いやー、自分がそんな子供だったとは。
痛いクソガキと何らかわりがなかったという事実に正直ショックを受けました。

先生方、ホントにすんませんでしたぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!


しかし、同じ痛い子供でも現代っ子とはちょっと違います。


それは、一学期のみ全学年三角で二学期は丸、三学期は二重丸なんですよ。


という事は一学期にそんな感じで調子こいてたのを壮絶にシバかれ、二学期、三学期と大人しくなっていったという事です。

しかしベースが痛いんで学年があがるとまた調子こいてシバかれるの繰り返し。

この事実をみるとシバかれずにいたらとんでもない大人になっていたでしょう。

シバかれてよかったですよ。そしてシバく事の重要さを改めて理解しました。


にしても、大人になったら子供の頃の都合の悪い出来事はすっかり忘れてるんだなぁ・・・


2006年12月27日

罪深き英雄

どうも、見つめあうと素直におしゃべり出来ない事でお馴染みのMAKOです。

今宵は中学時代の後輩のYの話。


今まで数々の痛い知人を紹介してきましたが(もちろん1番痛いのは僕ですが)こいつはその中でも色んな意味で痛い。否、痛すぎました。

こいつは何となく挙動不審で、リアクションもおかしな奴でした。

もう細かい話しは無しで何が痛いかと言うと、こいつは小学生に自分の事を『皇帝』と呼ばせていたんです。

僕が高1で彼が中2の時、久々に会って話しをしていたら数人の小学生がなんか言って近づいて来るんですよ。
んで、傍まできたらおもむろに

「皇帝!こんにちわ!」
「皇帝!今帰りですか!?」
などと言ってくるではありませんか。

はぁ?と思うと奴は「おう!」と言うじゃありませんか。


すると小学生は

「皇帝!また遊んでください」

と言って去って行きました。


・・・・・・・・


見てはいけないものを見てしまい僕もその場を立ち去りました。

奴こそ21世紀に現れたラストエンペラーですよ。

風の噂ではゲーセンでアナウンスのバイトしてるそうですが。
皇帝ともなると資金繰りが大変です。

あと、ナタデココが好きらしいです。
皇帝ですから。


2006年12月25日

お化けを撃退する方法

どうも、昨日のクリスマスイブには電車でいちゃついてるカップルの前で仁王立ちしていたことでお馴染みのMAKOです。
もちろん他に席は開いてましたよ〓

町は盛りのついたおしべとめしべだらけで困りますわ。家でやれ家で。



さて、お化けなんてないさ♪お化けなんて嘘さ♪寝ぼけた人が見間違えたのさ♪



否、見間違えていません。


僕はお化け見た事あるんですよ。2回。


東京に住んでて、二十歳のとき、親がマンション買ったので、引越しをしたのですがそこで登場してくれました。


詳しく述べると、夜寝ていてパッと目が覚めるとなんと・・・






知らないお婆さんが上に乗っていたんですね〜。



びっっっくりしましたよ。


白装束にデコに三角巾みたいなのを付けたいわゆるマニュアル通りのお化けでしたがめちゃめちゃ怖い!



そのお婆さんがじっーと見てるんです。


体は全く動かないんですが目だけぱっちり開いて見えてるんですね。


そーゆーホントに怖い時って本能なんでしょう。





謝りましたよ。







ごめんなさい、ホントすんませんでしたぁぁぁぁぁぁーーー







すると、お婆さんはスッと消えました。

僕はずっと目を開いて見てて、いなくなってからそのまま起き上がったから本当にいたのです。

そして例えお化けだろうと誠心誠意謝ればわかってもらえるんです。

別に悪い事してなくても。

そんなこんなで二回目はその二年後。

全く同じシチュエーションですよ。

体が動かなくなり、パッと目を開けたら、その婆さんが上からみてるんですよ。

しかしもう二回目。
そりゃ馴れたもんですよ。











もちろん謝りました。



すんませんでしたぁぁぁぁぁ!

怖い怖い。

謝るという事にはなれましたが、怖さには全く馴れません。


皆さんもお化けをみたらちゃんと謝りましょう。

そういや、この間、町内の文化祭でぶつかってきたガキが「あい、とぅいまてーん」と、なめた謝り方をしてきたんで、グーで殴っちゃいました。

てへぇ。

謝る時はちゃんと謝りましょう。


2006年12月22日

シバいてポン!

081fc1a3.jpgどうも、体は大人!頭は子供!そう、逆コナン君でお馴染みのMAKOです。


家に帰ったらイモリの赤ちゃんがいました。かわいいのでパチリ。


さて、本題。ちょっと前に「ある小学校の校長先生が児童のお尻を叩きケガを生わせる」というニュースがありました。


小学六年の男児が給食のご飯を丸めて天井に投げて遊んでいたのが事の発端らしいです。



・・・・・



こういうガキって、シバかれて当然というか、むしろシバかなきゃいけないと思いませんか?


しかも勝手に転んでケガしたそうだし。


それがニュースになったって事は親がなんかしたんでしょう。


この親にしてこの子ありの典型ですね。


モラルの低下も甚だしい。

給食費払ってんだからいただきます、ごちそうさまを言わせるなって親もいるくらいですから。


親が痛いから校長自ら教育してるのに、何とも嫌な時代です。



校長!あなたは頑張ったよ!


小学校の同級生のK君なんか、「トマト祭りだ!」と言って配膳前のトマトを投げ散らかして、先生にマウントパンチくらったのにニュースになりませんでしたからね。


やりづらい世の中です。


2006年12月20日

最強と最弱の遺伝子

どうも、もう恋なんてしないなんて言わないよ絶対、でお馴染みのMAKOです。


さて、昨日ジャガー横田さんがアメリカから帰国して、出産報告をしていました。

いつもは悪ふざけが過ぎる私も、ジャガーさんの出産ばかりは素直に心からおめでとうございますと言いたく思います。


しかーし、それだけでは終わらない!

それは子供の名前!







「木下Jaguar大維志」




君、ですって。


いくらアメリカ国籍も取得出来るからって、ミドルネームにジャガーはないだろ・・・・


悪ふざけか?もしくは悪ふざけか?




ジャガー横田本人が経営する飲み屋が「横田基地」って名前だという前例もあるだけに、その可能性も充分ある!


まあ、何にせよ、医者である木下さんの頭脳に、世界屈指の女子レスラーのジャガー横田の体力を遺伝したら凄い子になるだろうなぁ。ある意味最強の遺伝子だ。




ハッ!(゜o゜)・・・・・





木下さんの体力にジャガーの頭脳って事も有り得る・・・



それってある意味最弱の遺伝子じゃ・・・


そうなったら・・・


いや、頑張れジャガー君!運命は自分で切り開くって卍丸も言ってたし。


とにかくおめでと。


2006年12月18日

おもひでぽろぽろ〜サンタ編〜

どうも、嫁が結婚式でしか使わないティアラを10000円も出して買ったので、お返しに28000円のタイガーマスクのマスクを買ったら大激怒された事でお馴染みのMAKOです。
危うく式前に離婚する事になりそうでした。

そのマスクは娘に被せて遊んでます。
痛いパパですから。


さて、話しは変わってもうすぐクリスマスですね。

僕は小2の時に枕元に「ガンキャノンが欲しい」と書いたメモを置いといたのですが、起きると地球儀が置いてあったのを機に大人の階段を登ってしまいました。


それ以後、クリスマスには親も露骨になり、2000円くれてキン消しのガチャガチャ20回とかになりました。

酷すぎ。


しかし小さい子は可愛いもんでクリスマスが近付くにつれて、サンタさん来るかな〜ってそわそわしています。


んで、ある日娘が一言。




「今日、いい子にしてたからサンタさんに電話してね。」



電話か〜。完璧なまでに現代っ子です。
普段から携帯を見てるのでそうなんでしょうね。


やはり時代や環境でサンタクロースさえもファンタジーじゃなくなりつつあるのが現実かも知れませんが、少々寂しい気もします。


ちなみに何をお願いするの?と聞いたら




「赤い自動車」



ですって。



フェラーリか!?もしくはフェラーリか!?


そりゃ無理だって。娘よ。

赤いスイトピーで勘弁してください。


2006年12月15日

続・アルコール市民の唄

どうも、高校生の時にスタンハンセンにブルロープでシバかれた事でお馴染みのMAKOです。

後楽園ホールで調子にのって近づいたら足に当たりました。

先日、娘が機関車トーマスを見て怖い怖いと大泣きしました。

そりゃ怖いよな・・・


さて、今回は予定を変更して前回の続き。


お蔭様で頚椎捻挫の全治一週間で済み、最終回にならずに済みました。


しか〜し、相手のジジイが想像を越えた薄汚い奴だったので少々難儀をしそうです。


治療費と修理費合わせて21万くらいかかるのですが、請求の電話をしたらとんでもない応対をしやがりました。

ぼったくる気か、とか急ブレーキかけたからだとか、金はないとか、こっちの車はどうするんだとか言って一方的に電話を切る始末。

飲酒のくせに。

そしてその後は何度電話しても受話器はずしていっこうに繋がらない。

話しにもなりません。


もう腹が立って腹が立ってしょうがありません。
こんなに腹が立ったのは初めて。

済みませんや、大丈夫ですかの言葉もないんですよ。


背中に昇竜が浮かびましたよ。
怒りで全身の小宇宙が頂点に達しました。


なんか今なら廬山昇龍覇が打てそうな感じです。


てか、銭よりもこの薄汚いジジイの顔面に金属バットをフルスイングしてやりたい気分です。


朝から酒飲んでるわ、任意保険に入ってないわである程度の予想はしてましたが、ここまで常識が無い奴とは・・・


疲れますね。


しかし、こーゆー薄汚い奴を見ると教育ってホントに大事だとな思います。


ちゃんとした教育を受けないで、大人になってこんなジジイのようなクズになってしまったら大変ですから。


しかしどうしたもんかな〜。刑事事件にして裁判にかけるのもいいけど、確実にお金とれて、尚且つこのジジイが二度お日様を拝めなくなるようなダメージの与え方を知ってる人がいたら教えてください。

ホントに腹立つ〓


2006年12月13日

アルコール市民の唄

どうも、ジュリアロバーツに一飲みで食べられる夢を見た事でお馴染みのMAKOです。

怖かった・・・


さて、昨日の夕方やられちゃいました。


おかまほられちゃいました。


前の車がブレーキ踏んだのでこっちも踏んだら、後ろからドーンと車がぶつかって来ました。

不思議な事にぶつけられたと気付くまで数秒かかるんですね。ちょっとの間、何が起きたか解りませんでした。


んで60才前後ぐらいのおっさんが出てきていきなり、急ブレーキかけたお前が悪いだの、自分の車が壊れた事を主張したり、示談にしろと言ったり、警察に電話したら怒ったりと、大丈夫ですか?の一言もなく悪びれず、全てこっちのせいにする非常識な態度にキレちゃいました〓


キレる若者ってやつですね〜。
本来は僕はとっても穏やかなんですよ。

でもキレて声をあらげて詰め寄ったら急に大人しくなりました。

変なの。


んで、ポリ呼んで警察所に調書とりに行ったら判明したんですよ。


どうもこのおっさんおかしいなと思ったら酒飲んでやがったんです。


日本国アルコール市の住人かよ・・・

だから逃げたかったみたいです。


こんだけ飲酒が問題になってもまだやるんだからアルコール市の中でもかなりの地位にいるおっさんでしょう。

アルコール市長か!?


まあ100%むこうが悪いのでいいんですが、問題はおっさんが任意保険に入ってないこと。

こうなると僕自信がおっさんに修理費用を請求しなきゃならないんですが払ってくれるかどうか・・・

めんどくさ。


まあ飲酒で追突なんで、医者に行って人身事故扱いで診断書書いてもらって裁判やると、飲酒の人身なんで100万単位で賠償してもらえるのでやったろうかとも思ってるんですけどね。


もちろん差額はカンボジアに学校を建てるために使いますよ〓


まあ支払いごねたらですけどね。


正直、ちょっとごねて欲しいな。


ヤベッ、悪者になってる。

つーか、ブログ書いてないで病院行かなきゃ。


今日が最終話にならないよう祈ります。

首痛て。


2006年12月11日

戦隊シリーズの秘密

どうも、MARIA、愛すべき人がいて、時に強い孤独を感じ、だけど愛すべきあの人に結局何もかも満たされる事でお馴染みのMAKOです。


昨日、近所のショピングセンターにふつーにプレステ3が置いてありました。
都会じゃ徹夜して買ったり売り切れだったりするのに。
あまりに過疎すぎて誰も買わないから逆に田舎のがそういうのあるんでしょうね。
貧民なんでもちろん買いませんでしたが。


さて本題。先日、娘と一緒にボウケンジャーなる戦隊物を見ました。

久々ですね。こーゆーの見たの。20年ぶりくらいじゃないでしょうか。


最近はピンクだけでなく黄色も女なんですね。

黄色はカレー好きというマニュアルは過去の産物になってしまったとは少々寂しい気もします。


さてさて、久しぶりに見たらシルバーが加わり、なんと六人がかりで一体の敵を倒してました。


6対1って正義の味方とはいえちょっと卑怯すぎないか?


そして更に驚いたのはロボットまで二人がかりで敵と闘っていました。


しかもフィニッシュシーンは一体が敵を羽交い締めにして、もう一体がドリルで刺し殺すというものでした。



・・・・・・・



怖えーって。



それでいいのかヒーローって。


これってよく考えると多人数で一人に寄ってたかって暴行を加えたり、羽交い締めにしてとどめをさすって、そこだけ見れば完璧にイジメの定義にあてはまりますよ。



なんだか嫌なことに気付いちゃいました。


また小さい頃、子供心に1体の敵を5人がかりじゃないと倒せないなら、敵も同じ数だけ一遍にでたらあっさりレンジャーどもを死滅出来るのになんで1体づつしか出てこないんだろうと思いました。


大人の事情ってやつだったんですね。


そりゃグッズの売り上げは重要ですから。


2006年12月08日

罪深き英雄

もし俺がヒーローだったら悲しみを近づけやしないのにでお馴染みのMAKOです。

はい、翼の折れたブラックエンジェルです。


さて、すっかりお馴染みになりましたこのシリーズ。今回は高2、高3と同級生だったS君の話。

S君はとても優しく穏やかな人でいつの日にか僕は彼を師匠と呼んでいました。すると人のいい彼も僕の事を師匠と呼び、何の師匠なのかも解らず互いに師匠と呼び合っていました。

そんな聖人のようなS君なのですが実は彼はハンパないセーラームーンオタクだったのです。

修学旅行で海外に行った時も、自由時間に真っ先に玩具屋へ行きセーラームーングッズを買い込んでみたりしていたのですが、なんと言っても凄かったのは大学受験の時。


S君がT大を受けると言っていたので出来はどうだったかと聞くと、受けなかったと言うじゃありませんか。
理由を聞くと限定発売のセーラームーンのセル画の販売と日程が重なったのでそっちを買いに行ってたと。


・・・・



僕が絶句していると未だに忘れられないセリフ






「だって受験は来年も出来るでしょ、セル画はその日しか買えないんだから!」




僕は完全にS君に屈してしまいました。

もう、ある意味男の中の男ですよ。信念を貫く様はまさに侍です。

あ、もちろんセーラームーン浪人でしたよ。

そうそう、そういえば彼の机には

『愛は性別を問わず』と掘ってありました。

歴史に残る名文句です。


2006年12月06日

ナチュラル ボーン マスター

どうも、じゃんけんで負けても心が折れてないから負けてないと言い張る事でお馴染みのMAKOです。

さて、皆さんは幼い頃、落書きをしたことがありますか?
大人なのにやってる人、サイコーです。

最高ですかー?、そういえばこんなギャグありましたよね。捕まっちゃったけど。

先日、久々に落書きというものを見ちゃったんですよ。
書いてある物が凄くてとあるお寺さんの車なんですよ。いつも通る道に寺があって門の所にその人は車をとめてるんですね。
んで、ある日いつもの通り道を走っていると車のフロント部分に

『チカン』

と書いてあるじゃありませんか!!

埃を取るような感じで指で書かれていました。

おそらく子供の仕業でしょうが、犯人のセンスは素晴らしい。天才です。
人殺しなどでは重すぎるし、バカとかでは軽すぎる。チカンなんかちょうどいいです。お坊さんにチカン。誰でも一瞬「そうなん?」と思うでしょう?そして軽くひくでしょう?なくもないし。

もちろん本当にチカンかどうかなんかはわかりませんが、落書きをした子供の将来が楽しみです。


2006年12月04日

想像力を超えろ!+( ブサイクの正体)

どうも、娘にスカーレットニードルを教えていたら嫁にキモッと言われた事でお馴染みのMAKOです。

もうやめます。

以前『ブサイクへの膝蹴り』の回で紹介したお坊さんについに会いました!
町内の集まりで例のおばさんが教えてくれました。
20代後半から30そこそこくらいで、見た目は葉加瀬太郎の髪形をした水木しげる先生の書いた漫画版「ぬらりひょん」のような感じでした。

ブサイクかどうかはどうぞ皆様でご判断下さい。

さて話しは変わって先日、保育園の連絡帳に娘がお散歩で山ぶとうを見つけて美味しそうにたくさん食べたと書いてありました。

早速、娘にパパも山ぶどう食べたいな〜と言うと娘はなんと!





「いいよ〜。パパが〇〇ちゃん(娘の名前)くらいちっちゃくなったら連れてってあげるね」




・・・・・


なんと言う事でしょう!やっぱり子供って面白い!いつでも大人の想像力を越えてくれるので素晴らしいです。

そーゆー考えがあったかー。
大人は大人の目でしか見てないから「大きくなったらね」ってなりますが、子供が子供の目でみたら「小さくなったらね」って大人も小さくなると思っていてもなんら不思議はないです。
二歳児の柔らか頭に一本取られました。

二歳児集めて会社とか作ったらもしかしたら凄いもんが出来るかもしれないですね。


2006年12月01日

爽やかになるひと時

どうも、一晩中泣いて泣いて泣いて気が付いたの友達なんかじゃないという思いでお馴染みのMAKOです。


先日、おっそろしい事がおこりました。

ホントに田舎って怖いなって再確認した出来事です。

以前も書きましたが(白い悪魔の回参照)僕は大のコーラ好きなんですよ。

コーラも色んなメーカーが出しているんでそれぞれ味も違います。
気分によって飲むコーラを変えるんですが、その日はダイドーのミスティオコーラが飲みたかったのです。
なので当然ダイドーの自販機に行ってお金を入れて、ミスティオコーラのボタンを押しました。すると・・・



コカコーラが出てきました。


何故??????????

確かにダイドーの自販機にミスティオコーラ。でも出てきたのはコカコーラ。

あまりにも不可解なのでボー然としていると、たまたま店のおっさんが出て来てコカコーラを持ったまま立ち尽くしている私を見て言いました。


「うちはね、コカコーラ入れてるんだよ。その方がみんな喜ぶからね。嬉しいでしょそっちの方が?よかったね」



えぇぇぇぇぇぇぇぇ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!


いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや。

だって僕はダイドーのコーラが飲みたかったんですよ!
コカコーラ飲みたきゃ当然そっちの自販機に行ってますよ!
嬉しい訳無いでしょう!
嬉しいどころか哀しいですよ!

これって完全に何かの違法ですよね?てか詐欺なんじゃないんでしょうか。

悪いなんて微塵も思ってなく、さもそれが当たり前のように語るおっさんにビックリしすぎてなんの文句も言えませんでした。

そして泣きながらコカコーラを飲みました。

やはり都会から田舎に来て生活するのは厳しすぎます〓むこうじゃ有り得ない事がこっちじゃ有り得るのでビックリすることが多いです。最も逆もまたしかりなんでしょうけどね。

毎日東京に帰りたいなと思っているのは、環境適応能力が著しく欠如しているからでしょう。大人なのに。
場所のせいじゃなく、自分のせいでした。


訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

トータルカウンター



365カウンター地域情報ネットリサイクルショップ


↓ランキング↓
クリックしてもらえるとランキングが上がります。ご協力してもらえると大変喜びます。どうぞよろしくお願いします。

ブログの惑星ランキング
ブログランキングranQ