今年度もそろそろ終わりが近づいてきました。
昨年度に負けず色々なことが起こり、また成長できた一年でした。
このタイミングで少し振り返ってみようと思います。

まず、私が入学した高校は公立通信制高校でした。
それがかなり大きな影響を与えています。
入学してすぐ私はアルバイトを始めましたが、それができたのは公立通信制だったからです。
全日制はほとんどがアルバイト禁止なので、この選択をして正解だったと今は思います。


アルバイトを始めたことは、それまでの人生観を一転させてしまうほどの、私の人生において重要な通過点になりました。

まず、お金や社会に対する見方が変わりました。
自らお金を生み出すことがいかに大変か、社会は労働者と経営者のどちらに味方するのか等、社会経験の浅さから中学生の時には想像できなかったことを、深く考えられるようになりました。
将来を考えると、早めにこの視点を獲得できて良かったと思います。

また、本当のチームワークの重要性を学びました。
これは、あまり協調性の無かった私にとって、とても大きな成長でした。
言い方は厳しいですが、小学校や中学校のグループワークはハッキリ言ってつまらない、限られた箱の中で、敷かれたレールに沿ってごっこ遊びをしているだけだと私は感じています。
実際に利益を生み出し、自らの生活費を稼ぐため、従業員同士が連携して仕事をこなす。
少し殺伐としていますが、これが本当の社会におけるチームワークなのだと実感しました。


次は自分の容姿についてなのですが、髪を染めたことも、成長した要因の一つなのではないかと考えています。
私は色白なのですが、地毛や目の色は真っ黒なので、その対比で「おばけみたい」と言われることが多かったのです。
髪を茶色に染めて、カラーコンタクトを入れて出掛けるようになったことで、自らの容姿に自信が持てるようになりました。
自信というものは自らの行動に顕著に現れるので、今のうちから高める方法を他にも模索していこうと思います。


何度も言いますが、これらのことを実行できたのは「公立通信制高校」に入学したからです。
こう言うと「何かの宣伝なのか」と思われそうですが(笑)
私が実際に入学して良かったと感じているので、これから進学する高校を考えている方たちに、選択肢の一つとして広めることができたらいいなと考えています。
学費も格安ですしね。
公立通信制高校のメリットやデメリットなど詳しいことは、また別の記事で紹介します。


あっという間に、高校一年生の期間は終わりを迎えようとしています。
きっとすぐに受験の年まで行くんでしょうね。
ですが、今年度の目標である「英検二級に合格する」ことが達成できたので、とりあえず及第点です。
安心して次年度に進みたいと思います。