August 24, 2006

たかが猫を殺したくらいで騒ぐ世間5

子猫殺し:直木賞作家・坂東さんがエッセーで告白
8月18日付けの日経新聞夕刊に掲載された坂東さんのエッセー「子猫殺し」

 直木賞作家の坂東眞砂子さん(48)が日本経済新聞に寄せたエッセーで、自身の飼い猫が産んだ子猫を野良猫対策として殺していることを告白し、波紋を広げている。坂東さんはフランス領のタヒチ島在住で、事実ならフランスの刑法に抵触する可能性もある。坂東さんは「避妊手術も、生まれてすぐの子猫を殺すことも同じことだ」との趣旨の主張をしているが、日本経済新聞社には抗議や非難が殺到、動物保護団体も真相究明を求めている。【鳴海崇】

 坂東さんが日経新聞18日付夕刊15面の「プロムナード」に寄稿した「子猫殺し」。「こんなことを書いたら、どんなに糾弾されるかわかっている。(中略)承知で打ち明けるが、私は子猫を殺している」と書き出し、飼っている雌の猫3匹には避妊手術をせず、子猫が生まれると自宅隣のがけ下に放り投げていることを明らかにした。

 野良猫対策としての避妊手術は認めているが、「人は他の生き物に対して、避妊手術を行う権利などない。生まれた子を殺す権利もない」との論を展開。「自分の育ててきた猫の『生』の充実を選び、社会に対する責任として子殺しを選択した。もちろん、殺しの痛み、悲しみも引き受けてのことである」と結んだ。

 日本動物愛護協会によると、フランス刑法は犯罪を三つに分類、子猫を殺す行為は、中間の「軽罪」(最高2年の拘禁刑)か最も軽い「違警罪」(罰金刑)にあたる可能性があるという。協会は「事実なら到底許されない」と非難、日経に事実関係の調査を求める方針だ。

 坂東さんは日経を通じて「タヒチ島に住んで8年。人も動物も含めた意味で『生』、ひいては『死』を深く考えるようになった。『子猫殺し』はその線上にある。動物にとって生きるとはなにかという姿勢から、私の考えを表明した。人間の生、豊穣(ほうじょう)性にも通じ、生きる意味が不明になりつつある現代社会にとって、大きな問題だと考えているからだ」とのコメントを寄せた。

 日経には23日までに、エッセーを巡って約300件のメールと約60件の電話が寄せられ、多くは批判や抗議だという。在日フランス大使館にも問い合わせが相次ぎ、業務に支障が出ている。

 日経社長室は「原稿の内容は、筆者の自主性を尊重している。今回の原稿も事前に担当者が筆者に内容を確認した上で掲載した。さまざまなご意見は真摯(しんし)に受け止めたい」と説明している。

 坂東さんは高知県出身で、ホラー小説の第一人者。97年に「山妣(やまはは)」で第116回直木賞を受賞した。映画「死国」「狗神」の原作者。7月から毎週金曜日のプロムナードを担当している。

 

一体どこが悪いのやら。犬や猫を殺したくらいで大騒ぎするような異常な社会はまだ続いているようでありますね。

 

 

Blog Ranking

 

You click this if you wish



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by uk   August 24, 2006 12:17
3 >一体どこが悪いのやら。犬や猫を殺したくらいで大騒ぎするような異常な社会はまだ続いているようでありますね。

うん。
あんたみたいな考えの人の居場所は少ないと思うよ。
可哀そうだね。
2. Posted by アンゴラ兎   August 24, 2006 14:50
>無思慮な動物愛護主義には遠慮せず掣肘を加えながら、命の大切さとは何かをディープに反省します。

ライフサイエンスに関与している方の発言とは信じ難いです。
医療研究のために犠牲になる動物と飼い主の怠慢さ故に無駄に殺される子猫と同一に扱えることが不思議です。

貴殿の言う「命」とはなんですか?
3. Posted by BJ   August 24, 2006 21:54
Welcome !
4. Posted by BJ   August 24, 2006 22:33
4 It seems that her statement is very reasonable and understandable. It is impossible to operate every house cat to prevent over-production. The pet owner has definite responsibility to control cat's reproduction. It is entirely pet owners choice which way to do. If you want to keep a cat but do not want to pay a lot of money to a veterinarian for such stupid operation, only way to solve the problem is killing all pups. Our society should permit it.
5. Posted by 清盛(管理人:BJ)   August 25, 2006 10:44
結局この方は、猫は飼いたし、さりとて子猫は増やしたくないというわがままを通すためには、猫の不妊手術か、子猫の間引きしかないというシビアな現実に突き当たり、その覚悟を他の不特定多数の読者の前で告白して認識を共有なさろうとしておられるのですよ。正直で好感が持てるではありませんか。ねえ(微笑)。
6. Posted by 通りすがり   August 25, 2006 14:34
ほう。そうかそうか。
戦後の広島にやってきた人体実験大好きバ科学者どもが、身も心も傷ついた被爆者…しかも子供相手に、どうしてここまで無神経な態度で振舞えるのか疑問に思ってたが、
ここを見て、こういう程度の考えでぐるぐる回転してるような奴らだったからだとよく分かったよ。
7. Posted by 哀れ   August 25, 2006 19:14
「たかが猫を殺したくらいで騒ぐ世間」という悲しいコメントをする人が存在する世間と言うものは虚しいものですね。
8. Posted by 哀れ   August 25, 2006 19:22
そうそう、このブログの管理者は、命の大切さ云々の前に日本の著作権法を勉強しなおしたほうがいいですよ。
これ、意外に刑が重い法律ですから。
9. Posted by 管理人   August 25, 2006 20:53
悪法というのもありますからね。(>哀)
10. Posted by 管理人   August 25, 2006 21:28
人間と動物の区別ができないとは少し軽いですねw (>通)
11. Posted by 管理人   August 25, 2006 21:31
不妊手術も間引きもしない飼い主は無責任でしょう。(>兎)
12. Posted by 管理人   August 25, 2006 21:32
まあ、ご心配なく。社会のパラダイムなんてすぐ逆転しますよ。(>uk)
13. Posted by 哀れ   August 25, 2006 22:04
なるほど。
悪法だと守らなくてもいいんですね?
ここの管理人様は自身の行為が日本国法に明確に違反していることを十分に承知しておきながら、意図的にそれを犯していると。また、そのことに罪悪感は全く感じず、反省もしておられないと。
そう考えてよろしいですか?

とても素敵な法治国家ですね。

そもそも、良法と悪法の区別は誰がつけるんでしょうか?
具体的な悪法リストがあると非常に助かります。
14. Posted by saya   August 25, 2006 22:08
>人間と動物の区別ができないとは少し軽いですねw

私は通りすがりさんではありませんが、人間も動物の一種であって、共存している・私たち人間は動物の存在によって生かしてもらっている・感謝の対象でもあります。植物に対してもまた同じです。
無意味に命を奪うことにはどんな種類の生命体であれ憤り・疑問を感じざるを得ません。

医学・医療の進歩の為に動物実験は避けて通れないものだった、ということに関しては事実そうなのですが、
だからこそ尚更一つ一つの命の重みを考慮するきっかけにはならないのでしょうか。

続く
15. Posted by saya   August 25, 2006 22:08
続き

”命の大切さとは何かをディープに反省します。”とタイトルに添える割に「w」を使ったりなど他にもあまりディープに反省しているとは思えないんですよね。軽いのはあなたの方かと。
根本的に価値観が違う相手の意見を「軽いw」などの言葉で片付けられるのは視野が狭い人の特徴なのではないかと。

生命を扱う職業の人間には、他者に対する想像力や視野の広さを求めたいと事あるごとに常々考えるのは私だけのエゴでしょうかね?

>「たかが」「殺したくらいで」

自己弁護ですか?w
16. Posted by 管理人   August 25, 2006 22:57
はい、厳しい批判でも辛辣なコメントでもどんどん受け付けております。どうしようもない無思慮な発言で無い限りすべての発言にはあとでまとめてレスを付けて進ぜます。ただ、これまでの所甘っちょろい意見ばかりで少し気が抜けております。
17. Posted by 管理人   August 25, 2006 22:58
悪法は早晩改められることを期待しています。(>哀)
18. Posted by 管理人   August 25, 2006 23:01
あいにくこれは自己弁護ではなく私の側からの批判です。もう少し思想を深めて出直していらっしゃいw。(>sa)
19. Posted by 管理人   August 25, 2006 23:02
ではまた明日に期待します。どうぞよろしく。♪
20. Posted by 管理入   August 25, 2006 23:25
オイラも別に知らん犬猫が死んだところでどうとも思わんが、
このおばはんの言う、殺さざるを得ん問題提起から解決法まで終始独りよがりなところを堂々と表に出すのは頭が逝かれているとしか取れんな。
これで騒いでるんは善悪よりむしろ快、不快の問題やろ。
それと君の言うてる法とかは全くこの話に関係ないし。
21. Posted by 管理人   August 26, 2006 00:06
あのですね、何を書いてくれもいいんですがね、その紛らわしい名前は変えて下さいまし【礼】(>入)
22. Posted by saya   August 26, 2006 00:12
>一体どこが悪いのやら。犬や猫を殺したくらいで大騒ぎするような異常な社会はまだ続いているようでありますね。

正常とは何か、また例えば今後の行方その他、ブログを読んでいる人たちに自分の意見を説明できないと、”ディープな”考察だとは誰も思ってくれないでしょう。

>まあ、ご心配なく。社会のパラダイムなんてすぐ逆転しますよ。
↑この点に関しても是非是非今後の管理人さんが推測する社会のパラダイムのしくみを論理的に聞かせてくださいね♪

甘っちょろいブログには甘っちょろい意見しか付かないんだから、管理人さんがんばってくださいね。今後に期待しています♪



23. Posted by 管理犬   August 26, 2006 00:54
1 たかが…ねぇw

どちらにしろ、このおばさんもここの管理人も
やってるこた2ちゃんの釣り師と同じだな
24. Posted by ノーコメント   August 26, 2006 02:04
自分も「たかが犬や猫を殺したくらいで・・・」の意見に賛同する一人です。2ちゃんねら〜がこういうサイトを見つけ面白半分でアドレス貼り付けそれを見て人が殺到し、著作権法やはたまた人体実験まで持ち出して匿名で攻撃する。そんな異常な世の中なんだとも感じます。
犬猫殺しの一件については、名のある人が発表しただけで、ダンボールに詰めて放置など「殺す」とほぼ同等な事を日常に見かける光景なので「たかが・・・」という表現は正しいと思いました。また自分の周りでは生まれた直後の子猫を川に流すなど普通に聞いた事もあります。ただそれに嫌悪感や可哀相になる感情はありますが、その子猫を引き取ったり自腹で親猫を避妊させるなどの行動はしません。それが一般的な普通の人間だと思いますが。
25. Posted by 管理人   August 26, 2006 02:05
おっ、こんな夜遅くなのにまた来られましたな。そんなに慌てなくてもおいおい理解できるようになりますよ。(>sa)
26. Posted by 管理人   August 26, 2006 02:07
釣られているという自覚なら、お引取りなさい。(>犬)
27. Posted by 管理人   August 26, 2006 02:10
少なくとも目的も無い自己満足のために犬や猫を殺す行為は批判されても良いと思います。(>ノー)
28. Posted by toshiro   August 26, 2006 07:29
1 すげーな、こいつ。
どういう育ち方したら生まれたての犬猫殺せるようになるんだろ。ていうかこの猟奇殺傷犯を育て上げたご両親に興味があるな。
29. Posted by honoy   August 26, 2006 07:48
子供にまともに意見が言えない奴か、言えてるつもりの勘違いやろうでしょう。>親
基地あいてに言葉が通じる道理もないし。
30. Posted by 一言   August 26, 2006 07:50
動物虐待に関しては、欧米に比して日本のほうがはるかに緩いんですが。
お気に召さないならば、中国などはいかがでしょう?(笑

それと動物実験について非難をなさるなら、その恩恵である現代医学を受けるべきではありませんね。
31. Posted by 管理犬   August 26, 2006 09:05
100歩譲って、食料等にするために殺す(アホ管理人の言う所の意味の有る殺し)なら良しとして
このおばさんの行動は「意味の有る殺し」なのかねぇ?

明らかに反感喰らう事を、わざわざ雑誌等に発表して反応を見る
それが釣りでなくてなんなんだ?

俺個人的には、ここのアホ管理人が坂東おばさん本人だったとしてもびっくりしないなw

誰か解析してみ?タヒチあたりから繋いでないか?WWWWW
32. Posted by 通りすがり   August 26, 2006 10:15
管理人さんの文章からは生命に対する畏敬と言うものを感じられてないと受け止められまが、どうです?
しなくていい殺生を率先してする必要性を感じませんが。
率先してやるようになったら、もう人ではないんじゃないかと思います。

33. Posted by うk   August 26, 2006 11:25
だから、ここのオッサンも犬猫を解体して快楽に耽るド変態なんですよw
てめーの糞文学論でオナニーこいてるババァと同類。

まあ、世間から白い目を向けられながら生きていけばいいんじゃない?
34. Posted by かまって欲しいのかねwww   August 26, 2006 12:05
犬や猫を殺してるのを知って何も感じない、異常なあなたの精神はまだ治ってないようですね。
35. Posted by コメント   August 26, 2006 12:33
ブログの管理人氏のプロファイル

(引用開始)
長谷川 寿紀著
「犬解剖物語」
みなさんご存じのように、うちのボスには様々なというか、個性豊かというか、強烈なというか、お友達がいます。
その一人が長谷川寿紀さんです。
ご本人から寄稿がありましたでご紹介させていただきます。

 長谷川さんのブロフィール、
「1957年北海道旭川市生まれ。アメリカ合衆国ミシガン州在住。神経内科、てんかん専門医、ミシガン州立医大サガノー分校助教授。
(引用終了)

↓以下参照
http://officematsunaga.livedoor.biz/archives/50222122.html
36. Posted by .   August 26, 2006 12:36
1 地獄行くね。
37. Posted by あ   August 26, 2006 12:53
殺した行為じゃなくて理屈こねるから騒いでるのでは?
38. Posted by 馬鹿管理人へ   August 26, 2006 13:02
1 この作家を擁護してる人は自律神経がいかれている。
牛肉を普通に食べるのと、生きてる牛から肉を切り取りながら焼いて食べるのとでは
全然違う行為だということを理解したほうが良い。
宇宙の法則を勝手に適用してはいけない、我々は残念ながら人間だ。

ライオンだっておもしろがって動物を殺して崖から投げ捨てたりしない。

おまえら、とりあえず自分の家族や子供や将来の子供に
胸を張って主張できるのかどうか考えてから書き込めよ。
39. Posted by 何だかなー   August 26, 2006 16:45
殺しの事実を糾弾しているんじゃないんだよ。
屁理屈こねて殺しを正当化している卑怯な態度に世間は怒っているんだよ。
おたく、お勉強のし過ぎでは?
視野が狭すぎてお話しになりませんな。
こんな無意味なブログやる価値ないじゃん。
40. Posted by 管理人   August 26, 2006 20:58
>>40
上のようなレスしか出来ないような人々が減って成熟した社会になれるよう、このブログを運営しております。はい。
41. Posted by 管理犬   August 26, 2006 21:06
はいはい、管理人氏のお言葉を直訳すれば
「まともに反論出来ませんニャ、でも言い負かされるのは嫌ですニャ」
と言う事になります
42. Posted by 管理人   August 26, 2006 21:13
5 誤訳と認定。>犬
43. Posted by 管理人   August 26, 2006 21:16
5 また帰ってきてから残りの発言にレスしましょう。また、一度発言した人が同じ内容の事を繰り返しているだけのように見えます。無駄な発言は他の人の意見を聞こえにくくしますのでおやめ願います。よろしく♪
44. Posted by こわい   August 26, 2006 21:18
犬や猫を殺したくらいで・・・・か。
平気なんだろうね。
年中、犬の腹割いたりしている人間は。
供養の碑とかたててとりあえず祈ったりして済ませているだけで、納得しちゃってて。

おっかない人だ。
なぜそんな人が人間のための研究をしているの?
やっぱり自分のため?

なんだかよくわからない。
馬鹿だといわれるだろうけれど、あなたという存在がとても怖い。
45. Posted by 黒板東   August 26, 2006 21:43
1 動物を食してるのと虐待の区別がつかないのは恐すぎるぞ
46. Posted by いk   August 27, 2006 01:09
ところで、皆さん、下の日記は読まれました?
要はここの管理人は犬嫌いなんですよ。
あ、猫もか。
47. Posted by 管理犬   August 27, 2006 01:50
>>アホ管理人
まともな反論マダー?







あ…逃げたかw
48. Posted by なか   August 27, 2006 08:31
論理の問題よりも倫理の問題では?
49. Posted by やれやれ   August 27, 2006 10:39
子猫殺しに言及しているブログを
集めたサイトのコメントによると
ここのブログは
「ほとんど中身なし、書きなぐり」
とある。
さもありなん。

「たかが猫を殺したくらいで騒ぐ世間」
という思慮のない不用意な表現に
管理人の浅薄な人間性がそのまま出てるね。
もうこんなブログ閉じた方がいいと思うけど、
こういう輩は意地になって続けるよ、きっと。
50. Posted by アンゴラ兎   August 27, 2006 11:18
No.12は不妊手術も間引きもしない飼い主は無責任でしょう。(>兎)
となっていますが私へのお返事でしょうか?

私がお訊ねしたのは『命の大切さをディープに反省する』と書かれた方が、その一方で『たかが猫を殺したぐらい』と言う。
矛盾していますよね。

なので貴殿にとっての命とは何ですかとお訊ねしたのです。

不妊手術や間引きの是非を問うたのではありません。
51. Posted by アンゴラ兎   August 27, 2006 11:29
あと管理人さんが英文で書かれた意図が解りかねました。
とりあえず、添削だけさせていただきました。

>It seems that her statement is very reasonable and understandable.
特に間違いはありません。

>It is impossible to operate every house cat to prevent over-production.
工場か何かでの過剰生産について書かれいるように誤解されますので
It is impossible to perform neutering on every house cat to prevent over
population.

続きます
52. Posted by アンゴラ兎   August 27, 2006 11:31
>The pet owner has definite responsibility to control cat's reproduction.
冠詞がないですね

The pet owner has the responsibility to control a cat's reproduction.

>It is entirely pet owners choice which way to do.
ペットのオーナーは一人しか存在しないわけではないので
It is entirely the pet owners' choice as to which way to accomplish this.

さらに続きます
53. Posted by アンゴラ兎   August 27, 2006 11:32
>If you want to keep a cat but do not want to pay a lot of money to a veterinarian for such stupid operation, only way to solve the problem is killing all pups.
子猫はpup(s)とは言いません

If you want to keep a cat but do not want to pay a lot of money to a veterinarian for such a stupid operation, the only way to solve this problem is by killing all the kittens.

>Our society should permit it.
細かいようですが
Our society should permit this.

以上
54. Posted by 管理人   August 27, 2006 12:04
3 さあて、もう少しレスが溜まってから返事をつけましょうかね。ふふふ。
55. Posted by え?   August 27, 2006 21:59
ここのコメントの4,5,6,55はこのブログを開設した管理人自身??
名前欄には管理人って出てるけど自ら自身の記事を評価したり英文で記載したりしてるのってなんでですか?
56. Posted by うk   August 27, 2006 22:25
とここまで読んで、長谷川 寿紀が何ら論理的な反論をしていないことに気がついてしまった。

57. Posted by 管理人   August 28, 2006 04:45
ここでの基本は人間の命が主で、他の動物の命は従ということです。>兎
58. Posted by 管理人   August 28, 2006 04:47
>30 あなたの仰るとおりです。
59. Posted by 管理人   August 28, 2006 04:49
>31 件のおばさんは犬を殺すという形で管理責任を果たしました。立派です。
60. Posted by 管理人   August 28, 2006 04:51
>32 命だからと言って何でも過大評価して畏敬するのはどういうものですかね。人間の命ではないのですからね。頭冷やして出直し。
61. Posted by 管理人   August 28, 2006 04:52
>33 わざわざそんな内容の無いことを書きに来たんですか?
62. Posted by 管理人   August 28, 2006 04:54
>34 動物過剰愛護協会の方ですか? 笑
63. Posted by 管理人   August 28, 2006 04:55
>35 人の紹介をしてもお駄賃は出ません。
64. Posted by 管理人   August 28, 2006 04:56
>36 行かんっちゅーの。爆
65. Posted by 管理人   August 28, 2006 04:58
>36 間引きという猫の管理責任の取り方もあると指摘されて取り乱している人が騒いでいるようですよ。
66. Posted by 管理人   August 28, 2006 05:00
>38 全く心配ご無用です。それよりも自律神経とは何か全くご存じないようですね。はは、
67. Posted by 管理人   August 28, 2006 05:03
>39 人を殺せば大問題ですが、犬猫家畜を殺すのはそんなに大騒ぎすることではありません。あなたのように騒ぐから笑えるのです。
68. Posted by 管理人   August 28, 2006 06:02
>45 動物を殺すのも管理者の働きの一部と認められないとは考えが幼なすぎる。
69. Posted by 管理人   August 28, 2006 06:04
>44 ぐわっはっはっは、おじさんは怖くないでちゅよー。怖がらせてごめんちゃいねー。べろべろばあ。というかもっと大人になってね。
70. Posted by 管理人   August 28, 2006 06:05
>46 関係ないことを持ち出されてもねえ。That's irrelevant.
71. Posted by 管理人   August 28, 2006 06:06
>47 忍耐力の無い奴だなあ。こっちは返事の自動販売機じゃないんだ。すぐに返事が来ないからと言って不平を垂れるなんて動物愛護主義者の恥さらしですぞ(藁)
72. Posted by 管理人   August 28, 2006 06:12
>49 人のコメントに左右されるのはミーハーです。もっと自分の脳みそを使って考えてコメント(orレス)して下さい。
73. Posted by 管理人   August 28, 2006 06:16
>51−53 >55 英語文で書かれたものは、日本語入力の出来ない端末からの送信です。命については回答済ということで一件落着。
74. Posted by 管理人   August 28, 2006 06:19
1 >56 こちらはまだ論理的な反論はまだ一度もいただいておりません。ハエがたかるような罵倒ばかりではつまらないですよ。もっと何とかしてください。
75. Posted by 通りすがり   August 28, 2006 11:19
理性を喪失した日本人が多いですね。
物事の理非を論じる能力がなく、
好悪の情だけで決め付ける。

個人的には、子猫殺しに対して嫌悪感を
抱いていますが、日本の保健所において
大量のペットが殺処分されている現状を
見ると、この作家の行為を責めるのは
不公正だと思います。
76. Posted by 通りすがり   August 28, 2006 11:58
千葉県某専修学校はこちらでしょうか?

http://www.saniku.ac.jp/

77. Posted by 眞砂子ファン   August 28, 2006 12:12
坂東眞砂子さんの「愛を笑いとばす女たち」(新潮社2000)っておもしろかったなぁ。
心配しなくても、けっこうタフだよ、あの人は。(誰も心配してないか)
しつけという名の幼児虐待をして殺してしまう人たちが「殺す気はなかった」というのは本当だと思う。自己愛人間は、自分になつかないものの存在を許さない。自分の意のままにならぬ人間以前のものを操作支配しようとする。たとえばロボトミー。たとえば避妊手術。

かわいそうなイラクの子供に感情移入してゲリラにつかまった若者たちがいたけど、なぜバッシングされたのかわからなかった。イラクのかわいそうな子猫だったらよかったんだ。
78. Posted by 匿名者   August 28, 2006 13:03
坂東という作家のケースは、動物と人の命の重さがどうとか、そういう問題じゃないと思いますよ、管理人さん。

人は、大概、目的を持って生き物を殺す。たとえば、医学の実験用に生き物を殺す。その是非については色々と論ぜられようが、常識として許容されるものと、そうでないものとには、大まかに線引きできるだろう。

続く
79. Posted by 匿名者   August 28, 2006 13:08
続き

この作家の場合、自己の快楽のために、すなわち殺害自体を目的として、小動物を殺していると推測される。

なぜなら彼女のケースでは、放置するなり、手術するなり、彼女の経済力をもってすれば、殺す以外の選択肢は幾らでもあった筈だからだ。大家に見つからないようコソコソと猫を飼っている日本人とは同視できない。

彼女は、殺す必要もないのに、わざわざ比較的残酷な方法を選んで殺している。しかもホラー作家だ。日常ではありえない殺害や異常心理を扱うのが彼女の職業だ。これらの状況は、小動物の命を絶つことに人並みならぬ興味を抱いた異常性格の持ち主であることを告げているように思われる。

更に続く
80. Posted by 匿名者   August 28, 2006 13:09
更に続き

先に述べたように、目的をもって生き物を殺す行為が許されるか否かは社会常識による。私が知りうる範囲で、殺害を目的とする殺害行為を許容するような国家や文化は無い。少なくとも日本では、常識の範囲外である。

だから、彼女の行為は、日本の社会常識に基づいて、非難されるべきものである。

おそれながら、管理人様は、自己の快楽に基づく殺害目的の殺害行為を是とされるのでしょうか???

以上
81. Posted by 通りすがり   August 28, 2006 13:19
管理人が卒業した千葉県某専修学校はこちらでしょうか?

http://www.saniku.ac.jp/
82. Posted by はっ。   August 28, 2006 13:38
>>5の時点で管理人、貴方おかしいから。

>猫の不妊手術か、子猫の間引きしかないというシビアな現実
馬鹿でしょ?探せば他にもあるのに。
それをすることを考え付かない頭。

考察や感想なんか思考能力があれば誰でもできますから。貴方でもね。
成長発展改善進化のできない人間だけにはなりたくないねぇ。

ちなみに「たかが猫」って発言。
2年前の日本人学校に斧もって進入した韓国人の発言に似てると思うんだよね。
俺に猫好きフィルターでもかかってるのかねぇ?w
83. Posted by G   August 28, 2006 14:09
>>匿名者

推測だけで坂東氏の性格を決め付けるあなたに黙祷
84. Posted by 2ちゃんから来ますた   August 28, 2006 15:24
1 「たかが」と言いますが、小動物から対象が大きくなり、やがては人間へとそのターゲットが移るケースがままありますから、無駄な屠殺は禁止した方がいいんですよ。
人間は快楽や悪徳に流されやすい生き物ですからね。

管理人さんは動物を使って実験する仕事ゆえに批難されやすい自身と、この無意味に小動物を殺している作家を同一視しているだけに過ぎないと思いますが、どうでしょうか。
85. Posted by 管理人   August 28, 2006 20:18
5 ようこそ。
こちらにもコメントをどうぞ。
http://blog.livedoor.jp/mesenchyme/archives/50611178.html
86. Posted by あのー   August 28, 2006 23:47
ここの管理人さんの答弁は、社会で真摯な気持ちで
動物実験に関わる仕事をなさっている方に対する
誤解を招くと思います。

少なくとも、笑やwを多用した返答はおやめになったらどうですか?

87. Posted by 管理人   August 29, 2006 01:16
5 I deleted a few comments which have nothing to do with the discussion in this article. Thank you for your cooperation. www
88. Posted by アンコラ兎   August 29, 2006 03:30
4 http://blog.livedoor.jp/atlanta/archives/50582932.html#comments
89. Posted by 管理人   August 29, 2006 06:34
>75 不公平であるという意見に同意します。
90. Posted by 管理人   August 29, 2006 06:34
>76 ご明察。
91. Posted by 管理人   August 29, 2006 06:53
>77 偽善的な「動物愛護」も笑い飛ばしてしまいましょうか♪
92. Posted by 管理人   August 29, 2006 07:00
>78〜80 率直なところ私も動物を無意味無目的に殺すことには同意しません。私の所には坂東女史が異常性格者であることを決め付けられるデータはありません。また、避妊手術をする経済力がありながら間引きをしたのもそういう方法があることを単に社会にアピールする目的だったのかもしれません。
93. Posted by 管理人   August 29, 2006 07:01
>81 そこには身を寄せていただけです。デスラー総統が白色彗星帝国に身を寄せていたようなものです。藁
94. Posted by 管理人   August 29, 2006 07:03
>82 ほお。他にどんな方法があるんですか?人にやるなんていうのは責任先送りにすぎませんからダメですよ。
95. Posted by 管理人   August 29, 2006 07:05
>84 小動物から人間に攻撃のターゲットが移るというのはデータも根拠も存じません。無駄な殺生はする必要が無いというのは同意。
96. Posted by 管理人   August 29, 2006 07:06
>86 そういう事は全く心配しておりません。わっはっは。
97. Posted by 管理人   August 29, 2006 07:07
>88 Thanks.
98. Posted by 眞砂子ファン   August 29, 2006 07:40
コメントにお返事ありがとう。
「動物愛護」は偽善というより病気だと思う。
「境界例と自己愛の障害」ですね。
犬にリボンって動物虐待じゃないのか?
99. Posted by 管理人   August 29, 2006 09:17
5 ええと、>85にも書きましたように、当ブログの記事はここだけではありません。当管理人は忙しい中少しずつコツコツと情報をあつめては文章化しています。どなたでも任意にコメントなりつけて下さると幸甚です。但し議論のからはずれた内容のコメントは遠慮なく任意削除していますのでご了承願います。英語を添削されて恥ずかしいんだろなんというトンマなレスをつけた奴も見ましたが、笑って削除しました。こっちは英語の添削など英語のわからんぼけ兎に頼んだ覚えはありませんしね。w
100. Posted by 管理人   August 29, 2006 09:27
>98 結局、動物偏愛主義に陥る人、動物実験反対といってデモりに来るような人、捕鯨反対とか言って過激な動物過剰愛護主義を唱える人は、動物を愛するといいながら、人間を愛することが出来ないとか、人間不信とか、人間関係の基本的な所に大きな問題がある人が多いと思います。問題があるから悪いというのではなく、かえって気の毒に思います。それにひきかえ動物愛護団体というのはとんでもない奴らでありまして、ヒューマニズムを動物に適用するという倒錯を一般社会に強要します。動物も人間も命の価値は同じだなどという馬鹿馬鹿しいことを平然と主張しています。断じてそうではありません。そのあたりの問題は当ブログの「動物愛護は階級闘争か」とタイトルを振ったアーティクルで論じております。一応ご一読賜りますと幸いです。(礼)
101. Posted by 匿名者   August 29, 2006 10:01
坂東という作家の(その立場・経済力からして避けえたという意味での)不必要な殺生は、社会常識に照らして責められるべきと思います。
しかし以下では、「〜すべき」という立場を離れて、私的見解を述べます。

続く
102. Posted by 匿名者   August 29, 2006 10:01
続き

全ての生き物は、個として生きるのみならず、全体(生態系)との連関の中で生きている。もし死なない個が無際限に増殖したら、全体の調和が崩壊するだろう。全体との連関において見ると、一個の生物は、全体の調和により生かされ、全体の調和により殺されるものでしかないだろう。
したがって、個として存在する生き物は、全て哀れであると感じる。殺されて当然なものなどない。
私によって殺される生き物は、哀れである。そして私も、哀れな一匹の生き物として、全体に殺される。
この直感を共有するかしないかは、人間同士が共感(信頼感、安心感)を育むために、極めて重要な要素ではないか。

だから、管理人さまの「たかが猫を殺したくらいで」という言葉に触れると、この凡人の抱く直感を素直に共有できない印象を受けるし、人として、というより一個の存在として不快を覚える。
103. Posted by 眞砂子ファン   August 29, 2006 15:24
他のエントリーを読ませていただきました。
私の友人は、管理人さんと同業の人が多いので、年賀状に「毎日動物をいじめています」なんて書いてきます。たいへんですね。
「動物愛護」の方たちが幸運なのは、彼らのペットが比較的短命だからと思えます。人間の子供に同じように一方的に愛情を注いでいた結果がどうなるかは最近の事件でよくわかります。
たしかにかわいそうな方たちですね。
104. Posted by チュン   August 29, 2006 16:04
はじめまして。2ちゃんから来ました。
2ちゃんなどのネットを見ていて思うのは、世の中いろんな考えの人がいるんだな、ということです。学校では教えてくれない価値観が山ほど存在しています。

ときに管理人さんは、子供さんがいらっしゃると仮定して、ご自分のお子さんが野良の犬猫を殺そうとしているとしたら、それを黙認するのでしょうか?

私には子供がいませんが、もし将来できて、その子が犬猫を殺めようとしたらと想像すると、とても不快です。
これは今現在の私個人の考えなので、管理人さんにしてみれば異常な心理かもしれませんが。

私が見つけた(これも2チャンでなんですが)ブログでわかり易いのがあったので上げておきますね。
ttp://charm.at.webry.info/200608/article_12.html
とても良く考察されていると思います。参考に読んでみてください。

では。
105. Posted by 色即是空   August 29, 2006 16:05
ここの管理人さんは、(人間)と(動物)を完全に「区別」した。
作家を糾弾する人は(愛玩動物)と(食用動物)を完全に区別している。
私は人間も愛玩動物も食用動物も区別したくない。
そんな私でも(動物)と(植物)を区別せざるをえない。
昔の人は(人間)と(穢多非人)を区別した。

人は、何らかの区別をしなければ生きていけない。
そして、自分と同じ区別をしなければ、それを不快に思う。

不思議な生物。

そして、悲しい生物・・・
106. Posted by 眞砂子ファン   August 29, 2006 17:28
無門関第十四則南泉斬猫について考えておられる。ちょっとおもしろい。現実の問題に直結しようと考えているだけでペケだけど。

http://finalvent.cocolog-nifty.com/fareastblog/2006/08/post_2ab6.html#comment-9384640
107. Posted by 天才?!   August 30, 2006 04:06
坂東眞砂子さんの子猫殺しに関して「彦龍の憲彦さん」が「オス飼えば?」

作家の坂東眞砂子さんが日経新聞のコラム上で子猫殺しを告白したことが
大きな波紋を呼んでいる。そんな中、日本一まずいラーメン屋「彦龍」の
悩み相談ブログ「彦龍の憲彦さん」に、子猫殺しと親猫の避妊手術に
ついての質問が登場。シンプルに「オス飼えば?」と答えている。

憲彦さんのブログ
http://blog.livedoor.jp/japaneasy/archives/50559015.html


坂東何とかが全国紙のコラムで何百字も費やしてたいそうに哲学だのエゴだのとぶち上げて自己正当化したところでラーメン屋のたった5文字の「オス飼えば」に論破されるという
この現実


108. Posted by 管理人   August 30, 2006 06:46
>102 その直感の適用される範囲が問題でしょう。原則として「ヒューマニズム」は人間のコミュニティの中だけで適用されます。それを越えて動物界すべてに適用しようとするのは形而上的な思索の産物であり、非現実的であると考えます。人間の存在が動物界の動物の存在とは同等ではありません。
109. Posted by /   August 30, 2006 07:44
>100
>ヒューマニズムを動物に適用するという倒錯

えっと、管理人様。
坂東氏が書いた文章では、メス猫のセックスをしたいであろう気持ちを重んじる等という内容で、結果生まれた子猫を崖から投げるとありますよね。
ここで管理人様のいうヒューマニズムを坂東氏が自分の飼っているメス猫にだけ適用しておきながら、そのメス猫の子供には適用しないで、崖から投げるという殺生を働く事に対しては、なぜ批判されないのですか?
管理人様の言い分では、ヒューマニズムを動物に適用する=倒錯であるとするならば、坂東氏の行動はこれにあたりませんか?
110. Posted by 管理人   August 30, 2006 07:56
>104 私には娘がおりますが動物が好きで、動物の解剖学を学びたいと申しております。目的があって動物を殺すのは全く問題になりません。
111. Posted by 管理人   August 30, 2006 07:59
>105 区別することに罪悪感を持っておられるのですか。それは無用の自責であると存じます。
112. Posted by 色即是空   August 30, 2006 07:59
「ヒューマニズム」とは、人間のコミュニティーだけに適用され、
人間の存在が動物界の動物の存在とは同等ではないと想定する思想です。
よって、あなたの回答はリダンダンシーです。
この思想は人間が地球の「王」として君臨しているからこそ成り立つ「たわごと」です。
その前に(米102)って形而上学的なのでしょうか?

113. Posted by 管理人   August 30, 2006 08:04
>106 南泉斬猫のエピソードは無心の理解を求めています。無心になれば動物を愛するのも殺すのも一緒であることがわかります。犬猫に愛の心は無いからです。もちろんそれは人間に対してはあてはまりません。なぜなら人間は無ではないからです。「犬に仏心無し」と喝破した坊さんは大当たりです。
114. Posted by 管理人   August 30, 2006 08:08
>107 そのような糞アドバイスは何の役にも立ちません。飼い猫の性別の選択のチョイスが無い人には言うだけ野暮でしょう。もっと簡単に考えてはどうでしょう。つまり、飼い猫のオスメスの如何に関係なく、増えたものは飼い主の責任で始末をつけるということです。これが基本。
115. Posted by 管理人   August 30, 2006 08:12
>109 おっしゃる点において坂東氏が一貫性がないというご意見には興味深いと思います。獣の性欲に同情する思いやりは彼女の弱さかもしれません。
116. Posted by 管理人   August 30, 2006 08:18
>112 「人間が王である」というあなたのお言葉はたわごとではなく現実であると考えられます。それに引き換え生き物がすべて平等であるという考えは何の根拠にも基づかないファンタジーです。ファンタジーで動物愛護をやられても後始末が大変なんです。
117. Posted by 眞砂子ファン   August 30, 2006 09:17
御明察いたみいります。>113

管理人さんの 
>100
>動物を愛するといいながら、人間を愛することが出来ないとか

が、大当たりですね。

コミックやアニメなんかの「キャラ萌え」にも同じようなことを感じます。ほんとうにこわい世の中になったものです。(平気で生きていけるけど)
118. Posted by 色即是空   August 30, 2006 13:47
ご多忙の中、返事を書いてくれるあなたに感謝(皮肉ではなく)。
私は動物愛護の側にいる人間ではありません。むしろ反吐が出るくらい嫌いであります。
(猫は好きですが・・)

矛盾だらけの奇麗事ばかりをわめく偽善者に比べ、あなたの「たかが猫」発言は爽快ですらあります。

そのあなたが「ヒューマニズム」などという偽善に満ちた言い訳集みたいなものを引き合いに出してきたから少しビックリしただけです。

「より多くの命を救うために我々は原爆を投下した。」
虫唾が走ります。
「より強いものが、より正しいのです。」
そう言えばいいのにね。
119. Posted by どっちもどっち   August 30, 2006 16:59
子猫殺しを批判する人は、
「お前の娘を崖から突き落とせるのか?」
という質問をする。
私は、避妊手術を正当化する人に質問する。
「お前の娘の子宮を摘出できるのか?」と
どっちもどっち。
飼い主の苦痛が後者のほうが少ないというだけ。

子宮を奪われた猫はホルモンバランスを失い、
恋をする権利を奪われ、結構苦しんでいると思う。
能天気な飼い主がそれに気づいてないだけ。
知らぬがア仏という感じ。
120. Posted by 管理人   August 30, 2006 19:44
>118 確かにヒューマニズムというのは叩けば埃が出るような胡散臭い言葉です。私もこの思慮の薄い人間賛歌みたいなスローガンは好きではありません。しかし問題は、動物愛護主義がヒューマニズムで支えられている所でしょう。これはやはり考えてみれば自家撞着と言えるのではないかと思います。
121. Posted by 管理人   August 30, 2006 19:46
>119 自分の娘と猫の子という比べられようのないものを比べさせる時点で既にその質問は偏向していますよ。
122. Posted by 管理人   August 30, 2006 19:49
>117 動物愛護主義者が真の人間愛に目覚める日が来るのはいつであろうか?って思いますよね(哀)
123. Posted by あれまぁ   August 30, 2006 19:51
仏教に於いては犬猫の命に留まらずこの世のあらゆる森羅万象が無我という概念で成り立っております。人の命も心も同様に無我なのですよ。曲解なさらないように。
ご参考になれば

http://kukan.syudo.com/macro.htm
124. Posted by どっちもどっち   August 30, 2006 21:18
あてつけで言ったつもりだったのですが・・・
125. Posted by 江川麻原彰晃晃   August 30, 2006 21:34
>123
大乗仏教ってつまらないニャー。
ゴータマ先生は人間ではなく神様なんだショ。
ナンミョウホウレンソウ、ダイサクバンザイなかたかニャー?
126. Posted by へぇ   August 30, 2006 21:46

確かにヒューマニズムというのは叩けば埃が出るような胡散臭い言葉です。私もこの思慮の薄い人間賛歌みたいなスローガンは好きではありません。

↑ふーん… 「ヒューマニズム」で調べると人間性を重んじ、「人間愛」を実践し、併せて人類の福祉向上を目指す立場、って出てるんだけど。
人間愛という言葉は胡散臭くないの?
人間愛とは何なんでしょう?
127. Posted by あれまぁ   August 30, 2006 22:19
補足です。

仏教とキリスト教の客観的比較。
仏教=慈悲・生命重視、全ての生命を尊ぶ
キリスト教=愛・自己犠牲的献身奉仕
双方宗教の慈悲と愛の精神には合い通じる事があるかもしれません。
しかし 生命の尊重を仏教が生けるもの全てに対してのものであるのに対して、
キリスト教は 人間を生命体で最上かつ神から見て特別な存在と位置付けられていると言う点が異なります。
慈善活動においては「イエス様が私達の為に十字架に掛かられた」との事から、
奉仕に積極的です。時には自己犠牲を以って人助けする事をも求められます。
したがって‘命‘の大切さを強調しているのが仏教。慈善人助け活動を重視するのがキリスト教と言えるかも知れません。

宗教論争をするつもりはもちろんありません。ですがコメントを見ているうちにこの辺りに思想の相違があるのかと思いました。

続く

128. Posted by あれまぁ   August 30, 2006 22:43
続けます

日本には信仰熱心な仏教徒でなくとも日常何気なく使う言葉が意外と仏教の思想に根付くものであったりすることがよくあります。言語が思想に影響を与えない筈は無く、信仰に熱心でなくとも生命の尊重が生けるもの全てに対してのものであると思想の根底にある日本人は少なくありません。

先ほども述べましたが宗教論争をするつもりはさらさらありません。馬鹿馬鹿しいし不毛ですから。

どんな思想・哲学・宗教を持つのも自由です。
自分が信じたいと思うものを信じればいいんです。
ですがその思想を誰も他人に押し付けたり非難したりする権利はありません。

さらに続きます
129. Posted by あれまぁ   August 31, 2006 00:49
続きです

個人で正しいと思う思想・哲学・宗教を信じることは自由だし、それを主張することもまた自由なのですが、
この世に絶対的な”解”が存在していると信じることは人類の長い歴史を振り返ってみてもわかるように危険なことなのではないでしょうか。

価値観・思想の違う人間を馬鹿だのアホだのと誹謗したり適当にすり抜けていては話は発展しないどころか核心から遠ざかるだけです。
全く異なった考え方を持つ人間と向き合い想像し理解することは難しいのですが、
そこに表れる姿勢もまた人間の真価が問われる一要素なのかもしれませんね。

まだ続けちゃうよ
130. Posted by チュン   August 31, 2006 01:43
>>110
管理人さん、レスどうもです。
解剖学の目的というものが、解剖学というものに無知なために理解しかねますが、目的を持ってすることは大事なことだと思います。
まあ学問に目的がないということは無いのかもしれませんが。理由を限定せずに質問した私の怠慢かも。

では、娘さんが、「目障りだから」との理由で野良の犬や猫を次々と殺めていたらどうでしょうか?
131. Posted by 管理ノ\   August 31, 2006 02:16
自分に都合の悪いものや気に入らないものはすべて悪法ですw
132. Posted by あれまぁ   August 31, 2006 03:02
続き

それにしてもここまで本文含めて全てのコメントを拝見しましたがどうやら”命について”考察することは易いが(と言ってしまうと語弊がありそうですが)話が抽象的で上滑りになり話がそれやすく、
”命とは何か”を考えることはなかなか難しいようです。
ですが命そのものについて熟考してみることは人間と動物・避妊手術と間引きだとか快・不快のような目先の永遠ループから抜け出す為の糸口になるかもしれません。

続きますが次で最後にします
133. Posted by あれまぁ   August 31, 2006 03:25
ラストです。

私自身命そのものについて思いを巡らせるとコラム{子猫殺し}を書きその後のインタビューの内容から論理が破綻していることを横に置いたとしてもツッコミ所が満載です。
提案したい事が山のようにあります。無論むやみやたらと攻撃するためではありません。
時が熟したらまた改めて書いてみます。

今回は終わりにします。
不可知論者な為宗教については大変疎く、キリスト教・仏教の記載は誤りがありましたらお気付きの方が訂正してくださって構いません。
134. Posted by 一安見   August 31, 2006 05:24

はらからよつゆ関せずと猫あくびだぜ
135. Posted by 眞砂子ファン   August 31, 2006 05:48
養老孟司さんがよく引く例で、田舎道でころんでも誰にも文句言えない(不注意な-または脚力が衰退している-自分を責めるしかない)が、街中でころんだらいくらでも責任転嫁ができる。こんなところに違法看板置きやがって、舗装の修理をほうっておく怠慢な行政うんぬん。
タヒティ(http://www.m-w.com/dictionary/tahiti)でのんびり暮らしていて、文明がよほど進んでいる日本の新聞に、不注意にあんなエッセイを発表した坂東さんには同情しきりです。
月待ちの恋(2004)と梟首の島(2005)が両極端でもうひとつ?でしたが、血と聖(2006)はそれらがうまくミックスされた会心の作品になっていました。いま一番あぶらが乗ってる時なんでしょう。新作が書けて気が抜けたのか、読者サービスの一環か、どちらにしても
生真面目な彼女らしいドタバタであったことは確かです。
新作がたのしみです。
136. Posted by 眞砂子ファン   August 31, 2006 06:07
>122
愛というのは、私にとってにがてな概念ですが、自己愛がもとになっているのは確かです。自己愛の延長としての他人への愛は、その愛がその人のためになっているかどうか、ためになっていない場合、相手の人格-生命を尊重して、自分(の愛)を抑制できるかどうか、にかかってくるように思えます。自分の主張をどこまでも通すためにじゃまな相手の存在(と相手の意見)を暴力で抹殺しようとするのは論外です。

無意識というのは怖いもので、誰もそんなこと言っていないのに、そういうことを書きたくなる。どこからその発想がでてきたというと、それを書いている人の無意識から。たかがネコの話から、対話相手の子供に連想が及ぶみたいなことには自他共に気をつけようと思います。動物愛護(自己愛)から人間愛(他者への愛)へのステップは、そうとう大きいみたいですね。
137. Posted by 色即是空   August 31, 2006 08:12
仏教はそれほど命の大切さを強調してはいないと思います。彼らは普通に肉を食べていたようです。托鉢で施された食事に肉が入っているかどうかを気にしていたら、そのこと自体が「苦」になるからでしょう。

殺生をとことん嫌ったのがジャイナ教です。彼らは厳格な菜食をとり、小さな虫を吸い込んで殺さないようにマスクを、水の中の小さな虫を飲まないように濾紙を、小さな虫を踏まないようにホウキを使うという徹底ぶりです。

仏教は不可知論的です。「十四無記」を調べてください。宗教というより哲学に近いです。

ところで、君は何が言いたいのですか?
138. Posted by 色即是空   August 31, 2006 09:14
こういうのもある。



『人が生命をたいせつにしすぎ、
 
その妄動の結果、(逆に)死地におもむくものが、

 10人のうち3人いる。』


(老子)
139. Posted by 眞砂子ファン   August 31, 2006 09:15
養老孟司さんの例とこのドタバタ騒ぎとのつながりについて説明不足でした。たぶんこんなことを私は言いたいのだと思います。
脳の世界で生きている文明人は自然そのもの(生老病死)に直面するとおびえ、不快をもよおす。

自分が不愉快になったのは、他人のせいである。
余の機嫌をそこねた者は犯罪者である。
処刑せよ。
140. Posted by 管理人   August 31, 2006 09:47
>123 人が己に対して無我の境地になれるというのは結構なことだと思います。しかしそれは人間と動物との関係を基本的に変えないであろうと思います。
141. Posted by 管理人   August 31, 2006 09:48
>124 そうだったんですか。
142. Posted by 管理人   August 31, 2006 09:50
>125 宗教教理論争は避けたいと思います。
143. Posted by 管理人   August 31, 2006 10:02
>126 私の所ではヒューマニズムという言葉の意味をあなたがお調べになった意味とは異なる意味のものと理解しています。すなわち。「人道主義(ヒューマニズム)」とは神の恵みが無くても人間は自然に慈愛と親切と思いやり深い行いが出来る能力を持っていると主張する自己肯定主義です。聖書を読んでいるとは限らない不特定多数の読者の前にこのような事をいうと誤解を招くかもしれませんが、あえて言いますと、ヒューマニズムというのはこれは人間性は最善であるとする一種の「性善説」です。そう考えるとヒューマニズムの精神で論じた動物愛護主義はとどのつまり人間のつくった「ご都合主義神学」であることがよく理解できると思います。
144. Posted by 管理人   August 31, 2006 10:04
>127〜129 全く御意に存じます。
145. Posted by 管理人   August 31, 2006 10:08
>130 私も自分の娘には動物を目的も無く殺すのは正しいことではないと教えています。
146. Posted by 管理人   August 31, 2006 10:10
>131 悪法とは広い人間の福祉や幸福に何も貢献しない法のことでしょう。
147. Posted by 管理人   August 31, 2006 10:13
>132〜133 同感です。これは簡単なトピックではありません。ですから時間をかけて考えることが薦められます。また時と場所を改めて考える機会があれば幸甚です。ご参加を感謝いたします。
148. Posted by 管理人   August 31, 2006 10:15
>135 ドジ踏んだと思ってらっしゃるのかしらん?w
149. Posted by 管理人   August 31, 2006 10:21
>136 そこは大きなツイストがありますよ。動物を偏愛している人というのは一般に動物が自分の言いなりになっている限り愛しているのであり、それが一旦牙をむいて噛み付いたり、言うことをきかずout of controlの状態になってしまったような物に対しては、「裏切られた」とか言って愛情を維持しません。ここに見られるのは、双方向コミュニケーションのない愛情です。これを果たして愛と言っていいのかというのはまた別の問題として論じると面白いと思います。
150. Posted by 管理人   August 31, 2006 10:27
>137 動物愛護主義が仏教思想とは無関係というのは理解できます。

>138 老子の思想はその所は現実主義的ですね。w
151. Posted by 管理人   August 31, 2006 10:31
>139 南洋の孤島から戻ってきた人間に動物と共生する現実を突きつけられて狼狽した現代人。どちらが桃源郷の世界に住んでいたのかと反省!
152. Posted by りんりん   August 31, 2006 12:44
問題を「不殺生」ではなく「動物愛護主義」に置き換えれば
容易に相手を軽視する事が出来ますよね。
宗教談義に持ち込まれると何やら都合が悪いようで。
殺生忌避の思想はもともと紀元前後頃のバラモン教に端を発し、
のちに仏教もそれに影響されて不殺生を説くようになったらしいですね。
153. Posted by りんりん   August 31, 2006 14:25
ところでこのブログの冒頭にある「命の大切さとは何かをディープに反省」という言辞は、坂東氏のコラムの「殺しの痛み、悲しみも引き受けてのことである」という一節を想起させるものがありますね。
動物の生命に対する世間一般の感情論を指弾しておきながら、やはりこういう所にやましさが表れてしまうのが人情というものですかね。
せめて実態に即して「人命の大切さとは何かをディープに反省」と書き変えてはどうでしょうか。
154. Posted by 眞砂子ファン   August 31, 2006 15:29
>148
バッシングされればされるほど本が売れるのはいいけど、雑事が増えて、仕事にならないかも。タヒティは遠いから安心、とはいかないだろうな。

>149
>ここに見られるのは、双方向コミュニケーションのない愛情です。

「にゃお〜ん」とかを、よくネコ語っていいますけど、(私が観察するところでは、)ネコ同士ではネコ語は使っていないですね。(ネコ同士のは、ボディランゲージを含めたもっとたがいにからみあった複雑なものみたいです。)自分の欲求を声にしているだけ。自動販売機のボタンを押す実験と同じ。動物には人間の自我みたいなものがないから、コミュニケーションにみえるけど、おっしゃるとおり一方的なものですね。(お互いに相手に対する愛があるとは思えない)
たしかに慕われるとついホロっとするが、、、、あれ?ネコの話でしたよね?
155. Posted by 眞砂子ファン   August 31, 2006 15:29
>151
余の機嫌をそこねた者は犯罪者である。
処刑せよ。

なぜあんなのんきなオバサンの言葉で、自分は不快になって(脅かされて)、むきになって反発し、相手の人格から存在から否定して怒らなければならないのか考えたらいいのに。
で、ほんとうに研究室の機器を破壊したり、捕鯨調査船につっこむバカ集団がいるからやっかいですね。こっちは資金を得るためのデモンストレーションらしいですけど。命を粗末にするにもほどがある。



丁寧に各コメントにお返事を書いておられる姿勢には頭が下がります。人間同士なら、同じ眼の高さで対話できれば、いつかわかりあえるかもしれませんね。

156. Posted by りんりん   August 31, 2006 22:08
そういえば、管理人様が金科玉条の如く信奉している「既成事実としての人命尊重」は、実はまったくの事実無根ですw
世界各地で日常的に繰り広げられる紛争、世間に蔓延る戦争待望論、死刑制度、等がそれを証明しています。
無論、貴方の嫌いな動物愛護者でなくとも世界中の人々がそれらの大量殺人に加担しています。貴方自身がお住まいの(?)アメリカにも殺人肯定派は大勢いますね。
中には坂東氏の子猫より悲惨な方法で殺される人間も沢山いるでしょう。
その現状を否認し「人命はおしなべて貴い」などと空疎な妄言を繰り返すとしたら、それは人間社会ですら通用しない「胡散臭いヒューマニズム」以外の何物でもありませんw
もし貴方が言うように動物愛護運動がそのような現実無視のお花畑ヒューマニズムの一変形であるなら、貴方が人命に絶対の価値を見出そうとする「人命至上主義」もまたそれと同根にすぎないという事です。
157. Posted by りんりん   August 31, 2006 22:11
つまり、「たかが」猫殺しくらいで騒ぐ世間も、貴方が何か使命感を持って日夜行っている「たかが」人間救済のための各種動物実験も、まったく同等にナンセンスなものだと言う事になります。
(もし、「人命なんてどうでもいい、金儲けのためにやってるだけだ」と仰るなら話は別ですが)

人権思想というのは、いわば近現代の宗教だ、とつくづく思います。
なぜか動物虐待に寛容な人間に限って、人権というものを愚直に自明視していたりします。
以前2ちゃんの某板にディル某という猫殺しが現れましたが、事件前にその掲示板を訪れた事があります。
158. Posted by りんりん   August 31, 2006 22:22
その掲示板は犬猫虐待・虐殺ネタで溢れかえり、咎める者には決まって「人間と動物の命を一緒にするな」「たかが動物」を呪文のように繰り返していました。
動物虐待者はやがて殺人者へとエスカレートする、という論調が強いようですが、私は必ずしもそうは思いません。
そういう人は、人間の生命というものを、何か病的なまでい神聖視していたりするからです。
むしろ、人間の尊厳などと言うものが非常に曖昧であるために、それを確かめたくて動物を殺す、というケースもあるのではないでしょうか。
(貴方がそうであるように、とつけ加える事は差し控えさせて頂きますが)
159. Posted by 126   August 31, 2006 23:47
では管理人様のおっしゃる人間愛とはどういったものなのですか?
160. Posted by 色即是空   September 01, 2006 16:10
弱肉強食がこの世を支配しています。
強いアメリカ人が何も悪くない弱いイラク人を虫けらのように殺してもいいのです。
日本が豊かでいられるのも、アメリカに吸い取られながらも、
ODAの美名の下、アジアからそれ以上のものを吸い取っているからだと私は思っています。
みんなその恩恵を受けているからこそ不自由なく生きているといえます。

これから先も動物が人間より強くなることはないでしょう。
強いところの人間は弱いところの動物を支配しても良い、その考えを神を用いて説明するなら、
『神は動物を、人間の道具としてお創りになった。』
さらにその考えを進めると、弱い人間が強い人間に支配されることは正しいという思想も生まれてくる。
『神はユダヤ人以外の人間(ゴイム)を、ユダヤ人の道具としてお創りになった。』
キリストはそれに反発して磔刑に処された。

161. Posted by りんりん   September 01, 2006 17:07
>161
つまり「人間」や「人命」といった枠組みで考える事には、まったく意味がないと言えますね。
人間社会にとって、イラクやレバノンで日々虫けらのように殺される一般市民よりも、中国のパンダ一匹の方がよっぽど価値が高いと言うことですよ。(多分ここの管理人様よりも高いでしょうねw)
162. Posted by 匿名者   September 02, 2006 01:40
管理人様による、たかが「猫」くらい殺したくらいで、というフレーズの「 」には、どんな生き物でも挿入できますよ。
たとえば、
  たかが「奴隷」を殺したくらいで、
  たかが「黒人」を殺したくらいで、
  たかが「三国人」を殺したくらいで、
など。
「 」に何を挿入したら常識外れであるかの線引きは、歴史的、地域的に異なるのが実情です。
上記の例も、現在では明らかに非常識ですが、過去はどうだったでしょうか(今とは異なるでしょう)。

つまり、人間と動物とを区別する思想も、人間同士を区別する思想も、単に線引きが異なるだけであり、生物同士を区別するという思想の枠組みに属していると考えられます。

続く
163. Posted by 匿名者   September 02, 2006 01:41
続き

さて、「たかが猫を殺したぐらいで」の管理人様であっても、「黒人」について同様な騒動が巻き起こった場合、さすがに「たかが黒人を殺したぐらいで」とはお書きにならないでしょう。
でも、仮にそうだとしたら、それはなぜでしょうか?
   崘」も「黒人」も同様と考えるが、書くことによる自己の社会的不利益を考慮してお書きにならないのか、
  ◆崘」も「黒人」も同様と考えるが、法に反する行為を推奨するのは良くないという社会的責任意識によりあえてお書きにならないのか、
  そのような考え方に「なんとなく」不快を覚えるからか、
  た祐屬汎以を区別するのは善だが、人間同士を区別するのは悪であるという、さしたる根拠もない『形而上学的?』信念をお持ちなのか。

更に続く
164. Posted by 匿名者   September 02, 2006 01:42
更に続き

もし き◆きであるなら、動物の保護を訴える「動物愛護思想」について斯様に「目くじら」を立てることはないかと存じます。
なぜなら、「動物愛護思想」は、「黒人」や「三国人」の生きる権利を訴える「基本的人権思想」と同様の枠組みに属するものであり、歴史的、地域的に変わり得る「線引き」が単に相違しているに過ぎないからです。

また更に続く
165. Posted by 匿名者   September 02, 2006 01:42
また更に続き

現在の「動物愛護思想」は、人間と愛玩動物との区別を(部分的に)否定しようとするが、少なくとも愛玩動物と他の生物については区別を認める思想といえます。他方「基本的人権思想」は、人間同士の区別を否定しようとするが、人間と動物については区別を認める思想といえます。両者は、「生物同士を区別する思想」に関する2つのトレンドであり、「動物愛護思想」はとりわけ「基本的人権思想」より派生した最新のトレンドなのでしょう。
 かつて人間同士の優劣を定めていた「線引き」の位置が、人間と動物との間に移動し、さらに動物側へシフトしているという構図で捉えると、このトレンドの変遷は、なにか自然な成り行きのように見えます。

以上
166. Posted by 管理人   September 02, 2006 02:33
>152 宗教論議に持ち込む人はある意味で議論の決着を放棄する人です。ですから私もここでは宗教的議論に持ち込むのは避ける方針でおります。私にとっては避けないほうが簡単という面はあるんですがw。
167. Posted by 管理人   September 02, 2006 02:35
>153 実験動物として屠殺する動物を粗末にしないという意味でも今の名前のままで継続する方針でおります。
168. Posted by 管理人   September 02, 2006 02:39
>156で言う事はそれほど間違っていないと思います。しかし、
>157人命を救済する働きがすべてナンセンスであるというのは、all or noneで、短絡的過ぎます。矛盾はあっても、その中で助けられる人を一人でも多く助けるのがよいのではないでしょうか。
169. Posted by 管理人   September 02, 2006 02:41
>159 自分を愛するように自分の隣人を愛せよと何かの本に書いてありますね。
170. Posted by 管理人   September 02, 2006 02:45
>160 それは陳腐なキリスト説ですよ。釣られませんように。
171. Posted by 管理人   September 02, 2006 02:50
>161〜165
空欄を作って任意の言葉を代入するような無責任なことはお勧め致しません。こちらは人間と動物の間の線引きはシフトしないというスタンスです。
172. Posted by 色即是空   September 02, 2006 09:21
掣肘を加えれてもないし、ディープでもない。
ちょっと目を通して適当に回答している。
自分に大賛成のコメントにだけ一生懸命答えている。自分の信じる「ヒューマニズム」が何かも言わない。

お忙しいようですね。ブログやめて仕事に専念したほうがいいのではないですか?
173. Posted by りんりん   September 02, 2006 13:24
>>166
人権思想という名の宗教論議を持ち込み高圧的な態度を取り続ける貴方自身もまた、立派に議論の決着を放棄しているというわけですねw
174. Posted by りんりん   September 02, 2006 13:44
>>168
>矛盾はあっても、その中で助けられる人を一人でも
>多く助けるのがよいのではないでしょうか。

「矛盾はあっても」ですかそうですか。
貴方は確か動物愛護主義を、矛盾に満ちたファンタジーだからという理由で排撃していたのではありませんかね。
175. Posted by 色即是空   September 02, 2006 13:48
動物実験という、人があまりやりたがらない仕事をしているあなたは立派だと思います。
人が望む医学の進歩はあなたのような人がいなくてはありえないと思います。

ただ、あなたの「思想」は意味不明です。明快であるなら説明してください。難解であるならたとえ話でもして聞かせてください。

嫌味ではなく、仕事に専念されたほうがいいと思います。まあ余計なお世話でしょうが・・・

176. Posted by 管理人   September 02, 2006 22:48
>172 誰にどうコメントするかは一般にブログの管理者に任せてはどうですか。少し僭越になって来ましたね。
177. Posted by 管理人   September 02, 2006 22:50
>173 決着なら既についていると思います。たかが猫の為に動揺しないということです。
178. Posted by 管理人   September 02, 2006 22:51
>174 矛盾があってもと言うのは貴方のように言う人があっても人を助けると言う意味ですから誤解の余地を作らないようにお願いいたします。
179. Posted by 管理人   September 02, 2006 22:53
>175 これはちょっとこちらが意味がわからないのでしばらくコメントを保留にしていいですかね。
180. Posted by りんりん   September 02, 2006 23:39
そうそう、管理人様は御自身にとっての「ヒューマニズム」を
>自分を愛するように自分の隣人を愛せよ
と規定されていましたね。

これは新約聖書にある「汝自身と同じように汝の隣人を愛せ」の事ですか?
そうなら宗教論議以外の何物でもないですね。
貴方が議論ではなく単に信仰告白をしたいだけならば、当然「議論に決着」も糞もないわけですねw
議論をするためにこのブログを訪れた人々はとんだ徒労だったという事です。
181. Posted by 管理人   September 03, 2006 04:02
>180 そういう事は別にキリスト教徒でなくても教養として誰でも知っていることですよ。ガンジーですら引用していました。徒労と思われるのでしたら潔くお引取り下さい。(礼)
182. Posted by りんりん   September 03, 2006 05:05
>181
なるほど、聖書は国際基準の必須教養というわけですかw
そういえばこのサイトの他のいくつかの記事に目を通しましたが、どの考察も何故かその論拠として聖書の記述が挙げられていますね。
聖書に思考規範を求めるならば、創世記や天道説もまた必須教養という事になりますが、今時そんな世界認識をお持ちの方が科学者としての職責を全うするにはさぞ気苦労が絶えない事でしょう。
進化論は素晴らしいとか心にもない事を言ったりねw
183. Posted by りんりん   September 03, 2006 05:47
「最先端医療」に携わる「ライフサイエンスの研究者」が、科学的な視点から蒙昧な動物愛護者達を糾弾・教導し、人命の優越性を説くその拠り所が 『聖書』 。

これは最高に笑えるパラドックスだとは思いませんか?www
184. Posted by 色即是空   September 03, 2006 13:50
日本の古代人は、「言霊信仰」=言葉には霊魂が宿っていると考えていました。言葉を信仰の対象にしていました。

私は管理人さんが無用な殺生をしているとは思いません。現代社会に生きている以上それは善と言わないまでも、最悪でも必要悪だと私は思います。

ただ、管理人さんは日本の古代人が大切にしていたものを忘れているのではないでしょうか?
仮に100%正しい回答だとしても、そこに優しさが宿っていなければ、それを聞いた人は
不愉快になってしまいます。

私は「大和魂」ではなく「やまとたましい」が大好きなのです。
185. Posted by ポッカ   September 03, 2006 18:21
>>183 りんりん
>>185 綺麗ね
そもさん宗教その物についての話をしてるわけじゃないから、ズレまくったアホなツッコミはやめとけ。
186. Posted by 色即是空   September 03, 2006 19:25
私は頭脳明晰なる「りんりん」さんの方程式が正確無比であると考え惚れ惚れする人々の一人でありつつも、方程式が正しい人に女性が必ずしも群がるとは限らないという別の方程式が存在することもまたひとつの事実であるという不思議な方程式に固まる私は何の方程式にのっとっているのでしょうか?
187. Posted by nanashi   September 03, 2006 21:48
>>187ポッカ
管理人本人が聖書や宗教を引き合いに出しているためズレまくったアホなツッコミとは言えない。
188. Posted by ポッカ   September 03, 2006 22:38
>>189
[182〜185]に関しては皮肉が言いたいだけだよなァって感じでさ、ズレてらぁ。
まぁどうでもいいけどな
189. Posted by 管理人   September 04, 2006 04:34
>182 いいえ、それほど苦労していませんが。それよりもズレた突っ込みをするのは見苦しいと指摘されていますよ。もう言うことがなくなったのならもうお引き取りなさい。
190. Posted by 管理人   September 04, 2006 04:35
たかがアザラシが死んだくらいで、(爆笑)
http://blog.livedoor.jp/mesenchyme/archives/50617468.html#comments
191. Posted by 管理人   September 04, 2006 04:39
>184 やさしさを否定しているわけではないですね。
192. Posted by 管理人   September 04, 2006 04:41
>185 宗教のことを論じようとしたらしい発言がここに二つほどありましたが、余りにも当ブログの趣旨とかけ離れていると判断したのでさりげなく削除しました。
193. Posted by 管理人   September 04, 2006 04:42
>186 うーむ。深い。
194. Posted by 管理人   September 04, 2006 04:45
>187、188 暫時休憩とするか、本論に戻りましょう。
195. Posted by りんりん   September 04, 2006 14:53
>189
ズレたボケにはズレた突っ込みがお似合いという事ですねw
天然ボケの方というのは、自分がボケている事にすら気付かないようですよ。
196. Posted by りんりん   September 04, 2006 15:15
それに、ズレた突っ込みだと思われるなら私の発言も削除されてはどうですか?
貴方にとって不本意な邪推をすべて除去すれば、今後の「議論」がさぞ快適に進む事と思いますがwww
197. Posted by りんりん   September 04, 2006 15:40
>190
各種人権団体が行っている抗議行動は、それを上回るオモシロ行動の宝庫ですけどね。「人間の盾」とか、さしずめ(抱腹絶倒)という所ですか。
198. Posted by 管理人   September 04, 2006 20:47
>196 はい。そろそろそうしようかなと思っています。貴方は重箱の隅の矛盾を突いたつもりなのでしょうけど、ここでは本質ではありません。
199. Posted by 管理人   September 04, 2006 20:50
>197 あのですね。あんまり面白い事を言って私を誘惑しないで下さい。このブログはそちら方面の議論を行うために設定されていません。残念ながら(微笑)
200. Posted by りんりん   September 04, 2006 22:54
おや?おかしいですね。
私の最後の発言だけが、何故か投稿直後に削除されてしまったようですが、何か投稿手続きでミスでも犯しましたでしょうか。念のため先程の発言を再掲しておきます。

200. Posted by りんりん September 04, 2006 21:50
>198
管理人様の御高説は、ご自身が反論不能に陥ったという痕跡の消去によって保持されている事がよく分かるご発言だと思います。
「犬解剖物語」やらいうご著書もまた、そのような記憶の改竄による見事な独善的勝利宣言というわけですね。
それと、どなたかが私のような人間に女性は群がるとは限らないと書かれましたが、生憎と私自身が女性なので、管理人様にそのような負け惜しみの逃げ道すら閉ざしてしまった事については大変遺憾に思いますwww

それではさようなら。
201. Posted by 下ネタ   September 05, 2006 00:18
管理人の必殺技は!書き込み削除!
202. Posted by 一安見   September 05, 2006 00:22
りんりんさんの必死さだけはよく伝わりますね。
203. Posted by nanashi   September 05, 2006 00:29
相当辛辣な皮肉が続いていましたがりんりんさんのご意見も一本筋が通っていて、必ずしも御本人は重箱の隅を突いてるつもりではなかったのではないかと思います。
様々な人間が多様な観点価値観を所有しているのですし、書き込みは削除せずこのままにしておいてみたらいかがでしょうか。
勿論判断は管理人さんの権利ですが、一意見として。
204. Posted by 一安見   September 05, 2006 01:26
5 最後のりんりんさんは消してあげても武士の情けかもしれない。なんてね☆
205. Posted by 怖いよ〜   September 05, 2006 02:14
『女には、九つの悪い属性がある。1、汚らわしくて臭く、2.悪口をたたき、3.浮気で、4.嫉妬深く、5.欲深く、6.遊び好きで、7.怒りっぽく、8.おしゃべりで、9.軽口であるということである。』

誰だ!

こんな不謹慎なことを言うやつは!

206. Posted by 綺麗ね   September 05, 2006 02:20
全くー、俺の意見も消して、管理人が発した言葉についてコメントしたら消すとはね、このコメントも消すかい?

もう一度言ってみよう、神は死んだ、宗教も滅ぶ、管理人、もう少し誰かの言葉に耳を傾けたらどう?君が格好悪く見えてるよ。
207. Posted by 管理人   September 05, 2006 02:32
>200 これは既に一度消したのですが、りんりんさんが再度同じものを懲りずに書き込まれたようです。未練たっぷりですね。その根性に免じて削除せず残してあげましょう。あははは。
208. Posted by 管理人   September 05, 2006 02:34
>201 そりゃ削除はブログの管理人の日課の一つですわい。
209. Posted by 管理人   September 05, 2006 02:35
>203 一応記念に置いておきます。お名残惜しいですが(ワニ涙)
210. Posted by 管理人   September 05, 2006 02:37
>204 努力したということだけは評価してやらなくてはね。
211. Posted by 管理人   September 05, 2006 02:39
>205 いいじゃないですか。もう来ないんだし。こちらは引き続きクールに行きましょう。
212. Posted by 管理人   September 05, 2006 02:42
>206 かまって欲しかったらもっとブログの趣旨に沿った論理的な発言をしたらどうだ。こっちはおまえさんの世界観の薀蓄には関心が無いんだw
213. Posted by 綺麗ね   September 05, 2006 02:54
俺は君の世界観に興味があるんだよ、君にとって何が正しいのか、何が悪いのか。

一応猫殺しは悪いと思ってないんだよね?
214. Posted by 管理人   September 05, 2006 03:01
>213 なんだ。そういう事なのか。人が悪い奴だなあ。それなら回りくどい事を言わないではじめからそう言ってくれればいいのに(こっちは頭が悪いんだからw)。
215. Posted by 綺麗ね   September 05, 2006 03:07
あー、人が悪いとはよく言われるね。

動物愛護主義者は「動物も人間も平等だ!」と叫ぶが、案外動物の死骸の扱いに関してはお粗末だよね。
216. Posted by コリン星より   September 05, 2006 06:50

りんりんさんってアッタマいいよね。

優子りんはアッタマ悪いけどみんな優しくしてくれるよ。

どうしてみんなりんりんさんに優しくしてあげないの?
217. Posted by まさこ   September 05, 2006 07:02
アッタマ良くなったらわかると思うよ。

でもアッタマ良くなっちゃったら誰も優しくしてくれないよ。

218. Posted by 一安見   September 05, 2006 07:19
これこれ。勘違いしてはいかん。りんりんさんに優しくないのはワシだけじゃ。皆ではない。>216
219. Posted by 管理人   September 05, 2006 08:21
5 >216-218 なんか急に話が和やかになってまいりましたな。わはは。
220. Posted by 一安見   September 05, 2006 09:48
あっ、そうか。クールに行くんでしたね、クールに。失礼しました。どうぞ議論の続きを。
221. Posted by 一見さん   September 05, 2006 10:39
自分のわがままと無責任で動物を殺すことと、
ちゃんとした誰もが納得する理由で動物を殺すことが
理解できないのなら、医療だライフサイエンスだなんて
語らないほうがいいですよ?

頭わるいでしょ?
222. Posted by りんりん   September 05, 2006 14:47
>207
これまでのご発言から、私はむろん管理人様が「ブログの趣旨」に沿わない私の「ズレた突っ込み」全体を削除なさるものと思っていました。
しかしそれらではなく、どういう訳か辞去の挨拶のみが消された(だから不審に思ったわけですが)という事実は、貴方が議論の妥当性ではなく、何かより感情的な理由から削除対象を選別している事を物語っているようですね。
当然ながらこの書き込みも含めた私の全発言を、貴方が自己欺瞞を固持するために何十年とその流儀を通して来られたように、コメント欄からもご自分の脳裏からも都合良く抹消して下さって構いませんよwww

それではこれで失礼致します。
223. Posted by とんぬら   September 05, 2006 17:30
同じ発言者に対して、そいつが男だと思えば「お前は女にモテない云々〜」と第三者からの突っ込みが入り、女だと思えば今度は「女の悪い属性」と突っ込みが入る。
管理者にとってすごく都合のいいブログだねここって。
50がらみの冴えないおじさんにこんな大勢の盲目信者がいるとは驚きですわ。

おじさん自身の自作自演でない事を祈るばかりです…
224. Posted by 綺麗ね   September 05, 2006 18:21
うーん、俺管理人には好意を持てるよ、正直言うとほんの少し同意出来ないとこもあるけどそれに関しては問題じゃない。

やっぱりここにも「生きている者は殺してはいけない」という考えがあるんだろうね、だけど殺しがないと人類は医学の進歩もなく短命だっただろうし、誰でも医学に頼ったことがある。
子猫の殺しだって正当化できるんだから、それはやっぱり一理あるということだろう、結局は誰にとっても善悪の定義は違うんだよ。
225. Posted by rousi   September 05, 2006 19:32
荘子は言った。

『こうして儒家と墨家との善し悪しの論が起こり、

相手の悪しとすることを善しとし、

相手の善しとすることを悪しとしている。


相手の悪しとすることを善しとし、

相手の善しとすることを悪しとすることを望むのは、

真の明智を用いる立場には及びもつかない。』



226. Posted by nanashi   September 05, 2006 21:42
情熱を論理的に展開していて今回の事件について言及された中ではピカイチだと思う。
論理と倫理と法律のきちんとした情熱的な話。
個人的には大納得。

http://www.mieko.jp/blog/2006/08/post_c467.html

議論になんか違和感あった自分も納得したよ。

大半の人間はこの人ほど物事を考えない。
否、そこまでの思考力なんて持ってない。
事実、俺だって読めば納得するが、ここまで高度な思考はできない。
思考する上での基礎的な知識も、俯瞰する能力も欠如してるからな。
227. Posted by 一安見   September 05, 2006 22:06
>226 それならこっちも挙げとかなきゃね。彼女はそこからまた考える・・・。
http://www.mieko.jp/blog/2006/08/9_d377.html
228. Posted by 管理人   September 06, 2006 10:19
>221 同意。区別がつかないで便乗して騒ぐ動物愛護協会という奴は本当に迷惑だよね。
229. Posted by 管理人   September 06, 2006 10:25
>222 発言を削除するかどうかの決定はすべて当ブログの管理人にお任せ下さい。こちらは流れを無視した発言、誹謗だけの発言は削除しますが、例外的に面白い発言は管理人と参加者の後学のためにあえて記念に残すこともあります。
230. Posted by 管理人   September 06, 2006 10:29
>223 ぷぷぷ〜、憎まれ口を叩いているお前さんだって早晩50の臭いおばんになるんだよ。あと他のスレに執拗に書いていた中身のない発言は削除させてもらったので悪しからず。
231. Posted by 管理人   September 06, 2006 10:34
>224 現代の社会は個体の死におおげさに反応するが、死に向かい合って、死の意味を冷静に評価する機会から逃避しているように見える。善悪の定義は横に置いたとしてだ。
232. Posted by 管理人   September 06, 2006 10:37
>225 なんかそういう話は高校の漢文で聞いた様な。
233. Posted by 管理人   September 06, 2006 10:39
>226-227 一応ご紹介のリンクはあとで読んでおきましょう。
234. Posted by 粘菌生活者   September 08, 2006 18:50
>205. Posted by 怖いよ〜 September 05, 2006 02:14
>『女には、九つの悪い属性がある。1、汚らわしくて臭く、2.悪口をたたき、3.浮気で、4.嫉妬深く、5.欲深く、6.遊び好きで、7.怒りっぽく、8.おしゃべりで、9.軽口であるということである。』

>誰だ!

>こんな不謹慎なことを言うやつは!

言うまでもなく、これは釈迦の言葉である。
235. Posted by 管理人   September 09, 2006 12:00
>234 へえ〜(x3)
236. Posted by 粘菌生活者   September 09, 2006 17:43
>管理人

『女には、九つの悪い属性がある。1、汚らわしくて臭く、2.悪口をたたき、3.浮気で、4.嫉妬深く、5.欲深く、6.遊び好きで、7.怒りっぽく、8.おしゃべりで、9.軽口であるということである。』
の全文でGOOGLEで検索してみると、19件ヒットする。
そのほとんどが2チャンネルのスレである。
ご丁寧にも、皆、「1.汚らわしく」を「1、汚らわしく」と間違えてピリオドを句読点にしている。
単純にコピペするからこうなる。
つまり、「怖いよ〜」君も2チャンラーと言うわけだ。
貴殿、この2チャンネラーの「怖いよ〜」君に心当たりはないか?
237. Posted by 怖いよ〜   September 09, 2006 19:35
粘菌さん、なかなかの観察力ですね。
ちなみに私は「永井俊哉」のホームページからコピーしました。
ところで君はなぜ2chを見下すのかな?
私は好きだけどな。

永井俊哉さんは仏教を、「苦」から逃れるための処世術にすぎないのではないか、
という視点で見ておられるようですが、私はそうは思いません。

ゴータマは世界を観察し、自己の脳内を観察し、それに基づき宇宙の法則を探した。
その副産物として「苦」からの回避術が生まれたにすぎない。
「九つの属性」も小さなその一つ。
私はそう考えています。

238. Posted by らんらん   September 11, 2006 10:15
医学は進化した。
文明の進化とともに。
医学は進化していない。
文明の進化に着いていっただけだ。

酒を飲む。
二日酔い薬を飲む。
二日酔い薬はありがたいのか?
酒を飲む人にとってはね。
酒を飲まなければそんなもの必要ないよね。

良心的な医者は言う。
『質素な食餌を採りなさい。』
「先生、みんながそんなことしたら失業しちゃうよ。」
239. Posted by らんらん   September 11, 2006 10:16
『だいじょうぶ。だって子宮にはもう誰も戻れないんだから。』
「だからみんな牛や豚を殺して食って憂さ晴らししてるんだよね。」
『そう。だから動物実験を正当化できるんだよ。』
「だから「たかが猫が・・」って言うんでしょ?」
『これこれ、そんなこと言ってはいけませんよ。』
「どうして?」
『だって先生は忙しいんだから。』
「あっ、そうか。」
『はははっは。』
「あっははは。」





「園のすべての木から取って食べなさい。

ただし、善悪の知識の木からは、

決して食べてはならない。

食べると必ず死んでしまう。」
  



240. Posted by みんなのうた   September 11, 2006 21:37
そもそも2chって何なんですかね?
ネット全てが2chなのでは。
ここなんて申し訳ないがかなり低俗な2chでしょ。

検閲を受け支配者の情報操作の装置と化したテレビ・新聞を
死守したい愚者どもの宣伝に乗せられるのはもうやめましょう。

元祖2chに真面目な討論会を発見しましたので、
お暇な方はご一読を。
http://mentai.2ch.net/philo/kako/979/979047206.html
241. Posted by 吉田直人   September 21, 2006 08:17
みんな暇なんだなw
242. Posted by 正常気取ってろ   September 22, 2006 17:13
 直木賞作家の坂東眞砂子さん(48)=フランス領タヒチ在住=が、日本経済新聞に寄稿し
たエッセーで告白した「子猫殺し」。その内容をめぐって余波が続いている。タヒチを管轄する
ポリネシア政府は、坂東さんの行為を動物虐待にあたると、裁判所に告発する構えを見せて
いる。20日から26日は、動物愛護週間。坂東さんが、真意を語りたいと毎日新聞に寄稿し
た。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060922-00000058-mai-soci
243. Posted by 正常   September 22, 2006 22:39
>242
フレー、フレー、坂東!!
244. Posted by 管理人   September 23, 2006 10:51
坂東は必ず勝つ。
245. Posted by    September 25, 2006 02:05
そもそも坂東が勝つのであれば「動物虐待」なんて言葉は生まれない。
246. Posted by 管理人   September 26, 2006 09:53
勝ってもらいたいものじゃ。
勝って大らかに動物を犠牲を受容する社会に戻してもらいたいのお。
247. Posted by 犬より猫より君が好き   December 17, 2006 11:56
それは無理だよ……。
おっさんもいつか自分の娘に汚いウンコ扱いされる日が来るよ。
248. Posted by 管理人   December 18, 2006 01:08
心配ないよ。私は楽観的だね。
249. Posted by 管理人   February 23, 2007 14:11
ここのリンクをクリックすると、ここのブログ記事を一行で「中身なしの書きなぐり」と評して紹介しているページに行き当たります。
http://stakasaki.at.webry.info/200608/article_14.html
なんか、凄く誉められたような気がして照れちまいますな(爆)。それほどでもないんですってば、と言いたくなる気分。そんな深く考えなくてもいいことなのにさ。
250. Posted by Y田   January 11, 2013 03:17
こいつ、頭イカレテル奴なんで。申し訳ございません。代わってお詫びします。北海道で生まれ育って、日本では順応できず大学中退、アメリカに渡って一応教える立場にいるようですが、日々2ちゃんチェックを怠らず、偏った偽キリスト教の布教に努めているそうです。危ない性格=人格テロリストな故、身内とも言える病院での就業を断られ。。それから一層人格が破壊されてしまいました。。彼自身がてんかんなのです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔