meseta

M_M_hiro Asian Stock

I'm M_M_hiro Twitter @M_M_hiro Watching Thailand Indonesia Hongkong Aug Nyse stock market 投資の勧誘などは一切行いません

2

生存・・・・・報告・・・・

長くなったね 基本的には泣き言だ
付き合ってもらったので最後のほうはまともなことを書きたい

ネットフリックスについてだ
IGはもともとネットフリックスのお金をもらって作ってるのもある
サイボーグ009なんかがそうだったはずだ これの出来がすこぶる悪い
見るに耐えない こんなにCG下手か!ってなぐらいだ 
これならポリゴンピクチャーズ買うわってネットフリックスが言い出しかねないと
すら思った シドニアの会社だ

それはさておき もう円盤は売れない 進撃すら償却したほうが大きくなるんじゃない
かというくらい売れない まほよめは6000枚ぐらいで大満足だそうだ
 もともと2016年度ぐらいからその傾向は強い だから配信のほうがいいかなと
思っていた あたりもしない映画を思いつきでつくられるよりは コンスタントに
攻殻機動隊やサイコパスを見てもらったほうがましだ 本当にその数字を見てみたかった
 でもさ そんなに何回も見るもんじゃない 実際アニメには飽きた
次々出てくるアニメもどうしようもないものが多い けものフレンズは角川が
なにを思ったのか自分で潰してしまう ぽぷてはよく狙いよく当てた気がする
最近はドキュメンタリー映画やアメリカのドラマのほうを見ていた
そっちのほうが面白いのだ
でもIGのものなら見てもらえると踏んだのだろう これが今回の提携だ

ところで提携が読めないって人が本当に多くて驚いた
俺は買収すらあると思っていた さすがに償却してないものをネットフリックスが見逃す
わけもない ネットフリックスが本気でアニメがドル箱だと思うなら 一部のアニメ会社
東映アニメや東宝組やバンダイナムコを除けば これでいい?って2000億円だせば
日本のアニメ制作会社なんてすべて買える でもそれはしなかった
なぜか ここからは完全妄想になるが偶発債務だ わかりやすく簿外の債務といってもいい
未払いのアニメーターの請求が怖い
日本のアニメやだと払えないがネットフリックスには払える
だから 日本のアニメ制作は買われない これはネットフリックスだけではない
テンセントだってほしければ買えばいい IGなら世界でもみてもらえるが
一般のアニメはアジアでこそ強さをみせる が中国は自前でまくれると信じてるようだし
実際俺もその日は近いと思う
 まあそんなこんなでもってなかったわけだ
なんといおうが負けは負けだw ホルダーおめでとう!
2

生存・・・・・報告・・・・

そこからが余計である
ここはIGとはあんまり関係がない・・・こともない
決算をまたぎ見ると償却してない ここは引き当てとかしない
例の仕掛品が膨らんだままだ これがパチンコでも使えるならまだいい
費用化しないのも意味がある そこで回収ができてそれにぶつけるのが
会計的にも正しい 費用収益対応の原則という

でも これお子様に見てほしいものなんだ だからそういうことはできないし
スロット化しても当たるわけがない
そうすると 15億円までふくらんだ(もちろんこればっかりではなく
正常に機能している製作委員会ものもあるだろう)仕掛はどう考えても費用または
損失化しなくてはいけない 
最初の決算は 勝ち負けが確定していない可能性もあるだろう 次も見たと思う
費用化はしてない その次はもう見てない
費用化したのかもしれない いや 見ろよw
なんだか面倒くさくなったのだ
あーこれは2017年度はこのままいくつもりなのねとw
そりゃ 費用化 損失化しなければ まほよめがあるからそれなりの数字にはまとまる
それは よいほうだけ計上して悪いほうを止めてるだけだ

それより前に今度はアメリカのバイオが崩れ 俺のもってるバイオが崩れだした
全部が崩れたといってもいい
そうすると ロスカするわけだが・・・・まあなにを思ったのか持ち続けてしまったのも
あるがw ・・・俺は基本的にばさーっと売ってしまう
意味がないわけではない 確定したときにあわせてロスカというのは
ポートフォリオ型ではよくある戦術である
結果として一単位だけ残し全部売った びた底であるw

まして基本的に2017年はトランプ一年目 そんなにいい結果にはなるまいと思い込んだ
結果はご存知のとおりで なにもかもが上げた
仮想通貨のおまけつきだw
でも ことIGに関しては俺は損失が確定するまでは入らないと決めていた
2

生存・・・・・報告・・・・

なんかさー ここまでくると生きてるといえるのかも怪しい
前回 11月に持ち越したのでやられたというお話はした
今度は逆のお話 IGポートだ
リハビリのために働く(働く先に失礼だなw) まあそれはよいのだが
どうも働きだしたとたんに強烈に食らいだした
実際には鶏が先か卵が先か的な話で IGポートがらみの思惑相場のほうが
先だったと思う

これはちらっとツイッターで書いたのだがここに備忘記録として残しておく
IGポートはサイコパスのシーズン1が終わり劇場版が非常に好評であると
いうところで入った 1800円ぐらいだと思う
ごたぶんの想像にもれずそこがくそ天井だったわけだ 
もともとが攻殻機動隊好きということARIAも好きだった ハルだけどね
そこからひたすら買っていく といってもわずかな金額だ
こういう時期に買うのは楽しい
人によると思うが 含み損を抱えることになるので 基本的に悪手だ
よく覚えてないが700円台ぐらいまで買ったと思う
買いコストはようやく1000円 つまり早すぎたわけだ
さてそれはいい 問題は入って一番最初に食らった仕掛品の償却だ
仕掛品というとなんか難しいイメージがあるが工業ではないので正確な意味での仕掛では
なく なんとか制作委員会とかようはそのひとつの サイボーグ009とか宇宙戦艦ヤマト新版
とかの製作費の塊である
数字も忘れたがなんか5億円ぐらいぶつけられたはずだ
ここは最高益ががんばって10億円くらいの会社だ そか そのくらいぶつけられると
このぐらい下落しちゃうわけねと思った

そこで春先の ひるね姫である
先に原作が小説ででたので そんなに受けないだろうとは思った
しかし電通や日本テレビかな? 本当に広告を打ちまくる
大丈夫かな?と不安になった またかな?的な話だ
それとは関係なしにツイッターで煽りまくられた
これさあ ARIAの新作みたいに見に行くのに三ノ宮までいかないとダメとかいう
規模ならいい あるいは黒子のバスケみたいにもう固定客がついてるものならいい
アメリカでまで公開するという 覚悟した
覚悟したから半分売った


15

脳内ひとり反省会

うん ちょこっと話しただけでもネガティブになりそうなので
ここに書く
内容は違う

随分長く相場に携わってきたが ちょっと疲れたなあというお話は同じだ
なぜか それは本当に本当に相場は思惑だけなんだね 改めて
思わされたからだ

前回の通り とある銘柄で-80%をくらったのは
これ ネタの焼き直しで上げてたせいなんだよね
で これ 全員 前から持ってる人は全員ダメだと思ってたわけだ
それを強引にいかにも成功するように買い進んだ人間がいる
それで これ発表の日の1日前の営業日にもうクラッシュさせてるんだ

俺の買いコストは若干高く今の落ちた価格が思惑の剥げ落ちたくらいの水準だと
いえなくもない −50%なわけだがw

でもさあ 単純にさ 「ああ世界中本当にどこでも同じことやるんだな」

日本でさ バイオの治験を持ち越すのは馬鹿だっていうじゃない
それから 新興の決算を持ち越すのもバカっていうよね?

これはおかしくないかっていう話だ

無論そういう取引の仕方があるのはさすがに俺のレベルでも知ってる
ざまー って言葉が飛び交う世界なのは知ってる

でもさ 俺のやりたい取引はそうじゃない
本当にその企業のやることが成功するのを見たい
失敗なら失敗で潰れてしまっても構わない

2006年ぐらいにポジションを海外中心につくりなおした
リーマンショックだろうがギリシャだろうが
とくにあんまり見直したことはない

その中で40倍になった銘柄(確か確定するときは30倍ぐらい)もある
5倍はざらにある 倒産した会社もある なぜか何十倍になるのは 全く自信がなく
ポジションを控えめにとった会社 倒産したのは自信があり厚めにはったのだww

ところで おまえこんだけネガティブでいくらまけてんだよって思うかも知れない
+だ さえないサラリーマンの年収位は+だよ
10年物の インドネシアの穀物企業がカーギルに完全子会社化されたからね
これ本当に好き 終わり方として申し分ない

ランザ師匠の会社もアステラスに完全子会社化され これは買ってから半年もたたない
2倍で終わったよ
14

生存・・・報告・・・

まあ 泣き言がいいたいわけだけどw
あんまり ツイッターでこうさ ネガティブなことばかり連呼するのもあれだからね
こいつの話だhttp://www.proactiveinvestors.com.au/ASX:LCT/Living-Cell-Technologies-Ltd/

基本的にロットが小さくひっぱりまくるのが俺の戦略だ
本当は全てが実現するまで持ちたい
それができなくなりつつあったのが前々回2017年5月の記事だ 

具体的にいうと これ一日で ー80%やってる 実際高値から言えば-90%になる
じゃあ その前々回の-70%とかの銘柄と違わないじゃないかという話だけど
その前に上がっている
どのくらい上がってるかといえば 俺の買いコストが0.057なので4倍ぐらいになる 高値が0.280

じゃあ利確すれば?という話なんだが  現実には0.120で三分の一 手放している

手放した理由も時期も先ほどの5月 バイオに対する信頼のゆらぎだ
その後上がってる がっかりするよね 上がってるって二倍以上ということになる

今俺の中でバイオに関する銘柄は全部で4個 それなりの製薬会社は含んでない
それなりといっても すごく大きくはない アストラゼネカとかじゃない

この銘柄には少しだけ思い入れがあり ずーっと持ちたいと思う反面
微妙なこともあった 大体銘柄ってのはそんなもんだ

持ちたい理由は これは糖尿病治療のディアベルという薬をブタさんの体をお借りして
つくるという とおい意味では異種移植でランザ師匠っぽい銘柄であり
そっちでは大塚製薬のお墨付きもある
(大塚の株価に影響をあたえるほどではなく 高値でつかんでるわけでもないw
これは大塚の名誉のためにいっておく)

そして 微妙な理由だが 今回の上昇劇はそっちではなくアルツハイマーの治療薬だ
これは大塚とは関係が全くない それについては中間報告で微妙な結果がでていた
微妙というかダメな報告だ もう半年ぐらい前だと思う 眼が見えなくなる人がでてた

その結果が11月に出るのは知っていた ああ だから10月に仕掛けてるんじゃないかとも
思ってた でもこれもう2/3しか持ってない もしなんらかの成果があればおいていかれる

結果なにもしなかった そのままにした
今考えると もう少し減らしてもよかったとは思う

結果として一撃で 4月から働いた分は全部飛んで行ったw
20

生存報告

さて お久しぶりです
働き出して4か月ぐらいたちました

なんというかね 飽きましたww
まあ もともと飽きっぽい性格ってのもあるんだけどね

一応派遣レベルでも守秘義務というのはあるので
なんというかそうそう詳しいことは書けないんですが
一言でいうと
「日本の会社(組織)ってここまでボロボロになってたのか」を実感しました

どういうことかというと 正社員ってここまでポンコツだったのかなって

まあ 途中で前職を投げ出した身なのでお前がいうな
なんですが
俺だって古巣には後輩もいますし そこがくたばってほしいなんてことは思うわけもありません
でもおんなじような状況なのかなーと思うと悲しい気がします

まず半分以上は契約社員です
そんで派遣社員は私一人です だから一番下ですね 別の会社の人だからね
そんで この正社員さま 自分の仕事の範疇以外は何もしません
恐らく責任を恐れてのことなんでしょうが・・・・

なんかね 俺が持ってたイメージでは こう嘱託(私の元いたとこは呼び名はこう)の子に
迷惑かけんなよ 全部お前らでフォローしろってな感じだったんだけど契約社員って
そうじゃないんだなあって 

いいですか 自分の仕事の範疇以外なにもしないということは
それ以外はわかんないということです そりゃしないんだから
わかんないまま契約社員→契約社員で仕事は伝承されていきます
もっとわかんなくなりますねw

でね ここからが本題なんですけど 正社員さまは高校時代貴重な青春を勉強に
費やしていい大学にいった それでちゃんと就活をがんばった 社内研修もがんばった
コストかけてますよね 簡単に辞められないですよね 
その収入をあてにして 奥さんと結婚したり子供つくったり 学費だしたり 住宅ローン
組んだり自動車を買ったりしてるわけです

自分の範囲内で問題なく仕事をすればよいではなく その会社ごと組織ごと逝ってしまえば
終わりです

驚きました この程度のこともわからず生きてる人間がいるとかww
そんでこの仕事 互換性は皆無です 受け皿はないです

契約社員や派遣社員は別のとこに変わります
実際私に仕事を教えてくれてた人は辞めました あのぐらい優秀ならどこでも大丈夫でしょう
人数減ったまま続きます 
まあ 拾ってもらったぐらいの御恩は感じていますのでもう駄目だというとこまでは
やります 

あ 給料はめっちゃ安いです これがいいとこですね 周りの求人 まあ
俺みたいなおっさんでブランクが長い人間をそう簡単には雇ってくれないと
わかっていますが必ず1.5倍くらいにはなりますw
13

さてようやく一か月ぐらいたったわけだが

実は前回 日本の利確の下手さがでたといった
そこから1週間だね 5営業日の間に今度は
アメリカのロスカが遅いということが起きた

一生懸命働いてるのにw まあ関係ない

実は本当にアメリカとは相性が悪いとでもいえばいいのだろうか
かみあわない

インドネシアの古くから持ってる銘柄 10年ものといえばいいか
これが公開買い付けになった 正確にはなるという話が
働くことを決めた日にあったわけだ これ出来高がない 本当にない
俺の持ってる株数を超える買い注文なんかここ2・3年みてない
公開買い付けは来週だが 金額は高い


ここで考えたのは うむ大変ありがたい ここでロスカをあわせてアメリカも減らそう
だが許してもらえない

手術用ロボットの会社が一日で-40% もともとこれがささやかな俺のポートフォリオの
中では割合が大きく気にはなっていた ワラントの発行だ
これは考えたが-70%で切った 惨敗である
でもうひとつ切った 
続けて 脊椎損傷の治療をする神経系のバイオ これが糞決算 -20%下落
でトータル-50%  ここを超えると実はあんまり戻らないんだ

なんだかんだでアメリカは殆ど半分にした
これを一瞬で判断したほうがよかったわけだが なんといいうか長期ではないよね

反省点としては・・・まあとくにないですw 

こればっかりはわかんないからね いやロスカが深いというのが悪いんだろけど
前回の話で タイやインドネシアは持ってた方がよかったわけだから

ここまでは愚痴なんだけどさ

いつも言ってるほら 基本戦略としての バイオナノロボット AIとかさ あのあたりなんだけど
これ全部のお題目として 初期は高くてお金持ち用だけど やがて下がって普通の人も使えるから
ってやつね これ本当だろうか?
22

アルバイトしだした 5日しかいってないけど

実はこれは2017年つまり今の年だね これがはじまってそうだなあ 2月ぐらいには
考え始めていた

2007年だか8年のころに仕事をやめて以来一度も思ったことはなかったんだ
ちょっと何年かを確かめるのはやめておこう どうもそのときのことを考えると駄目だ
とにかく9年間考えたことはなかった

一区切りとして書いておこう
そのころ両親とみずたまがこの世から去り全く何もする気力はなかった
正確にいうと親父が他界した後に仕事はやめた
終身守秘があるが もう金融に興味は全くなかった
甘えといえば甘えでありそのとおりである その前段で離婚していたのでマンションを賃貸に
出すことができた

さてその時期はというと アベノミクスとやらが始まるはるか前でありほとんど全部近くリスク資産に
いれることができた 短期の人には民主党政権時代は地獄であったかもしれないが
・・・・いや 大概俺も外に出してたので円高でくらってたわけだがw
実は これ利回りはそこそこあったんだ

さてそこで震災という悲しい出来事があり政権が変わった
あっという間に円安に振れ 株価は上がり 日本のリートもあがった
なんせ俺は無駄に相場歴だけはながい 小泉が頭をよぎる
70円台後半から100円台前半で降りてしまった 2013年から2014年 確定年度は2015年だ
今からみればこれは速い なぜかというと 東南アジアの下げに耐えられなかった
ここでアメリカに利上げフェイクがあった 俺はどっちかというとばさばさっと確定するくせがある
まあ 日本なら短期でもいいやというのがあった 短期が下手なのを忘れてた

ところが2015年には中国が一旦冷えた・・・と思う そして中国も緩和した
日本はあらためてさらに緩和した おれには無謀に思えた

まあ その間 当たり前だが2015年4月にはあらためて短期をオリ 長期だけに戻したのだが
2016年に作り直したポートフォリオがバイオに偏っていたため アメリカの選挙で低迷していく
トランプが政権の座について 2017/1月あたりには 税制改革の期待だかなんだかしらないが
為替ごともどしていくが その間 おれのもってるものは日本に助けられ インドネシアに助けられ
しても 戻らない
(ここで戻らないというのは俺のささやかな生活費を差し引いてという意味である
いかにそんなにたいした金額じゃないかがばれるので恥ずかしいがw)
そして三月からは先だって 必ずなぜか先に動くのだが俺の日本の利確のまずさがでた

それでふとみまわしてみると こうなんというか買うものがない そう一旦利確したものを
こんな位置でいれたくないという気の方がつよい

特に俺は株式というのにこだわっているつもりはなく たとえばチャンスであれば不動産を持ってみるのも
いいかなあと 思っていたのだが どうも震災後 買う気がしない その後不動産価格は上がった
こんな田舎にもまた信じられないほど アパートが増えた 買えない
じゃあリートはどうか これは政府があほみたいに買い支えるので利回りが低下している
買い支えても下落する惨状だ ではアメリカは? ドル高になるという日本唯一の期待が トランプの
ツイッターの一言でつぶされる バカバカしい

ということで 別にもともと短期がうまいわけでもない 俺は2014年高値からすべてを改めてリスク資産に
さらしたわけでもないのに 13%ぐらいは失ったわけである これは金融資産だけだ

これがはたらきだした理由だ 短期がうまくもないし それを封じるために日本の株式は電話注文w
にまでしているのだ みてる意味なんかまったくない
 
3

生存報告と予言

いや二つ別々なんだけどね
生存報告はただ単に生存報告です

なんというかねえ 日本のポジションがうまくたためなくてストレスになってます
毎度のことなんだけどね
今回のポジション自体2014年から2016年につくったもんなんだけど
基本的に今まで俺は ばさっと確定するほうなのね

でもね ほかならぬIGだしもう一個も癌研究でなんだか随分利確を逃したんだけど
IGだと もういいかなあってポイントはあるじゃないですか
癌の方はね 普通忘れてるかもしれんけど 薬が上市して終りだからね
嫌なの なんかIRがでて すごく上がって 売った できるわけないだろバーカみたいなの
いるけどね こういう人
本当にできると思って買ってるからね 少なくとも俺はね  すごく少ないんだけどw

だからこうないことにちょっと減らそうかなとかね やってる
これがまた下手なんだわww

さて 予言ですね 
以前書いたこともあるかと思う 俺は1970年生まれだから ノストラダムス世代なわけよ
で こっから先は もう完全にムーとか なんかのまとめサイト見るノリでお願いね
くれぐれもこれで見たとかそんな人いないと思うけどw
未来を透視する って本があります これはジョー・マクモニーグルって人の本けど日本で出版されたのは
2006年12月 これは本来アメリカの予言があって そこに日本版を加筆するという書かれてるだね
だから アメリカの予言はもっと前 日本だって本にするのに翻訳本だから時間かかるから2005年ぐらいかな

これ半分ぐらいは外れてますw ダメじゃんって思うけど この本がもともとアカデミックな積み上げに近い
形で書いてある 予測項目が多いんだね ほら20××年に空からなにかが降りてきてとかじゃない
だからカーツワイルが未来を予測する トフラーが未来を予測するのに似てる 別に世界が滅ぶとかそんなんじゃない 割と楽しく読める あー 外れたかあってね

ただ経済だけ なぜか精度が高く見える

いくよ

アメリカ編 今後100年のうち稀に見る大暴落が三回起きる
一つ目は2006年後半 理由 中東で起きる戦争
二つ目は2029年    理由 記録的な気候変動による資源と食糧の需給悪化
                   極東市場のどこかの破たんが予兆
三つ目は2056年    理由 不明 市場に大変革が起きる


そのほか小ぶりな景気下降が 
2000年半ば 2017年 2039年 2070年
大規模な景気上昇が
2020年と2050年の二回 特に上げる日はなぜか日付が同じ ただその後に比較的大きい下落が起きる
規模が小さい景気上昇が 本書を書いてる1998年(アジアの友人の犠牲の上でアメリカがと書いてる
アジア通貨危機だ) 2022年 2031年 2059年 2088年である

日本編 
米国の中東地域における戦争紛争と過去8年にわたる財政管理の欠如
米国人の消費活動は2007年から大きく落ち込む
それに影響をうけ 日本の株式市場も2007年2月ないし3月から収益が大幅に下がる
日本のデフレ経済が再び舞い戻る 2008年半ばまで欧米の日本円に対する投資が増大する
年々価値の下がっていく外国通貨の買い付けに日本の金融機関は難色をしめす
しまいには日本政府が介入して海外市場との取引に制限を設けるだろう

ところどころ省いてるがわりとそのまま書いてる
わかるかな 理由が外れがちなんだけどw 実はこれもう過ぎてるとこ見ると大概そうなってる
特に日本編で書かれてる 細かい内容だね これも少し対応は違うところはあるが
もうそのまんまだ
たぶんこれをここまで書いたのってないと思う 俺は紙媒体で持ってるが許してソフトバンク出版
13

ベーシックインカム その2 だれが払うのか

なんかずいぶんほったらかしてた

 
さてだれがそのベーシックインカム分を払うのかである
普通考えると政府なんだが実はとふらー組ではそれは明確に否定されてる

考えてみてほしい 日本の年金 国民年金と厚生年金 これ自体がそこまで払えるかってことだね
それに若い人から巻き上げてw 年齢が上の人にわたすだけでも難しいのに
その若い人にもそれなりに払いたいってのは土台無理な話だ
緩やかな預金封鎖ぐらいはいるかもしれないね うん君の預金は預金でいいんだけど
日本政府が必要なときは絶対に貸してねとかねw

恐らくは企業になる 企業+NGOなんだがNGOは日本ではマイナーなので企業と思ってもいい
そのときに 日本は人口が多い

よく一人当たりGDPのランキングが日本は20位くらいと もちょっとしたかな あんまり振るわないと
いわれるんだがまさにそれが問題になる

もっと問題なのは世界企業が減ってるってことだ

なんかまとまりがないなあ まあ完全に未来予測だからね しかたないね
再びこれまとめようと思ったのが堀江君と落合先生の対談みてね
世界の富が集まってる まあよくいわれる8人で半分だっけ? これはお金だけなんだけど
それはアメリカを超えてはこないっていってて

いやそれはどうだろって思ったの
アメリカのカリフォルニアに集中してるのは確かなんだけどこれが商売してるのは世界各地だよね
日本なんか完全に領土だよ 
で この人たち 企業だけど アメリカ単体でいると危ないのよ
結構危ない 
  • ライブドアブログ