虎にならねば

音楽やってます。学生です。 綴というバンドをやっています。

音作りについて

音作りについて僕の見解を述べておきます。

人に例えると分かり易いと思うんですが、ギターの木材はボーカルの性別、ピックアップはマイクで、右手や左手のフォームは発声法、弦のコンディションは喉のコンディションに置き換えれると思うんですな。

んで大原則が音はギターに近い方から決まっていくということですね。

まず木材。僕はこれが一番重要やと思います。重要というのはどうしようもないということ。人間でも拡声器で歌おうが、ゴッパチで歌おうが、女声か男声かは変わりませんよね。やっぱどうしても個体によって出ないトーンってあるんですな。

僕がこれを思い知ったのは、ライブの時に弦を切って、たまたま同じ種類のギター(アメデラのテレ)持ってる人がいて、それを急遽借りてライブしたんですが、これがもうめちゃくちゃ自分の理想の音に近かったんですね。出ない音がでる。だけど、特にお互いいじってるわけでもなかった。なんでなんかなと思ったら、僕のはアルダーで彼のはアッシュやったんですね。それまで正直木材とかどうでもいいと思ってたんですが、それが二本目を買う参考にになりました。

その木材の音の違いがわからん内はあんま二本目を買わん方が僕はええと思います。欲しくなるのはわかるんですが。わかり始めた時に後悔するかも?

オススメはピックアップ同じで木材だけ違うギターを弾き比べてみることですね。そうするとなんとなくわかってきます。あとは理想とするギターを弾く人に木材を聞きまくることですね。そうすると共通点わかってきます。足元なんて聞いても彼らはお金かけまくりなんで参考にならないことが多いと思いますね。。

次に大事なんが手ですね。これは発声法やと思えば日々の鍛錬ですよね。逆に言えば努力次第でなんとかなる、無課金ユーザーにもチャンスがある部分です。壁にぶつかればみんなすぐに課金したがりますからね。良い音に楽な道はないですよ。

ピックアップやらマイクやらは結局振動を電気信号に変えるだけですから、悪い発声法でガラガラの声で歌えば、いくらその後でエフェクトをかけても意味がないんです。

あと他にはアンプを持つかどうかについてですが、これは音作りというよりは常に同じコンディションでライブできるというメリットの方がでかいと思います。後は録音時も自分のアンプあると安心ですよね。

どこまで学生生活で音楽にお金をかけるかにもよりますが、よほど理想の音(特にアンプのひずみが欲しいとか)がない限りは運ぶのも手間だし、お金もかかるし、コンパクトエフェクターとライブハウスに必ずあるJCなどで理想とする音を模索する方が効率的で現実的かなと。ケトナーのチューブマンとか小さいプリアンプとかもありますし。

まぁ、出先のJCはヘタってることもあります。。そん時僕のテンションはだだ下がりします。ですが最近その場合はディストーションを入れることで解決してます。カチッと音がなるだけ回してほぼゲインゼロで。試してみてください。

トーンとか音作りはもう好みなんでなんも言えないんですが、僕はあんまりトーンあげないです。全部だいたい九時から十時くらい。それ以上あげると嫌な音域もでるのであんまりあげないですね。音量はVolumeで調節します。ハイが死んでたらブライトスイッチ入れることもあります。あとリバーブも軽く入れています。これは箱によるんですが、中音であまりにノンリバーブやとテンションあがらんのでいれたりします。


あとは足元についてですが、言ってしまいますと、僕は空間系にお金と時間を掛けた方が、観客からみた演奏クオリティは上がりやすいと思います。
歪みって結局もうギタリストの自己満足なんですよね。歪みっていうくらいですから、聞いてる人はほとんど繊細な違いわかんないんですわ。
でも空間系がかかっているのはどんな素人でも絶対わかりますから。場面の切り替えができる最大の武器やと思います。

まぁあえて歪みについていうなら
僕のなかで歪系の位置づけは
①トーンを変える
②音圧あげる
③少しひずむ
④クソひずむ
に分けられるんじゃないかと思います。

トーン変えるっていうのは手近なアンプの役割みたいなもんですね。トーンカットブーストのついたクリーンブースターなどを常にオンにしておいて、演奏中にどうしても抜けんなぁって時に触ります。曲中とかMC中にアンプ触るんてなんかかっこ悪いじゃないですか。目立つし。
特にボーカルとかじゃ背を向けるでしょ。
イコライザーでもいいと思うんですが、僕はどうもあのグライコのめっちゃ周波数ある感じが苦手で、トレブルとベースのカットブーストの出来るシンプルなものが好きでした。僕はRCブースターという奴を使っていました。


少しひずむかクソひずむかっていうのはオーバードライブかディストーションかという話ではなくて、境目はノイズやハウリングが欲しいかどうかやと思います。効果音的な立ち位置ですね。
んで、ディストーションの役割は割とオーバードライブでできると思うんですな。逆もしかりで。メタルの人も意外にそんなに歪んでなかったりします。あと、みんながディストーションやと思ってる音は結局ファズを控えめに使った方が近かったりします。

音圧を稼ぐってのは難しいんですが、音圧≠音量なんですな。これは周りとの兼ね合いを考えた時に出てくる概念です。音量としてのバンド内の位置は変えず、バンド全体の音圧を稼ぎたい時、特にコードでバーっとする時ですね。まぁインストだからですけど。

まあ長々と述べましたが、歪みってほんま自己満足やと思いますわ。ギタリスト的には楽しいんですけど。逆に自己満足ってことは自分がいかに気持ちよく弾けるかってことなんやと思うんですね。その目的として割り切って歪みを探せばいいと思います。
自分がどんだけのサスティーンがあれば気持ちよく弾けるかとか。

まぁ、極端にいえば空間系は観客のために、歪みは自分のためです。

あとはエフェクターの役割を自分で明確に割り切っておくべきですね。効果音なのかメインなのか。

てかもうね、結局頭んなかに理想の音をまず作ることなんですよ。うんで違いを考えるってことですね。

あくまで個人的な見解ですが、うーん、こんなもんでしょうか。
参考にならないと思いますが、エンジョイユアライフ。

お世辞、社交辞令と評価の信頼性

自分自身があんまりお世辞とか言わん人間やから、すらっとお世辞がでてくる人はすげーなって思う。

僕らの曲をよいと思ってくれる人は少なからずいるわけだけど、だからこそそこにまだ疑いがのこる。本当に認められたと心から思えるにはどうすればよいのだろう。
もっと大きな枠がほしい。知り合いとかバンドやってる人とか関係なく、納得させたい。

嫉妬

嫉妬心を消す方法には二つある。諦観と向上心。
いっそ離れてしまうか、くらいつくか。
だけど一度諦めてしまえば取り返しがつかないし、見上げて生きていくと踏みつけているものに気がつかない。ぼくはあの人たちのようになりたい。人の心をふるわせたい。でも、あの人たちと比べてわかる幸せが、それによってわかる惨めさを産む。だから人はときどき一人になりたくなる。


相反する理想は、どうやらそれぞれが糸で結ばれた滑車のようなものらしい。
一つをこちら側に引き寄せたらもう片方は上へ上へと離れていく。

この敗北感、劣等感、それに伴う悲しみが熱量に変わる、変えられる時間は残り少ない。


ギャラリー
https://soundcloud.com/aki-yokode
カテゴリー
  • ライブドアブログ