( ゚∀゚)ノィョ―ゥ


あー

今日も平和な日が終わりました




さらに

核ミサイルも ド━(゚Д゚)━ ン !!!

北朝鮮の侵略も ニダ━━<ヽ`∀´>━━ !!!!!

なにもなく 終了しました





そんな

今までな

平和な時を崩すかのように

ひたすら

PS2の戦争ゲームをする・・俺

( ´ロ`)なにか?




辺りは一面に広がる綺麗な山間の中で
国と国 男と男の戦い
「戦争」が今繰り広げられていた


そんな 山間の中の切り立った1つの丘
そこから敵軍の進行具合が一望できる高台の上

「丘」の頂上で数百人規模の陣営を展開

綺麗な景色とはよそに
所々では爆音や銃声がひっきりなしに聞こえてくる



そんな中
指揮官率いる軍が大砲で自軍を援護する形で
敵軍を迎え打っていた



パウエル指揮官
「砲撃よぉーい!!・・・(ぅ)てー!!!!!!!」



ド━(゚Д゚)━ ン !!!



貨車付き大砲からモノスゴイ轟音と地響き、
さらには周りが見えなくなるくらいの白い煙
その中に混じる大量の火薬のニオイ


パウエル指揮官
「どーした!?貴様らぁ!!!
 気合いがたりんぞおおおぉ!!!」


パウエル指揮官は戦場に慣れていない
耳をふさいで動こうとしない新兵に向かって
罵倒を浴びせ士気の低下を防ぐ


そこへ血相を変えた1人の兵士が
パウエル指揮官の元へと駆け寄る



それは前線との交信をしていた通信兵



ライアン通信兵
「前線が持ちません!!これ以上は・・!!!ぐわ!!!」


パウエル指揮官が驚きの言葉を発しようとした瞬間!




ドゥ━(゚Д゚)━ ン !!!




一瞬目の前が暗くなり
自分が立っていた場所より
3メートルほど吹き飛ばされていた

気がついた時には周りの兵士数人が
仰向け、うつ伏せになり動こうとしない・・



指揮官パウエルは敵軍の反撃の砲撃により
前線が突破されたことを知る


やっと我に返り
近くでうつ伏せに倒れている兵士を抱き起こした




パウエル指揮官「大丈夫か!!?ライアン通信兵!!!」




パウエル指揮官は倒れていたライアン通信兵を抱きかかえ言い放った




ライアン通信兵
「・・・・・・・」




見るからに重傷とわかる姿は
もうそれほど
「もたない」
こともパウエル指揮官は感じ取っていた




ライアン通信兵
「・・・ボソ・・・・ボソ」




最後の力を振り絞り
通信兵ライアンはパウエル指揮官に何かを伝えようとしていた



その最後の訴えとも言える
か細い言葉をやっとの思いで聞き取ることができた
























ライアン通信兵

「お前のかあちゃん・・・ブサイク・・・」


























その後 直ぐにライアン通信兵は息を引き取った



てか ええええええええええええええええええええ!!!!!


ありえねーw








・・・・

って妄想 in 戦争w

あー

頭使ったww


みなさんは

この最後のライアンの一言

どんなコトを言ったかコメして下さいw




〜注意〜
この中に登場している人・出来事は
管理人リョウヘイの妄想中の人物です