観際メルの哲学レンズ

『嘲笑せず、嘆かず、呪わず、ただ理解する』(スピノザ)
16歳の女子が、気に入った本などを書いていきます。

カテゴリ: 経済学の本

・面白さ    ★★★★☆
・読みやすさ  ★★★☆☆
・本の概要
1998年のノーベル経済学賞を受賞した、アマルティア・センの講演集。『経済学の再生――道徳哲学への回帰』の文庫版。

・気になった箇所

「自分が評価するものを獲得すること(または獲得する能力をもつということ)は、この点で幸福、豊かな生、自由といった他の評価項目と特に違うわけではない。したがって、幸福、豊かな生、自由などがそれぞれの客観的評価関数によって数値化されるなら、ほとんど同じようにして、自分が評価するものを獲得すること(もしくはその能力をもつこと)も適切な関数で数値化が可能である。評価対象である目的の性質とその根底にある問題は区別しなければならない。客観的な理論であったも、人々が実際に評価するものやそれを獲得するために必要な能力に重要な役割を与えることができる。」(69ページ)

一応、入門書という位置づけになっていますが、少し難しく感じました。
私はあまり経済学の知識を持っていないので、内容を吟味する以前に専門用語を理解するのが大変でした。

ですが、勉強しなおしてまたチャレンジしたい本です。
倫理学で扱うような主題を経済学で見るというのはとても興味深いので、とにかく経済学に沢山触れ、慣れてから読むと、また良い視点が得られるのではないかと思います。

・面白さ    ★★★★★
・読みやすさ ★★★★★
・本のポイント
『経済学大図鑑』の著者ナイアル・キシテイニーによる、経済学史上で重要な人物の理論をまとめた本。

・気になった箇所

「経済学には不備な点もあるが、人類にとってきわめて重要なものだ。もっとも基本的な経済理論は、あらゆる種類の問題、とりわけ専門的な問題を解決するための強力なツールとなる。専門的な問題には地球温暖化のように、今後、何世代にもわたって人々の生活の質に直接、影響を及ぼすものが含まれる。
そうはいっても、経済学は、人間社会全体がいかに機能するかというような、より広範な問題に取り組んできたのだ。社会の進展に役立つのは、自由市場と競争か、あるいは人々が集まって協力することか。経済成長において金融市場が果たすべき役割はなにか。こうした疑問に、単純な経済原則で答えるのはきわめて難しい。それが、多くの経済学者が先の経済危機の到来を見抜けなかった一因である。また、経済危機よりはるか以前、経済学者は自由市場や合理性の理論を用いて、1980年代のアフリカ、1990年代の共産主義体制終了後のロシアなどの社会全体を再設計した。結果は悲惨だった。経済学者は基本原理をあまりにも強く推し進め、社会がもつ幅広い政治的・社会的な側面を理解していなかった。」(325~326ページ)

つい最近出版された本です。(2018年2月26日 第1刷発行)
題名に「若い人のための」とありますが、どの年代の人が読んでも面白いと思います。

主に、経済学史上の人物を紹介しながら、経済学者が唱えた理論と経済の仕組みを解説しています。
プラトンによる哲人政治の社会構想から、『21世紀の資本』の著者トマ・ピケティなどの、現代で活躍する経済学者までを網羅しています。

経済学はあまり詳しくないので、読み始める前は「理解できるかな…」と不安でしたが、意外に聞いたことのある名前が多くサクッと読めました。
「この人確かこの本に出てきたな~」といった感じです(笑)
理論の説明自体は本当に分かりやすかったです。
さすが『経済学図鑑』の著者でした。

「なんか聞いたことのある名前」を、「この人の理論は知っている」状態にする作業はとても楽しいです。
意外な学者同士のつながりを見つけることも良いですね。
所々に散らばっていた“点”が、“線”になる感覚です。
そしてその“線”が、“円”になっていくんですよね。
それが、私流の読書の楽しみ方です。

・面白さ    ★★★★★
・読みやすさ ★★★★☆
・本のポイント
大図鑑シリーズの経済学編。

・気になった箇所

「古代ギリシアの哲学者たちは、のちに一括して「経済学」として知られることとなる主題にかんして文章を書きのこした最初の人びとでもあった。プラトンは、『国家』のなかで、理想国家の政治的・社会的しくみを描きだしたが、それによれば理想国家は、共有財の産出をおこなう専門的な生産者を内包することで、経済的に機能するとされる。だが、プラトンの弟子であったアリストテレスは、市場で交換されうるものとしての私有財産という概念を擁護した。この二つの立場は、こんにちまで継続されている見解となっている。
プラトンもアリストテレスも、哲学者であったので、経済学を道徳哲学にかかわることがらとみなしていた。だから、経済学システムがどう機能するかを分析することよりも、それがどう機能すべきかの観念を提出した。この種のアプローチが主観的にして事態が「どうあるべきか」を考察するものだからだ。」(18ページ)

このシリーズはとても好きです。
小6の宿題で出されていた「自学」のノートに書き写していました。

NHKの「欲望の経済史」を見てから、更に経済学に興味を持ちました。
マルクスやケインズの考察はやはり的確で納得できます。

この本を読むと、経済の歴史は結構長いことが分かりますね。
年表が載っているのもありますし、上に抜き出したようにプラトンも経済のことを書いています。
単純ですが、こんな昔から経済が回っているなんて、人間って凄いなーと思います(笑)

・面白さ    ★★★★☆
・読みやすさ ★★★★★
・本のポイント
マクロな経済ではなく、“個人”、一人ひとりのミクロな経済の中の「幸福」について、アメリカの著名な経済学者タイラー・コーエンが綴っている。「フレーミング効果」という、自閉症者が得意と言われる物事を整理する方法を推している。

・気になった箇所

「一般的な要点は次のとおりである。アクセスが簡単であれば、われわれは短く、快く、小さいものを好み、アクセスが困難であれば、大規模な制作物や派手なもの、傑作などを求める傾向がある。こうしたメカニズムを通じて、アクセスのコストは人間の内面の活動に影響する。われわれの手に入る文化は、たいてい「小さなピース」と「大きなピース」の二種類からなる。アクセス・コストが高いと、小さいピースははじき出され――選ぶに値しないのだ――結果的に大きなピースに目が向けられる。アクセス・コストが低ければ、大小さまざまなピースが選択可能になるが、どちらかといえば小さいピースのほうが好まれる。」(59ページ)

この箇所はストンと腑に落ちました。
確かに自分の行動を振り返ってみても、遠くの博物館や舞台を見に行った時にはそれなりに凄いものを期待しますが、近くだとあまり期待して見に行ったりはしません。
アクセスが困難であればあるほど、素晴らしいものを期待してしまうということですね。

また、自閉症についてもかなり詳しく書いてありました。
タイラー・コーエン自身、ブログの読者から「あなたアスペルガーなんじゃない?」と言われたことがあるらしく、今では自閉症をリスペクトしています。
フレーミング効果の説明をするために自閉症のことを持ち出したのでしょうが、本当に詳しく説明してあるので、経済学を学ぶついでにこちらも少し勉強してみては如何でしょうか(笑)

ちなみに、ジョン・フレミングの左手・右手の法則とは全くの別物なので注意して下さい(笑)

・面白さ    ★★★★★
・読みやすさ ★★★★☆
・本のポイント
生まれつきの容姿で、もらう給料や幸福度に大きな違いがあるのか、というテーマの研究をまとめた本。

・気になった箇所

「容姿は人の仕事選びやその仕事での稼ぎを左右する。でも、人の特徴がその人の仕事選びや、技術や能力で手にする報酬に影響を与えるというのは、別におかしな話しでもなんでもない。身体の能力や音楽の才能といった特徴を分析すれば同じようなことになるだろう。たとえば働き手の選好に関してもやっぱり同じようなことが言える。リスクに対する態度や寒がりかどうかといった特徴なんかがそうだ。ここでの議論の何が特殊かというと、労働市場のどこへ行っても容姿の影響が表れる点だ。たとえば、どんな天候が好きかが影響する仕事はそんなにない。寒いのが大嫌いな人のほうが稼ぎが多かったり少なかったりする仕事はあんまりない。同じように、だいたいの仕事では音楽の才能は収入とは関係ない。でも容姿はたくさんの仕事で大きな影響を与えうるし、実際に与えている。人がどんな仕事を探すかをその人の容姿が左右したりする。それなのに、それぞれの仕事に就いた人たちの間でも、より美しい人とより醜い人がいる。そしてほとんどの仕事では、美しい人がたくさん稼いでいる。稼ぎの差はものすごく大きいとは言えないが、それでも大きいのは大きいし、さらに有意な大きさだ。」(111ページ)

自分の容姿に自信がない人には、少し厳しいことが書かれているかもしれませんが、とても面白かったです。
「美人の方が稼ぎが多い」、目を背けたくなるようなことですが、どう足掻いても事実なのです。
何のためらいもなく、ズバズバと現実を突きつけてしまう所もまた楽しめました。

また、人によって「美しい」の基準は違いますよね。
データを取るために、その基準を合わせることはとても難しいです。
ですが、著者のダニエル・S・ハマーメッシュはその解決策を見つけ出し、データを取ることに成功しています。
この本には、どうやって基準を合わせたかということについても綴ってありました。
本題の美貌の格差とは少し離れていますが、とても興味深い所でした。

・面白さ    ★★★★★
・読みやすさ ★★★★★
・本のポイント
行動経済学の本。見た目や雰囲気、言葉に騙されて損をしてしまうような、人間の不合理な行動を研究。

・気になった箇所

「あなたは義理の母親の家でごちそうを食べている。テーブルには特別に用意された豪華な料理がいっぱいに並んでいる。~

昼にはじめたパーティーは午後遅くまで続いた。あなたはベルトを緩め、グラスのワインを口にする。そして、テーブルの向こうにいる義母を敬愛のまなざしで見つめながら、おもむろに立ちあがって財布を取りだす。「お義母さん、この日のためにあなたが注いでくださった愛情に、いくらお支払いすればいいでしょう」あなたは真摯に言う。一同が静まり返るなか、あなたは手にしたお礼を振ってつづける。「300ドルくらいでしょうか。いやいや、400ドルはお支払いしないと」
ノーマン・ロックウェルが描きそうな感謝祭のひとコマとはとても言えない。ワインのグラスが落ち、義母が顔を真っ赤にして立ち上がる。義妹が恐ろしいけんまくであなたをにらみつけ、姪がわっと泣きだす。どうやら来年の感謝祭は、テレビの前でひとり冷凍ディナーを食べて祝うことになりそうだ。」(104~105ページ)

皆さんは、上の出来事がどうしておかしいのか分かりましたか?
著者のダン・アリエリーは、私たちが「社会規範が優秀な世界」と「市場規範が規則を作る世界」という異なる世界に生きているからだと述べています。

社会規範には“友だち同士の頼み事”が含まれており、他人のためにドアをあけるようなもので、どちらも良い気分になっているのですぐにお返しをする必要がない。
市場規範はその逆で、友だちなどとは関係なく、シビアにお金が絡んできます。

そして、社会規範と市場規範が“衝突”したときに問題が起こってしまうのだそう。
上の出来事は、社会規範で片付ければ良かったものを、空気を読まず市場規範を持ち出してしまったがために起きてしまったということですね。

この本では、このような「不合理な出来事」を題材に、合理的ではない人間の謎な行動を解き明かしていきます。
同じ味でも、雰囲気のいいカフェのコーヒーにはファストフード店のコーヒーより高いお金を払ってしまうような行動を、データを取り分析し、メカニズムを分かりやすく解説しています。
とても読みやすいので、人間の行動に興味がある人ならば、どんな人にもオススメできます。

・面白さ    ★★★★★
・読みやすさ ★★★★☆
・本のポイント
ノーベル経済学賞を受賞した、ジョージ・A・アカロフと、レイチェル・E・クラントンの研究の本(書かれたのは8年前)。経済学、社会学、心理学の融合。

・気になった箇所

「組織を機能させるにはアイデンティティが重要だと私たちは主張する。労働者は帰属意識を持てる仕事に配置されるべきだし、企業はそのような愛情を後押しするべきだ。そう考えるのは、私たちだけではない。ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスのティモシー・ベズリーとマイトリーシュ・ガタクや、シカゴ大学のカニース・ブレンダーガストも同じように、組織において生産が増進されるのは、組織と目的を同じくする労働者を雇用した場合だと主張している。企業に共感する労働者は、金銭的インセンティブをほとんど必要とせずにきちんと仕事をするので、組織はうまくいくのだ。」(58ページ)

経済学と心理学の融合ということで、とても興味を持ちました。
普通ではなかなか思いつきませんよね。

特に気になったのは、第五章と第六章。
軍隊や工場勤務の人のアイデンティティ、学校の中の、生徒たちのアイデンティティについて、意見が述べられています。
具体的なモデルと分かりやすい解説のおかげで、とてもすんなり頭に入ってきます。
今、私が感じている、学校に対する言葉にできないモヤモヤの正体はこれかもしれないとも思ったり。

特に経済学や心理学などに興味を持っていない人にもオススメできる1冊だと思いました。

・面白さ    ★★★★★
・読みやすさ ★★★☆☆
・本のポイント
有名な経済学者、トマ・ピケティの著書。所得の格差や国ごとの資本について意見を述べている。

・気になった箇所

「あらゆる文明で、資本の所有者が働かずして国民所得のかなりのシェアを懐に入れるという事実と、資本の収益率が年4ー5パーセントくらいだという事実は、しばしば糾弾的な激しい反応と、各種の政治的対応を引き起こしてきた。政治的対応として最もありがちなのは、各種の高利貸し禁止で、キリスト教やイスラム教などほとんどの宗教的な伝統でこれが見られる。~
資本がその所有者に対して所得を提供でき、その所得を正当化するために所有者が働く必要はないという一般原理は、疑問視されないままだった。問題視されたのはむしろ、無限の蓄積だ。資本所得は健全な形で使われるべきで、たとえばよい仕事に対する報酬にすべきであり、真の信仰から離脱しかねない無謀な商業や金融的な活動に首を突っ込むのに使うべきではなかった。」(556~557ページ)

つまり、資本を持っているということは、利子がどんどん入ってくる。
なので、働かなくても自然にお金が増えていく。
それが問題なのではないか、ということでしょうか。
そうすると、富裕層と貧困層の富の格差が広がっていきますからね。

私には少し難しかったかな、と思いました。
経済学の知識が全くない状態で読み始めたので(笑)
専門用語や数式が度々出てきたのもあるかな。
もっと知識を増やしてからリベンジしたいですね。

経済学に興味がある方はぜひ手にとって見て下さい。
難しいですが、とても面白いですよ。

このページのトップヘ